近代麻雀(2010年)

2010年12月27日

近代麻雀2011年1月15日号

間に合った!
明日の発売日間に合った!ギリギリセーフ!

いつものように勝手に近麻に麻雀の点数をつけていきます。

※おことわり(言い訳)
このレビューはいのけんが独断と偏見で書いたものであり、読みの浅さなどにより突っ込みに誤り・抜けが多々あるかもしれないので注意してください。また、点数が高くても低くてもそれは万人共通の評価ではありません。できれば実際に近代麻雀を購入して、みなさんの目でどれくらいの出来か確かめてみてください。

(参考:近代麻雀THE WEB最強!近代麻雀blog


表紙→メインは傀。ゲーセンで打とうとしているように見えなくもない

【私を麻雀博物館に連れてって♥】→2000点。麻雀博物館の紹介記事。最後に行ったのって2~3年くらい前かなぁ。

【HERO ~逆境の闘牌~】前田治郎+協力:福本伸行→4000オールいやいやいや、市川は放銃してるだろ。ちゃんと読み返しましょうよ。最低限は原作を踏襲しないと「スピンオフ」じゃなくて「パラレル」になっちゃいますよ。
二萬が「見えた」ことの根拠としていろいろと変な闘牌をしていたことの伏線回収。おお、それなりにいろいろと考えてはいたのですね。証拠が4つあるそうですが、ええと、4つ目は?それが市川さんが「目が見えている偽物」って証拠に繋がるんですかね。

【満潮!ツモクラテス】片山まさゆき→8000点。タクシー代を値切らなかった我鷹さんは海老蔵よりはエライ(数年後に読み返したら何のことだか分からないかもしれない時事ネタ)。我鷹さんはまだ諦めずに馬杉に手を付けようとしてるんだなぁw まぁ「断られるだろうけどいちおう言ってみる」程度の誘い方なのかもしれませんが。
フラトンと五条の勝負は、五条が被害妄想で「我鷹の汚さに負けたんだ」という言い訳をして敗北。五条よ…、そうやってやさぐれてすぐ熱くなっていては麻雀勝てんぞ。もう一度ミーコ達と一緒に行動して精神にゆとりを持ってほしいものです。いちおう「いい奴」だったはずのキャラですしね。
(関連:片山まさゆきの Sweets打(ぶ)ち

【グッドプレイヤーズクラブ講座】→2000点の1枚。「トリュフ探したりしないの?」「ブタじゃねーし!」にちょっと笑ったw
(関連:Good Players Club

【何切るアカデミー】馬場裕一→3900点。今回のテーマも「満貫」。ただ、例題のこれは満貫じゃないっすね。
九萬二索二索三索三索四索四索五索六索七索八索八索南出る二索
ここで二索ポンして五索切り(!)という二階堂瑠美プロ、男前やねぇ…。
(関連:バビィのバカヅキサイクロン馬場裕一 (biglipbabby) on Twitter

【哭きの竜・外伝】能條純一→親の3900点。沙貴のサーカス的な緑一色含みの手順。四索を枯らして發も切ったので緑一色は無さそうですが、大明槓から四槓子へと渡りを掛けるのでしょうね。次号いきなり最終回だそうですが、撃たれちゃった音無さんとかずっと麻雀してない竜とかどうする気なんだろう。打ち切り?
(関連:能條純一オフィシャルブログ「REAL」

【私利私欲麻雀入門】カラスヤサトシ→2900点の1枚。「賭け麻雀完全合法化推進委員会」発足。「え、この雑誌でそこに触れてもいいの?」という、思わぬ所に突っ込んできたな。この連載、侮れんぞ。


【インスタントジョンソンじゃいのギャンブル生活】→2600点
二萬三萬五萬赤六萬四索五索赤六索五筒赤六筒七筒中中中ドラ六索四萬
こんなん普通は五六萬でチーして三萬切りじゃないんでしょうかね。いくら仮テンでもなるべく自分の和了牌は外側の方がいいと私は思ってますんで。下家も二萬単騎の大四喜だったとか知らんがなw

【鉄火場のシン】作画:森遊作+原作:荒正義→2600点待ちを暗槓されて顔に出すとかどこの素人だよw 錦糸町で怖いおじさんに囲まれて打つも、3回戦でパンク。ヤバイ仕事を紹介されそうになったりとか、徐々にこの作品全体が「あからさまなフィクションっぽさ」が漂っててきたなぁ…。何この、まさに絵に描いたようなアウトローな人達w

【雀くま】そにしけんじ→2600点の1枚。パンダ師匠カッコカワイイ!そして街で引っ掛けたうさタンもカワイイ!なんかもうどうでもいい!

【ムダヅモ無き改革 勃発!“神々の黄昏(ラグナロク)”大戦】大和田秀樹→6000オールの3本場と1枚レビューはこちら
七筒を勝手にそんな恐ろしい牌に設定するなw なんだ「シングル役満じゃ流れを止められない」って理論はw そもそも国士十三面を暗槓のロン和了っておかしいだろw やはりヒトラーを倒すには人の身では敵わず、神になるしかなかったのか…。さて、あと2話で終わるらしいので、次号で終局、次々号で後始末って流れが漫画として妥当かなー。まさか「俺達の戦いはこれからだ!」とはしないだろうしw
(関連:大和田秀樹 (hideki6809) on Twitter

【バイヅケ!!~原稿料、勝てば2倍、負けたら0!~】葛西りいち→2600点の1枚。今回は朽葉狂介氏が講師を務める雀荘「ジョイ」の麻雀大会に参加して、その順位で原稿料が決まるそうな。「ジョイ」にインスタントジョンソンの「じゃい」が来たってことにはノーツッコミなの!?
次号、竹書房の最終兵器が登場とかアカギのシルエットがあるけど、さすがに福本伸行先生は登場しないよなー。たぶん「福本先生が来るかもと思わせる」というネタだろう、きっと。
(関連:アシでメシが食えんのか(アシを辞めてもメシが食えんのか)葛西りいち (kasairiichi) on Twitter

【ガチンコ4すくみコラムバトル】第16回の順位は片瀬→福田聡→六向聴→ネマタでもうずっと変わらないままでした。
【最強位の取り方】福田聡「ロスを無くそう!」→2600点。裏目を引いても使える切り方。(関連:何も出来なくて…ラス 裏目ったときのことを考える
【天鳳→リアル】片瀬「楽しい動画配信」→2000点。タイトル通りの内容
【麻雀アナログ必勝法】六向聴「トイトイ」→流局。ダメだこりゃ
【もし女子高生が牌譜を見たら】花岡美位「麻雀打ちに胸キュン!」→1500点。高校で麻雀同好会会長をやってる女子高生なんですって。で、どんなオッサンが書いてるのかね?麻雀打ちに惚れた?牌譜で感動した?そんな女子高生など居ない!少なくとも、俺は信じない!

「モンド21 第11回モンド杯」ケネス徳田→ここでテンパイ取らずとか、競技麻雀みたいな打ち筋だなぁ。

【麻雀小僧】押川雲太朗→2600オールの1枚。ハネ直差を詰めていくまー坊の闘牌。差を付けられてからの闘牌は押川先生の十八番。十八番なだけに「一発逆転ではなくコツコツと詰めてチャンスを待つ」という方法までいつも通りだけど、まぁそれはいいや。赤五筒ツモるも裏1枚乗らずとか、このへんの微妙なバランスは本当に上手いなぁ。押川先生が「漫画」が上手いかどうかはともかく、「麻雀」を描くのは抜群に上手いし、リアルですわ。

【キンマ大喜利】グレート巨砲→1000点。「オデ」って一人称は何なの…?いや、別に興味も無いけど。

【兎 -野性の闘牌-】伊藤誠→5800点。キツネさんとD・Dのペア縄張り(この設定覚えてます?)にはじき出されて不貞腐れてる愛さん可愛い。一途にD・Dを見続けているキツネさんだけど、これはどちらかが落ちるパターンだろうなぁ。

【角刈りすずめ】KICHIJO→5200点。今回は縦麻雀。縦社会。でも、その言語は縦書きする文字じゃないだろw
(関連:一條マサヒデ (m_i_) on Twitter

「HOROSCOPE」→私のうお座は7位。「12/20は天使のような二人の存在を思いながら戦うと勝率を上げられる」>なんだよそれw

【ゴロ 麻雀郡狼記】作画:嶺岸信明+原作:来賀友志→3900点の4本場。安斉くんの必死の親落とし。井原さんと佐々村さんが攻めだの受けだの言ってました。守りじゃなく受けなのね。

【むこうぶち】天獅子悦也+闘牌協力:ケネス徳田→5800点。フリーター中の須賀くんが登場。「ドリーム・キングダム」という福本作品に出てきそうな遊園地の建設現場で、そこに集まる工事関係者の休憩室で麻雀を打つことになるようです。おいおい、傀はここにもやってくるのか。いつもの黒ずくめじゃなくて作業着で来ないかなw まぁホームレス相手にも麻雀打った傀さんだからこんなとこには普通にやって来るんでしょうけどね。

【我れ悪党なり】→1300点。ポンカスの単騎に受けちゃったら和了放棄にツモ切りに2万点マイナスか。厳しいのう。

【でかぴん麻雀入門】山崎一夫+西原理恵子→2600点。「デカピンでポン」の話とか。こういう企画があったことを知っていると、今の「バイヅケ」が賭博だ何だと2ちゃんでケチ付けてるおばかさんが気の毒になりますねw
(関連:「たぬ御殿」「たぬブログ」「銭の花はどこに咲く。さいばらりえこの太腕繁盛記 生(なま)」

