IMG_0920
「家主と地主」8月号の特集は~シェアハウス投資で露呈した不動産投資の不都合な真実~

※このブログへの応援投票はコチラ!クリックすると1票入る仕組みになっています。
CTR3O09U
融資引締めの中、まだまだ前向きな金融機関もいくつか。市場動向も弱含みなエリアと抜群の安定性をもつエリアとに分かれています。いま、自分はどんな手が打てるのか?どんな手を打つのが最善策なのか?現状認識方針策定をしてみませんか?
個別無料相談受付中! 「猪俣に直接相談したい!」という方はぜひご利用ください。
申し込みは株式会社アセットビルドHPからどうぞ↓
個別相談申込
セミナー資料の配布+ブログで書けない情報+2回目以降も無料の個別相談・・・「アセットビルド会員(Club-ab)」会員登録(月額千円)もこちらから! 


グローバルスタンダードの投資分析手法を個人の不動産投資に応用する方法をしっかり勉強したい方はこの本を!

不動産投資の出口戦略・組合せ戦略
「誰も書かなかった不動産投資の出口戦略・組合せ戦略~詳細解説版~」(住宅新報社)


こちらのブログも

↓↓↓
井上隆司日記

takeblog

まつだいらブログ

IMG_0919
先日ブログでも書きましたが、そのときに受けた取材が記事になっていました。http://blog.livedoor.jp/inomata104_ab/archives/2018-06-23.html
ある意味「あるある」ですが、記者の方がまとめるとこちらの意図したことが伝わらないことが多いです。

ゲラができた時点で、内容をチェックさせてくださいとお願いしたら「それはできないんです」と。

方針が変わったのかなぁ・・・

真意は↑のリンク先で当時のブログをチェックしていただくとして、取材の中ではお話ししてブログでは触れられていなかったことを補足で。

「スポーツと一緒でルールを知らないと勝てません」と、投資のルール・仕組みを知ることの重要性を力説していますが、ルール・仕組みの例として「イールドギャップ」をあげています。

直訳すると”利回りの差”ということになりますが、違う物差しでギャップを測っている記事や書籍を時折り目にします。

曰く、「表面利回りと金利の差は経験則上〇〇%は必要」というもの。

これで投資判断を行うと大変な目に遭います。

よく、事例でお話しさせていただいているのは、某地方都市中心部で売り出されていた中古区分ワンルームマンション。

家賃2万5000円で、売買価格が90万円ですから表面利回りは33%(!)です。

年利3%で融資を受けたら、その計算で行くとイールドギャップは+30%という事になります。

もうひとつ仕組みの例として「営業純利益(NOI)」をあげていますが、これは家賃収入から空室損や運営コストを除いた正味の収入という意味です。

この区分マンションの運営コストは、家賃2万5000円に対して月平均2万9000円・・・空室でなくても赤字です。

キャッシュフローをモノサシとするならば

営業純利益÷(物件価格+購入諸費用)=投資の正味利回り

と、

ローン年間返済額(元本+金利)÷借入額=借入に対するローン支払いの割合

で比較するのが正しいイールドギャップの見方です。

最終的に売却したらいくらお金が残るとか、ローン返済をしていくと元本が減ってくるとかいった要素を含めて投資のパフォーマンスを比較するなら

内部収益率(IRR)と金利で比較するのが正しいイールドギャップの見方です。

独自に色々な分析手法を編み出すのも良いのですが、汎用性のある数学的で標準的なルールがありますのでそちらを使われたほうが良いのではと・・・

ルールを知る事ってホントに大事です。

昔々、会社の野球大会で外野を守っていて、たまたま自分の位置に飛んできたフライをキャッチしたもので、「おーぃ、取ったぞーっ」とベンチに向かって自慢していたら、みんながワーワーこっちに向かって騒いでいるもので、「フムフム、俺様のファインプレーをみんなが讃えておるぞよ」とイイ気持になっていたら、一塁走者がホームインしていたという事を思い出しました。

↓クリックすると1票入る仕組みになっています。


CTR3O09U

無料個別相談を受け付けています。

無料個別相談
【ご案内】
個別 無料 コンサル受付中!
「猪俣に直接相談したい!」
という方はぜひご利用ください。
・相続対策と不動産投資を両立させるには?
・相続して空家にしているファミリー物件をどうするか?(貸すか?売るか?売ったらどうするか?)
・数年前に購入した物件・・出口戦略が知りたい
・いまのポートフォリオを元に、次の一手を教えてほしい。

・不動産投資をスタートしたいがどこから手をつければいいか?
・この物件検討しているが正直どう思うか?
・売った方がいいか?もう少し待った方が良いか?
・空室が埋まる気配のない物件、どうするか?

なんでもOKです!   


