2021年11月09日

第3回咲-Saki-オープンに参加してきました(決勝ボード問題編)

とうとう来ました、決勝の舞台!!!



【過去記事】
第3回咲-Saki-オープンに参加してきました(準備・ペーパー編)
第3回咲-Saki-オープンに参加してきました(予選編)
第3回咲-Saki-オープンに参加してきました(準決勝編)

決勝戦[決勝]は、全員参加の10問の超難問ボードクイズの後に、40問の早押しクイズで決着をつけるという方式です。まずは10問のボードクイズからなのですが、これが決勝まで勝ち上がった人達でも頭を抱えるようなかなりの難易度なのですよ…w 決勝進出者には問題がそのまま紙で配られているので、せっかくですからその写真を掲載していこうと思います。








第1問は前回と同じく牌姿からの問題。私も含めて全員不正解でしたが、これは惚れ惚れするような良問でしたね…。前回の牌姿問題の正解「伊達朱里紗」(と、その正解を考え抜いて導き出したしののぬさん)も見事でしたが、今回の牌姿はさらに「咲-Saki-シリーズの作中に明確に登場している」あたりも流石でした。正直、作品の読み込みの甘さを痛感しましたね…。これは「私は正解しているべき問題」です。全盛期の私ならば、作中に登場した牌姿はほぼ全てに近いくらい把握していたでしょうから。





第2問も私は不正解…(正解者あり)。「咲-Saki-」の連載が長く続いて行くにつれて、第何局が作中でどのあたりだったかを覚えられなくなっていますが、2回戦なのか準決勝なのか決勝なのか、その中で先鋒〜大将のどれくらいの位置なのか、そしてサブタイトルはその回のどういう展開や人物を表しているのか、をザックリと頭に入れておくくらいはしておかないとなと、再び勉強不足を痛感しました。それさえ把握していれば、特に[好敵]は誰から見た誰のことなのかが分かっていれば、自ずと答えが導き出されたでしょうから…。






第3問は咲らじから。全員不正解。咲らじ関連は「CDになっている部分以外は放送時に個人で録音とかして保存していない限り、今からアーカイブを追えないんじゃね…?」と思っているし、実際ほとんどの参加者が同様の理由で対策できていないため、仕方のないところでもあります。なんなら、私は第1回の放送でメールを読まれた(=名前を読み上げてもらえた)はずなのですが、録音データが入ったPCが破損したためもう聞けないですしね…。あれは咲-Saki-が好きなあまりに私が作り上げた妄想・幻聴だったのかもしれない…。






第4問も、第2回の決勝に続いて恒例となったらしいおもち問題。これは分かる人にはすぐ分かる簡単な問題なのかもしれませんが、私は再び不正解…。ポイントは(C)ですよね。AとBは簡単だとして、じゃあCはどういう意図で選んだおもちなのかという作題者の意図までしっかりと考えて推理すれば正解を導き出せたはず…悔しい…。




第5問はちょっと後回しにして、第6問。



これもまた「作中にしっかりと描かれていることを当てるだけ」なクイズなのですが、台詞ではなくて「絵の中で書かれた文字」ってのはなかなか覚えるのは大変なもので、これを正解できる人はかなりの変態だし、木吉紗先生でも池田華菜さん本人でも無理じゃないかと思いますw






第7問。うーん、普通に良い難問だ…。こういう「答えられなくもない問題」はしっかり当てておきたいのだけど、咲-Saki-に阿知賀編に怜-Toki-にシノハユにと作品世界が広がっていくにつれてこういう「ちょっと頑張れば答えられそうやん」な問題を解答するのが難しくなっていくよなぁ…。これもまた、単純な鍛錬不足ですね…。







第8問。これもまた作中に堂々と出てきているけれど「そんなん全部覚えられるか!」と言いたくなってしまう難問だw 有珠山高校ガチ勢の方なら答えられるのだろうか…?







第9問は最新スピンオフ「咲とFF14」からの問題。まだ単行本になっていないため対策をできていない人も多かったようですが、雑誌連載とは違ってアプリ連載なので読むこと自体への金銭的ハードルは低いため、今回の第3回咲-Saki-オープンでは単行本未収録ながらも例外的に出題範囲内でした。私は直近でポイントを使える範囲で再読していたため、なんとかギリギリで正解。







第10問。意外と盲点となりやすい部分のセリフクイズ。これが私は一番悔しかったですね…。なぜなら、一度正解の「そこかしこ」が頭の中に浮かんでいたのに、それを描くことを右手が選ばなかったから…。もうちょっと落ち着いて問題の難易度まで考慮すれば、まこメシ冒頭のフレーズと「そこかしこ」という微妙なワードに引っ掛かりをおぼえておくべきでした。全員不正解だったのですが、ここで私だけが正解できていれば1ポイント差を縮めることができていました。悔しい。悔しすぎる。




そんなわけでボード問題の全10問が終わりましたが、今回は全員不正解も多く、0〜2ポイントくらいしか差が付かず、ダンゴ状態で早押し問題40問へと移行することになりました。その様子はまた次の記事でお伝えするとして。


最後に、先程後回しにしておいた第5問を行っときましょう。


第5問。



問い読みのRYOさん「おニャンニャン侍!」

いのけん「おニャンニャン侍!!!」
(右拳を胸元から右上へ突き上げながら)


他の解答者「(・・・・・・・・・)」







会場の全員「(何言ってんだアイツ・・・・・)」





まさにこんな感じで会場は静まり返って変な間が生じたけれど、私は確信を持って解答していましたし、結果としては私が単独正解! いちおう説明をしておきますと、咲-Saki-阿知賀編実写版の特典映像で阿知賀女子麻雀部のみんなが休憩中に遊んでいた謎のゲームのリアクションでした。実写版には何度も助けられているなぁ…。予選ラウンドで1位を取ったり、誰もが唸るような見事な正解はこれまでできてませんでしたが、このリアクション問題で第3回咲-Saki-オープンに「爪痕」を残せたのではないでしょうかw



次回、最終回!!!!!



いのけん at 20:29│Comments(0)はてなブックマーク - 第3回咲-Saki-オープンに参加してきました(決勝ボード問題編)このエントリーをはてなブックマークに追加twitterでつぶやく麻雀漫画(咲-Saki-) 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
管理人:いのけん
顔バレ
いのけん


ツイキャス配信してたら映り込みで顔バレしちゃってたじぇ!
(作成:golem4さん
歴代管理人画像

連絡先:inoken_the_worldあっとまーくほっとめーるどっとこむ

近況はTwitterはてブ
リンク関係
Twitter(常駐)
はてブ(おすすめ)
はてな支店(放置中)
mixi
はこてんパラダイス(放置中)
天鳳のSNS(わりと放置中)
天鳳(ID:いのけん、猫似まい)
麻雀牌画像を挿入するためのタグを作るページ(通称:パイガ):麻雀王国

【近代麻雀漫画生活のリンク集のようなアンテナ】
私が気に入ったサイト・ブログはこちらに捕捉されます。

なお、このブログはリンクフリーです。相互リンクは受け付けておりません。
バナー使いたければお好きなものをどうぞ。いちおうトップ絵も募集中です。

月條現矢さん作成


あぐらさん作成



ひがしさん作成

管理人を騙ったり、誹謗中傷や宣伝など問題のあるコメントは削除する場合があります。ご了承下さい。
Archives