【タミーラの麻雀クイズ】→例題、三索切るのも已む無し。

【キンマ ジャンジャカ雀】→シャモアはアカギに憧れてたのかw

【ためになる麻雀用語辞典】菅野航→700-1300の1枚。あるあるw 昭和麻雀すなぁ
(関連:菅野航のHP

「近代麻雀クリスマスプレゼント!!」→あんまりクリスマス関係ねえ!w
(関連:http://k-oubo.com/

広告→JAJA雀は全時間0.5に変更とのこと。こういうのって普通は場代が高いレートの方が残るのにこうなるってことは、やはりいろいろと問題があってK察に指導でも受けたのかなw

裏表紙→MJ4の近代麻雀CUP

次号予告→画像は、もうサイト更新するのやめちゃったのかな…。
巻頭カラーは「アカギ」。ひぐらしもムダヅモも最終回の一歩手前ってとこ。「哭きの竜・外伝」は最終回。

以上です。


次号は来年ではなく、明日12月28日火曜日発売なのでご注意を。定価の420円です。

いのけん at 23:16|PermalinkComments(1)はてなブックマーク - 近代麻雀2011年1月15日号このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年12月22日

近代麻雀オリジナル2011.1月号

今年のレビュー、今年のうちに!
諸事情により公開が数日ほど遅れたけど、ちょっと前に書き終わってたんですよ!本当に!

今回も勝手に近麻に麻雀の点数をつけていきます。

※おことわり(言い訳)
このレビューはいのけんが独断と偏見で書いたものであり、読みの浅さなどにより突っ込みに誤り・抜けが多々あるかもしれないので注意してください。また、点数が高くても低くてもそれは万人共通の評価ではありません。できれば実際に近オリを購入して、みなさんの目でどれくらいの出来か確かめてみてください。

(参考:近代麻雀THE WEB最強!近代麻雀blog


表紙→メインは……やっぱり誰これ?傀なの?(目次に「表紙イラスト:天獅子悦也」ってあるからそうなのか…。)

【月10万勝ちを実現する鬼オリ必勝理論】5200点
五索赤六索七索八索九索三萬三萬四萬六萬八萬一筒二筒三筒 ツモ一索ドラ六萬
安牌は八索のみ。順位戦なら歯を食いしばって八索切るべきなのかも。でも、オリが大事ってのはまぁ分かるんですけど、普通の赤5000点分の祝儀とかなら一索切るよな~。小島武夫プロの八萬切りなんてたぶん一番中途半端でダメな選択だと思う…。渋川の毛先遊びすぎワロタw

【ナナヲチートイツ】作画:前川かずお+原作:森橋ビンゴ1300オールの1枚。第1話からいきなり女主人のアソコを舌でペロペロとか「どう見てもご褒美です、ありがとうございます」的なご奉仕をいろいろとしてましたが、これが原作通りだって言うんだから、もともとラノベという媒体なのがおかしいですよねw 近オリのコミカライズでやっとあるべき所に収まったとでも言うのかな。原作は小説そのままではなく書き下ろしているそうなので今後の展開も期待。
(関連:DAY48時間
MeNTHoL BaBY

「月10万勝ちを確定「鬼オリ」をマスターするための厳選何切る!?」3900点。問1をノータイムで一萬切らないとダメなんだろうなー。今の私は一瞬止まって一萬切るレベルです。

「今どきの雀ゴロになるために!!雀ゴロレポVol.1」3900点。雀ゴロで勝つためにも結局は「出勤力」とか、そんな無職にしか出来ないような方法を教えられても…w あと、渋川の点5時代は元ヤンの上司がアレだ的なこと書いてたけど、いいのかこれ?w まぁ別にそれくらい構わないか。

【牌王伝説 ライオン】志名坂高次→6400点。堂嶋さんもまだ若かったってことですかな。

【シャモア~兎・外伝~ 孤高の闘牌】渋沢さつき+協力:伊藤誠+シナリオ:花崎圭司+闘牌:ケネス徳田→リーヅモ赤裏で4000オールの2枚レビューはこちら
ツッコミたい所はレビューの方で突っ込んでいますが、もう「なんだよこの漫画wwwww」としか言いようがありませんw

【麻雀革命児シュート】城埜ヨシロウ→5800点。マンション麻雀にご案内。むこうぶちではもはや説明すらしない配原ビンタを改めて説明してくれるのは親切ですな。雑誌で二度目の中国人メイドの登場。さらに、この漫画でも「鬼オリ」という福地先生の造語が登場。きっと編集さんに次号で特集するから使ってくださいとか言われたんだろうなーw
シュートの最後の手はリーチなのかな?3900で沈み2着(ビンタは分け)になるならダマな気もするけど、ハネツモでトップが見えるというのはたしかに大きいし。難しいね。

【ひるドラ】大井昌和→3900点の2本場。ほのぼのコタツ麻雀。大学時代を思い出しますな。
(関連:大井昌和の報告

【パッと見牌効率】二階堂亜樹→2000点
二萬三萬三筒四筒六筒七筒一索二索三索五索六索八索八索 ツモ二筒ドラ白
搭子選択に差がない場合、裏目が少ない方を払うのが正解。まぁ現実にはこんなことよりも、どの両面が何枚残っているか(残っていそうか)の方が大事ですけどねー。そして、コラムの半分がプレゼント告知…。

【バビィの捨て牌読み講座】馬場裕一→1000-2000の1枚。「回しリーチに意味あり」。その意味を探り当てるのはなかなか難しいですが、ツモ切りしてた巡目に場に出た牌の外側(使いづらくなった)の牌ってのはけっこうありますね。
(関連:バビィのバカヅキサイクロン - livedoor Blog(ブログ)

【ワシズ-閻魔の闘牌-】原恵一郎+協力:福本伸行→3000-6000の4本場。原先生のコピー芸が冴え渡る小柴のはしゃぎっぷりの後に隼も入って麻雀勝負。フスマの模様がなんかファンシーなのが違和感w 「蛙を捕食するのはハヤブサなんだぜ」とか「井の中の蛙大海を知らず」とか、ずっと言いたかったんだろうなーw
ワシズ様が満面の笑みを見せて結局全ては鷲巣様の思い通りとか、もうワシズ様にはどうやっても勝てる気がしないな!小柴くんは小者敵キャラとして頑張るようですが、諦めたほうがいいのでは?w

【GAMBLER!-勝負師-】鹿賀ミツル→1300-2600の1枚。わざとツモらせて両脇ごと点棒を減らせ、自分のツモ和了りで一気にトバしてトビ御祝儀でウッハウハという作戦。勝さんお見事やで。

【ジャンケット】作画:紅林直+原作:赤木太陽→5800点の1枚。ダブロン狙い撃ちでなんとか頑張るも、そうそう都合よく点数までは稼げず3着目。そりゃそうやんなぁ。でもオーラスでなんとか逆転勝利。いちおう6400直撃を意識させる心理トリックとか考えられてたし、まぁ漫画なんだからこれくらいは都合よくいかないとねってことで。しかし、「1対3の状況では、麻雀で勝ってもそのまま無事で帰れるわけない」という現実的な問題が。まぁ問答無用で銃殺されてないだけよかったねってことで。来月にはなんとかするでしょうし。
(関連:赤木太陽 (akagitaiyo) on Twitter

【むこうぶち外伝 EZAKI】作画:玉置一平+原作:天獅子悦也+闘牌協力:ケネス徳田→2000-4000の2本場。秀さんともあろう人が南を鳴かれてやっと小四喜に気付くとかあり得ない話なんですが、赤五筒の出和了りでのGoodJobはまぁOK。総合的な勝敗としても痛み分けで、ドカベンの土門VS不知火のような夢の対決の結末としてはこんな感じでいいんじゃないでしょうかね。
(関連:玉金ミレニアム

【麻雀忍法帳】藤崎智→2600点
九萬九萬一索一索二索四索四索五索六索六索發發發ドラ三索出る一索
そりゃ鳴くでしょー。理由も概ね記事の通りでいいと思います。

【トップ4割に挑戦】滝沢和典→2600点。最強戦惜しかったですね。

【つぶやき広場】→シャモアに感動する奴なんてこの世に居てたまるか!w

【キンオリ編集部カネポンの負け組のおたけび】→3900点。城埜先生は相変わらずギャンブラーなんだなぁ。「ウラセン」面白かったからああいうのもまた読みたいものだけど。
(関連:最強!近代麻雀blog

「今月の豪華プレゼント」→空気清浄機ってずっとあるよね。そんなにいっぱいあるの?それとも、本当に毎月プレゼントしてる?w
(参考:http://k-oubo.com/

「近オリ式麻雀都市伝説」ニシムラマコジ→1300点。「西南は災難」。麻雀格言の中でもマイナーなものを持ってきたなぁ。

編集スタッフ→オリ打ちが多い順。

広告→雀荘広告少ないのう…。

裏表紙→MJ4の近代麻雀CUP

次号予告→サイトはこちら:近代麻雀オリジナル
2号連続特別付録DVDが付くそうで、定価が載ってないけど5~600円になっちゃうんだろうな…。
福地先生のコラム第3弾は「先行チー最強理論」だそうです。よくいろんな最強論を考えるなぁ。