バックセールスなし!完全無料90分、お気軽にどうぞ。     
↓↓ 7月の スケジュール↓↓
7月20日(金)①予約済み②予約済み15:00-16:3017:00-18:30
7月21日(土)①予約済み予約済み15:00-16:3017:00-18:30
7月22日(日)10:30-12:0013:00-14:3015:00-16:3017:00-18:30
↓↓ 8月の スケジュール↓↓
8月 3日(金)10:30-12:0013:00-14:3015:00-16:3017:00-18:30
8月 4日(土)10:30-12:00②予約済み15:00-16:3017:00-18:30
8月 5日(日)10:30-12:0013:00-14:3015:00-16:3017:00-18:30
8月10日(金)10:30-12:0013:00-14:3015:00-16:3017:00-18:30
8月11日(土)10:30-12:0013:00-14:3015:00-16:3017:00-18:30
8月12日(日)10:30-12:0013:00-14:3015:00-16:3017:00-18:30
8月24日(金)10:30-12:0013:00-14:3015:00-16:3017:00-18:30
8月25日(土)10:30-12:0013:00-14:3015:00-16:3017:00-18:30
8月26日(日)10:30-12:0013:00-14:3015:00-16:3017:00-18:30
お申込みは、こちらからどうぞ
http://asset-b.com/side/consultation/

1.お名前
2.ご希望の日程(掲載以外の日程ご希望の場合ご相談に応じます)
3.ご相談内容
他の日程と9月以降のご希望もこちらから
http://asset-b.com/side/consultation/
または、 info@asset-b.co.jp

資産形成に高品質なコンサルティングを
株式会社アセットビルド
〒100-0005 千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館20階
TEL03-5288-5900 FAX03-5288-5910 
info@asset-b.co.jp 
トラストタワー外観
宅地建物取引業 東京都知事(1)第98768号
一般不動産投資顧問業 国土交通大臣 第1234号

一級建築士事務所登録 東京都知事 第60622号
一般建設業 東京都知事 許可(般–27)第144769号


ご来社の際は、1階総合受付にて入館票を受け取り、Bエレベーターで20階まであがり、正面の”サーブコープ”受付にお越しください。
土日祝日は、閉館していますので、大丸百貨店側の車寄せに面した夜間通用口自動ドアから入館し、お電話(TEL03-5288-5900)いただければ、お迎えにあがります。
無料個別相談、随時受け付けています!
メールでのご連絡はこちらへ↓↓↓
info@asset-b.co.jp

講演予定はこちら(講演依頼随時受付中)
 9月 8日(土)第2回電車でGO!下見同行ツアー
 9月20日(木)CCIM-KOREA記念講演
10月13日(土)内容未定(ボルファート富山)
10月15日(月)IREM-JAPAN主催会員拡大セミナー(北海道北見市)
10月20日(土)「中小企業が事業承継でお金を残す方法」~税理士法人タクトコンサルティングコラボセミナー~(東京国際フォーラム)


■IREM-JAPAN公式セミナー

9月1日(土)~2日(日)MKL405マーケティングとリーシング(東京会場)

■CCIM-JAPAN公式セミナー
9月4日(火)~7日(日)CI102市場分析(東京)

                                    

講演・執筆・取材依頼、随時受け付けています! メールでのご連絡はこちらへ↓↓↓ info@asset-b.co.jp    

 

アセットビルドの利用方法
「AM(アセットマネジメント)」=投資家の代理人として資産形成と投資の最適化を補助する・・・ということを突き詰めた会社にしたいと思っています。
管理会社の選定も投資家の立場に立ち、地域や物件ごとの得意・不得意、あるいは取り組み姿勢や特徴を鑑みて、もっとも適していると考えられる会社を選ぶというスタイルが、恐らく投資家にとって利益があるのではないかと。
そして、物件の運営に関しても積極的に関わり合うことで、投資価値の向上をはかります。

1.個別コンサル(90分無料)を受けていただき方向性を決めて
2.その方の方針や属性に合った金融機関をピックアップして融資の打診を行い
3.方向性に合った購入物件をご紹介したり、保有物件の売却のお手伝いをしたり(あるいは、建築・リフォームなど)
4.条件交渉や、物件調査、契約手続きを行って
5.融資手続き・登記手続き・引渡し・賃貸契約の引継ぎなどのお手伝いをして
6.PM(賃貸管理)・税理士(確定申告等)・司法書士(法人設立)・弁護士(問題対応)などの協力体制を個別に整え
7.定期的な個別コンサルで、出口戦略の検討や、ポートフォリオ組成など投資のメンテナンスを行っていく
・・・という仕事を提供させていただきます。

普通の不動産会社とまったく同じ仲介手数料で、高度なコンサルティング技術を、フェアで倫理的な立ち位置で付帯するのにもかかわらず、追加料金(コンサルフィー)はかからないというのが強味。
実務にかかわるスタッフも、建築・売買・賃貸管理の分野で経験を重ね、自らも不動産投資家であるベテラン、PMでしっかりと経験を積んだ若手(親は公務員大家)、そしてサブリース会社で事業のキモとなる賃料設定を10年間一手に引き受けていた査定のプロ中のプロという最強コンボ。
"アセットビルディング(=資産形成)"からつけた社名は、私たちがめざし、取り組んでいる仕事をよく表していると思います。良きパートナーを探していた・・・という皆さん、ぜひお気軽にご相談ください。

メールでのご連絡はこちらへ↓↓↓
info@asset-b.co.jp
<アセットビルドのミッション>
【事業の目的】            

 アセットビルドは国際標準の高度な投資手法を空理空論ではなく実務として活用し、クライアントの資産形成を不動産の側面で実現します。同時に、投資分析やコンサル的取組の普及を通じて不動産業界の地位向上と公共の利益を実現します。
【戦 略
アセットビルドが選択する戦略は「卓越戦略」です。自社の利益よりもクライアントの利益を、自社の独断よりも、クライアントの求めるものと選択の自由をなによりも優先します。

