2006年07月19日

【ざわけっと2参加レポート】後半

【ざわけっと2参加レポート】前半




7月16日 PM19:00

ペリカ取得上位者鷲巣麻雀大会開催!


まず1位はもちろん私。148500ペリカです。
(ちなみにネタの流れからつい省略してそのままにしてしまいました…。前回のサシ勝負で得た直後に、「自分が持っててもしょうがない」とかで2万ペリカ近い「施し」を受けてさらに増えてこの量になったんでした。あの時ペリカをくれたのは・・・誰でしたっけ?(失礼) あまりにもいきなり渡されたから、ちゃんとお礼も言えず申し訳ない…。たしか私が本を買ったとこだと思うから、「誰か空気を変えてくれ」ゴロさんあたり?こんな大金を受け取っておきながらなんて失礼なヤツだ俺は…orz←焼き土(ry

2位はハラさんの115200ペリカ。ここまでが10万オーバー。
3位は会長さんの92800ペリカ。
4位は田村さんの73500ペリカ。

5位の方とはかなりの僅差だったようです。この差は大きいですねぇ…。
遠藤さんに10分3割複利でもいいから借りれば決勝に出られたんでしょうけど…w



そんな大富豪たちによる、豪華賞品を賭けた鷲巣麻雀勝負が始まりました。
これだけ札束があれば誠京麻雀だってできそうです。
鷲巣麻雀は東風戦でも1時間近くかかります。
それでも最後まで決勝卓を取り囲む大観衆。
プロの麻雀大会並みか、ヘタするとそれ以上の大観衆でした。
こんな数のギャラリーに囲まれて打つことができるのは麻雀打ちとして本当に光栄な事ですねぇ。

「男〜〜いのけん〜〜〜〜二十四歳〜〜〜〜」


観衆「は・・・?」


「応援してくれやっ・・・みんなっ・・・!

 万が一優勝した時は・・・祝儀を弾もう・・・!

 一人頭50万っ・・・!

 盛り上げてくれっ・・!賑やかにいくんだっ・・!

 これはわしの人生・・・最後の祭り・・・!」



こうして多くの観衆が勝負を見守ってくれました。
さらに、私の後ろには万利休によって組まれたシークレットサイファーこと環さんが牌譜を採ってくれたので、おかげで闘牌について詳細な所まで書けそうです。本当にありがとうございます。


東1局 北家 ドラ一萬
四萬七萬八萬一索六索九索二筒四筒六筒八筒白發中
配牌は悪かったですねぇ。
さらに悪かったのが、上記の配牌全てがガラス牌だということ!

まるで私の透きとおった心を映すかのようにキレイな配牌で困ったものですw
赤五萬を引いたり、どうせ丸見えなので「おっカン三筒入った〜♪」などとほざきながらジワジワ手牌を内に寄せていくものの、持ってきた使える黒牌は1枚だけ。
それでもなんとかこの形までたどり着きます。

せめてガラス牌で雀頭が出来てればテンパイにも見えるものの、理論上絶対にノーテンにしか見えないというのが悲しいところ。
さらに、テンパイ取るのに必要な牌も丸分かりだし…。
結局この1シャンテンのまま手牌は凍りつき、せめて黒牌をツモってくればテンパイのブラフもできるのにそれすらできず、結局1人ノーテン。
この−3000点は大きい…。

少しでも回転を上げるために和了り連荘にした方がいいと思うのですが、ルールではテンパイ連荘だそうで。
東1局1本場(1本場は1500点) 北家 ドラ五索
五筒七索一萬一萬二萬五萬六萬一筒六筒二索七索七索北(黒牌は左寄せで表示します)
今度も黒牌は2枚とスケスケ。やはり私の透きとおった(ry
もしくは、心の奥底に眠る露出願望が反映されているのかもしれませんw
急所を引いて早々に1シャンテンになりましたが、対面から先にリーチがかかってしまいます。
三索四索五索赤四筒四筒四萬六萬六萬裏裏裏裏裏
捨て牌六筒横七索八筒一索北南(六筒は黒牌)

黒牌が5枚もあるとさすがに難しいものです。
分岐点はこの手牌になったところ↓
一萬五筒七索一萬一萬二萬二萬三萬五萬六萬六筒七索七索 ツモ六索
黒牌の二索は通っています。
いちおう私も四七萬と四七筒の1シャンテンだったこともあり、「リーチする時に切る二萬か三萬が勝負だ」と勝手に思い、六索をツモ切って振り込んでしまいました。
メンタン赤ドラで8000の9500点です。致命傷ですね。