以上です。

次号は1月8日土曜日発売ですが、上記のように定価は不明です。


いのけん at 00:00|PermalinkComments(1)はてなブックマーク - 近代麻雀オリジナル2011.1月号このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年12月13日

近代麻雀2011年1月1日号

なんとか15日号までに間に合いました。

いつものように勝手に近麻に麻雀の点数をつけていきます。

※おことわり(言い訳)
このレビューはいのけんが独断と偏見で書いたものであり、読みの浅さなどにより突っ込みに誤り・抜けが多々あるかもしれないので注意してください。また、点数が高くても低くてもそれは万人共通の評価ではありません。できれば実際に近代麻雀を購入して、みなさんの目でどれくらいの出来か確かめてみてください。

(参考:近代麻雀THE WEB最強!近代麻雀blog


表紙→メインは鷲巣様。過去最大級のドアップw


【第15回雀鬼流全国大会】→流局。私、宗教とか興味無いので…。

【哭きの竜・外伝】能條純一→2600点。巻頭カラーであらすじと名言集。竜さんはカラー扉絵見開きで描かれてたけど本編では出番なし。音無さんがスナイパーにやられたようだけど、堤の例もあるから死んだと確信できないなぁ。
(関連:能條純一オフィシャルブログ「REAL」

【私利私欲麻雀入門】カラスヤサトシ→3900点。「これだけ丸おぼえすれば大丈夫」ってあったけど、まさにその通り。点数計算なんてこれだけで9割5部は出来てるんですよね。

【満潮!ツモクラテス】片山まさゆき→5200点の1枚。オバカミーコで五条さんがフェードアウトしたのにはそんな理由が!まぁ役牌1枚から重ねて出和了るような「後々付け」っぽい理由ですけどw 波溜さんとミーコもなんとかしてやれっつって。五条やフラトン見てると、「正論は正しいわけではない」というのを常々思いますねー。歩道は歩行者優先なのは正論でも、それが自転車を蹴っていい理由にはならないのに。
(関連:片山まさゆきの Sweets打(ぶ)ち

【グッドプレイヤーズクラブ講座】→2000点。国士チャンカン。カッコイイっすねぇ。福本先生、そりゃモテるわw
(関連:Good Players Club

【何切るアカデミー】馬場裕一→3900点の1枚。今回のテーマは「満貫」。
三萬三萬三萬六萬七萬六筒一索一索二索二索三索四索八索 ツモ六索ドラ七萬
満貫条件なら一索切りでいいんじゃないでしょうか。裏ドラがあるならリーヅモドラ裏でもいいとはいえ、タンヤオにはしやすいだろうからせめてツモ条件にしたいですよね。
(関連:バビィのバカヅキサイクロン馬場裕一 (biglipbabby) on Twitter

【鉄火場のシン】作画:森遊作+原作:荒正義→2600点。「ツモは偶然の産物」「麻雀はツモの強弱と手牌の良し悪しで押し引きを計る」これを「牌の力学」というんですってさ。「はぁ、そうですか…」としか言いようがない…。歌舞伎町を根城にしている人が錦糸町を馬鹿にしてましたが、そりゃ錦糸町と歌舞伎町なんてそんな離れてないんだからどっちにも行く人は普通に居るよなー。

【雀くま】そにしけんじ→2600点の1枚。雀パンダ尊師!じゃなくてパンダ師匠!

【ムダヅモ無き改革 勃発!“神々の黄昏(ラグナロク)”大戦】大和田秀樹→4000オールの2本場
鉄山靠!!!!」じゃねーよwwwアシモ強すぎワロタw 髪型がハーケンクロイツになるのがスーパーアーリア人の最終形態なの?闘牌気を示すらしいパンチラも過去最大級の堂々としたものになってたけど、いつの間にかパンツで計測することになっていたらしいw さて、ジュンイチローのライジングサンは完全に封じられたようだけど、最終決着はどのようにつけるのかね。まだ南三局だから、やはりなんとかして次局にもつれこませるのでしょうか。
(関連:大和田秀樹 (hideki6809) on Twitter

【バイヅケ!!~原稿料、勝てば2倍、負けたら0!~】葛西りいち→3900点。今回のゲストは柘植文さんと敏腕編集フナバさん。小四喜を逃したりするもなんとか勝利。
(関連:アシでメシが食えんのか(アシを辞めてもメシが食えんのか)葛西りいち (kasairiichi) on Twitter

【インスタントジョンソンじゃいのギャンブル生活】→6400点。初心者に全くルールを教えないで打たせてみるという「無知麻雀」。この試みは面白いw 下家も親の真似してドラ表示牌をめくるとか、そりゃたしかに知らないとそうするよなーw
五萬五萬五萬九筒九筒九筒東南西北東南西北
ちなみにこの牌姿は、宇宙麻雀では立派な和了形です!

【アカギ】福本伸行→5800点の3本場と1枚。レビュー?はこちら。アカギは闇を引き込んでいるようです。しかし、西や發は本当に対子にしているけど、白は明らかに浮いているし、筒子もまだ払いきれてないし、これでどうやって鷲巣様に対抗するつもりなんだろう…?普通に考えると、鷲巣様はあと何巡かはアカギの手牌を恐れることは無さそうなんだよなー。ただ、黒牌という特殊なものを使った麻雀の最終決着に相応しい形だとも思いますし、この一局は前々から構想が練られてたんじゃないかなーと私は思います。決着が楽しみですね。

「モンド21 第11回モンド杯」ケネス徳田→タッキー強すなぁ

【ガチンコ4すくみコラムバトル】第14回の順位は片瀬→福田聡→六向聴→ネマタでまたまた変わらず。さらばネマタさん…。
【最強位の取り方】福田聡「最終形」→2000点。最終形を意識しようというお話。
【天鳳→リアル】片瀬「リーチ代走」→1300点。私は自分で和了りたいという理由でリーチ代走も頼みませんねw
【麻雀アナログ必勝法】六向聴「七索プレイバック」→流局。10年前とそっくりだったんですって。うわースゴイですねー(棒読み)
現代麻雀技術論】麻雀ブログ王者ネマタ「最強戦何切る討論会より・2」→2000点。最終回。お疲れさまでした。

【麻雀小僧】押川雲太朗→2000-4000。まー坊は赤五筒なんて切ってないよ…。手牌や河がちょっと違うとかじゃなく、大きく意味合いが変わってくる勝負所だったので、そういう所で誤植はカンベンなのですが…。最初「何を言ってるんだこいつらは」と思ったよw 沼井社長の一撃が決まりましたが、まー坊も覚悟の上で切った牌なので精神的ダメージはまだ無し。まだまだ勝負はここからですね。

【キンマ大喜利】グレート巨砲→1000点。レインコート!

【ひぐらしの哭く頃に雀~燕返し編~】原作:竜騎士07・07th Expansion/AQインタラクティブ+シナリオ:N3105+作画:山田J太→12000点の1本場。梨花ちゃまあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!
(参考:山田J太先生のサイト:「natural highs」山田J太 (jtanchi) on Twitter

【角刈りすずめ】KICHIJO→8000点。まさかの角刈り本体説。いや、まさかのってことはないくらい、角刈りすずめのアイデンティティは角刈りに集中していたかもしれませんがw
(関連:一條マサヒデ (m_i_) on Twitter

「HOROSCOPE」→私のうお座は10位。「12/5~6は交通安全第一で」>それ、だいたいいつもそうだろ

【ゴロ 麻雀郡狼記】作画:嶺岸信明+原作:来賀友志→2900点の3本場と1枚。荒川さんの一通と混一の両天秤の仕掛けは普通にアリでしょ。あのペン三索鳴かないと和了れませんよ。

【むこうぶち】天獅子悦也+闘牌協力:ケネス徳田→5200点の1本場と1枚。けっこうすぐに仲間割れが起きて傀さん大暴れでカッパいで決着。あらあら、早いのね。

【我れ悪党なり】→1300点。まぁ自滅しちゃダメってのはわかりますけどね。

【でかぴん麻雀入門】山崎一夫+西原理恵子→2000点。イカサマいろいろ。イカサマはイカんでしょwwwイカんでしょwww
(関連:「たぬ御殿」「たぬブログ」「銭の花はどこに咲く。さいばらりえこの太腕繁盛記 生(なま)」

【タミーラの麻雀クイズ】→例題、九萬を「通りそう」とか思う馬鹿じゃなくてよかったです。

【キンマ ジャンジャカ雀】→富良西ってw

【ためになる麻雀用語辞典】菅野航→700-1300の1枚。ポンカスあるある。3つ目、あるなぁw
(関連:菅野航のHP

「師走をお助けプレゼント!!」→やっぱり締切り過ぎちゃってます…。このパスワード、前にも見た事ある気がするなぁ。何個かのパスワードを使い回してるのだろうか。
(関連:http://k-oubo.com/

広告→柏にノーレート雀荘が出来るんだ。秋葉原の中央通りに1月にはKINGって0.5雀荘ができるそうな。行く機会あるかなぁ。池袋は激戦区になりすぎてとても行けないやw

裏表紙→雀龍門。場代0円だって。

次号予告→画像は、サイトに無いな…。つーか、まだ1ヶ月前のままじゃねーか!
巻頭カラーは「HERO」。あと、MJ4とのコラボで「近代麻雀CUP」の特集があるようです。

以上です。


次号は12月15日水曜日に定価の420円で発売です。

いのけん at 22:20|PermalinkComments(6)はてなブックマーク - 近代麻雀2011年1月1日号このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年12月09日

今月も美少年を麻雀で助ける仕事が始まるお「シャモア~孤高の闘牌~」

私が原作者だったら、シナリオ書いた奴を助走つけて殴るレベルにフリーダムに暴走しまくっているスピンオフ漫画「シャモア~孤高の闘牌~」第4話を紹介します!