【アセットビルドのクライアント】
・収益不動産の取得・運営・出口までの一貫したサポート及びポートフォリオの組成を必要とするすべての個人投資家・資産家・企業

・コンサル的な業務への取り組みを課題とし、サポートを必要とする全ての不動産会社・建築業者

【5つの卓越】

1.権威Authority

知識を振りかざしたり、偉そうにすることは権威ではありません。絶え間ない知識の吸収と、実践へのフィードバック、検証、タイムリーで価値のあるアウトプットという繰り返しによって得られる深い見識が自分自身をプロフェッショナルにならしめるということをアセットビルドは知っています。

2.人格Personality

「魅は与によって生じ、求によって滅す」。期待される以上の成果を与えること。出し惜しみをしないこと。利他の心と思いやり。世の中への貸越が大きいほど、大きな利子となって帰ってくることをアセットビルドは知っています。

3.論理Logic

論理的思考と、それを裏付けるデータが物事の判断には欠かせません。また、その数字の裏には、現実の世界の人の営みがあることも忘れてはなりません。常に、それは本当かと疑いを持って本質を見抜く努力を怠ってはいけないことをアセットビルドは知っています。

4.情熱Passion

情熱は夢や希望そしてさまざまなアイデアを現実にするための原動力です。それは、個人の限られた欲求ではなく、他人や社会のためにする「貢献」とほかならぬ自分自身が実感する「成長」によってもたらされ、その多くは「仕事」が与えてくれることをアセットビルドは知っています。

5.実践Practice

不動産投資家の気持ちは、不動産投資家にしかわからない。大家の気持ちは大家にしかわからない。みずから仮説→実証→検証という実践を重ねたうえで構築されたメソッドの価値をアセットビルドは知っています。

REME賞
IREM(米国不動産管理協会)会員のなかで特に優れた取り組みをした企業に贈られる「REMEAwards2016」において、熊本震災での活動が評価され、"会長賞"を受賞しました。
熊本震災派遣レポート
http://blog.livedoor.jp/inomata104_ab/archives/2016-05-03.html
熊本震災派遣レポート2
http://blog.livedoor.jp/inomata104_ab/archives/2016-05-04.html

熊本震災派遣レポート3
http://blog.livedoor.jp/inomata104_ab/archives/2016-05-06.html
フェイスブック友達申請受付中「猪俣淳」で検索!
不動産投資の出口戦略・組合せ戦略

グローバルスタンダードの投資分析手法を個人の不動産投資に応用すると・・・「誰も書かなかった不動産投資の出口戦略・組合せ戦略~詳細解説版~」(住宅新報社)
不動産投資のルールと構造を深く学びたいかたはぜひ
不動産投資の正体
不動産投資分析手法をよりカンタンに理解するための入門書。不動産投資スタートアップ講座「不動産投資の正体」(住宅新報社)~短時間で、不動産投資の本質的なポイントをカンタンに押さえたい方はぜひ(改訂版は、概念図とコラムを大幅追補!)
家を建てる人の参考書
   

プランニングや設備系でよくある失敗、予算組みをするうえで検討しないといけないこと、併用住宅やアパマンといった他の選択肢との比較方法など。一級建築士×ファイナンシャルプランナー×不動産経営管理士だからこそ書けた住宅建築に関する参考書 
CCIMロゴ

全米商業用不動産投資顧問協会(CCIM)ホームページはこちらから。複数の選択肢から最も優れた投資を選びだし、成功に導くプロフェッショナルCCIM。
CCIM-J HP
CCIM-JAPAN(全米不動産投資顧問協会日本支部)HP
IREM新ロゴ

全米不動産管理協会日本支部(IREM-JAPAN)ホームページはこちらから。世界標準の優れたプロパティ・マネジメントで保有物件の価値を高めます。

資産活用・建築企画・不動産仲介・買取・相続対策・事業承継・借地借家のご相談は、こちらへ
info@asset-b.co.jp
HP画像

IMG_0915
「東京法務局管内新築建物課税標準価格認定基準表」(基準年度:平成30年度。

所有権の移転登記費用を計算するときには役所の資産税課に行って固定資産評価証明を取ってきますが、新築建物の場合はこの表を使って計算します。

※このブログへの応援投票はコチラ!クリックすると1票入る仕組みになっています。
CTR3O09U
融資引締めの中、まだまだ前向きな金融機関もいくつか。市場動向も弱含みなエリアと抜群の安定性をもつエリアとに分かれています。いま、自分はどんな手が打てるのか?どんな手を打つのが最善策なのか?現状認識方針策定をしてみませんか?
個別無料相談受付中! 「猪俣に直接相談したい!」という方はぜひご利用ください。
申し込みは株式会社アセットビルドHPからどうぞ↓
個別相談申込
セミナー資料の配布+ブログで書けない情報+2回目以降も無料の個別相談・・・「アセットビルド会員(Club-ab)」会員登録(月額千円)もこちらから! 


グローバルスタンダードの投資分析手法を個人の不動産投資に応用する方法をしっかり勉強したい方はこの本を!