この六索切りはヌルいです。
終了後の飲み会でも環さんらと検討を重ねましたが、ここはシャンテン数を落として一萬一萬と落として索子は止めて回らないといけませんでしたね。
対局中は判断できずついツッパってしまいましたが、時間をかけて考えればそのハッキリとした理由も見えてきます。
まず、二索と七索の黒牌が見えていたため、索子の待ちはこの間にほぼ限られます。
てゆーか、四七索も二五索も無いため索子の両面は三六索しかありません。
カン四索もカン五索も捨て牌から考えると不自然ですね。よって索子待ちは三六素一点です。
そして、手牌に筒子は四筒2枚しか見えないのに六筒切りリーチ。
八筒を先に切っているのもあり、六筒の上はまずありません。
いちおう筒子の下が2枚黒牌の可能性もありますが、これは筒子が暗刻で入り目だと読むのが自然ですよねぇ…。
二筒四筒が黒牌だと八筒からの切り順がやや不自然なので、あっても三筒四筒が黒牌での3面待ちでしょうか。
残りの萬子は確かに検証してみるといろいろあります。ただ、三六索と比べると危険度は遥かに劣りますねぇ。
萬子の下が待ちになるのは四萬に黒牌がくっ付いた形でしょう。
四萬と六萬をくっ付けないとなると、黒牌で1面子や雀頭(面子にスジでくっつける)を作る必要が出てきてしまいますし。
早いリーチで黒牌が5枚あっても、こうやってじっくり考えればそれなりには待ちを推定できるものなんですねけ。
つい手拍子で六索を切ってしまったのが悔しくてなりません…。

リーチ者の和了り形
三索三索四索五索赤四筒四筒四筒四萬五萬六萬六萬七萬八萬 ロン六索


この失点は痛すぎます。
痛くなければ覚えませぬとか言ってる場合じゃありません。
ここからはもう全然でしたね…。
東2局は満貫を和了った対面さんがあっさり4000オールで勝負を決め、東2局1本場はまたガラス牌ばかり私のところに寄ってくるんですよ。
何この1シャンテンwwww
七萬一筒三筒六索六索七索八索九索三萬四萬六萬七萬八萬ドラ六索三筒
黒牌が余り牌ってどういうことやねんw
下家が5巡目に黒牌の二筒切りでリーチをかけているため、私はテンパってるとしてもカン二筒。それだったらリーチをしているためあり得ません。
ここへ2枚切れの二筒をツモ。思わず苦笑い。
なんせ、切る牌が七萬なんですから。
つい「黒牌とガラス牌だったらガラス牌の方を切る」というのが体に染み付いているため、ガラス牌の七萬を切ってリーチしてしまいました。
ですが、後から観戦者に「どうせ二五萬待ちだってバレバレなんだから『オープンリーチ』にしてほしかった」と言われました。

たしかに、他家の3人も麻雀ド素人というわけではなかったようですし、私の待ちが二五萬待ち一点だって事くらい分かっていたでしょう。
だったら手牌を全てガラス牌で『オープンリーチ!!』などとした方がみんなも楽しむ事が出来たでしょう。

観衆に和がいたら絶対にこう言われていましたよ。

まだまだ観戦者を楽しませるエンターティナーとしての心が足りませんでしたね。
反省。
このリーチも実らず下家に700-1300をツモられてしまいます。

東3局は5巡目までに2つ仕掛けて四七索のテンパイを取るも、延々とツモれず対面のリーチ七対子に刺さってオーラス。
チートイ1シャンテンまではこぎつけるも、対面が再び七対子でリーチ。
黒牌単騎はさすがにキツイ。上家が刺さってオーラスもあっさり終了…。








ジョ・・・
ジョジョジョ・・・・・




「わっ・・・!なんだぁ〜〜〜〜?」
「汚ねっ・・・!」
「ひい〜〜〜っ・・・!」



こうして私はラス&ノー和了のまま終了してしまいました…。

オフ会参加者のみんなは、私が勝った時のためにティッシュ箱で作ったくじをブチ撒けて大喜びする準備をしていたのですが無駄になってしまいましたね。
まぁもしここが雛見沢分校だったら罰ゲームでメイド服を着せられていたかもしれませんw
それを思えば、こんなボロボロな成績でも賞品を貰えるのだからありがたい話です。

たしかに闘牌に関して後悔は残りますが、違う選択肢を選んだifの世界のことをうじうじ考えていてもしょうがないです。
未来はパラレルなので、どーんとやってみなけりゃ正しいかいけないかはわからないのです。

気持ちを切り替えて、すぐ後に行われた豪華賞品進呈の様子を。


優勝者はハラさん

その優勝賞品は・・・・・




闘牌伝説アカギDVD−BOX


『覚醒の章』&『羅刹の章』!!