続きを読む

いのけん at 00:00|PermalinkComments(2)はてなブックマーク - 今月も美少年を麻雀で助ける仕事が始まるお「シャモア~孤高の闘牌~」このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年12月02日

鷲巣様「大丈夫だ、問題ない」

毎月1日は近代麻雀の発売日です!

今月の「アカギ」も面白かったので紹介します!!




【だいたいの状況説明】
鷲巣様はすでに一萬待ち(四萬ではアガれない)でテンパっているのですが、アカギから直撃するかツモって血を抜きたい(殺したい)と思っています。部下の鈴木が当たり牌を2枚持っているのですが、こいつからアガってもまだ危険は続くため、アカギが出すか自分がツモるのを待っているわけです。




そこで…

続きを読む

いのけん at 00:00|PermalinkComments(6)はてなブックマーク - 鷲巣様「大丈夫だ、問題ない」このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年11月30日

近代麻雀2010年12月15日号

なんかもう毎号ギリギリだな…。
ブラコンJKに「うちもどうせギリギリだから見てても大丈夫だよ!」って言ってあげてくださいよw

いつものように勝手に近麻に麻雀の点数をつけていきます。

※おことわり(言い訳)
このレビューはいのけんが独断と偏見で書いたものであり、読みの浅さなどにより突っ込みに誤り・抜けが多々あるかもしれないので注意してください。また、点数が高くても低くてもそれは万人共通の評価ではありません。できれば実際に近代麻雀を購入して、みなさんの目でどれくらいの出来か確かめてみてください。

(参考:近代麻雀THE WEB最強!近代麻雀blog


表紙→メインは傀。

【第21回麻雀最強戦】→2600点。優勝は板川和俊さん。おめ。

【角刈りすずめ】KICHIJO→5200点。単行本発売記念巻頭カラー。ついでに内容も第一話のねーちゃんが出てきたりと少し原点回帰。今回は奴隷麻雀。奴隷用意しすぎw あと、幼稚園と似てね?
(関連:一條マサヒデ (m_i_) on Twitter

【ムダヅモ無き改革 勃発!“神々の黄昏(ラグナロク)”大戦】大和田秀樹→2600オールの1本場。誰か、ヒトラー様の「なん…だと…?」をこの画像にさりげなく混ぜてくれませんかね?w つーわけで、アシモホームランだのカウボーイだのどんなんだよ!とツッコミたくなる七大兵器は使用不能になったものの、なんとかジュンイチローをアシスト。あと、さりげにアシモにはfacebookやtwitterも入ってるのねw その後も壮絶な打ち合いでいよいよ最終局面って感じ。もはや誰の親番なのかとか分かりませんが、ヒトラーの点数が47100点というのは麻雀漫画的に「親役満直撃でトビ」といういい感じの点差。さて、まだ一波乱あるのでしょうかね。
(関連:大和田秀樹 (hideki6809) on Twitter

【第21回麻雀最強戦 読者代表の声、プロの声】→タッキーとヒサトはいつまでもライバルなのね。

【折原みか最強戦大奮戦記】宇佐美うみ→折原さん残念でしたー
(関連:---kuronekodou.net---

【満潮!ツモクラテス】片山まさゆき→8000点の1本場と1枚。ツモクラの最初の牌姿面白いですね。私は親リーに安牌が2枚あったらほぼ反射的にオリちゃうヨワヨワちゃんですが、ましてやフラトンの言う一筒切りなんて狂気の沙汰ですが、六筒の先切りをその外側は無いと信じてみて七筒切りリーチってのは大いにあり得る。こういうややマニアックな状況の何切るは片山先生の本領ですなぁ。
賞金の分配については嫌味を言うくらいで本格的にはモメませんでしたねw まぁそこで貢献度とか持ち出してゴネたらフラトンも腐った奴らと同類になりかねませんからね。まぁ納得の主張。
(関連:片山まさゆきの Sweets打(ぶ)ち

【グッドプレイヤーズクラブ講座】→2000点。GPC手帳。GPC一般リーグには何度か参加しているものの、実は協賛金は払っていないし手帳貰ってません。だって私はあまりグッドプレイヤーじゃないもん…煽り上等だもん…w
(関連:Good Players Club

【何切るアカデミー】馬場裕一→3900点の1枚。今回のテーマも「役牌」。
四萬五萬六萬四筒五筒五筒七筒三索三索四索四索白白 ツモ七萬ドラ七萬
タンヤオがほぼ確定したため白を落とす。うん、その懐の深い打ち筋もいいと思いますよ。
(関連:バビィのバカヅキサイクロン馬場裕一 (biglipbabby) on Twitter

【バイヅケ!!~原稿料、勝てば2倍、負けたら0!~】葛西りいち→5200点。今回のゲストは押切蓮介さんと小田扉さん。押切先生は金土日と打ちまくるほどの麻雀狂らしいです。へー。以前近代麻雀で読み切り描いてましたが、まさかそこまでとは知りませんでしたわ。でも惨敗でしたけどねw
(関連:アシでメシが食えんのか(アシを辞めてもメシが食えんのか)

【哭きの竜・外伝】能條純一→2600点。昔から今までずっと、勝負師は胃液を吐くし、女勝負師は濡れるものなんだなぁ
(関連:能條純一オフィシャルブログ「REAL」

【鉄火場のシン】作画:森遊作+原作:荒正義→3900点。初対面の上客の態度が悪いから、チートイの裏をかいた単騎やら逆切りやら古典的な初対面殺しの打ち筋でぶっ飛ばしましたとさ、チャンチャン。

【私利私欲麻雀入門】カラスヤサトシ→3900点。そうそう、点数計算なんてこんな感じにザックリとした教え方でいいんですよw あと、私はちゃんと2000点の計算できますよ!

【兎 -野性の闘牌-】伊藤誠→8000点。キツネさんが32000和了っても別卓の兎やシャモアさんはポーカーフェイス。いつの間にか馴れ馴れしくD様呼ばわりされてるD・Dは脳の病気?そういやそんなフラグもあったような気が。D様もイイトコ見せますが、これは最後の輝きになりそうな雰囲気も。

【ガチンコ4すくみコラムバトル】第14回の順位は片瀬→福田聡→六向聴→ネマタでまた変わらず。ネマタさんどんだけ投票されてないんだよw まぁネットでわーわー言ってる奴なんてわざわざ投票までしてくれるような人は少ないだろうからなー。
【最強位の取り方】福田聡「第21回最強戦」→2000点。自戦記。現役の最強位じゃなくなっちゃったけどコラムのタイトルはこのままでいいの?
【天鳳→リアル】片瀬「代走」→1300点。私は行きつけの雀荘があるわけではないため、あまり初対面のメンバーさんの腕前を信用していないので、せいぜいリーチ代走をやるかどうかってくらいです。
【麻雀アナログ必勝法】六向聴「型」→流局。昭和か!
現代麻雀技術論】麻雀ブログ王者ネマタ「最強戦何切る討論会より」→2000点。今回もいいことは言ってると思います。面白いかどうかはともかく。

【麻雀小僧】押川雲太朗→3000-6000の2本場。「リスキーエッジ」でもあった、これぞ押川雲太朗という耐え忍ぶ闘牌。こういう読みを利かせられるから、本格的に麻雀の「読み」を活かすには赤牌が入っていたほうが漫画として面白いと思うんですけどね。今の麻雀漫画でも赤入りの方が少数派ですよねー。
そして、一戦目は傀さながら見に回っていた沼井社長との差し馬勝負。勝負は第2ステージへ…。

【キンマ大喜利】グレート巨砲→1000点。キュアホワイトとかキュアブラックとか何年前だよバーカ!

