2009年09月14日

咲-Saki-で考える「伏線」と「布石」

先天的/後天的な伏線と、尾田栄一郎とファンの幸せな共犯関係の話 - ポンコツ山田.com

こちらを読んで「伏線」というもののあり方について考えていたのですが、はてブコメントでid:izuminoがスッキリした言葉を挙げていたので引用します。
「後々使えるだろうな」と思って打ちつつ、明確には使い道を決めていないのが「布石」、後々の使い道を決め打ちして張るのが「伏線」、とぼくは使い分けています

「布石」、この言葉はあまり使われているのを聞きませんが、漫画を語る上でもっと広く使われるべき言葉だと思いました。「伏線」という言葉は広まっているため、本来「布石」と表現するべきシーンを「伏線」と言ってしまう勘違いが多すぎるのですよ。本来はただの「布石」なので回収する必要性は無いのに、「伏線」という言葉を使ってしまうと「あの伏線は回収しないのかよ」のように、後から回収するのが義務であるかのような物言いをする読者も現れてしまいます。





このへんは、すぐ後に咲-Saki-たちが出場することが決まっている大会に登場する強豪校ということで、明らかに使い道が決まっている「伏線」でした(回収済み)。そもそも「伏線」と言うほど伏せてもいませんでしたがw

しかし、


※画像の一部はコラです。

去年の全国大会で活躍したという「鹿児島の神代」ですが、彼女は伏線と言うほどハッキリと使い道が決まっているとは思えません。作中で名前が出たのも数回で、宮永照や天江衣と違い、今のところ存在についてあまり触れられていません。もしかしたら登場しないかもしれないし、場合によっては「あの神代を破った○○高校」のように新キャラが登場するために使われてしまうかもしれません。まぁ使おうとすれば普通に全国大会で登場させることも出来る。こういうのがまさに「布石」でしょうね。



こっちはもっと「布石」っぽいもの。特定の人物名を出したりせず、のどっちが奈良に在住していたということのみを示しています。これによって、全国大会で「奈良代表がのどっちの知り合いだった」のような面白みのある展開を自然にすることが出来ますし、もちろん別に奈良代表が登場する必然性はありません。後から自由に選んで回収できるのが「布石」の強みでしょう。



咲-Saki-の疑問として「個人戦」の存在がよく挙げられます。これは「伏線」なのか「布石」なのか。難しいところですね。私としては、これはあくまで「布石」だったのではないかと考えています。個人戦の存在が原作ではあまりに触れられていないからです。アニメでは団体戦の一週間後に個人戦が行われるという事で回収されましたが、はたして原作でも同じ道を辿るのでしょうか?

原作では、咲の「全国へ行きたい」という思いは強く描かれていましたが、その手段までは語られていません。むしろ、団体戦の方が「原村さんと一緒に」「清澄高校のみんなと」のように、みんなで全国へ行けるのでハッピーなわけで。そこから、アニメ第21話〜第22話では、団体戦で全国大会出場が決まって個人戦へのモチベーションが落ちた咲の姿が描かれていました。さて、原作では個人戦はどのように描かれるんでしょうか?県予選前の合宿や県予選1回戦大将戦と2回戦を、一気にすっ飛ばして後から回想シーンなどでしか描かなかったこともある小林立先生です。場合によっては、原作では個人戦は結果などをサラッと挙げるだけで、詳しく描かれない可能性もゼロではないと思いませんか?原作者がアイデアを提供しているアニメで補足されているという考えも出来ますし。




最後に。上は1巻209-211Pでの和と父親の会話より。
和の父親は和を東京の進学校に行かせたがっており、「全国大会で優勝できたら長野に居てもいい=優勝できなかったら東京へ行っちゃうかも」という重大な約束をさりげなく父親としているのです。
これも一見「布石」っぽいのですが、私はこれはかなり長いスパンで見た「伏線」だと思います。咲達は全国大会に出場することが決定したためとりあえず先延ばしになりましたが、全国大会で優勝するというかなり高いハードルが設定されており、これを達成するのはなかなかに困難です。優勝できても敗退しても、「じゃあ次の大会は頑張ろう」となる前にこの問題が出てきそうです。優勝できた場合はいいのですが、もし全国優勝できなかったら…。和は東京へ転校してしまい、転校前の和とした約束「今度は全国大会で闘いましょう」というのを胸に県予選を闘う宮永咲、2年生の夏。なんて妄想もできますね。ああ、面白そう!