不動産投資の出口戦略・組合せ戦略
「誰も書かなかった不動産投資の出口戦略・組合せ戦略~詳細解説版~」(住宅新報社)


こちらのブログも

↓↓↓
井上隆司日記

takeblog

まつだいらブログ

登記税率

単価×面積×税率。

マイホームで50㎡以上あると、税率は0.15%に軽減されますが、一般的なアパート・マンションであれば0.4%です。

月末に決済をひかえた新築アパートの登記費用をせっせと試算していたT内君が、「気が付かなかったですけど、よく見たら随分単価が上がってますね」と今年の基準表をコピーして持ってきてくれました。

課税標準価格認定基準表は3年ごとに更新されます。そういえば、丁度今年は更新の年でしたね。

アパート・マンションの1㎡あたり単価は平成27年度に比べてどの位上がったかというと・・・

木 造  : 
 87,000円→100,000円(115%)
軽量鉄骨造: 
 95,000円→104,000円(109%)
鉄骨造  :
112,000円→116,000円(104%)
RC造  :
132,000円→143,000円(108%)

おおむね、1割弱上がったという感じでしょうか。

一方、店舗・事務所は木造71,000円→70,000円、軽量鉄骨造65,000円→57,000円と下がっていたりします。

①震災復興需要
②五輪需要
③リーマン直後凍結されていたものの景気回復に合わせ軒並み再起動した大型開発
④景気後退期にばさばさ切ったおかげで廃業が相次ぎ、次世代の育成もされなかった建築業界の慢性的な人手不足

・・・といった要因で、ここ数年建築費は高騰する一方なので、単価が上がるのは理解できますが、一部だけ下がるのは??

なぜそうなったのかはわかりませんが、気になります。

↓クリックすると1票入る仕組みになっています。


CTR3O09U

無料個別相談を受け付けています。

無料個別相談
【ご案内】
個別 無料 コンサル受付中!
「猪俣に直接相談したい!」
という方はぜひご利用ください。
・相続対策と不動産投資を両立させるには?
・相続して空家にしているファミリー物件をどうするか?(貸すか?売るか?売ったらどうするか?)
・数年前に購入した物件・・出口戦略が知りたい
・いまのポートフォリオを元に、次の一手を教えてほしい。

・不動産投資をスタートしたいがどこから手をつければいいか?
・この物件検討しているが正直どう思うか?
・売った方がいいか?もう少し待った方が良いか?
・空室が埋まる気配のない物件、どうするか?

なんでもOKです!   


バックセールスなし!完全無料90分、お気軽にどうぞ。     
↓↓ 7月の スケジュール↓↓
7月20日(金)①予約済み②予約済み15:00-16:3017:00-18:30
7月21日(土)①予約済み予約済み15:00-16:3017:00-18:30
7月22日(日)10:30-12:0013:00-14:3015:00-16:3017:00-18:30
↓↓ 8月の スケジュール↓↓
8月 3日(金)10:30-12:0013:00-14:3015:00-16:3017:00-18:30
8月 4日(土)10:30-12:00②予約済み15:00-16:3017:00-18:30
8月 5日(日)10:30-12:0013:00-14:3015:00-16:3017:00-18:30
8月10日(金)10:30-12:0013:00-14:3015:00-16:3017:00-18:30
8月11日(土)10:30-12:0013:00-14:3015:00-16:3017:00-18:30
8月12日(日)10:30-12:0013:00-14:3015:00-16:3017:00-18:30
8月24日(金)10:30-12:0013:00-14:3015:00-16:3017:00-18:30
8月25日(土)10:30-12:0013:00-14:3015:00-16:3017:00-18:30
8月26日(日)10:30-12:0013:00-14:3015:00-16:3017:00-18:30
お申込みは、こちらからどうぞ
http://asset-b.com/side/consultation/

1.お名前
2.ご希望の日程(掲載以外の日程ご希望の場合ご相談に応じます)
3.ご相談内容
他の日程と9月以降のご希望もこちらから
http://asset-b.com/side/consultation/
または、 info@asset-b.co.jp

資産形成に高品質なコンサルティングを
株式会社アセットビルド
〒100-0005 千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館20階
TEL03-5288-5900 FAX03-5288-5910 
info@asset-b.co.jp 
トラストタワー外観
宅地建物取引業 東京都知事(1)第98768号
一般不動産投資顧問業 国土交通大臣 第1234号

一級建築士事務所登録 東京都知事 第60622号
一般建設業 東京都知事 許可(般–27)第144769号


ご来社の際は、1階総合受付にて入館票を受け取り、Bエレベーターで20階まであがり、正面の”サーブコープ”受付にお越しください。
土日祝日は、閉館していますので、大丸百貨店側の車寄せに面した夜間通用口自動ドアから入館し、お電話(TEL03-5288-5900)いただければ、お迎えにあがります。
無料個別相談、随時受け付けています!
メールでのご連絡はこちらへ↓↓↓
info@asset-b.co.jp

講演予定はこちら(講演依頼随時受付中)
 9月 8日(土)第2回電車でGO!下見同行ツアー
 9月20日(木)CCIM-KOREA記念講演
10月13日(土)内容未定(ボルファート富山)
10月14日(日)第3回電車でGO!下見同行ツアー
10月15日(月)IREM-JAPAN主催会員拡大セミナー(北海道北見市)
10月20日(土)「中小企業が事業承継でお金を残す方法」~税理士法人タクトコンサルティングコラボセミナー~(東京国際フォーラム)