【インスタントジョンソンじゃいのギャンブル生活】→2000点。ローカル役満紹介。紅孔雀くらいはあってもいいと私は思うんですけどね。どうせ滅多に出ないんだしw

【HERO ~逆境の闘牌~】前田治郎+協力:福本伸行→3900点の4本場。ひろゆき国士。あの二萬は天さんのストラップかな。だとすると、まぁ何の問題も無いという言い分も分からんではない。ってことは、市川さんはアイデンティティである盲目じゃなくなったんですかねぇ。あれか、佐田国みたく視覚再建でもしたのだろうか。ハイテクすなぁ

「モンド21 第11回モンド杯」ケネス徳田→タッキー好調すなぁ

【ゴロ 麻雀郡狼記】作画:嶺岸信明+原作:来賀友志→2900点の2本場。安斎VS荒川、伊原VS佐々村。続く。

「HOROSCOPE」→私のうお座は8位。「雑音に惑わされずに、目前の勝負に没頭出来ればOK」>それ、だいたいいつもそうだろ

【むこうぶち】天獅子悦也+闘牌協力:ケネス徳田→5800点。下請けだの公共工事だの談合だののオトナのビジネス話。傀さんはどこにでも入り込むなぁw まだ序盤なので今後の展開に期待。

【我れ悪党なり】→1300点。ダメ出しばかりになってるってのはいちおう自覚してるのね。

【でかぴん麻雀入門】山崎一夫+西原理恵子→2000点。ビジネスはギャンブルすなぁ
(関連:「たぬ御殿」「たぬブログ」「銭の花はどこに咲く。さいばらりえこの太腕繁盛記 生(なま)」

【タミーラの麻雀クイズ】→問題、七索切りがダマで満貫確定で面白いと思うよ

【キンマ ジャンジャカ雀】→作ったような話ばかりで逆に面白い

【ためになる麻雀用語辞典】菅野航→2600点。東一局の親番で何すればいいか分からないというのは分からんではない。
(関連:菅野航のHP

「雀士応援グッズプレゼント!!」→もう締切り過ぎちゃってます…。
(関連:http://k-oubo.com/

広告→池袋西口にもZOO出来るのか。

裏表紙→大人の出会い。

次号予告→画像は、サイトに無いな…。
たぶん巻頭カラーは「哭きの竜・外伝」。アカギ窮地。読み切り無し。


以上です。


次号は12月1日水曜日に定価の420円で発売です。

いのけん at 01:00|PermalinkComments(5)はてなブックマーク - 近代麻雀2010年12月15日号このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年11月26日

近代麻雀オリジナル2010.12月号

なんかもう「ここまで遅れるならやらなくていいんじゃ?(誰も見てないんじゃ?)」というネガティブな感情がわいてくる今日この頃。

今回も勝手に近麻に麻雀の点数をつけていきます。

※おことわり(言い訳)
このレビューはいのけんが独断と偏見で書いたものであり、読みの浅さなどにより突っ込みに誤り・抜けが多々あるかもしれないので注意してください。また、点数が高くても低くてもそれは万人共通の評価ではありません。できれば実際に近オリを購入して、みなさんの目でどれくらいの出来か確かめてみてください。

(参考:近代麻雀THE WEB最強!近代麻雀blog


表紙→メインは……誰これ?

【月10万勝ちを実現するカンチャン即リー最強理論】5200点
三五八八(4赤56788)123 ツモ(8) ドラ一
これが代表的な何切る。まぁ今はこれは即リーが主流ですわな。麻雀誌での連載が無くなり「先生」の肩書きを失ってただの「雀ゴロ」になりつつあった福地のおっさんの新連載ですが、渋川さんとか茶柱さんとかリアルでも強いらしいネット麻雀の有名人の意見なども織り交ぜつつ、分かりやすい戦術記事になっていたのではないでしょうか。

【麻雀で月10万勝てるのか】キッキー木山+協力:福地誠3900点の2枚。木山道明先生による上記記事の実践漫画。福地先生のキャラデザが似てるとか似てないって次元じゃないけど、まぁこのオッサンは何度も漫画になってるから半端に似せてもいまさらになっちゃうから、これくらい遊んでみたほうがいいって判断なのかもしれませんね。

【牌王伝説 ライオン】志名坂高次→1000-2000の4本場。あなトゥ…。残念ながら、扉絵の時点から「で、この可愛らしいお嬢さんはどんな無残な目に遭うのかな」と思いながら読んでしまいました…。ほんと志名坂先生は容赦しねえぜ!

【シャモア〜兎・外伝〜 孤高の闘牌】渋沢さつき+協力:伊藤誠→2000-4000の2本場。暴走族と、和了った役の数だけ好きな相手を殴れるというギャンガー麻雀で勝負。なぜ暴走族と麻雀を…なんて疑問は無視。手牌をラッパの曲で通すという陳腐すぎるイカサマを使う奴らには、殴られて萌えてきたという変態シャモアさんがおしおきだ!最後の和了とその後の反撃にはもはや突っ込む気力も無くなるわw アホだ!作画もシナリオも、この漫画に関わってる人はみんなアホだ!wwwww

【パッと見牌効率】二階堂亜樹→500-1000
四五六六七七(567)55 ポン白白白 ドラ北
イーペーコー関係ないですし七萬が正解。この「イーペーコークラッシュ」は「打姫オバカミーコ」でも馬杉寧香の手筋としても登場しましたね。そっちでも、このコラムでも触れられていなかったもう一つの理由として、五索(赤五索)をツモった時に、五索の危険度が高かったり五八萬が弱くなっていたら三六萬に受け変えられるというのもあるんですよ。なんでこっちの理由にも触れないんだろう。三萬をピンポイントで引くことよりも出現頻度は多いのに。というわけで、最後に「ただしこれは無意味」とか言っちゃってますが、全然無意味ではありませんのだ。

【麻雀忍法帳】藤崎智→2000点
二三四345688(34)北中 ツモ東 ドラ四
「アガりたければ鳴かせるな」。しかし、逆の考えとして、他家に早めに役牌を鳴かせて安手で和了ってもらう・横移動を期待する、という戦術もあるので、こういうのは今のとこ「こうするべき」と教えられるほどの強い根拠は無い印象論だと私は思っています。

【麻雀革命児シュート】城埜ヨシロウ→2600点。雀荘で勝って、怖い顔の人に誘われて、元お手伝いさんが止めるのを振りきって、マンション麻雀へ。なんか週刊少年ジャンプの10週打ち切り漫画のような勢いだ。

【鬼ヅモ無双 センゴク麻雀列伝】谷和也→3900点の1枚。ホトトギスからの本能寺。おい、もう光秀が謀反起こそうとしてるけど大丈夫か?w
(関連:SPIRIT LOOSE

【ジャンケット】作画:紅林直+原作:赤木太陽→5200点。「殺せるもんなら殺してみろよ」的な駆け引きでなんとかもう一戦やらせるようにもつれこむ。「殺(シャー)」されないよう頑張ってください。
(関連:赤木太陽 (akagitaiyo) on Twitter

【ワシズ-閻魔の闘牌-】原恵一郎+協力:福本伸行→12000の3本場。ワシズ様、満貫逆縛りってんならリーチしなきゃいいじゃないのw いよいよ本性を表すも「誰…?」とか言われちゃう小柴ェ…。しまいにゃ社会も身長も何もかもワシズ様のせいだとかムチャクチャなキレ方をしちゃいました。おおう、まさに「狂気」やなぁ…w 頑張れ隼!後の鈴木である。

【バビィの捨て牌読み講座】馬場裕一→700-1300の1枚。適当に「ドラ表示牌でも入ったのかな?」と思ったらその通りでした。そうなると逆に、それ以外でどんな手牌進行ならこの捨て牌になるのかって方が気になりますね。
(関連:バビィのバカヅキサイクロン - livedoor Blog(ブログ)

【トップ4割に挑戦】滝沢和典→3900点。「相手の視点で考える」。リャンメンかカンチャンか選べるような時はだいたいカンチャンにしておいた方が正解じゃないかと思ってます。

【GAMBLER!-勝負師-】鹿賀ミツル→3900点の1本場。染め手で場を支配する吉川という胡散臭い京都弁男との闘牌。とりあえずトビましたが、他の2人ともども食い殺す気満々な勝さんマジ怖えっス。

【ツカンポ!】片山まさゆき→3900点。芥川泥之介の濁流打法は2010年でも健在!カッパマスターもお元気そうでw
(関連:片山まさゆきの Sweets打(ぶ)ち

【むこうぶち外伝 EZAKI】作画:玉置一平+原作:天獅子悦也+闘牌協力:ケネス徳田→5800点の1本場。引き続き横浜中華街で赤麻雀。わりと素人臭い打ち筋で秀さんにしてやられてハンデ分を取り返されましたが、さすがにただで済ますわけにはいかないっすよね。江崎さんの反撃と、秀さんのレベルの高い読みにも期待。
(関連:玉金ミレニアム

【つぶやき広場】→お、EZAKIは単行本の発売が約束されてるんだ。

【キンオリ編集部カネポンの負け組のおたけび】→3900点。いち編集部員のつぶやき記事なのに今月も手堅い面白さ。
(関連:最強!近代麻雀blog

「今月の豪華プレゼント」→11/30着と月刊誌は締切りが遅いのが助かります
(参考:http://k-oubo.com/

「近オリ式麻雀都市伝説」ニシムラマコジ→1000点。暗刻筋とマ○コ筋はたしかに似てるNE!

編集スタッフ→10月にカンチャンリーチを多くかけた順。どうやって数えたんだYO!

広告→レンタル携帯なんて広告が載ってるとそれはそれでまた不安!

裏表紙→今月も雀卓の広告:株式会社ささき。アモスプレジャーほしいなぁ。(コピペ)

次号予告→サイトはこちら:近代麻雀オリジナル
「最狂スピンオフ結集!!」とか、もはや開き直りやがった!w
そして、新連載は【ナナヲチートイツ】作画:前川かずお+原作:森橋ビンゴ初版8000部増刷なしからのコミカライズ!さらに原作小説は絶版寸前だとか!早く増刷してあげて!
(過去記事:本格麻雀闘牌ラブストーリー【ナナヲ・チートイツ】


以上です。

次号は12月8日土曜日、定価の390円で発売です。って書いてあるけど、12月8日は水曜日だよ!


