2011年12月26日

悩みが「×」から「♥」へ変わった「煩悩寺」2巻

全自動麻雀卓のある風景「煩悩寺」1巻として以前に紹介した「煩悩寺」の2巻がとうとう発売されました。

煩悩寺  2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
秋★枝
メディアファクトリー (2011-12-22)

煩悩寺 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
秋★枝
メディアファクトリー (2010-08-23)

1巻の時に「×」だったタイトルロゴは、1巻終盤で小山田くんと小沢さんが付き合い始めることになったおかげで、2巻では「♥」へと変わりました。というわけで、2巻はそんな恋人である2人の「♥」がたんまりと描かれていました。相手のことを大切に思って、驚かせようとしてみたり、手を繋ごうとしてみたり、デートに行く場所を考えてみたり、そしてその先の「そういう関係」になってみようとしたり、とにかくもう2巻丸々イチャついてやがります。後半は煩悩寺の新装開店計画とそれに伴う同棲生活とかいろいろあって、最大の見せ場は「そういう関係」になることですね。その直前のこの笑顔、もうたまりません。



っかー! この幸せカップルが!

いやー、これはニヤニヤしますね。ニヤリングですよ。羨ましいったらありゃしない。ヤマカム山田さんが「死にたくなった」と言うのも納得ですよ。ニヤニヤでも、奮起でも、憤怒でも、自殺願望でも、人によってリアクションは様々でしょうが、とりあえずそれだけ強く感情を揺さぶられる作品であるのは間違いないでしょう。


ところで、後半では小山田くんの兄が部屋を片付けに来たことによって、煩悩寺の新装開店計画が持ち上がります。その計画のキーマンとなるのが、2人の共通の友人である島ぽん。1巻のレビューでまるで中心人物のように紹介しましたが、麻雀やスロットなどのギャンブルが好きだからついついスポットを当ててしまいましたw
2巻でもそんなに出番は多くないのですが、唯一の共通の友人なのでちょくちょくと出てきていい仕事をしていきます。例えば、2人がデートへ行く場所を決めていた時。紙にいろいろと行き先を書いてくじ引きで決めようとすると、



さりげに「雀荘」もデート先に!w

私的にはアリですが、普通はデートで雀荘には行かないだろーw


また、小山田くんにはどうなるか見せずに煩悩寺を模様替えしようとしていた小沢さんが、その協力者として頼んだのも島ぽんでした。その協力してもらうための交換条件として、



麻雀打てる後輩を紹介すること! 俺にも紹介して!w





結局麻雀打てる子は見つからなかったようですけどねw


というわけで、麻雀大好きな共通の友人・島ぽんのおかげでちょくちょく麻雀も話に出てくる、小山田くんと小沢さんによるイチャラブコメディ「煩悩寺」。2巻もオススメです。人寂しい季節だからこそ、逆に開き直ってこんな漫画を読んでみるのもいいんじゃないでしょうかね。


いのけん at 22:22│Comments(2)はてなブックマーク - 悩みが「×」から「♥」へ変わった「煩悩寺」2巻このエントリーをはてなブックマークに追加twitterでつぶやく漫画 

この記事へのコメント

1. Posted by スペシャルフリーク   2011年12月26日 23:00
しかし島ぽんは彼女ができてもすぐ別れそう。雀風の不一致とかで
2. Posted by valu   2011年12月27日 00:35
ニヤリングが止まりませんでしたけど、クリスマスイヴの夜に読むのはやめておいて正解でした……

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
管理人:いのけん
顔バレ
いのけん


ツイキャス配信してたら映り込みで顔バレしちゃってたじぇ!
(作成:golem4さん
歴代管理人画像

連絡先:inoken_the_worldあっとまーくほっとめーるどっとこむ

近況はTwitterはてブ
リンク関係
Twitter(常駐)
はてブ(おすすめ)
はてな支店(放置中)
mixi
はこてんパラダイス(放置中)
天鳳のSNS(わりと放置中)
天鳳(ID:いのけん、猫似まい)
麻雀牌画像を挿入するためのタグを作るページ(通称:パイガ):麻雀王国

【近代麻雀漫画生活のリンク集のようなアンテナ】
私が気に入ったサイト・ブログはこちらに捕捉されます。

なお、このブログはリンクフリーです。相互リンクは受け付けておりません。
バナー使いたければお好きなものをどうぞ。いちおうトップ絵も募集中です。

月條現矢さん作成


あぐらさん作成



ひがしさん作成

管理人を騙ったり、誹謗中傷や宣伝など問題のあるコメントは削除する場合があります。ご了承下さい。
Archives