舞台探訪

2018年04月05日

稲村杏果さんの祖父母にご挨拶をしてきました

先日SHT2018春の咲-Saki-オンリーに行ってきたついでに、稲村杏果さんの祖父母にご挨拶をしてきました。うん、まぁ妄想です。実際は、在庫のカートを引きずりながら蒲田PiOから多摩川まで行ってきただけです。



はぁ、尊い……。


続きを読む

いのけん at 23:59|PermalinkComments(1)はてなブックマーク - 稲村杏果さんの祖父母にご挨拶をしてきましたこのエントリーをはてなブックマークに追加

2018年01月16日

咲-Saki-舞台探訪の新しい形、2次元・3次元同日舞台探訪!

今週末は咲-Saki-の舞台探訪旅行に行ってきました。

まずは、静岡県にある「道の駅すばしり」へ。この場所は「咲-Saki-阿知賀編」実写版の特別編で、千里山と阿知賀が初めて会う場所のロケ地となっているのです!




まぁ実際には、その隣にある調整池の所ですが。(後ろの方に見えるトラックとか停まってるのが道の駅)

続きを読む

いのけん at 23:52|PermalinkComments(0)はてなブックマーク - 咲-Saki-舞台探訪の新しい形、2次元・3次元同日舞台探訪!このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年01月03日

2017年の舞台探訪納めで門前仲町と汐留に行ってきました

2017年12月29日(金)18時から『笑顔ノ花/春〜spring〜』リリース記念イベントに行ってきた後に、もともと参加予定だった飲み会の二次会に参加するために門前仲町へ行ってきました。その時に、一次会が終わるまで少し時間があったので、門前仲町で舞台探訪をしてきました。




咲-Saki-阿知賀編3巻13ページ第7局[修行]より。門前仲町駅の1番出口を出て北側すぐ、永代寺の角のところです。ピッタリと角度を合わせるのは難しいですね。


続きを読む

いのけん at 00:00|PermalinkComments(0)はてなブックマーク - 2017年の舞台探訪納めで門前仲町と汐留に行ってきましたこのエントリーをはてなブックマークに追加

2017年04月15日

咲-Saki-阿知賀編が府中市観光PR冊子「府中に夢中」に

載ってます!



あああさんに持ってきて貰ったのでどこで配布されてるのか詳しくは知りませんが、たぶん府中市役所とか府中観光協会とか府中駅とかに行けば置いてあるんじゃないでしょうか。



こんな感じに載ってます。府中市は白糸台の舞台ですし、他にもいろいろ舞台があるので、明日とかまだいい天気だし行ってみてもいいんじゃないでしょうか。え、他にどこに舞台があるか分からないって? そんな人は、前述のあああさんが作った「咲-Saki-シリーズ都内近郊舞台探訪本」を読めばバッチリですよ!(宣伝) COMIC ZINで委託されているそうですので、秋葉原や新宿に寄ってから向かってもいいかもしれませんね!

(関連:咲-Saki-シリーズ都内近郊舞台探訪本通販委託中です : ああ、あの牌?

咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 6巻 (デジタル版ガンガンコミックス)
スクウェア・エニックス (2013-08-24)
売り上げランキング: 53,891
府中食本 (ぴあムック)

ぴあ (2016-01-29)
売り上げランキング: 545,607


いのけん at 19:34|PermalinkComments(1)はてなブックマーク - 咲-Saki-阿知賀編が府中市観光PR冊子「府中に夢中」にこのエントリーをはてなブックマークに追加

2017年01月22日

「シノハユ」第27話の修学旅行先であるみろくの里へ行ってきました

1/7-1/9の舞台探訪旅行記もようやく最終話。最後はこちら、三世代テーマパークみろくの里です!!



音戸大橋や鹿老渡へ向かう頃にはもう雨は止んでいたのですが、みろくの里を出るまではずっと雨が降っており、かなり寒々しかったです。雨の日の遊園地ってなんか寂しい気持ちになりますね……。


【時系列まとめ】
1/8(日)
・広島県福山市にあるテーマパーク「みろくの里」へ行ってきました←今日はココ!
   ↓
「シノハユ」第40話に登場した第二音戸大橋へ行ってきました
   ↓
ちゃちゃのんが通う鹿老渡高校のあたりへ行ってきました

1/9(月・祝)
「シノハユ」第27話の修学旅行先である厳島神社へ行ってきました

続きを読む

いのけん at 00:00|PermalinkComments(0)はてなブックマーク - 「シノハユ」第27話の修学旅行先であるみろくの里へ行ってきましたこのエントリーをはてなブックマークに追加