豪華にも程があるわっ!!



続いて、準優勝者は田村さん

賞品は・・・・・




涼宮ハルヒの憂鬱

朝比奈ミクルの冒険 Episode00 限定版!!





欲しいっ!!





次は3位の会長さん

賞品は・・・・・




闘牌伝説アカギ

オリジナル・サウンドトラック!





これはまぁ微妙!(ぉ





そして最後は4位の私

賞品は・・・・・




涼宮ハルヒの詰合!!




よっしゃ!

首から掛けてる看板とマッチしててオシシイしw



※ちなみに、このレポートはガンガンにこのCDを聞きながら書いています。
最近はTVやラジオからもたまに流れる「God knows...」は普通に良い曲ですし、「Lost my music」が私は特に大好きでもうアホほど聞いていますし、「恋のミクル伝説」も脳が解けそうになる素晴らしい曲です。

素晴らしい賞品をありがとうございます!




今回は前回のレポートのせいで高額商品であることは知られていたため、前回ほどのどよめきはさすがにありませんでした。
それでも、賞品総額は前回より上がって定価で5万円以上!!(現在の価値で50万円に相当)
相変わらず豪華ですよねぇ…。

こいつ・・・とんでもない事を考え実行するヤツだ・・・。
そしてその行為には「信頼」できるものがある。
言葉で表現するものではない真実の信頼がこのスタッフ達にはある!
ケットコムスタッフ!
おまえの命がけの行動ッ!ぼくは敬意を表するッ!



あと、まだペリカが残っていたのでお買い物を。
今回は副賞にペリカが付かなかったため、一日外出券には届かずっ・・・!
駄菓子やジュース類も売り切れていました。
なので、まずは私にしか買えない高額商品を。



ざわけっとサークル招待券!!

これを買ったらまた次回開催された時に本を作らないといけなくなるではないか!!
でも「10万ペリカ」と私くらいにしか買えない価格設定でしたし、思い切って買っちゃいました♪
次回があるとしたら、その正式な発表を聞いてからまた考えます…。




また、1万ペリカでこの賞品がひそかに販売されていたのを覚えているでしょうか?

涼宮ハルヒの憂鬱ポスター!!


まだ張る場所を決めてないのでとりあえずカレンダーの脇に干しておきます。



カレンダーについて突っ込むのは禁則事項です。





また、先ほどの決勝戦で準優勝だった田村さんから話し掛けられました。
どうやら彼はハルヒには全く興味が無いそうで、持ってても宝の持ち腐れになるから貰ってくれないか、とのことでした。
まさに棚からボタ餅!

しかし!!

これは残念ながら貰うわけにはいきません。
そりゃ私だって貰える物は貰いたいですよ。
私は毎週HDDレコーダーに録画して見ていましたし、今でもたまに見返しますし、原作もいずれ読んでみたいと思っているくらいですから。
でも、勝負に無残に敗北した私がおめおめと準優勝者の賞品であるDVDを譲り受けるわけにはいかないですよ。
麻雀打ちとしてのプライドがあります。

それに、きっと好みから性癖、回数まで聞かれてしまうんですよ!一条の罠ですよ!w
そういうわけで、泣く泣くお断りしました。
本心を抑えて、「貴様の行為は麻雀に対する冒涜だーー」「DVDなどレイプしてくれるわ〜〜」「朝比奈ミクルなど真っ赤な血のメロディに染めてやるわー」と突き返しました。
でも、どうせどこかのお店で買い取ってもらったりするなら、定価の何割かで買い取ったりすれば良かったかなぁとか今になって思います。
まぁしょうがない。



最後に、私のスペースの前で先ほど使いそこねたティッシュ箱のくじをぶち撒けて完売御礼の喜びを表現しました。
(バラ撒いたゴミはすぐに全員で片付けました。)
そして、全体の挨拶が終わった後に盛大な拍手で「ざわけっと2」は無事終了。
参加者の皆さん、お疲れ様でした。



今回もとても楽しかったですね。

スタッフのみなさん、感謝致します。



「ざわけっと3」はまだ日程を調整中なため未定との事ですが、またこのイベントがあることを心待ちにしています。










INOKEN>もう一度参加することを我々は望んでいる。
     「ざわけっと」は重要な観察対象。
     わたしという個体もみんなに参加して欲しいと感じている。

