2011年07月22日

竜騎士07が震撼した漫画「マジャン〜畏村奇聞〜」

現在「近代麻雀」「近代麻雀オリジナル」以外で連載中の麻雀漫画というのはそう多くありません。ヤングガンガンの「咲-Saki-」、漫画ゴラクの「天牌」、別冊漫画ゴラクの「天牌外伝」、ヤングチャンピオンの「凍牌 〜人柱篇〜」、ヤングアニマル嵐の「戦国雀王のぶながさん」と、こんなものしかありません。
(※gateauで「ハミングバード」という麻雀BL漫画も連載しているようですが、現物をまだ未確認)


しかし、私の観測範囲外ではまだ麻雀漫画が連載されていたのですね。
ネット上でいきなり単行本1巻のレビューを見つけて驚きました。それがこちら、「マジャン〜畏村奇聞〜」カミムラ晋作です。

マジャン -畏村奇聞- (1) (ファミ通クリアコミックス)
カミムラ 晋作
エンターブレイン (2011-07-15)

エブリスタプレミアムという携帯コミックサイトで連載していたようです。携帯コミックか…これは完全にノーマークでしたよ…。単行本第1巻収録分の初出は2010年6月4日〜11月5日だそうですので、1年以上前から連載していたのですね…。こうして単行本が出たからいいものの、ヘタすりゃ一生その存在にすら気付かないままだったのかもしれませんね…。なんてこったい。

内容の方ですが、単行本第1巻のオビに「竜騎士07が震撼!!」というコメントを貰っているように、「ひぐらし」さながらに不気味で排他的な寒村を舞台にした麻雀漫画となっています。主人公は東京からやって来た転校生・山里卓次。ひょんなことから村の掟を破ってしまい、祭祀「マジャン」で勝負せざるを得なくなってしまうのでした…。

「マジャン」とは当然のことながら「麻雀」のことで、この村ではそう呼ばれており神聖な儀式みたいなものとなっており、なんかマジャンが強い人とか特別視されたりするのですね。そして、掟を破ったとかで制裁をくらわされそうになる主人公。



麻雀漫画の「指を賭ける率」は異常!



実際の所、「無くなるのはイヤだけど、無いなら無いでギリギリなんとかなりそう」っていう意味で、人間の部位の中で一番「賭けるのに適している」ものではあるんでしょうね…。そりゃまぁヤクザだのなんだのと伝統的に覚悟を示したりするのに使われるわけですわ。ちなみに足の指だと、すでに登場しているキャラが「実は無かった(前に大きい勝負で負けた)」とか出来るからもっと便利ですよ。便利て。


麻雀漫画好きとして注目したい所はまずココ。



村人たちはマガミサマという存在を崇めており、マジャン(麻雀)は神前で行われる儀式であるからこそ、イカサマもしないし賭けの約束も守る、という理論。普通の麻雀漫画だと、この「イカサマもしないし、麻雀で負けたら結果に従う」という設定を自然に作るのはなかなか難しいのですよね。ヤクザの争いだったらそいつらよりも「上」の存在が立会人として必要だったり(それでも負けたら対戦相手を絞め殺そうとするM字ハゲが居たり)、「麻雀プロ」などとしてプライドでルールを順守させようとしたり、あとはムダヅモのように世界観で強引に押し切ろうとするのもありますかねw
(過去記事:「嘘喰い」に見る、「アカギ」仰木さんの存在意義

ちなみに、単行本1巻に収録されていない部分では神前である「娯楽室」以外で勝負が行われる話もあるのですけどね。まぁそのへんは、もし単行本2巻が発売されたらそこに収録されるはずです。


あと、この作品ではこれまた麻雀漫画好きとしては嬉しい特殊麻雀も行われます。
最初の勝負こそ通常の麻雀と同じものですが、次に闘うことになった「悪食」の柳との勝負では、「バンサン」という特殊ルールを加えた麻雀で打つことになります。



ちなみにその特殊ルールは、対局前にこうして点棒を引くことによって決めるようです。儀式みたいですね。

そんでその「バンサン」って特殊ルールは、ネタバレになってしまいますが、こんなものだそうです。



この特殊ルールを活かした駆け引きはなかなか麻雀漫画らしくて良かったですね。
このルールと方向性は違いますが、「鳴いた方が圧倒的に和了りは早くなるけど、最終的にはじっくり脚を貯めてリーチでガツンと決め手を和了った人が勝つ」というのは、宇宙麻雀を思い出しました。
(過去記事:宇宙麻雀を打ってきました


みんな大好き、お色気シーンもあるよ!



麻雀漫画の「脱衣率」は異常!!



東京からの転校生である主人公に良くしてくれた別所たまきちゃん(巨乳)ですが、ひょんなことから勝負に巻き込まれて、「供物」として身体は勝負に委ねられることになってしまったのだ! 供物なら仕方ないな!


