今回のゲストは、轟浩美さんです。夫をスキルス胃がんで亡くす。 教職を辞し、夫が設立した「希望の会」理事長となる。 厚生労働省がん対策推進協議会前委員、人生会議国民向け普及啓発事業検討会委員などに取組んでいます。その一つ一つの言葉に、生きる思いがいっぱいです。

 テーマは「生きるということ」。「知ることは力になる」「厳しい現実から目を逸らしても、現実は変わらない」「レスパイト。一旦立ち止まってみる」「治験。自分の参加で未来をつくってほしい」「『べき』をつくっていた自分」「私はそれほど不幸なのか」「誰かのためではない」…。

 その人が「意味を込める言葉」にこそ、その人の「生きる」がある。しみじみとそう実感です。生きる・いのち・良い医療を思うとき、轟さんのお話を聴いてみて下さい。きっと、あなたの「生きる」一歩になってくれます。

CIMG9703