2015年12月30日

「咲-Saki-」第153局[一閃]準決勝終了!?それよりパウチカムイだ!

ヤングガンガンNo.02(2016.1.15)が2015年12月29日に発売しています。

ヤングガンガン 2016年 1/15 号 [雑誌]

スクウェア・エニックス (2015-12-29)

【過去記事】「麻雀漫画(咲-Saki-)」というカテゴリーをご覧ください。

【小林立先生のサイト】


ヤングガンガンオフィシャルサイト:作品紹介

「咲-Saki-」最新話レビュー記事を書くにあたってのガイドライン



以下、最新号の内容を含むので、ともきーと同じくまだ読んでない人はご注意ください。




【前回】
「咲-Saki-」第152局[一片]ネリーがついに本領発揮!そして勝負は









さて、前回ラストはネリーの三倍満三連発が炸裂して終わりましたが、3つ目の和了の牌姿が冒頭で描写されていました。

五筒:麻雀王国五筒赤:麻雀王国六筒:麻雀王国六筒:麻雀王国七筒:麻雀王国二萬:麻雀王国二萬:麻雀王国五萬赤:麻雀王国六萬:麻雀王国七萬:麻雀王国五索:麻雀王国六索:麻雀王国七索:麻雀王国 ツモ七筒:麻雀王国 ドラ・裏ドラ七索:麻雀王国五萬:麻雀王国

「メンタンピンツモ三色一盃口赤赤ドラ裏」でキッチリ11本折れての三倍満だったようです。この和了形でまず注目すべきなのは、リーチを掛けていることでしょう。なんせ、これを和了る前の南三局終了時点で2位の姫松と5万点近い差があったのです。なんでもいいから和了ればトップだというのに、役ありの手をわざわざリーチを掛けて和了ってきたということになります。いわゆる「スポンサー向け」に己の力を誇示したことになりますが、同卓者からしたら堪ったものではないでしょうね。こんなのマウンティングですよ、死体蹴りですよ、ダメ押しですよ。心を折られますよー、これは。そして、そうしてリーチを掛けたことによって、高目の七筒をツモって裏ドラ(七索と五萬でどちらがドラでどちらが裏ドラかは分からないけど)を乗せて2位勝ち抜けチームを変えるという結果になりました。こういう「トップ者が恣意的に2位チームを選ぶ」ような行為は、現実の麻雀大会でやったら賛否ありそうですね。てゆーか批判されそうですね。私は麻雀漫画の超名作「ノーマーク爆牌党」で、達人戦で茶柱さんを足切りから逃れさせるためにリーチを掛けてハネ満にした鉄壁を思い出しました。そう思うと、わずかなリスクを負ってでも「自分のやりやすい面子」を残そうとするというのは、勝ち上がり方式の麻雀勝負では普通にアリかもですね。まぁネリーはそういう意図ではないでしょうが、トップ者にはそういう「選ぶ」権利があるってことで。

それにしてもネリーは強い。強かった。この和了だけでもそれが伝わってくるようになっています。わずか5巡でリーチを掛けて、一発ツモはなんと赤五索だったようです。その次巡に七筒でツモ和了っているということは、1巡待っていたら赤五索の入れ替えと一発がついて数え役満にまでなっていたということになります。どんだけ好牌が寄ってきているんだって話ですわ。これが流れってやつか…。

しかも、ネリーはここからさらに同卓者を煽りに行きます。なんという鬼畜……。

まずは結果的に勝ち上がることはできた咲さんから。



前号のレビューでも述べた通りに、ネリーの和了が三倍満と大きかったことにより、親カブリで2位にまくることができました。その結果だけ聞くとラッキーなようですが、それをそう受け止められるでしょうか。いや、そんなはずはありません。むしろ、敗北するよりも屈辱的なことかもしれません。この咲さんの表情……。悔しさ・怒り・やるせなさ・屈辱……そんな様々な負の感情がギュッと詰められているように見えます。咲さん、何はともあれ決勝進出は決まったんだ。この屈辱を力に変えて決勝では見返してやるんだ。頼むぞ……。


