2017年08月16日

第2回咲-Saki-オープンに参加してきました(予選編)

夏コミ3日間の全日程が終わった翌日、いわゆる「夏コミ4日目」ですが、早起きして代々木公園駅へ向かいました。


国立オリンピック記念青少年総合センター(清澄高校と風越女子高校が全国大会時に宿泊している舞台でもあります!)で開催された第2回咲-Saki-オープンというクイズ大会に出場するためでした。第1回の時に、直前に知識を叩き込むことの重要さを学んだので、今回も早めに起きて会場近くの喫茶店でしののぬさんと一休さんと直前対策をしていました。本当はこの直前だけではなく、もっと前から大三元四暗刻さんがたびたび開催していた勉強会にもっと参加できれば良かったのですけどね…。この時に話した内容や、この時に読んだ箇所がけっこうピンポイントで出題されたりしましたし、もちろん日頃の積み重ねも大事ですが、それと同じく直前にガッツリと叩き込むのも大事だなぁと思いました。



そして、会場に到着! と言っても、雨が降っていたし時間に間に合うようバタバタしていたので写真は撮っていません。上の写真は7年前に行った時のものです。つーか、前回行ったのは7年も前なのかよ! 時間が流れるのは早いなぁ…。




会場に着いて参加申し込みとかをしたら、まずは全50問のペーパークイズです。これを20分で解くので、1問あたりの時間は24秒でしょうか。即答できる問題は数秒でいいのですが、悩む問題があるとけっこう厳しいです。私も、実際のところは1問数秒で解いていって、最後につっかかった問題を振り返ってひねり出すという形にしました。しかし、これは悩んだ問題が10問以内くらいならいいですけど、それ以上悩んでいたらかなりキツいでしょうねー。前回はもっとキツく感じたから、2回目なので慣れたのか、実力を上積みできていたのか。ただ、「これは分からなくても仕方ない」という問題もありましたが、「これがうっかり思い出せないのは悔しい」という問題もあって、悔しさは残りましたね。

あと、ペーパークイズに加えて、直接点数には関わりませんが予選のコース選択に関わってくる「近似値クイズ」を2問も同じ時間内で解きました。1問目は清澄高校の声優キャスト5人の年齢の合計値で、2問目は清澄高校の実写版キャスト5人の年齢の合計値というものでした。1問目は、1月に吉野山で行われたトークショーに行った時にたしか白石涼子さんが私と同年代だったというのを記憶していて、植田佳奈さん伊藤静さん釘宮理恵さんはちょっと上、小清水亜美さんはちょっと下というザックリとした記憶が残っていたので、私の今の年齢・35を5倍した175をベースに考えました。また2問目については、以前に実写版の各高校キャストの年齢差について調べたことがあったのですよね。咲-Saki-実写版イベントの時にもこの話をしたので、そういう咲-Saki-ファンとしての日々の積み重ねがダイレクトに活きて、わりと近い数字を出せたのではないかと思います。
本当に出ましたねw 並び替え問題だったら完璧に答えられたのになー!

ペーパークイズが終わったら早速予選第1局の開始です。
第2回予選第1局[阻止] - 咲-Saki-オープン公式ブログ

早押しボタンを使用しないクイズのため午前中のうちに行われました。大三元四暗刻さんがブログで振り返っていましたが、『インターハイ団体戦出場校でレギュラーの1年生が1名の学校を挙げよ』という問題を『鶴賀学園』でスルリと抜けていたのは鮮やかでしたね。たしかに私がパッと思いついたのは有珠山や風越女子だったし、いいとこ突いてましたね。あとで調べたら越谷女子とか千曲東なんてのもあったようです。これは難易度高いw




お昼休みは会場の食堂に向かったのですが、もう見た瞬間に何を頼むか決まりましたねw タコのつくものは力になるじぇ!