■IREM-JAPAN公式セミナー

9月1日(土)~2日(日)MKL405マーケティングとリーシング(東京会場)

■CCIM-JAPAN公式セミナー
9月4日(火)~7日(日)CI102市場分析(東京)

                                    

講演・執筆・取材依頼、随時受け付けています! メールでのご連絡はこちらへ↓↓↓ info@asset-b.co.jp    

 

アセットビルドの利用方法
「AM(アセットマネジメント)」=投資家の代理人として資産形成と投資の最適化を補助する・・・ということを突き詰めた会社にしたいと思っています。
管理会社の選定も投資家の立場に立ち、地域や物件ごとの得意・不得意、あるいは取り組み姿勢や特徴を鑑みて、もっとも適していると考えられる会社を選ぶというスタイルが、恐らく投資家にとって利益があるのではないかと。
そして、物件の運営に関しても積極的に関わり合うことで、投資価値の向上をはかります。

1.個別コンサル(90分無料)を受けていただき方向性を決めて
2.その方の方針や属性に合った金融機関をピックアップして融資の打診を行い
3.方向性に合った購入物件をご紹介したり、保有物件の売却のお手伝いをしたり(あるいは、建築・リフォームなど)
4.条件交渉や、物件調査、契約手続きを行って
5.融資手続き・登記手続き・引渡し・賃貸契約の引継ぎなどのお手伝いをして
6.PM(賃貸管理)・税理士(確定申告等)・司法書士(法人設立)・弁護士(問題対応)などの協力体制を個別に整え
7.定期的な個別コンサルで、出口戦略の検討や、ポートフォリオ組成など投資のメンテナンスを行っていく
・・・という仕事を提供させていただきます。

普通の不動産会社とまったく同じ仲介手数料で、高度なコンサルティング技術を、フェアで倫理的な立ち位置で付帯するのにもかかわらず、追加料金(コンサルフィー)はかからないというのが強味。
実務にかかわるスタッフも、建築・売買・賃貸管理の分野で経験を重ね、自らも不動産投資家であるベテラン、PMでしっかりと経験を積んだ若手(親は公務員大家)、そしてサブリース会社で事業のキモとなる賃料設定を10年間一手に引き受けていた査定のプロ中のプロという最強コンボ。
"アセットビルディング(=資産形成)"からつけた社名は、私たちがめざし、取り組んでいる仕事をよく表していると思います。良きパートナーを探していた・・・という皆さん、ぜひお気軽にご相談ください。

メールでのご連絡はこちらへ↓↓↓
info@asset-b.co.jp
<アセットビルドのミッション>
【事業の目的】            

 アセットビルドは国際標準の高度な投資手法を空理空論ではなく実務として活用し、クライアントの資産形成を不動産の側面で実現します。同時に、投資分析やコンサル的取組の普及を通じて不動産業界の地位向上と公共の利益を実現します。
【戦 略
アセットビルドが選択する戦略は「卓越戦略」です。自社の利益よりもクライアントの利益を、自社の独断よりも、クライアントの求めるものと選択の自由をなによりも優先します。

【アセットビルドのクライアント】
・収益不動産の取得・運営・出口までの一貫したサポート及びポートフォリオの組成を必要とするすべての個人投資家・資産家・企業

・コンサル的な業務への取り組みを課題とし、サポートを必要とする全ての不動産会社・建築業者

【5つの卓越】

1.権威Authority

知識を振りかざしたり、偉そうにすることは権威ではありません。絶え間ない知識の吸収と、実践へのフィードバック、検証、タイムリーで価値のあるアウトプットという繰り返しによって得られる深い見識が自分自身をプロフェッショナルにならしめるということをアセットビルドは知っています。

2.人格Personality

「魅は与によって生じ、求によって滅す」。期待される以上の成果を与えること。出し惜しみをしないこと。利他の心と思いやり。世の中への貸越が大きいほど、大きな利子となって帰ってくることをアセットビルドは知っています。

3.論理Logic

論理的思考と、それを裏付けるデータが物事の判断には欠かせません。また、その数字の裏には、現実の世界の人の営みがあることも忘れてはなりません。常に、それは本当かと疑いを持って本質を見抜く努力を怠ってはいけないことをアセットビルドは知っています。

4.情熱Passion

情熱は夢や希望そしてさまざまなアイデアを現実にするための原動力です。それは、個人の限られた欲求ではなく、他人や社会のためにする「貢献」とほかならぬ自分自身が実感する「成長」によってもたらされ、その多くは「仕事」が与えてくれることをアセットビルドは知っています。

5.実践Practice

不動産投資家の気持ちは、不動産投資家にしかわからない。大家の気持ちは大家にしかわからない。みずから仮説→実証→検証という実践を重ねたうえで構築されたメソッドの価値をアセットビルドは知っています。

REME賞
IREM(米国不動産管理協会)会員のなかで特に優れた取り組みをした企業に贈られる「REMEAwards2016」において、熊本震災での活動が評価され、"会長賞"を受賞しました。
熊本震災派遣レポート
http://blog.livedoor.jp/inomata104_ab/archives/2016-05-03.html
熊本震災派遣レポート2
http://blog.livedoor.jp/inomata104_ab/archives/2016-05-04.html