INOKEN>また「ざわけっと」に

INOKEN>Sleeping beauty






この後行われた「近代麻雀漫画生活主催オフ会(1次会:飲み会2次会:徹麻)」はまた明日以降に。
ここから先は厳密にはざわけっとは関係無いですしね。

最後にオマケ。
環さんが作ってくれた、私の決勝卓での無様な闘牌のテキストはほぼ完成形なのでそのままうpしておきます。
こちらから見ることが出来るはずなので、暇な人はどうぞ。
 ↓
いのけん決勝卓の牌譜
 

いのけん at 00:49│Comments(4)はてなブックマーク - 【ざわけっと2参加レポート】後半このエントリーをはてなブックマークに追加twitterでつぶやく同人イベント | 福本伸行作品関連

この記事へのコメント

1. Posted by ませ   2006年07月19日 01:50
レポートおつかれしたっ!
いや、いのけんさんはかなりのエンターテイメント精神にあふれていたと思いますよw
でもやりたかったですね……優勝しての箱を引きちぎってのばら撒きw
次回は優勝お願いします!

オフレポはのんびりと書いてください。
2. Posted by あぐら   2006年07月19日 09:13
レポお疲れさまっす。

今回のレポは前回と違いざわけっとイベントの概要が
ある程度周知されていることが前提に書かれてましたね。
おかげで濃厚な旨みを存分に味わえるレポとなっていた
ように感じました。おなか一杯です!

3. Posted by asada   2006年07月19日 23:09
俺も麻雀好きなんです
三度の飯より好きなんすよね
最近ブログ始めたんですが
相互リンクしていただけないでしょうか
よろしくお願いします
4. Posted by いのけん   2006年07月20日 01:30
>ませさん、あぐらさん
反応早いですねぇ〜。
オフレポは総合成績を私が持ってきたから私が書くしかないんですよねぇ。
誰かに押し付ければよかったw

>asadaさん
内容に触れてないコメントは削除対象なんですが、実に紙一重ですなぁw
ここはリンクフリーだから勝手にすればいいし、私は自分が面白いと思ったところを勝手にリンクはするけど、相互リンクをお願いされても困りますねぇ。
と、スパムくさいコメントにもマジレス。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
備忘録:太字は麻雀漫画
5/30 新黒沢 最強伝説(10)
6/1 近代麻雀1日号
6/6 中間管理録トネガワ(5)
6/6 1日外出録ハンチョウ(1)
6/7 ポプテピピック SECOND SEASON
6/8 蟻の王(6)
6/8 弱虫ペダル(51)
6/8 SとMエクスタシー(6)
6/15 近代麻雀15日号
6/15 鉄牌のジャン!(5)

6/16 かくしごと(4)
6/16 競女!!!!!!!!(17)
6/19 今際の路のアリス(5)
6/19 酒のほそ道(41)
6/19 天牌(89)
6/19 麻雀放浪記(1)

6/22 賭ケグルイ(7)
6/22 賭ケグルイ双(4)
6/22 賭ケグルイ(仮)(1)
6/23 ベルセルク(39)
6/26 やがて君になる(4)
6/27 スロウスタート(4)
6/29 ど根性ガエルの娘(3)
6/30 楽園 Le Paradis(30)
管理人:いのけん
顔バレ
いのけん


ツイキャス配信してたら映り込みで顔バレしちゃってたじぇ!
(作成:golem4さん
歴代管理人画像

連絡先:inoken_the_worldあっとまーくほっとめーるどっとこむ

近況はTwitterはてブ
リンク関係
Twitter(常駐)
はてブ(おすすめ)
はてな支店(放置中)
mixi
はこてんパラダイス(放置中)
天鳳のSNS(わりと放置中)
天鳳(ID:いのけん、猫似まい)
麻雀牌画像を挿入するためのタグを作るページ(通称:パイガ):麻雀王国

【近代麻雀漫画生活のリンク集のようなアンテナ】
私が気に入ったサイト・ブログはこちらに捕捉されます。

なお、このブログはリンクフリーです。相互リンクは受け付けておりません。
バナー使いたければお好きなものをどうぞ。いちおうトップ絵も募集中です。

月條現矢さん作成


あぐらさん作成



ひがしさん作成

管理人を騙ったり、誹謗中傷や宣伝など問題のあるコメントは削除する場合があります。ご了承下さい。
Archives