そんなわけで、参加者はワイワイとペーパークイズの答え合わせとかを話していました。私も取りこぼしは自分で目に見えてはいましたが、そこまで悪い成績ではなかろう、40点前後でトップと5〜6点差には入れるだろうなーくらいに思っていました。まぁそこまで大きな差がつかなければいいかな、くらいの気持ちで。ちなみに、後ほどの正解発表によると、自己採点で37点or38点でした。(自分でも正解を同じ答えを書けたかどうか怪しい箇所があった) しののぬさんは42点、おーたむさんは41点だそうで、感覚的に「これは分からなくてもしかたなかろう」って問題が5-6問はあったので、ほとんどは私が「取りこぼし」「知識不足」で差をつけられてるだけだよなーって思いました。

運営のみなさんは昼休みの間に一生懸命ペーパークイズの採点とかしていたようで、ほんとお疲れ様です。昼休みの後は早押しボタンもセッティングされて予選続行です。

第2回予選第2局[三麻] - 咲-Saki-オープン公式ブログ

10問先取の三択クイズですが、水面日和のみなも君が11問時点で10問正解というすばらな成績で1位でした。三択は観戦者も気持ちは一緒に参加できるのですが、私が10問に到達したのは14問目でしたし、これはスゴイですね。

第2回予選第3局[追想] - 咲-Saki-オープン公式ブログ

早押しボードクイズは咲-Saki-勢のてんぷろさんが1位抜けでした。しののぬさんは早押しボタンも積極的に押しに行ってたのですが、誤答による「-3点×2回」が重くのしかかってしまいましたね。これが例えば「3問休み」とかなら他のみんなと差がつくのは1〜3点程度なんでしょうけど、誤答で直に-3点を抱えるのは、早押しをして正解することで他の人に差をつけられる2点と比べて割が悪いのでしょうか。難しいものです。最後の方はボードだけで怒涛の正解で追い上げていましたが、勝ち抜けて隣の席に帰ってきた時には疲労困憊という感じでしたw

第2回予選第4局[怒涛] - 咲-Saki-オープン公式ブログ

第4局は私も出場しました。こうして見ると、他の参加者はクイズ経験者が多かったですねw そんな中で、クイズ経験者とはとても言えない私がいきなり1問目2問目を連取するという自分でも驚く展開にw まだ他の参加者の肩があたたまっていないうちにスキを突いたような形になりましたねw
しかし、ここから先のあと1問が遠かった…。咲-Saki-実写版のキャスト関連とかこの形式の問題が作りやすいんじゃないか、そして私は実写版キャストについてならわりと自信があると待っていたのですがなかなか来てくれず、やや前がかりになり過ぎてしまい誤答で3問休みをしているうちにリズムが崩れてしまい、もたもたしているうちにクイズ勢にスルスルと抜けられてしまいました。むしろ5位になれただけでも御の字かもしれません。問題の難易度も徐々に上がってきて「答えはいちおう咲-Saki-に出てきたものになっているけど、これほとんど普通のクイズ大会じゃねーかw」という状況になってきてましたし。私が勝ち抜け時に解答した「へそくり」とか、平均金額と名前の由来の時点で当てたけど、咲-Saki-シリーズのどこで出てきたか覚えてねーぞw 


第2回予選第5局[初心者] - 咲-Saki-オープン公式ブログ

第5局はクイズ初心者だけが参加できるコース。私は前回予選通過しているため参加資格はありません。おーたむさんが、クイズ大会自体は初めてなものの、咲-Saki-の勉強を重ねており大三元四暗刻さん主催の勉強会などで早押しボタン経験もあり、初心者離れした実力であっさり1位抜けしていました。

第2回予選第6局[最速] - 咲-Saki-オープン公式ブログ

第6局「最速」はタイムレースクイズ。咲-Saki-対策もクイズ対策も充分のしののぬさんが圧倒的な強さを見せていました。誤答は-1点だけなので、多少間違えてもガンガン攻めてガンガン当てに行くのが正解なんでしょうね。その通りに、たまに誤答はあっても圧倒的な正解数でねじ伏せていました。正直、この時点でもう私にはしののぬさんが優勝する絵が見えていましたねw


第2回予選第7局[選択] - 咲-Saki-オープン公式ブログ

第7局「選択」は、参加者がそれぞれ能力を持ったキャラクターを選んで、その能力に従って得点が入るという方式のクイズでした。第1回咲-Saki-オープンの時にやってるのを見て楽しそうだったので第1希望にしました。私が選んだのは亦野誠子で、3問正解したらその5問後に勝ち抜けというもの。おーたむさんが1位抜けの後に私も3問正解できたのですが、今思うとこれは最善の策ではなかったですね。最初の20問目までに3問正解できる自信があるなら、おーたむさんと同じくタコスにしておけば、5問待ちの間にvicarさんに抜かれることはありませんでした。まぁそう大きな差ではなかったでしょうが。今回は大星淡や天江衣や宮永照などの勝ち抜けリーチになりやすいキャラを選ぶ人が少なかったので、姉帯豊音さんもあまり能力を発揮できない感じでしたね。このへんの兼ね合いは難しいですねー。