熊本震災派遣レポート3
http://blog.livedoor.jp/inomata104_ab/archives/2016-05-06.html
フェイスブック友達申請受付中「猪俣淳」で検索!
不動産投資の出口戦略・組合せ戦略

グローバルスタンダードの投資分析手法を個人の不動産投資に応用すると・・・「誰も書かなかった不動産投資の出口戦略・組合せ戦略~詳細解説版~」(住宅新報社)
不動産投資のルールと構造を深く学びたいかたはぜひ
不動産投資の正体
不動産投資分析手法をよりカンタンに理解するための入門書。不動産投資スタートアップ講座「不動産投資の正体」(住宅新報社)~短時間で、不動産投資の本質的なポイントをカンタンに押さえたい方はぜひ(改訂版は、概念図とコラムを大幅追補!)
家を建てる人の参考書
   

プランニングや設備系でよくある失敗、予算組みをするうえで検討しないといけないこと、併用住宅やアパマンといった他の選択肢との比較方法など。一級建築士×ファイナンシャルプランナー×不動産経営管理士だからこそ書けた住宅建築に関する参考書 
CCIMロゴ

全米商業用不動産投資顧問協会(CCIM)ホームページはこちらから。複数の選択肢から最も優れた投資を選びだし、成功に導くプロフェッショナルCCIM。
CCIM-J HP
CCIM-JAPAN(全米不動産投資顧問協会日本支部)HP
IREM新ロゴ

全米不動産管理協会日本支部(IREM-JAPAN)ホームページはこちらから。世界標準の優れたプロパティ・マネジメントで保有物件の価値を高めます。

資産活用・建築企画・不動産仲介・買取・相続対策・事業承継・借地借家のご相談は、こちらへ
info@asset-b.co.jp
HP画像

IMG_0762
先日、仙台で講習と考査を受けてきた「既存住宅状況調査技術者」の資格者証が福岡出張前にオフィスに届いていました。

不動産投資関連の資格としては29個目にあたります。

決して資格マニアなわけではありません。あれはどうなっているんだろう、これはどんな感じなんだろうと心配性であれこれ勉強しているうちに気づいたら資格の数が増えていたというのが実際の所です。

※このブログへの応援投票はコチラ!クリックすると1票入る仕組みになっています。
CTR3O09U
融資引締めの中、まだまだ前向きな金融機関もいくつか。市場動向も弱含みなエリアと抜群の安定性をもつエリアとに分かれています。いま、自分はどんな手が打てるのか?どんな手を打つのが最善策なのか?現状認識方針策定をしてみませんか?
個別無料相談受付中! 「猪俣に直接相談したい!」という方はぜひご利用ください。
申し込みは株式会社アセットビルドHPからどうぞ↓
個別相談申込
セミナー資料の配布+ブログで書けない情報+2回目以降も無料の個別相談・・・「アセットビルド会員(Club-ab)」会員登録(月額千円)もこちらから! 


グローバルスタンダードの投資分析手法を個人の不動産投資に応用する方法をしっかり勉強したい方はこの本を!

不動産投資の出口戦略・組合せ戦略
「誰も書かなかった不動産投資の出口戦略・組合せ戦略~詳細解説版~」(住宅新報社)


こちらのブログも

↓↓↓
井上隆司日記

takeblog

まつだいらブログ


IMG_0823
福岡でのMNT402(メンテナンスとリスク管理)の授業でも物件調査のセッションがありますが、建築系の資格で学んだことはそのまま授業でも実務でも使えます。

大阪の震災で問題になったブロック塀。

高さの上限は2.2m。コンクリートブロックのサイズは高さ20cm×幅40cmですから、11段までとなります。

この写真のブロック塀は1.58mですから、8段積みで2cm厚分土間コンクリートが被せてあるという構造という事がわかります。
IMG_0821
厚みは、高さ2.0mまでは10~12cm、2.0mを超えると15cm。
測ると12cmありますのでが問題ありません。

ただし、高さ1.2mを超える場合3.4mごとの間隔で倒壊防止のための控え壁を設ける必要がありますが、見当らないものですからこのあたりがリスクになると考えられます。

横を人が歩行中にブロック塀が倒れて死傷ということにでもなれば損害賠償責任を負うことになります。

遵法性に問題があり、危険性を予見できていたわけですから。

損害賠償請求の問題になる場合、争点は「予見」できたかどうかと、「対策」を施していたかになります。

皆さんの物件は大丈夫ですか?

それから、建物のメンテナンスを後回しにしていると建物の状態が悪くなってあとで莫大な修繕コストがかかる羽目になったり、思わぬ事故を招いたり(そこでまた損害賠償請求です)・・・投資家にとってあまり芳しくない事態を招くことにもなりかねません。

浮いたタイルがごっそり剥落して10m下の歩行者に直撃とか、いつどの物件がなってもおかしくないですし、そういった事故は後を絶ちません。

IMG_0841
クラックスケールで樹脂充填などの補修が必要なサイズの亀裂をみつけたり、
IMG_0840
パールハンマーで浮いているタイルを見つけたり。

簡単な道具で、手軽にできる調査もたくさんあります。

↓クリックすると1票入る仕組みになっています。


CTR3O09U

無料個別相談を受け付けています。

無料個別相談
【ご案内】
個別 無料 コンサル受付中!
「猪俣に直接相談したい!」
という方はぜひご利用ください。
・相続対策と不動産投資を両立させるには?
・相続して空家にしているファミリー物件をどうするか?(貸すか?売るか?売ったらどうするか?)
・数年前に購入した物件・・出口戦略が知りたい
・いまのポートフォリオを元に、次の一手を教えてほしい。

・不動産投資をスタートしたいがどこから手をつければいいか?
・この物件検討しているが正直どう思うか?
・売った方がいいか?もう少し待った方が良いか?
・空室が埋まる気配のない物件、どうするか?