2017年01月14日

「シノハユ」第27話の修学旅行先である厳島神社へ行ってきました

「シノハユ」第40話に登場した第二音戸大橋へ行ってから、ちゃちゃのんが通う鹿老渡高校のあたりへ行ったというのは書きましたが、その日は広島市内に泊まって、翌日は厳島神社へ行ってきました。



フェリーから見た大鳥居。ちょうど雲の間から日が差して神々しさアップでした。

続きを読む

いのけん at 21:27|PermalinkComments(0)はてなブックマーク - 「シノハユ」第27話の修学旅行先である厳島神社へ行ってきましたこのエントリーをはてなブックマークに追加

2017年01月10日

ちゃちゃのんが通う鹿老渡高校のあたりへ行ってきました(完全版)

「シノハユ」第40話に登場した第二音戸大橋へ行った後に、広島市内へと戻るにはまだ少し早かったし、こっちに来ることは一生に一度の可能性もあったので、思い切って倉橋島の先の方にある鹿老渡地域へと足を伸ばしてみることにしました。


片道40分ならまだギリ許容範囲内かなと。この日はあまり天気が良くなかったのですが、第二音戸大橋に着く頃には雨も上がって夕陽も綺麗だったし、何も無い島の海岸沿いのドライブもまたいいものかなと。

続きを読む

いのけん at 23:12|PermalinkComments(1)はてなブックマーク - ちゃちゃのんが通う鹿老渡高校のあたりへ行ってきました(完全版)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年01月09日

「シノハユ」第40話に登場した第二音戸大橋へ行ってきました

この三連休は広島方面を旅行していました。広島方面の舞台は少ないのですが、そのうちの1つ、第二音戸大橋へも行ってきましたよ。





送電塔は靄の中に消えてしまいました。あと、車や船のタイミングを合わせるのは無理ですw

坂根先生は松江市からはるばるこんな所まで何をしに来たのでしょうか。やる気がないように思わせて、おそらくは何かまだ生徒達に見えないところで何か準備をしているのでしょうが……。

続きを読む

いのけん at 23:59|PermalinkComments(0)はてなブックマーク - 「シノハユ」第40話に登場した第二音戸大橋へ行ってきましたこのエントリーをはてなブックマークに追加

2017年01月08日

ちゃちゃのんが通う鹿老渡高校のあたりへ行ってきました

2017-01-08-16-16-56

鹿老渡、遠いですね…。

詳細は帰ったらちゃんとブログでまとめます。旅行前に書き溜めできなかったから更新がしばらく止まっちゃってたので、取り急ぎご報告まで。

いのけん at 20:44|PermalinkComments(2)はてなブックマーク - ちゃちゃのんが通う鹿老渡高校のあたりへ行ってきましたこのエントリーをはてなブックマークに追加

2016年08月22日

「怜-Toki-」第3局[膝枕]、思ったより早くから膝枕してたのね

月刊ビッグガンガンは7/25(月)に発売しています。もうすぐ次号が発売されちゃいますよ。

月刊ビッグガンガン 2016年 Vol.08 8/23号

スクウェア・エニックス (2016-07-25)
デジタル版月刊ビッグガンガン2016 Vol.08 [雑誌]
スクウェア・エニックス (2016-07-25)
(公式サイト:ビッグガンガン | SQUARE ENIX




以下、最新号の内容を含むので、ともきーと同じくまだ読んでない人はご注意ください。

続きを読む

いのけん at 23:58|PermalinkComments(0)はてなブックマーク - 「怜-Toki-」第3局[膝枕]、思ったより早くから膝枕してたのねこのエントリーをはてなブックマークに追加
管理人:いのけん
顔バレ
いのけん


ツイキャス配信してたら映り込みで顔バレしちゃってたじぇ!
(作成:golem4さん
歴代管理人画像

連絡先:inoken_the_worldあっとまーくほっとめーるどっとこむ

近況はTwitterはてブ
リンク関係
Twitter(常駐)
はてブ(おすすめ)
はてな支店(放置中)
mixi
はこてんパラダイス(放置中)
天鳳のSNS(わりと放置中)
天鳳(ID:いのけん、猫似まい)
麻雀牌画像を挿入するためのタグを作るページ(通称:パイガ):麻雀王国

【近代麻雀漫画生活のリンク集のようなアンテナ】
私が気に入ったサイト・ブログはこちらに捕捉されます。

なお、このブログはリンクフリーです。相互リンクは受け付けておりません。
バナー使いたければお好きなものをどうぞ。いちおうトップ絵も募集中です。

月條現矢さん作成


あぐらさん作成



ひがしさん作成

管理人を騙ったり、誹謗中傷や宣伝など問題のあるコメントは削除する場合があります。ご了承下さい。
Archives