さて、次は末原先輩を。



素早く2つ仕掛けて4巡目にはテンパイしていたということですが、ネリーの上家で鳴くことにより、ネリーのツモが増えたことでこういう結果になったんだと追い込みに行きます。ホンマ畜生やで……。


そして、最後は獅子原爽さんの所へ。爽は「カムイ」と「雲」という能力を駆使することで一時は親の役満ツモで2位へ浮上するほどの健闘を見せていましたが、最終的には大きく離れた最下位となってしまいました。その爽について、ネリーは「最後まで隠していたカムイがあるだろう」と聞きに行きました。まぁオーラスの時点ではさすがにもう手遅れで、どんなカムイを使ったところで有珠山が逆転できないから使わなかったとかかと思ったら、どうやらそのカムイの力に問題があるようです。「相手の肉体に直接働きかける」っておい! しかも、咲-Saki-世界では「相手の腕をマヒさせる」なんて能力を使う奴も居たのかよ!w これはいずれ五感を封じられたり波動砲で会場から吹き飛ばされたりするかもしれませんよ…w

さてその爽が使わなかった能力というのは「パウチカムイ」というものだそうです。あ! 私これ知ってる! 第144局[烈火]のレビューの時に調べてあったやつだ!!!!! なんという先見の明!さすが私!www

そのパウチカムイを対局終了後に使ってみろとネリーは持ち掛けます。具体的にはどんな能力なのか分かりませんが、まぁほぼ無敵だったネリーにはそんな能力が効くわけはないですよn




やっぱりパウチカムイには敵わなかったよ……


パウチカムイ最強説!


そして、




はやりんが有珠山高校を「一番戦いたくない」と挙げていた理由が判明しました!!! って、こんなしょうもないと言えばしょうもない理由だったのかw なるほどなるほど、はやりんはエッチなのが苦手なんですね。ねえねえ? パウチカムイでどういうのをされるのがイヤなの? 牌のおねえさんのそういうところも見てみたいんだけどな〜。(キモい)

そして、戒能プロが「似たようなのを出せる」という衝撃発言も見逃せません! はやりん知らなかったのか! これは早速今晩試してみるしかないね☆(キモい)


さて、勝負の後はそれぞれの控室が描写されるのが恒例となっています。今回まずはパウチされたネリーの臨海女子控室から。あれだけ圧倒的な力を見せたネリーへ、その力の使い方に早速的確なダメ出しを入れる臨海の冷静さ…w 全然浮足立っていない。決勝進出は当然のものであり、「喜ぶ」という感覚ではないのでしょうね。王者の風格だなぁ。

そして、次は清澄か姫松か有珠山かと思ったら……




ここで来るんか…! 高鴨穏乃…!


阿知賀編の準決勝以降、シズの覚醒が止まらない! 帝国ホテルで練習をしているのに、そこから少し離れた東京国際フォーラムに居る強者たちにも伝わるほどの覇気! てゆーか、おそらく地元で観戦しているであろう白糸台の照や淡にまで伝わるとかどういうことだよ! 影響力大き過ぎだよ!w

そんなわけで、ついに準決勝が終了して決勝戦へ向けて盛り上がってまいりました。と言っても、次回いきなり決勝戦が始まることはさすがに無いでしょうし、次回はやはり準決勝後の控室でしょうね…。清澄はともかく、姫松や有珠山の控室を見るのは悲しいですね…。勝負を行うと必ず勝者と敗者が生まれます。有珠山はまだ基本笑顔で勝負の結果を受け入れそうですが、姫松は辛いですね…。末原先輩や漫ちゃんが泣くのはまぁ想定内としても、愛宕洋榎ちゃんや真瀬由子さんが意外にも涙を流したら、これは私も泣くぞ……。想像しただけでちょっと泣けますもん……。


というわけでで今回はここまで。

次号は休載のため、次回は2月5日発売号に掲載となります。来年の2月3日で「咲-Saki-開始10周年」となるのですが、せっかくまた1号空いて準備しやすくなりそうなものだし、公式でもお祝いして欲しいなぁ…なんて思ってますがどうでしょうかね?


