ある看護専門学校で、卒業「いのちの授業」です。テーマは「看護師として働くあなたへ贈る言葉」。

 「看護師さん、優しいよ」。小児病棟の子どもたちはそう話してくれます。痛い注射や叱られても。それは、確かな技量、人間愛、覚悟への「感謝」「信頼」があるからです。この学校では、書棚に拙著や「いのちびと」を置いてくれています。

 学校から臨床現場へ。優しい看護師さんの旅立ちを祈ります。ファイト!

IMG_20210220_061246