この両日、定例の検査で病院に。良い医療とは、病気になったらなどについて、日頃はお話ししています。でも、自分ごとになると、随分と受け入れ方が変わってきました。

 いのちを預けるには、技量やマネジメント力があることが大前提です。その上で、聴いてくれた、「なるほど」と説明してくれた、優しいなぁ。すると「お任せしよう」に。

 聴いてくれた、説明してくれた、優しさのウエイトが、だんだんと大きくなってきました。10年後には、ほとんどは優しさになっていくように思います。人生の大先輩たちが、「そうですか、先生」と受け入れられていくお姿を何度も拝見。そのお気持ちが少しづつ分かってきたようにも。

 「中人さん、もう一年、がんばれますよ」と、検査後の「先生」のお言葉です。いのちは、預かりもの。感謝を込めて「ありがとうございます」です。

1-C-YXG105 (1)