いのけん at 00:00|PermalinkComments(3)はてなブックマーク - 近代麻雀オリジナル2010.12月号このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年11月12日

近代麻雀2010年12月1日号

遅くなりましたが、いつものように勝手に近麻に麻雀の点数をつけていきます。

※おことわり(言い訳)
このレビューはいのけんが独断と偏見で書いたものであり、読みの浅さなどにより突っ込みに誤り・抜けが多々あるかもしれないので注意してください。また、点数が高くても低くてもそれは万人共通の評価ではありません。できれば実際に近代麻雀を購入して、みなさんの目でどれくらいの出来か確かめてみてください。

(参考:近代麻雀THE WEB最強!近代麻雀blog


表紙→鷲巣様「罠張れんじゃね。」 一方、アカギはうつろな笑顔。

【アカギ墓碑移転イベント 福本伸行×堀江貴文】→3900点。伝説対局は本当に漫画みたいな内容でしたね。

「第9回野口恭一郎賞」→杉浦勘介さんと浅見真紀さん。おめ。

【麻雀小僧】押川雲太朗→2600オールの1本場。新顔のマー坊ががっつり囲い込まれちゃいました。うん、まぁ対局序盤の展開としてはこんなんでいいんじゃないでしょうか。

【満潮!ツモクラテス】片山まさゆき→7700点。フラトン、言ってることは正論なんだけど、世の中には「言い方」とかいろいろと円滑に人間関係を進めるためのものがあると思うんだよねーw あと、そもそも47300円を払えないような奴とそんな負債が生じてしまうレートで打つな! んで、ツモクラに誘われて「チームパクチー」を結成して麻雀大会へ出場。まだ勝つかどうかも分からないけど、賞金30万円の分配でモメる予感がプンプンするぜw
(関連:片山まさゆきの Sweets打(ぶ)ち

【グッドプレイヤーズクラブ講座】→2600点。ルールの統一かー。よほど影響力の大きい存在があればなんとかなるのかもしれないけどね。現状じゃまぁ難しそう。
(関連:Good Players Club

【何切るアカデミー】馬場裕一→3900点の1枚。今回のテーマは「役牌」。
二萬二萬四萬五萬一筒一筒五筒四索四索六索七索東中 ツモ四筒ドラ四萬
搭子オーバーのため、字牌を絞ってここから一筒切り。それが絶対的に正しいかどうかはさておき、綺麗に決まるとカッコイイ。
(関連:バビィのバカヅキサイクロン馬場裕一 (biglipbabby) on Twitter

【ムダヅモ無き改革 勃発!“神々の黄昏(ラグナロク)”大戦】大和田秀樹→5800点。やっぱりウザいヒトラー、何が發単騎の息吹だよw 「アシモ覚醒!?」なんて引きで次号へ。再起動するのか!?
(関連:大和田秀樹 (hideki6809) on Twitterムダヅモ無き改革 第5巻発売記念イベント 大和田秀樹先生HIDEKI感激祭

【哭きの竜・外伝】能條純一→2600点。「…和了ってる!!」>じゃあ和了ればいいじゃん。
(関連:能條純一オフィシャルブログ「REAL」

【バイヅケ!!〜原稿料、勝てば2倍、負けたら0!〜】葛西りいち→5200点。今回のゲストは最近また近代麻雀で出番が多くなっているバビィとケネス徳田プロ。前回の勝利報酬?でロゴにピョン吉が付きました。なんじゃそりゃw 一色しばりなんて課されてもしっかり勝ってしまうあたりがバビィの持つスター性ってやつなのでしょうか。
(関連:アシでメシが食えんのか(アシを辞めてもメシが食えんのか)

【第7麻区〜セブンスエデン〜】旭凛太郎3900点。前回近オリに掲載されたのと同じく、「麻雀で勝負だ!」でだいたい解決するナグモ的な島での話。今回の主人公は、賭博闘技場で闘う「色気ある体」の男。闘牌は、押して押して安目に振り込み続けて最後にドカンと回収という流れ。最後にちょろっと伏線的な描写があって終わり。ふと思ったんですけど、日本では「島」と「雪」の組み合わさる風景の場所ってあまり無いですよね。日本では「島」と言うと四国にしろ九州にしろ南国のイメージがあるので。
(関連:旭 凛太郎 (Rintarouasahi) on Twitter

「モンド21 第8回女流モンド杯」ケネス徳田→和泉由希子さんの思い切ってホンイツへ向かっての三倍満(13飜)の和了り。デカイっすねー。

【アカギ】福本伸行→5800点の2本場。鷲巣様「どよ?どよ?どうよ?」 アカギが引いたのは黒牌なので一萬じゃないし、手の中にガラスの一萬は無いので出ないってのに、まったく。にしても、アカギの手牌は一見するとまだ和了りには遠そう。もうこのおじいちゃんはいいから、そろそろアカギの反撃を見たいところですね。(あと半年以内くらいには)

【私利私欲麻雀入門】カラスヤサトシ→2600点。ツキがないからと、部屋の掃除とか身なりとかの実生活にツキ向上を求め始めました。まあ頑張れw

【キンマ大喜利】グレート巨砲→1000点。元気が出るテレビとかTVタックルとか、ビートたけしネタがカブってるぞおい。

【インスタントジョンソンじゃいのギャンブル生活】→2600点の1枚。ホントにあったウソみたいな闘牌。終局後に山を見たり牌譜を見たりすると実は意外なドラマがあったりしますよね。サイの目次第で役満が何種類もあったとか。

【ひぐらしの哭く頃に雀〜燕返し編〜】原作:竜騎士07・07th Expansion/AQインタラクティブ+シナリオ:N3105+作画:山田J太→12000点。レナの提案ですり替え積み込みなんでもアリのイカサマ麻雀に。4000オールをツモっている魅音が、レナのトイトイ三暗ドラ3のハネ満に振り込んだらなぜトビ終了になるのか、そのレナの和了りに使われている二筒が圭一の手牌にも暗刻であるのだが二筒はいったい何枚あるのか、などの突っ込みどころはあります。しかし、一見人を騙すためのもののように思えるイカサマは、逆に仲間を信じていないと使えないということに気付いた圭一。そして疑いの心は晴れ、「仲間」に対して燕返しを披露!これですよ、俺が「ひぐらしの麻雀漫画」で見たかったのはこれなんです。疑心暗鬼に駆られた圭一視点での厳しい顔から一転して、部活メンバーみんなの、そして圭一の素晴らしい笑顔ですよ。
これでなんとか最悪のルートは回避できそうですが、すでに富竹さんも入江先生もアレされちゃってるからなぁ…。現在12話なので、あと2〜3話での終了が予想されます。罪滅し編のようなラストになるのか、また別の締め方があるのか、ひぐらしファンとしてはそこが一番気になるところなので楽しみです。
(参考:山田J太先生のサイト:「natural highs」山田J太 (jtanchi) on Twitter

【角刈りすずめ】KICHIJO→8000点。今回はマラソン麻雀。突飛な設定を提示して(配牌)、小ネタと細かい伏線をしっかり積み上げての(ツモ)、見開き大オチと補足的なオチ(和了)。うーん、完璧な流れだなぁ。
(関連:一條マサヒデ (m_i_) on Twitter

【ガチンコ4すくみコラムバトル】第13回の順位は片瀬→福田聡→六向聴→ネマタで変わらず。こりゃネマタさん打ち切り近いな。
【最強位の取り方】福田聡「トイツ手にいつ決めるか」→1300点。基本はメンツ手。たまにトイツ手。
【天鳳→リアル】片瀬「動画配信」→1000点。動画配信の説明と宣伝。
【麻雀アナログ必勝法】六向聴「場の均衡」→1000点。私も、「う〜ん、よくわかりません。」
現代麻雀技術論】麻雀ブログ王者ネマタ「孤立数牌とオタ風」→2000点。一番いいことは言ってると思うんですけどねー。面白いかどうかはともかく。

「HOROSCOPE」→私のうお座は2位。「プライバシーの公開もOK」>いやいやいやいやいや

【ゴロ 麻雀郡狼記】作画:嶺岸信明+原作:来賀友志→5800点の1本場。あらら、荒川さんも「嗅覚」を持ってる側の人間でしたか。「棒テンの意味くらい他人に問わないで自分で考えるもんだぜ」>このセリフを言わせたくて闘牌を考えたような流れでした。

【むこうぶち】天獅子悦也+闘牌協力:ケネス徳田→8000点の2本場。最後の3344556677にツモった5で34567に振り込むという対称形VS対称形の牌姿って好きです。どっちが勝ったかは言わずもがなですが、今回も綺麗に話が締まりました。

【我れ悪党なり】→流局。「大好きな仲間と、ただただ旨いもんを食っただけ。」>まぁそれはそれで幸せなことでしょ。ただ、それを麻雀雑誌のコラムで書くのはどうなのよってだけでw

【でかぴん麻雀入門】山崎一夫+西原理恵子→2600点の1枚。昔のスロットマシンの攻略法なんて観察してるだけでよく見つけられたもんですね。実際に打ってる人が気付いてないのに。これぞ岡目八目。
(関連:「たぬ御殿」「たぬブログ」「銭の花はどこに咲く。さいばらりえこの太腕繁盛記 生(なま)」

【タミーラの麻雀クイズ】→例題、もう15巡目なんだから夢見る時代は終わりにしないとね。

【キンマ ジャンジャカ雀】→「でしゅ!」

【ためになる麻雀用語辞典】菅野航→3900点。それは仕方ないからw
(関連:菅野航のHP

「アカギ12回忌墓碑新装披露・特別記念プレゼント!!」→カイジグッズも混ざってますがw
(関連:http://k-oubo.com/

広告→「フリー麻雀ロンロン」仙台・秋田の雀荘広告ってのは珍しいですね。

裏表紙→恋人探し。春咲あずみってどこかで名前聞いたことあるかと思ったら、聖夜に贈る二夜連続特別企画「脱衣マージャン中継」レビューに出てた人じゃんw

次号予告→画像はこちら
単行本発売の【角刈りすずめ】KICHIJo(作画:菊地昭夫×原作:一條マサヒデ)が巻頭カラーで登場。たぶん巻頭記事になるのは「第21回麻雀最強戦」レポート。

