2010年12月21日

12月21日は加治木先輩の誕生日なんで魅力を語り尽くすっすよ!

せっかくの機会なので、加治木先輩の魅力について、モモとの関係性と県予選決勝での闘牌を中心に語り尽くしてみることにします。


咲-Saki- ラブじゃん マホちゃんの必殺技完成!(AA)に載っているプロフィールにて、12月21日は鶴賀学園3年・加治木ゆみの誕生日だと判明しています。


この12月21日という設定が素晴らしい!

「1221」の並び方が、両端が離れた一人を表し、中の2が二人一緒に仲良くしていることを表すということで、「遠距離恋愛の日」とされているのだそうです!
(参考:12月21日 - Wikipedia

これがさらに「長野のFM局アナウンサーの発案によって作られた」というのがまた、長野県を舞台にした咲-Saki-にピッタリじゃないですか!






「遠距離恋愛」というのが、かじゅ先輩とモモの未来を象徴していて、嬉しいようなさみしいような、なんか泣けてきますね…。
県予選で敗退した鶴賀学園は、麻雀部の部長は蒲原からむっきーに代わり、かじゅ先輩は引退という形になっています。咲-Saki-7巻第58局[合宿]129~135ページのやりとりでも強調されていますが、部活という一緒に居るための理由が無くなったこと、そして、受験や進学による「別離」が匂わされているのです。


(過去記事:「咲-Saki-」第58局[合宿]より)

しかし、「遠距離恋愛」ですよ。かじゅ先輩は進学によって長野を離れるのかもしれない。モモとの距離は遠く離れてしまうかもしれない。それでも、2人の関係はずっとこのままなのです。上記の第58局[合宿]で語られた「普段から一緒にいたい」という気持ちは、たとえ2人の距離が遠く離れても変わらない。そのことが誕生日の設定に隠されているのですよ!そりゃ「かじゅモモ」のカップリングは咲-Saki-同人界では大人気にもなるってなもんですよ。2人の関係性に想像の余地がありすぎる!



極めつけが、この単行本7巻裏表紙折り返し部分に描かれていたこの絵。モモはマフラーにコートを着込み、長野ということで背景には白い雪もたっぷり積もっています。咲-Saki-で初めて(?)描かれた、明確な「冬」の描写です。白い息を吐きながら歩く幸せそうな顔のモモの隣に、もう一人の人影が。部活が終わって「一緒にいる意味」が無くなってしまうことを危惧していたモモですが、この1枚の絵で「冬も一緒にいる」ことが示唆されているのです。そして、それは冬の先にある春、別離の季節に続いていき、その次に来るのは誕生日設定に隠されている「遠距離恋愛」なのでしょう…。もしかしたら、この冬の描写こそが12月21日加治木ゆみの誕生日で、遠く離れることになっても一緒だという遠距離恋愛について話しているのかも…!なんて想像すると幸せな気持ちになりますね。




また、かじゅ先輩の魅力の一つとして、その華麗なる闘牌も挙げられます。
県予選決勝の大将戦ですが、物語の必然として、主人公・咲と県予選のラスボス的な描かれ方をしていた天江衣の勝負となるであろうことは予想されていました。そのため、あくまで「他の2人の面子」であった加治木ゆみは、「このやたら男前な人は化物2人にどう戦うの?」と思われていました。

そこへ、第35局[波乱]にて鮮烈なる一撃です。



南南南六筒七筒八筒一索三索四索五索六索 ポン七萬七萬横七萬
自風でドラの南が暗刻のため、一索を切れば三六索待ちのテンパイ。しかし、咲が二索をポンしているのを見て、南切りで役無しのカン二索待ちに受けて見事に槍槓で狙い撃ち!