いのけん at 00:00│はてなブックマーク - 咲-Saki-で考える「伏線」と「布石」このエントリーをはてなブックマークに追加twitterでつぶやく麻雀漫画(咲-Saki-) 

この記事へのコメント

1. Posted by 表裏裏   2009年09月14日 00:37
全国での咲対和、見てみたいですが、そこまで行くとしたらどれだけの月日が過ぎることか・・・

『因縁の対決 これはいつも魅力的なタイトルだ』
って思いは物凄くあるんですけどね

神代に関しては一応巫女を書きたかった、って可能性もw
2. Posted by guffignited   2009年09月14日 10:09
和は咲のことを常に「ライバル」として、戦うことを意識しているような気がします(私も楽しませて下さい、など)。だから「和が東京へ行く→咲と戦う」は明白な運命かと。
それにあの二人を見ていると必ずしも常に二人一緒にいなくてもいい気がしますよ。重要な会話以外はあまり話し込むような関係でもなさそうですし、議論するより麻雀で会話している気がします。だから離れても大丈夫!サンマで繋がれるよ(笑)
個人戦はアニメのために用意した、ぐらいの可能性も捨て切れません。個人的には大学編までいってシャッフルしても面白いかも。
3. Posted by     2009年09月14日 21:36
全国で負ける

大会終了後、父親との約束どおり即転校で(西)東京に行く

咲姉と同じ学校に入る

来年時には宮永照は卒業済
いろいろあってライバルではなく敵として再登場

・・・とかいう展開だったら感動の余り、変な汁が出そうになる

来年は部長も卒業、のどっちの中学の頃の後輩が清澄に入るだろうし
憧れてた先輩が、居なくなった挙句、なんか変な感じになっててショック受けたり
人数が足りなくなったところで地区予選で戦った別の高校の人が転校してくるとか
あちらこちらで因縁の対決とか、もう!もうッ!!

・・・・・・伏線とか布石とかで妄想してるのが、一番楽しい
4. Posted by 妄想楽しい   2009年09月15日 03:22
立先生が個人戦を全くやるつもりないなら西田記者にわざわざ個人戦と言わせなかったと思います
団体メインで話が進んだことから個人戦を必ずやるってわけでもなさそうです
やるかもしれないが決定ではないってことでしょうか
それとも途中で打ち切りを考慮しての控え目な扱いだったのかもw
人気あるし作者の好きに書けるでしょうから後は立先生の構想次第でしょうね
作者が何をやりたいのかっていう
でも個人戦をやっちゃうと団体戦の価値が下がりそうで濃い脇キャラ達の出番が心配w
5. Posted by 部長の渋さ好き   2009年09月15日 23:17
 確かに咲 対 のどっち戦ならこれしかない。

 他に有りそうなものとしては、
 タコスの天和、
 染谷先輩の緑一色、
 部長の暗槓への国士無双、
 のどっち九蓮宝燈エトピリカ(イーソー?)待ち、
 咲の四槓子、
 個人戦での風越部長の大三元?(赤、緑、白?)
 まぐれで当たったらサーセンwwww

