中日新聞編集委員・安藤明夫さんと、久しぶりに「いのちの対話」です。

 主題は、いのちびと5月号のインタビュー。市井の人に寄添った青木仁子さんの遺志を継いで、今も続ける「緩和ケア学び隊」の活動の思いなどを伺いました。語らいは、コロナ禍での医療、福祉、教育など気になることにも。

 実は、私と安藤さんは同じ年です。もう30年近いお付き合い。「いのちの対話」ができること、「人生の味」としみじみです。いのちのご縁に感謝です。ありがとうございます。

CIMG8430