池田も「やろうとするの成立するのも理解できないって!」言っている通りで、わずか2局で咲の2連続嶺上開花という闘牌の異常さを察知し、それに対応してみせるという強さ。これには惚れざるを得ませんよ。本格麻雀劇画のキャラでもここまでの対応はそうそう出来ませんって。


(※注:これはあくまで拾い物のコラ画像です)


さらに、今度は2連続海底という天江衣の異常さも察知して、池田に鳴かせようとしたり咲に当たり牌を一点で差し込んだりと見事な対応。この県予選決勝大将戦、もしかじゅ先輩のように衣に対応できる人物が居なかったら、咲が覚醒する前に衣の圧倒的な勝利で終わっていたでしょうね…。


さらには第39局[運命]ですよ。
二萬三萬六萬七萬二筒二筒三筒九筒九筒一索六索七索七索 ツモ西
「天江の支配」を誰よりも早く察知し、普通に手を進めてはテンパイすら出来ないと、この配牌から三筒切り!これは運命と戯れているのか、運命に逆らっているのか、ともあれかじゅ先輩はこの手牌をチートイ裏々のハネ満に仕上げて一矢報いたのです。(池田からの出和了りだけど)





また、第45局[解放]の闘牌はもはや芸術の域。
東東東六萬三索四索五索赤 チー二筒横一筒三筒 チー七筒横八筒九筒ロン六萬

ドラが三索で親のため、ダブ東赤ドラで11600点。この和了が、大将戦で初めて天江衣から直撃した和了となりました。捨て牌に三萬と九萬があり、ダブ東のバックや暗刻ではないと思わせるために4枚目の東をツモ切りしてあるという、麻雀を知っている者には「いやらしさ」すら感じる単騎待ち。嗚呼、美しい…。
この和了の美しさをさらに高めているのは、さりげなく河に北が4枚捨てられていること。これにより、嶺上開花のような偶発的な役を除けば、この手牌はダブ東を暗槓しても11600→12000とほとんど点数が変わらない確率がとても高くなっている(=ダブ東を暗槓しないのが「正解」になっている)のです。単騎待ちの六萬にドラが乗ったら18000の和了になりますが、ドラ単騎待ちでは出和了りは望めなくなってしまうのでむしろドラになってほしくないくらいですしね。こんな細かいところにまで凝って闘牌を描いている小林立先生、素敵過ぎる…。

「一緒にいる意味」を問うモモへの返答を保留した自分に、「それは卑怯なのか臆病なのか」と問いかけ。そこへ、この和了り形とともに「やはり卑怯かもしれないな」というモノローグ。麻雀の手牌と心情をシンクロさせるという手法は麻雀漫画でよく用いられる手法ではあるのですが、ここまで美しい例はそうそう無いですね。そして、この時の「返答」が、上述の第58局[合宿]に繋がるわけです。



       



かじゅ先輩結婚してくれ!(モモと)


そして、運命のオーラス。
咲が衣から大明カン責任払いをかまして大逆転を決めますが、陰でこっそりと国士無双イーシャンテンまで手を作っており、それを何も言わずに「フ・・」とだけ漏らしてそっと伏せる先輩、シブすぎる!



このオーラスは全員の河まで確認できるのですが、第一打に西、5巡目には白も切っており、バリバリ迷彩を利かせているんですよね。まだイーシャンテンだからかもしれませんが、衣も先輩の国士気配に全く気付いていないのです。あと1枚、あとたった1枚、東をツモってさえいれば、もしかしたら衣が掴まされた一筒は鶴賀学園の劇的な逆転優勝を決める牌となっていたかもしれないのです…!(ロンと大明カンではロン優先なので) 咲達「牌に愛された子」のような特別な能力を持つわけではない「普通の人間」ながら、いわゆる「化物」に紙一重のところまで迫った加治木ゆみは、麻雀漫画史上最強の凡人と言っても良いのではないでしょうか。


加治木先輩、カッコイイっす!

そして、お誕生日おめでとうございます!



【咲-Saki-キャラ誕生日記事】
2月22日は池田華菜ちゃんの誕生日だし!
5月5日は染谷まこの誕生日じゃけえのう
7月26日は東横桃子の誕生日っすよ!
9月6日は黒髪の日ではない、金髪ロング・天江衣の誕生日だ!
9月16日は片岡優希の誕生日だじぇ!
9月24日は福路キャプテンの誕生日だからみんなお祝いするし!
10月4日はのどっちこと原村和の誕生日でしたわぁっ!
10月27日は主人公・宮永咲さんの誕生日!
11月13日は上埜…じゃなくて竹井久部長の誕生日!


