xmonad

変換キーをwindowsキーに

posted in 20:56 2012年04月01日 by inorder

Comments(0) TrackBack(0)   x11  xmonad このBlogのトップへ 前の記事
自分のxmonadの設定上、windowsキーを多用するのでXmodmapの設定で変換キーをwindowsキーにしました。
keycode 100 = Super_L
remove Lock = Caps_Lock
keysym Caps_Lock = Control_L
add Control = Control_L
使いやすいかは微妙なところ。


xmonad default key binding

posted in 23:54 2011年08月13日 by inorder

Comments(0) TrackBack(0)   xmonad  このBlogのトップへ 前の記事 次の記事
xmonad default key binding

default状態のキーを覚えるためにも、新しく割り当てる場合の空きを探すためにも。


evilvte

posted in 22:11 2011年05月03日 by inorder

Comments(0) TrackBack(0)   ubuntu  xmonad このBlogのトップへ 前の記事 次の記事
evilvte

可能な限り画面を広く使いたいので、evilvteを試してみました。
このターミナルエミュレータ本来の売りはオフィシャルページを見る限り実装がコンパクトであることのようですが、個人的には、通常メニューバーにある機能が右クリックメニューに割り当てられているのが魅力的。
同時に、xmonadのterminalもevilvteにしてみました。


import System.IO
import qualified Data.Map as DM

import XMonad
import XMonad.Hooks.DynamicLog
import XMonad.Hooks.ManageDocks
import XMonad.Util.Run(spawnPipe)

main = do
xmproc <- spawnPipe "xmobar"
xmonad =<< statusBar
"xmobar"
xmobarPP
toggleStrutsKey
myConfig
{ logHook = dynamicLogWithPP $ xmobarPP
{ ppOutput = hPutStrLn xmproc
, ppTitle = myColor
}
}

toggleStrutsKey XConfig { XMonad.modMask = modMask } = ( modMask, xK_b )

myConfig = defaultConfig
{ terminal = "evilvte"
, borderWidth = 3
, normalBorderColor = "blue"
, focusedBorderColor = "red"
, modMask = mod4Mask
, keys = \c -> myKeys c `DM.union` keys defaultConfig c
, manageHook = myManageHook }

myKeys XConfig { XMonad.modMask = modMask } = DM.fromList $
[ ((modMask, xK_p), spawn "gmrun")
, ((modMask .|. shiftMask, xK_p), spawn myDmenu) ]
where
myDmenu = "exe=`dmenu_path | dmenu` && eval \"exec $exe\""

myColor = xmobarColor "green" "" . wrap "<" ">"

myManageHook = composeAll
[ className =? "MPlayer" --> doFloat
, className =? "Gimp" --> doFloat
, className =? "Skype" --> doFloat
, className =? "Vlc" --> doFloat
, className =? "Xine" --> doFloat ]


xmonadで1つのwindowしかないのにフォーカスが合わない

posted in 23:21 2010年09月25日 by inorder

Comments(0) TrackBack(0)   xmonad  このBlogのトップへ 前の記事 次の記事
xmonad 0.9.1を使っていて、画面上に1つのwindowしかないのに、枠の色もフォーカスがあっているように見えるのに、キーボード入力を受け付けない場合があるようです。
復帰方法として、window切り替えを行うと、本来1つしかwindowがないので意味がないはずですが、入力出来るようになりました。
条件がよくわからず、多分他のwindowを消した結果として1つしかwindowがなくなった場合のような気がするのですが…


さらにxmober用の設定

posted in 00:41 2010年09月07日 by inorder

Comments(0) TrackBack(0)   xmonad  xmobar このBlogのトップへ 前の記事 次の記事
ウィンドウタイトルとワークスペースも表示されるように変更しました。以前参考にしたページのやり方だとxmobarが隠れてしまう場合があったので、なんとなくその辺に対処してあります。書き方として正しいのかは謎です…

以下~/.xmonad/xmonad.hs

import System.IO

import XMonad
import XMonad.Hooks.DynamicLog
import XMonad.Hooks.ManageDocks
import XMonad.Util.Run(spawnPipe)

main = do
    xmproc <- spawnPipe "xmobar"
    xmonad =<< statusBar
                    "xmobar"
                    xmobarPP
                    toggleStrutsKey
                    myConfig
                        { logHook = dynamicLogWithPP $ xmobarPP
                            { ppOutput = hPutStrLn xmproc
                            , ppTitle = myColor
                            }
                        }

toggleStrutsKey XConfig { XMonad.modMask = modMask } = ( modMask, xK_b )

myConfig = defaultConfig
        { borderWidth = 3
        , normalBorderColor = "blue"
        , focusedBorderColor = "red"
        , modMask = mod4Mask
        }

myColor = xmobarColor "green" "" . wrap "<" ">"

以下~/.xmobarrc
Config { font = "xft:Sans-9:bold"
       , bgColor = "black"
       , fgColor = "grey"
       , position = Top
       , lowerOnStart = False
       , commands = [ Run Network "eth0" ["-L","0","-H","32","--normal","green","--high","red"] 10
                    , Run Network "eth1" ["-L","0","-H","32","--normal","green","--high","red"] 10
                    , Run Cpu ["-L","3","-H","50","--normal","green","--high","red"] 10
                    , Run Memory ["-t","Mem: %"] 10
                    , Run Swap [] 10
                    , Run Date "%Y-%m-%d %A %T" "date" 10
                    , Run StdinReader
                    ]
       , sepChar = "%"
       , alignSep = "}{"
       , template = "%cpu% | %memory% | %eth0% - %eth1% } %StdinReader% { %date%"
       }