今号休載の【鉄火場のシン】は予告には名前あり。


以上です。


次号は11月15日月曜日に定価の420円で発売です。

いのけん at 00:16|PermalinkComments(1)はてなブックマーク - 近代麻雀2010年12月1日号このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年10月29日

近代麻雀2010年11月15日号

こちらも遅くなりました…。

それでは今回も勝手に近麻に麻雀の点数をつけていきます。

※おことわり(言い訳)
このレビューはいのけんが独断と偏見で書いたものであり、読みの浅さなどにより突っ込みに誤り・抜けが多々あるかもしれないので注意してください。また、点数が高くても低くてもそれは万人共通の評価ではありません。できれば実際に近代麻雀を購入して、みなさんの目でどれくらいの出来か確かめてみてください。

(参考:近代麻雀THE WEB最強!近代麻雀blog


表紙→傀。なぜ背景が摩天楼?w

「第二回麻雀トライアスロン・雀豪決定戦DVD」→せっかくなら24時間くらいぶっ続けでやりゃいいのにw

第21回麻雀最強戦→もう終わってますね。まさかあの人が勝つとはー(棒読み)

【ムダヅモ無き改革 勃発!“神々の黄昏(ラグナロク)”大戦】大和田秀樹→8000点の3本場。トリスタンの差し込みで相打ちという王道展開。そういえば、アシモの包は大三元だけなんだけど、ダブル役満の字一色の方の分も半分支払わないといけないのでしょうか。んなもん「決め」によるんでしょうが、麻雀のルールってけっこう「滅多に起きないこと」を想定してないからハッキリしないんですよねw
(関連:大和田秀樹 (hideki6809) on Twitter

【バイヅケ!!〜原稿料、勝てば2倍、負けたら0!〜】葛西りいち→3900点。今回のゲストは大井昌和先生と「ど根性ガエル」の吉沢やすみ先生。義理の親子なんですって。そういや近麻の広告でど根性ガエルを使ってる雀荘があったけど、たぶん麻雀も好きなんでしょうね。
(関連:アシでメシが食えんのか(アシを辞めてもメシが食えんのか)

【満潮!ツモクラテス】片山まさゆき→3900点の1枚。漫画ゴタクの「転牌」読んでみたいw んで、雨鳥の「ビリーヴ打法」。まぁ「信じるものは救われる」と思うのは勝手ですからねぇ。現実に救われる(=結果が伴う)かはともかくとして。
(関連:片山まさゆきの Sweets打(ぶ)ち

【グッドプレイヤーズクラブ講座】→700-1300点の1枚。「自分よりイライラしている人見ると落ち着く」ってあるあるだなーw フリー雀荘だとこういうのたまにあります。あと、自分より下手な人にイライラするとか「お前は何様なんだよ」って話なので私はあまりありませんけどね。
(関連:Good Players Club

【何切るアカデミー】馬場裕一→2600点。今回のテーマも「リーチをかけられない」。平和やタンヤオを意識するのが大事ですね。
(関連:バビィのバカヅキサイクロン馬場裕一 (biglipbabby) on Twitter

【哭きの竜・外伝】能條純一→2000点の1本場。だからもう、この沙貴って女は何様なんだっつーのw
(関連:能條純一オフィシャルブログ「REAL」

【私利私欲麻雀入門】カラスヤサトシ→5200点。甥っ子けっこう強いw まぁ小学校中学年ならもう麻雀のルールくらいある程度は分かりますしね。「麻雀牌に触ったらガラが悪くなる」とは興味深い。子供ってけっこう大人を見てるから、そういう影響なのかなー。

「麻雀トライアスロンに学ぶ 種目別麻雀必勝法」→1000点。まぁわりと「今更言われんでも」って内容ですが、世の中には三麻や東風戦は全然打ったことないって人とかもいるでしょうしね。

【麻雀小僧】押川雲太朗→2600オール。オーナーのはからいで千点千円の麻雀へ。闘牌は次号からですが、そこへ至るまでのやりとりだけで充分に読める内容だというのは大きいですね。やはり押川先生は近代麻雀に必要な人やで…。

【雀くま】そにしけんじ→2600点。どんどん賑やかになってくるなぁw

【インスタントジョンソンじゃいのギャンブル生活】→2600点。ツモ切り流し満貫は天鳳の牌譜で見たことあったなーw たしか早い巡目でリーチしたのにそのまま流し満貫になった牌譜があったような。

【鉄火場のシン】作画:森遊作+原作:荒正義→5200点麻雀小僧に続いてこっちでもデカピンの麻雀。西暗刻落としでタンヤオに行くのはいいのですが、いくら牌を伏せてても晒した牌を見ればどう考えても三六筒待ちだろ!

【ガチンコ4すくみコラムバトル】第12回の順位は片瀬→福田聡→六向聴→ネマタ
【最強位の取り方】福田聡「手牌を柔らかく」→1000点。基本的な話。
【天鳳→リアル】片瀬「動画配信」→1300点。新しい麻雀の楽しみ方ではあると思います。
【麻雀アナログ必勝法】六向聴「好牌先打」→1000点。もちろんメリットもありますけどデメリットがデカイんですよね。まぁ結局は状況を見てうまく対応する必要があるってことで。
現代麻雀技術論】麻雀ブログ王者ネマタ「孤立数牌とオタ風」→1300点。ぶっちゃけ、どっちでもいいんじゃね?(ぉ

【兎 -野性の闘牌-】伊藤誠→8000点の1枚。「撲殺で♥」>これですよ、この厨二っぷり。惚れ惚れしますよね。さすが撲殺天使キツネちゃん。これこそが「兎」で、私はそんなキャラがゾロゾロ出てくるこの漫画が大好きなのですw


【キンマ大喜利】グレート巨砲→1300点。「北」と「牝」はまぁ似てる。

【HERO 〜逆境の闘牌〜】前田治郎+協力:福本伸行→3900点の4本場。ひろさんなんか掴んだみたいっス。マジパネエっすわ。

【角刈りすずめ】KICHIJO→5200点。今回は麻雀する人が嫌いな女性との出会い。なんて酷いオチだwwwww
(関連:一條マサヒデ (m_i_) on Twitter

「モンド21 第8回女流モンド杯」ケネス徳田→緑一色惜しかったっすね

「HOROSCOPE」→私のうお座は9位。「転んだりしないよう、沈着に行動して」>そんなんどの星座だってそうだろ!

【ゴロ 麻雀郡狼記】作画:嶺岸信明+原作:来賀友志→5800点の2枚。切り遅れた牌は刺さる。それが麻雀漫画。「絶好調の俺なら六索叩き切ってカン三索でアガってる」>こういう発想は来賀先生の原作って感じして楽しいですね。

【むこうぶち】天獅子悦也→4800点の1本場。いつものように傀に裏を取られましたが、傀の罠に気付いてもズルズル行かずにまだ勝負を続けるようですね。なんか破滅はしなさそうな顔ですがどこまでいくのやら。

【我れ悪党なり】→流局。ぶっちゃけ、雀鬼会くらい麻雀打ちまくっている人って、今回言われてたように「会社の御曹司」とかのボンボンじゃないと時間的にも金銭的にも無理だろと思ってるんですが、実際のところはどうなんでしょうね。

【でかぴん麻雀入門】山崎一夫+西原理恵子→1300点。半分はタバコ税の話。
(関連:「たぬ御殿」「たぬブログ」「銭の花はどこに咲く。さいばらりえこの太腕繁盛記 生(なま)」

【タミーラの麻雀クイズ】→例題、南家の人はいきなり九萬対子落としとか、雀鬼流なの?

【キンマ ジャンジャカ雀】→みんなどこまで本気で言ってるんだろうなー(ぉ

【ためになる麻雀用語辞典】菅野航→1000-2000。私も發か中切りますね。
(関連:菅野航のHP

「コンパクトグッズプレゼント!!」→最近微妙にプレゼントがショボくなってきてないですか?
(関連:http://k-oubo.com/

広告→まあじゃん幼稚園の広告…、これはどうなのよ?

裏表紙→大人の出会い。小さく小倉優子。

次号予告→画像はこちら
麻雀小僧が巻頭カラー。巻頭記事は「アカギ12回忌 墓碑新装披露」。また、ゲストで【第7麻区】旭凛太郎。近オリに載ったのの続きでしょうね。


以上です。


次号は11月1日月曜日に定価の420円で発売です。

いのけん at 01:34|PermalinkComments(3)はてなブックマーク - 近代麻雀2010年11月15日号このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年10月28日

近代麻雀オリジナル2010.11月号

おいおい、もう10月終わるぞ…。

今回も勝手に近麻に麻雀の点数をつけていきます。

※おことわり(言い訳)
このレビューはいのけんが独断と偏見で書いたものであり、読みの浅さなどにより突っ込みに誤り・抜けが多々あるかもしれないので注意してください。また、点数が高くても低くてもそれは万人共通の評価ではありません。できれば実際に近オリを購入して、みなさんの目でどれくらいの出来か確かめてみてください。

(参考:近代麻雀THE WEB最強!近代麻雀blog


表紙→ピッチャーワシズ様、第一筒投げた!!!

