カテゴリ:
ギャラリーいのくま亭 京都では、4月29日(土、祝)より田渕豊明 個展「masqu」がスタートします。
今回は皆さんが良く知っているキャラクターたちをモチーフに、独自の技法で描いた新作の展示となります。どうぞよろしくお願いいたします。

田渕豊明 個展 「masqu」
期間:2017年4月29日(土、祝)~5月14(日)12~18時*月、火 休廊
ギャラリーいのくま亭 京都
604-8342 京都市中京区猪熊通六角下ル六角猪熊町603番地

【田渕豊明 略歴】
1985 大阪府生
2010 京都精華大学 芸術学部造形学科洋画専攻 卒業 
        
<個展>
 2012年 田渕豊明展展/ギャリー16 
            
<グループ展>
2014年 オープンスタジオ/アトリエ9、京都 
                
2013年 科学のあとに詩をかくこと/京都精華大学7号館7-23ギャラリー、京都
2012年 視域/京都精華大学7号7-23ギャラリー、京都 
                    
2010年 蓄積にらよる絵画/ギャラリー16、京都 DON'T FREEZE/くずはアートギャラリー、大阪
…………………………………………………………
                        
【田渕豊明 個展「masqu」によせて】
田渕豊明は企業や商品のロゴマークを油彩とエンカウスティック(蜜蝋)を使用し制作するアーティストです。
                            
本展は全てキャラクターをモチーフとした約5年ぶりの個展となります。
キャラクターやマスコットの語源を調べている中で、「masqu(何かに覆われた、隠された)」という言葉に行き当たりました。
本展に発表する田渕の絵画は、エンカウスティックが画面に「masqu」の効果をもたらしており、また一見可愛らしいキャラクターでも、田渕の手によってその内面に何かが隠されているような気配を感じさせます。
本来キャラクターはその可愛らしさから私達に親近感を抱かせてくれますが、田渕の絵画はまるでキャラクター達が可愛い「masqu」を被っているように見え、私はそれがアートの力なのだと信じています。
またフランスのプロヴァンス地方には、出産の際に羊膜に包まれて生まれてきた子供には幸運が宿っているという言い伝えがあり、そこから「masqu」という語が「家に幸運をもたらすもの」を表すようになったのではないかと言われているそうです。
そういったおまじないのような願いも込めて、沢山の面白みを含んだ作品を是非多くの方々に御観覧頂きたいと思います。
文:才本亜矢 (本展覧会企画者 京都精華大学芸術学部洋画コース卒業 京都外国語短期大学在籍)