カテゴリ:

その日、あの朱色が
網膜の亀裂の奥の、
まだ見たことのない川面を飛び回る。

信じるものと、信じぬものが
手を携えて、
その鏡の中へ身を投げる。

2017.7.5