第2回予選第8局[防塞] - 咲-Saki-オープン公式ブログ

圧倒的不人気だったという第8局「防塞」。どんな実力者でも3〜4問連続正解するのは難しいですからねぇ。いくたさんや人生全休符さんは実はクイズ経験者だったそうですが、それを予め知らなかった以上は、どうしても咲-Saki-界隈で名前も知られてしまっている兎来さんなどにマークが集中してしまうのは仕方のない展開です。終盤までほとんど回答権を得ることすらできず、また塞がれてばかりでリズムも崩れてしまうのが見て取れて、仕方のないことだとは言え本当に気の毒でした…。私もここに出たら最後の2〜4人くらいになるまで勝ち抜けられる自信が無かったな…。


そして、ここまでで予選終了。点数集計の間にペーパークイズの正解発表がありました。『34.セリフクイズ。「オタクってどんな…」「漫画とかアニメとか」「ああ(  )のやつね」』→正解は『普通』です。→『お前らみたいな』ではダメですか?w なんてしょうもない茶々を入れたりしながら和気藹々と。

準決勝進出は18位までなのですが、18位タイでvicarさんと肝臓さんが並び、1問勝負のサドンデスクイズで決めていたのはなかなかアツかったですね(肝臓さんが正解)。

予選順位は準決勝のコースを決める順番になるだけで、ポイント持ち越しとかではありません。上位から順番にコースを選んでいき、6人×3コースで準決勝へと進みます。が、今日のところはとりあえずこれまで。ただ、明日の昼のうちに続きを書けるかな…? なんとかなるか。なんとかならなかったらしゃーない。それではまた。

【電子特別版】ナナマル サンバツ(14) (角川コミックス・エース)
KADOKAWA / 角川書店 (2017-07-04)
売り上げランキング: 9,132
愛Q楽園 第1巻 (角川コミックス・エース)
S.濃すぎ
KADOKAWA (2017-07-24)
売り上げランキング: 62,798


いのけん at 01:42│Comments(0)はてなブックマーク - 第2回咲-Saki-オープンに参加してきました(予選編)このエントリーをはてなブックマークに追加twitterでつぶやく麻雀漫画(咲-Saki-) 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
備忘録:太字は麻雀漫画
5/30 新黒沢 最強伝説(10)
6/1 近代麻雀1日号
6/6 中間管理録トネガワ(5)
6/6 1日外出録ハンチョウ(1)
6/7 ポプテピピック SECOND SEASON
6/8 蟻の王(6)
6/8 弱虫ペダル(51)
6/8 SとMエクスタシー(6)
6/15 近代麻雀15日号
6/15 鉄牌のジャン!(5)

6/16 かくしごと(4)
6/16 競女!!!!!!!!(17)
6/19 今際の路のアリス(5)
6/19 酒のほそ道(41)
6/19 天牌(89)
6/19 麻雀放浪記(1)

6/22 賭ケグルイ(7)
6/22 賭ケグルイ双(4)
6/22 賭ケグルイ(仮)(1)
6/23 ベルセルク(39)
6/26 やがて君になる(4)
6/27 スロウスタート(4)
6/29 ど根性ガエルの娘(3)
6/30 楽園 Le Paradis(30)
管理人:いのけん
顔バレ
いのけん


ツイキャス配信してたら映り込みで顔バレしちゃってたじぇ!
(作成:golem4さん
歴代管理人画像

連絡先:inoken_the_worldあっとまーくほっとめーるどっとこむ

近況はTwitterはてブ
リンク関係
Twitter(常駐)
はてブ(おすすめ)
はてな支店(放置中)
mixi
はこてんパラダイス(放置中)
天鳳のSNS(わりと放置中)
天鳳(ID:いのけん、猫似まい)
麻雀牌画像を挿入するためのタグを作るページ(通称:パイガ):麻雀王国

【近代麻雀漫画生活のリンク集のようなアンテナ】
私が気に入ったサイト・ブログはこちらに捕捉されます。

なお、このブログはリンクフリーです。相互リンクは受け付けておりません。
バナー使いたければお好きなものをどうぞ。いちおうトップ絵も募集中です。

月條現矢さん作成


あぐらさん作成



ひがしさん作成

管理人を騙ったり、誹謗中傷や宣伝など問題のあるコメントは削除する場合があります。ご了承下さい。
Archives