【何を切る!?】→5200点
一萬二萬二萬三萬四萬六萬八萬七筒七筒八筒四索六索八索 ツモ七萬ドラ二萬
良問だと思います。私は八索切りをすると、四索にくっついたりとか二五萬とかすら引かずに延々とペンカンチャン&リャンカンのイーシャンテンのまま固まってしまいそうなイメージがあるので、一萬切りを選びそうです。
あと、仲田加南さんの打率.098っていくらなんでも低すぎだろwwwww
(参考:オンライン対戦麻雀 天鳳 / 牌理

【麻雀革命児シュート】城埜ヨシロウ2600点の1枚。「天牌」と「リスキーエッジ」を足して2より大きな数字で割っちゃったような感じの現代風麻雀劇画。これから独自の持ち味を出していけるでしょうか。

【麻雀無限会社ZANK39・外伝】5800点の1枚。なるほど、たしかにこれでもかってほど「外伝」でしたね。高井とガンジーは直接的には出番がないのですから、ただ、私はけっこう思い入れのある作品ですし、こうして再び高井とガンジーの姿とその代名詞とも言える闘牌を見ることができただけでもまあまあ満足しています。

【ワシズ-閻魔の闘牌-】原恵一郎+協力:福本伸行→1000オールの2本場を1枚。着々と脇を固めていく小柴。そして、ものの見事にハメられてグニャってしまう隼さん。本当に後の鈴木か?w 本部長はマジでポアされちまったのだろうか…。まだ名前もわからないままなのに。ご冥福をお祈りします。

【牌王伝説 ライオン】志名坂高次→5800の3本場。堂嶋さん、この状況でそのリーチを掛けたら、その一索を掴むのは残念ながら必然でっせ。というのは読者の視点w

【パッと見牌効率】二階堂亜樹→700-1300の1枚
四萬六萬六萬三筒四筒五筒六筒六筒六筒七筒三索四索五索六索ドラ北
暗刻の隣の牌はくっつきテンパイの時にはあまり良くないよって教え。これまた基本の話ですが、初心者向けとしてはいい内容かも。

【トップ4割に挑戦】滝沢和典→3900点。「相手のスタイルを知る」。対面のそこそこ濃い捨て牌(中張牌が多いのでオリやすい)に、上家が一発でドラ側無筋。こりゃもう四索合わせ打ってベタオリですわな。

【シャモア〜兎・外伝〜 孤高の闘牌】渋沢さつき+協力:伊藤誠→6000オールの1本場と1枚レビューはこちら。いやー、こりゃ笑うわ。てゆーか、「笑うしかない」わ。こんなおふざけが許されるのかとかいろいろ苦言を呈したくもなるかもしれませんが、私はなんかもうどうでもいいやw 笑ったということはその瞬間は楽しかったということです。どんどん私(読者)を笑わせてください。

【ジャンケット】作画:紅林直+原作:赤木太陽→4800点の1本場。けっこう普通に麻雀漫画も描けてますよね。最後の駆け引きと「俺はいつでもAA(ポケットエース)ですよ」というセリフもナイス。次号期待。
(関連:赤木太陽 (akagitaiyo) on Twitter

【バビィの捨て牌読み講座】馬場裕一→2600点。私も「チャンタかチートイツ!」と言いますが、だからと言って無筋の456牌を通せるかと言ったら別問題。
(関連:バビィのバカヅキサイクロン - livedoor Blog(ブログ)

【麻雀忍法帳】藤崎智→2000点。42歳…。上が居なくならない&下から粋の良いのが来ないので、「中堅」だと思ってた人が「中年」になっていくなーw

【GAMBLER!-勝負師-】鹿賀ミツル→一人テンパイ(次局1本場)。主人公がやっと名乗りましたね。って、「勝」なのかよ。「マサル」とも読めるけど、実は別人だったりしてw んで、河の中から無事に財布を見つけて(よく見つけられたな)勝負は次の舞台へ。胡散臭い京都弁男との闘牌になりそう。コテコテの京都弁って舞妓のイメージが強いから、若い男が話してると違和感があるなーw

【鬼ヅモ無双 センゴク麻雀列伝】谷和也→3900点の1枚。今月もオヤカタサマー!!いよいよ武田信玄だの徳川家康だの大物が出てきましたね。
(関連:SPIRIT LOOSE

【ひるドラ】大井昌和→1300オールの1本場と1枚。体型が崩れた主婦のシャワーシーンとかニッチな性癖の人のためのサービスシーンをこのマニアックな雑誌に挿入してきてどれくらいの人が喜んでくれるんだろうw でもまぁ結婚しても仲の良い夫婦ってのはいいもんですね。私もそんな良き夫になりたいものです、はい。
(関連:大井昌和の報告

【むこうぶち外伝 EZAKI】作画:玉置一平+原作:天獅子悦也+闘牌協力:ケネス徳田→7700点。横浜中華街で赤麻雀。赤五筒が2枚しか入っていない上に祝儀も付かないなら、あまり赤を意識せんでもいいと思うのですがね。まぁ江崎さん以外の脇役にそれを知ってちゃ話にならないけど。そして、待望の秀さん登場!どんな闘牌と江崎さんとのやりとりを見せてくれるのか、マジで楽しみ。
(関連:玉金ミレニアム

【つぶやき広場】→「麻雀なんでだろ=♪」なんてコーナーができてたけど送る人はいるのだろうか…。そして、本当に賞金一万円を貰えるのだろうか…。

【キンオリ編集部カネポンの負け組のおたけび】→3900点。結婚パーティーの二次会で麻雀大会。楽しそうでいいなー。
(関連:最強!近代麻雀blog

「今月の豪華プレゼント」→10/30着なのでギリギリまだ間に合いますよ!
(参考:http://k-oubo.com/

「近オリ式麻雀都市伝説」ニシムラマコジ→1000点。ただのバカかー。じゃあしゃあない。

編集スタッフ→9月に出費が多かった順。毎月言ってるけどほんとどうでもいいなw

広告→雀荘広告が少なくてなんか不安。

裏表紙→今月も雀卓の広告:株式会社ささき。アモスプレジャーほしいなぁ。

次号予告→サイトはこちら:近代麻雀オリジナル
隔月の「ツカンポ!」が掲載。「ひるドラ」は休み。その差分のページ数に【戦術特集シリーズ第1弾 リーチを極める!!】って記事が掲載されるんですかね。


以上です。

次号は11月8日月曜日、定価の390円で発売です。


いのけん at 02:06|PermalinkComments(0)はてなブックマーク - 近代麻雀オリジナル2010.11月号このエントリーをはてなブックマークに追加
備忘録:太字は麻雀漫画
1/6 蟻の王(5)
1/6 弱虫ペダル(48)
1/6 架刑のアリス(7)
1/6 甘々と稲妻(8)
1/6 天竜牌(1)
1/13 東京タラレバ娘(7)
1/14 近代麻雀15日号
1/14 ナナヲチートイツ 紅龍(2)

1/18 天野めぐみはスキだらけ!(5)
1/19 かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜(4)
1/19 今際の路のアリス(4)
1/20 咲-Saki-廉価版Vol.3
1/20 ワカコ酒(8)
1/25 ハイスコアガール(7)
1/27 変女(6)
2/1 近代麻雀1日号
2/1 鉄牌のジャン!(4)
2/1 笑うあげは(1)

2/3 咲-Saki-廉価版Vol.4
2/7 初恋モンスター(8)
2/8 みつどもえ(18)
2/8 弱虫ペダル(49)
2/9 SとM エクスタシー(4)
2/15 ダンジョン飯(4)
2/15 近代麻雀15日号
2/15 牌王血戦ライオン(4)

2/17 かくしごと(3)
2/17 徒然チルドレン(7)
2/17 嘘喰い(45)
2/18 浪花任侠道
2/18 天牌(87)
2/22 煉獄デッドロール(3)
2/22 賭ケグルイ(6)
2/22 賭ケグルイ双(3)
2/23 エムさん。(2)
2/23 ヒストリエ(10)
2/27 あしたの今日子さん(6)
2/28 楽園 Le Paradis(23)
管理人:いのけん
顔バレ
いのけん


ツイキャス配信してたら映り込みで顔バレしちゃってたじぇ!
(作成:golem4さん
歴代管理人画像

連絡先:inoken_the_worldあっとまーくほっとめーるどっとこむ

近況はTwitterはてブ
リンク関係
Twitter(常駐)
はてブ(おすすめ)
はてな支店(放置中)
mixi
はこてんパラダイス(放置中)
天鳳のSNS(わりと放置中)
天鳳(ID:いのけん、猫似まい)
麻雀牌画像を挿入するためのタグを作るページ(通称:パイガ):麻雀王国

【近代麻雀漫画生活のリンク集のようなアンテナ】
私が気に入ったサイト・ブログはこちらに捕捉されます。

なお、このブログはリンクフリーです。相互リンクは受け付けておりません。
バナー使いたければお好きなものをどうぞ。いちおうトップ絵も募集中です。

月條現矢さん作成


あぐらさん作成



ひがしさん作成

管理人を騙ったり、誹謗中傷や宣伝など問題のあるコメントは削除する場合があります。ご了承下さい。
Archives