こっちはあくまでファンイベントではありますが、咲-Saki-開始10周年に先駆けて、1月30日に「咲-Saki-」連載10周年記念イベントを開催します。私が作成した年表「咲-Saki-10年史」を元に、咲-Saki-の10年の歴史を振り返ろうというトークイベントとなっています。詳しくはリンク先にて! 参加者には定員があるので申し込みはお早めにどうぞ!

ヤングガンガン 2016年 1/15 号 [雑誌]

スクウェア・エニックス (2015-12-29)
ゴールデンカムイ 5 (ヤングジャンプコミックス)
野田 サトル
集英社 (2015-12-18)
売り上げランキング: 209


いのけん at 10:34│Comments(3)はてなブックマーク - 「咲-Saki-」第153局[一閃]準決勝終了!?それよりパウチカムイだ!このエントリーをはてなブックマークに追加twitterでつぶやく麻雀漫画(咲-Saki-) 

この記事へのコメント

1. Posted by お見せしよう、王者のコメントを!   2015年12月30日 11:11
衣さんだけが嬉しそうな顔してたのが印象的

外国人のコメントの受け売りだけど
勝者は地獄レース続行で敗者はビーチで恋人作り中

・・・そういや、その衣さんも遠距離威圧してたね
2. Posted by お見せしよう、王者のコメントを!   2015年12月31日 05:24
>なんという先見の明!さすが私!
まぁ…かすってましたね
3. Posted by 8pika   2016年01月01日 11:18
5 コミケお疲れ様でした。

パウチカムイでしたら、地獄先生ぬ〜ベ〜にも出てきたことありましたね〜。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
備忘録:太字は麻雀漫画
8/1 近代麻雀1日号
8/4 ナナマル サンバツ(12)
8/5 中間管理録トネガワ(3)
8/5 架刑のアリス(6)
8/6 麻雀鬼神伝 地獄の鬼憑き闘牌
8/6 麻雀銭道 マンション麻雀で儲けたる

8/8 蟻の王(4)
8/9 進撃の巨人(20)
8/9 将棋の渡辺くん(2)
8/12 お酒は夫婦になってから(4)
8/12 ダンジョン飯(3)
8/12 近代麻雀15日号
8/17 天野めぐみはスキだらけ!(3)
8/19 今際の路のアリス(3)
8/19 鬱ごはん(2)
8/19 嘘喰い(43)
8/19 テラフォーマーズ(18)
8/19 今日のテラフォーマーズはお休みです。(5)
8/19 ゴールデンカムイ(8)
8/22 エムさん。
8/27 スロウスタート(3)
8/29 SとM エクスタシー(1)
8/30 新黒沢 最強伝説(8)
管理人:いのけん
顔バレ
いのけん


ツイキャス配信してたら映り込みで顔バレしちゃってたじぇ!
(作成:golem4さん
歴代管理人画像

連絡先:inoken_the_worldあっとまーくほっとめーるどっとこむ

近況はTwitterはてブ
リンク関係
Twitter(常駐)
はてブ(おすすめ)
はてな支店(放置中)
mixi
はこてんパラダイス(放置中)
天鳳のSNS(わりと放置中)
天鳳(ID:いのけん、猫似まい)
麻雀牌画像を挿入するためのタグを作るページ(通称:パイガ):麻雀王国

【近代麻雀漫画生活のリンク集のようなアンテナ】
私が気に入ったサイト・ブログはこちらに捕捉されます。

なお、このブログはリンクフリーです。相互リンクは受け付けておりません。
バナー使いたければお好きなものをどうぞ。いちおうトップ絵も募集中です。

月條現矢さん作成


あぐらさん作成



ひがしさん作成

管理人を騙ったり、誹謗中傷や宣伝など問題のあるコメントは削除する場合があります。ご了承下さい。
Archives