なんでもOKです!   


バックセールスなし!完全無料90分、お気軽にどうぞ。     
↓↓ 7月の スケジュール↓↓
7月20日(金)①予約済み②予約済み15:00-16:3017:00-18:30
7月21日(土)①予約済み予約済み15:00-16:3017:00-18:30
7月22日(日)10:30-12:0013:00-14:3015:00-16:3017:00-18:30
↓↓ 8月の スケジュール↓↓
8月 3日(金)10:30-12:0013:00-14:3015:00-16:3017:00-18:30
8月 4日(土)10:30-12:00②予約済み15:00-16:3017:00-18:30
8月 5日(日)10:30-12:0013:00-14:3015:00-16:3017:00-18:30
8月10日(金)10:30-12:0013:00-14:3015:00-16:3017:00-18:30
8月11日(土)10:30-12:0013:00-14:3015:00-16:3017:00-18:30
8月12日(日)10:30-12:0013:00-14:3015:00-16:3017:00-18:30
8月24日(金)10:30-12:0013:00-14:3015:00-16:3017:00-18:30
8月25日(土)10:30-12:0013:00-14:3015:00-16:3017:00-18:30
8月26日(日)10:30-12:0013:00-14:3015:00-16:3017:00-18:30
お申込みは、こちらからどうぞ
http://asset-b.com/side/consultation/

1.お名前
2.ご希望の日程(掲載以外の日程ご希望の場合ご相談に応じます)
3.ご相談内容
他の日程と9月以降のご希望もこちらから
http://asset-b.com/side/consultation/
または、 info@asset-b.co.jp

資産形成に高品質なコンサルティングを
株式会社アセットビルド
〒100-0005 千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館20階
TEL03-5288-5900 FAX03-5288-5910 
info@asset-b.co.jp 
トラストタワー外観
宅地建物取引業 東京都知事(1)第98768号
一般不動産投資顧問業 国土交通大臣 第1234号

一級建築士事務所登録 東京都知事 第60622号
一般建設業 東京都知事 許可(般–27)第144769号


ご来社の際は、1階総合受付にて入館票を受け取り、Bエレベーターで20階まであがり、正面の”サーブコープ”受付にお越しください。
土日祝日は、閉館していますので、大丸百貨店側の車寄せに面した夜間通用口自動ドアから入館し、お電話(TEL03-5288-5900)いただければ、お迎えにあがります。
無料個別相談、随時受け付けています!
メールでのご連絡はこちらへ↓↓↓
info@asset-b.co.jp

講演予定はこちら(講演依頼随時受付中)
 9月 8日(土)第2回電車でGO!下見同行ツアー
 9月20日(木)CCIM-KOREA記念講演
10月13日(土)内容未定(ボルファート富山)
10月14日(日)第3回電車でGO!下見同行ツアー
10月15日(月)IREM-JAPAN主催会員拡大セミナー(北海道北見市)
10月20日(土)「中小企業が事業承継でお金を残す方法」~税理士法人タクトコンサルティングコラボセミナー~(東京国際フォーラム)


■IREM-JAPAN公式セミナー

9月1日(土)~2日(日)MKL405マーケティングとリーシング(東京会場)

■CCIM-JAPAN公式セミナー
9月4日(火)~7日(日)CI102市場分析(東京)

                                    

講演・執筆・取材依頼、随時受け付けています! メールでのご連絡はこちらへ↓↓↓ info@asset-b.co.jp    

 

アセットビルドの利用方法
「AM(アセットマネジメント)」=投資家の代理人として資産形成と投資の最適化を補助する・・・ということを突き詰めた会社にしたいと思っています。
管理会社の選定も投資家の立場に立ち、地域や物件ごとの得意・不得意、あるいは取り組み姿勢や特徴を鑑みて、もっとも適していると考えられる会社を選ぶというスタイルが、恐らく投資家にとって利益があるのではないかと。
そして、物件の運営に関しても積極的に関わり合うことで、投資価値の向上をはかります。

1.個別コンサル(90分無料)を受けていただき方向性を決めて
2.その方の方針や属性に合った金融機関をピックアップして融資の打診を行い
3.方向性に合った購入物件をご紹介したり、保有物件の売却のお手伝いをしたり(あるいは、建築・リフォームなど)
4.条件交渉や、物件調査、契約手続きを行って
5.融資手続き・登記手続き・引渡し・賃貸契約の引継ぎなどのお手伝いをして
6.PM(賃貸管理)・税理士(確定申告等)・司法書士(法人設立)・弁護士(問題対応)などの協力体制を個別に整え
7.定期的な個別コンサルで、出口戦略の検討や、ポートフォリオ組成など投資のメンテナンスを行っていく
・・・という仕事を提供させていただきます。