現在開催中の日本麻雀ブログ大賞2010にエントリーしてます。こちらで予選投票中です。もしこの記事が面白いと思ったら、「1 近代麻雀漫画生活 いのけん」に投票お願い致します!!



いのけん at 00:00│Comments(6)はてなブックマーク - 12月21日は加治木先輩の誕生日なんで魅力を語り尽くすっすよ!このエントリーをはてなブックマークに追加twitterでつぶやく麻雀漫画(咲-Saki-) 

この記事へのコメント

1. Posted by ぴろ   2010年12月20日 23:50
5 素敵です…!先輩素敵です…!
先輩の魅力を私ももっともっともっと広めたいです!
2. Posted by G・ウザク   2010年12月21日 07:33
すごい記事ですね( ゚д゚)
これ、いつから準備してたんですか?
3. Posted by 中堅戦が楽しみ   2010年12月21日 20:27
5 熱い。熱すぎます。
4. Posted by tt   2010年12月21日 23:44
コラ画像じゃないですけど、ホント、かじゅはカッコいいですねぇ
しかも、この作品にはまったく違うタイプながらかじゅと同等かそれ以上にカッコいい部長までいるし
百合っけの強い漫画だけど、侮れませんわ
5. Posted by BLACK   2010年12月26日 17:32
5 先輩、素敵です(^O^)/
6. Posted by お見せしよう、王者のコメントを!   2014年04月18日 03:08
5 素晴らしい記事でした!幾多の好キャラが存在する咲の中でも加治木さんが一番好きです。能力を持たずに化け物達と互角に渡りあう姿に感動を覚えます。また鶴賀というチーム自体も指導者も有名選手もいないのに大健闘。

もっと加治木さんや鶴賀の活躍を見たいなあヾ(^^ )

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
備忘録:太字は麻雀漫画
5/30 新黒沢 最強伝説(10)
6/1 近代麻雀1日号
6/6 中間管理録トネガワ(5)
6/6 1日外出録ハンチョウ(1)
6/7 ポプテピピック SECOND SEASON
6/8 蟻の王(6)
6/8 弱虫ペダル(51)
6/8 SとMエクスタシー(6)
6/15 近代麻雀15日号
6/15 鉄牌のジャン!(5)

6/16 かくしごと(4)
6/16 競女!!!!!!!!(17)
6/19 今際の路のアリス(5)
6/19 酒のほそ道(41)
6/19 天牌(89)
6/19 麻雀放浪記(1)

6/22 賭ケグルイ(7)
6/22 賭ケグルイ双(4)
6/22 賭ケグルイ(仮)(1)
6/23 ベルセルク(39)
6/26 やがて君になる(4)
6/27 スロウスタート(4)
6/29 ど根性ガエルの娘(3)
6/30 楽園 Le Paradis(30)
管理人:いのけん
顔バレ
いのけん


ツイキャス配信してたら映り込みで顔バレしちゃってたじぇ!
(作成:golem4さん
歴代管理人画像

連絡先:inoken_the_worldあっとまーくほっとめーるどっとこむ

近況はTwitterはてブ
リンク関係
Twitter(常駐)
はてブ(おすすめ)
はてな支店(放置中)
mixi
はこてんパラダイス(放置中)
天鳳のSNS(わりと放置中)
天鳳(ID:いのけん、猫似まい)
麻雀牌画像を挿入するためのタグを作るページ(通称:パイガ):麻雀王国

【近代麻雀漫画生活のリンク集のようなアンテナ】
私が気に入ったサイト・ブログはこちらに捕捉されます。

なお、このブログはリンクフリーです。相互リンクは受け付けておりません。
バナー使いたければお好きなものをどうぞ。いちおうトップ絵も募集中です。

月條現矢さん作成


あぐらさん作成



ひがしさん作成

管理人を騙ったり、誹謗中傷や宣伝など問題のあるコメントは削除する場合があります。ご了承下さい。
Archives