6. Posted by     2009年09月19日 00:41
名前は出てないけど
部長が和と話している時に
「流れがあると信じたり」のところにシルエットで出てるのも
神代と同じでのちのち全国で使えそうなキャラでしょうね
7. Posted by     2009年09月19日 00:48
伏線が回収しなくちゃいけないなんてのがそもそも勘違い
伏線も布石もニュアンスはほぼ一緒だし
8. Posted by よろぴー   2009年10月08日 15:50
シナリオとか書いてるとわかるんだけど、伏線らしきものを入れとくと、どんどん展開のアイディアとか浮かんで楽なんだよ。
逆に何もそれらしきものを入れとかないと、話が一本道から外れにくくて煮詰まっちゃう。
あんまり回収にこだわっちゃうのはよくないよ〜ん。
9. Posted by     2009年12月29日 18:05
>>3
マホちゃんは中学2年生だからすぐには入学できんぞ。
10. Posted by     2011年11月12日 13:21
伏線は、回収されて然るべき。
回収できないのは、作家の無能さの現れです。
受け手にとっては、見たくもないオナニーを見せられる気分でいい迷惑。

明確には使い道を決めていないのが「布石」だとすると、それはそれで作家が無計画なだけ。
11. Posted by Posted by   2012年10月07日 18:59
見事に回収されたな
備忘録:太字は麻雀漫画
6/1 近代麻雀1日号
6/1 麻雀小僧(14)
6/1 鉄牌のジャン!(2)

6/3 HUNTER×HUNTER(33)
6/6 喧嘩稼業(7)
6/6 賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編(11)
6/6 ドリフターズ(5)
6/8 みつどもえ(17)
6/8 弱虫ペダル(45)
6/13 モンスター娘のいる日常(10)
6/15 近代麻雀15日号
6/15 むこうぶち(44)
6/15 牌王血戦ライオン(2)
6/17 無敵の人(2)

6/17 かくしごと(1)
6/17 天野めぐみはスキだらけ!(2)
6/17 ラーメン大好き小泉さん(4)
6/18 酒のほそ道(39)
6/20 凍牌〜人柱篇〜(13)
6/23 デンキ街の本屋さん(12)
6/23 げんしけん 二代目の十一(20)
6/23 大人のそんな奴ァいねえ!!(2)
6/24 美食探偵 明智五郎(2)
6/27 天 新装版(10)
6/30 楽園 Le Paradis(21)
7/1 近代麻雀1日号
7/12 麻雀破壊神 傀 増刊号
7/4 あの娘はヤリマン(2)
7/7 甘々と稲妻(7)
7/13 ちはやふる(32)
7/13 初恋モンスター(7)
7/15 近代麻雀15日号
7/15 カナ 丹花の闘牌(1)
7/15 ナナヲチートイツ 紅龍(1)
7/16 鉄鳴きの麒麟児 歌舞伎町制圧編(4)
7/19 ジョジョリオン(13)
7/19 かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜(2)
7/20 ワカコ酒(7)
7/20 少女決戦オルギア(3)
7/22 ネオ寄生獣
7/25 君死ニタマフ事ナカレ(3)
7/25 ハイスコアガール CONTINUE(1)-(5)
7/25 ハイスコアガール(6)
7/27 天 新装版(13)
7/29 天牌(85)
管理人:いのけん
顔バレ
いのけん


ツイキャス配信してたら映り込みで顔バレしちゃってたじぇ!
(作成:golem4さん
歴代管理人画像

連絡先:inoken_the_worldあっとまーくほっとめーるどっとこむ

近況はTwitterはてブ
リンク関係
Twitter(常駐)
はてブ(おすすめ)
はてな支店(放置中)
mixi
はこてんパラダイス(放置中)
天鳳のSNS(わりと放置中)
天鳳(ID:いのけん、猫似まい)
麻雀牌画像を挿入するためのタグを作るページ(通称:パイガ):麻雀王国

【近代麻雀漫画生活のリンク集のようなアンテナ】
私が気に入ったサイト・ブログはこちらに捕捉されます。

なお、このブログはリンクフリーです。相互リンクは受け付けておりません。
バナー使いたければお好きなものをどうぞ。いちおうトップ絵も募集中です。

月條現矢さん作成


あぐらさん作成



ひがしさん作成

管理人を騙ったり、誹謗中傷や宣伝など問題のあるコメントは削除する場合があります。ご了承下さい。
Archives