普通の不動産会社とまったく同じ仲介手数料で、高度なコンサルティング技術を、フェアで倫理的な立ち位置で付帯するのにもかかわらず、追加料金(コンサルフィー)はかからないというのが強味。
実務にかかわるスタッフも、建築・売買・賃貸管理の分野で経験を重ね、自らも不動産投資家であるベテラン、PMでしっかりと経験を積んだ若手(親は公務員大家)、そしてサブリース会社で事業のキモとなる賃料設定を10年間一手に引き受けていた査定のプロ中のプロという最強コンボ。
"アセットビルディング(=資産形成)"からつけた社名は、私たちがめざし、取り組んでいる仕事をよく表していると思います。良きパートナーを探していた・・・という皆さん、ぜひお気軽にご相談ください。

メールでのご連絡はこちらへ↓↓↓
info@asset-b.co.jp
<アセットビルドのミッション>
【事業の目的】            

 アセットビルドは国際標準の高度な投資手法を空理空論ではなく実務として活用し、クライアントの資産形成を不動産の側面で実現します。同時に、投資分析やコンサル的取組の普及を通じて不動産業界の地位向上と公共の利益を実現します。
【戦 略
アセットビルドが選択する戦略は「卓越戦略」です。自社の利益よりもクライアントの利益を、自社の独断よりも、クライアントの求めるものと選択の自由をなによりも優先します。

【アセットビルドのクライアント】
・収益不動産の取得・運営・出口までの一貫したサポート及びポートフォリオの組成を必要とするすべての個人投資家・資産家・企業

・コンサル的な業務への取り組みを課題とし、サポートを必要とする全ての不動産会社・建築業者

【5つの卓越】

1.権威Authority

知識を振りかざしたり、偉そうにすることは権威ではありません。絶え間ない知識の吸収と、実践へのフィードバック、検証、タイムリーで価値のあるアウトプットという繰り返しによって得られる深い見識が自分自身をプロフェッショナルにならしめるということをアセットビルドは知っています。

2.人格Personality

「魅は与によって生じ、求によって滅す」。期待される以上の成果を与えること。出し惜しみをしないこと。利他の心と思いやり。世の中への貸越が大きいほど、大きな利子となって帰ってくることをアセットビルドは知っています。

3.論理Logic

論理的思考と、それを裏付けるデータが物事の判断には欠かせません。また、その数字の裏には、現実の世界の人の営みがあることも忘れてはなりません。常に、それは本当かと疑いを持って本質を見抜く努力を怠ってはいけないことをアセットビルドは知っています。

4.情熱Passion

情熱は夢や希望そしてさまざまなアイデアを現実にするための原動力です。それは、個人の限られた欲求ではなく、他人や社会のためにする「貢献」とほかならぬ自分自身が実感する「成長」によってもたらされ、その多くは「仕事」が与えてくれることをアセットビルドは知っています。

5.実践Practice

不動産投資家の気持ちは、不動産投資家にしかわからない。大家の気持ちは大家にしかわからない。みずから仮説→実証→検証という実践を重ねたうえで構築されたメソッドの価値をアセットビルドは知っています。

REME賞
IREM(米国不動産管理協会)会員のなかで特に優れた取り組みをした企業に贈られる「REMEAwards2016」において、熊本震災での活動が評価され、"会長賞"を受賞しました。
熊本震災派遣レポート
http://blog.livedoor.jp/inomata104_ab/archives/2016-05-03.html
熊本震災派遣レポート2
http://blog.livedoor.jp/inomata104_ab/archives/2016-05-04.html

熊本震災派遣レポート3
http://blog.livedoor.jp/inomata104_ab/archives/2016-05-06.html
フェイスブック友達申請受付中「猪俣淳」で検索!
不動産投資の出口戦略・組合せ戦略

グローバルスタンダードの投資分析手法を個人の不動産投資に応用すると・・・「誰も書かなかった不動産投資の出口戦略・組合せ戦略~詳細解説版~」(住宅新報社)
不動産投資のルールと構造を深く学びたいかたはぜひ
不動産投資の正体
不動産投資分析手法をよりカンタンに理解するための入門書。不動産投資スタートアップ講座「不動産投資の正体」(住宅新報社)~短時間で、不動産投資の本質的なポイントをカンタンに押さえたい方はぜひ(改訂版は、概念図とコラムを大幅追補!)
家を建てる人の参考書
   

プランニングや設備系でよくある失敗、予算組みをするうえで検討しないといけないこと、併用住宅やアパマンといった他の選択肢との比較方法など。一級建築士×ファイナンシャルプランナー×不動産経営管理士だからこそ書けた住宅建築に関する参考書 
CCIMロゴ

全米商業用不動産投資顧問協会(CCIM)ホームページはこちらから。複数の選択肢から最も優れた投資を選びだし、成功に導くプロフェッショナルCCIM。
CCIM-J HP
CCIM-JAPAN(全米不動産投資顧問協会日本支部)HP
IREM新ロゴ

全米不動産管理協会日本支部(IREM-JAPAN)ホームページはこちらから。世界標準の優れたプロパティ・マネジメントで保有物件の価値を高めます。

資産活用・建築企画・不動産仲介・買取・相続対策・事業承継・借地借家のご相談は、こちらへ
info@asset-b.co.jp
HP画像

↑このページのトップヘ