と、とりあえず分かりやすい部分だけ取り上げてきましたが、闘牌もなかなかしっかりしていて麻雀漫画として面白いですし、寒村という孤立した世界で麻雀を話の真ん中に自然に持ってきてあるのも上手いし、普通に続きが気になります。1巻ではまだ「悪食」の柳との最終戦まで行ってませんし、単行本1巻にはまだ収録されていない「2人マジャン」や「罪送り」なんかもなかなか良かったですよ。

こんなブログを頻繁に見に来るくらいに麻雀漫画が好きだという人なら、まず読んで損をするということは無いと思います。私が強くオススメします。私はエブリスタプレミアムに登録してダッシュで最新話(現在は49話)まで読んできたのですが、これってもう単行本3巻分以上もあるじゃないですか…! そして、私としてはやはり「単行本」という形で手に取って何度も読み返したいものです。そういうわけで、2巻以降も発売されることを願って、面白い・面白そうだと思ったらまずは単行本第1巻を購入しましょう!

もし2巻以降が発売されなかったら、【天災 りんこさんッ】(近代麻雀2007年2月15日号掲載)、麻雀格闘倶楽部連動コミックVOL.2【青龍への道】(近代麻雀オリジナル2007.4月号掲載)、【HOW TO フリー雀荘】(近代麻雀オリジナル2008.11月号掲載)などと近代麻雀で読み切り掲載経験もあることですし、竹書房が責任をもって続きを出してくださいね!w



いのけん at 00:42│Comments(3)はてなブックマーク - 竜騎士07が震撼した漫画「マジャン〜畏村奇聞〜」このエントリーをはてなブックマークに追加twitterでつぶやく麻雀漫画(その他) 

この記事へのコメント

1. Posted by 通りすがり   2011年07月22日 01:24
エンターブレインと竹書房、刊行放り投げの可能性が高いのはどう考えても・・
2. Posted by     2011年07月22日 21:02
仰木さんの存在意義について読みました
むこうぶちでの第1巻の話の他に規模は小さいですがヤクザの弟分的なヤンキーと闘った話がありました(第22巻)。
もし傀がすぐあのように立ち去らなければ兄貴分に何かやられていたかも知れませんね
麻雀勝負(賭け)における第三者(?)による抑止力の存在は、漫画を読んで行く上で新たに観察すべき面白い点です。
こういうコラムも特集・キンマ総評と合わせて楽しみにしています。
3. Posted by 名無し   2012年03月30日 21:59
4 残念ながら、作者のブログで2巻以降の刊行は、版元の方向転換で刊行無しと告げられたようです。

他社からの刊行を待つしかないようです…orz

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
備忘録:太字は麻雀漫画
5/30 新黒沢 最強伝説(10)
6/1 近代麻雀1日号
6/6 中間管理録トネガワ(5)
6/6 1日外出録ハンチョウ(1)
6/7 ポプテピピック SECOND SEASON
6/8 蟻の王(6)
6/8 弱虫ペダル(51)
6/8 SとMエクスタシー(6)
6/15 近代麻雀15日号
6/15 鉄牌のジャン!(5)

6/16 かくしごと(4)
6/16 競女!!!!!!!!(17)
6/19 今際の路のアリス(5)
6/19 酒のほそ道(41)
6/19 天牌(89)
6/19 麻雀放浪記(1)

6/22 賭ケグルイ(7)
6/22 賭ケグルイ双(4)
6/22 賭ケグルイ(仮)(1)
6/23 ベルセルク(39)
6/26 やがて君になる(4)
6/27 スロウスタート(4)
6/29 ど根性ガエルの娘(3)
6/30 楽園 Le Paradis(30)
管理人:いのけん
顔バレ
いのけん


ツイキャス配信してたら映り込みで顔バレしちゃってたじぇ!
(作成:golem4さん
歴代管理人画像

連絡先:inoken_the_worldあっとまーくほっとめーるどっとこむ

近況はTwitterはてブ
リンク関係
Twitter(常駐)
はてブ(おすすめ)
はてな支店(放置中)
mixi
はこてんパラダイス(放置中)
天鳳のSNS(わりと放置中)
天鳳(ID:いのけん、猫似まい)
麻雀牌画像を挿入するためのタグを作るページ(通称:パイガ):麻雀王国

【近代麻雀漫画生活のリンク集のようなアンテナ】
私が気に入ったサイト・ブログはこちらに捕捉されます。

なお、このブログはリンクフリーです。相互リンクは受け付けておりません。
バナー使いたければお好きなものをどうぞ。いちおうトップ絵も募集中です。

月條現矢さん作成


あぐらさん作成



ひがしさん作成

管理人を騙ったり、誹謗中傷や宣伝など問題のあるコメントは削除する場合があります。ご了承下さい。
Archives