今日は、七夕です。あなたは、どんな願いを祈りますか。「いのちの祈り」をご紹介します。

 真依さんは、小学六年生のとき小児がんを発病しました。治療が続く中一の頃は、ほとんど学校に行けませんでした。でも、先生や友だちは、帽子をかぶり、マスクをして、ガリガリにやせた真依さんに普通に接してくれます。
 学校で七夕の短冊をつくりました。真依さんは「世界中から病気がなくなりますように」と書きました。すると、友だちは「真依ちゃんの病気が早く治りますように」「真依ちゃんと遊べますように」と書いてくれました。(新刊本:私が一番受けたい「いのちの授業」より)

 景子は、「早く病気が治りますように」と短冊に祈りました。みんなの「いのちの祈り」が届きますように。

6b5aca823b054c189cf6945a1980f40e