とわず語り

相場の格言「木を見て、森を見ず」と言う、今は短期チャートではなく中期チャートに注目したい。

メール情報も休止

明日、就職することで無料メール情報「とわず語り」も一旦休止させていただきます。これまで日々多数の情報をご愛読いただきありがとうございました。また、ブログ休止後にお問い合わせいただいた法人さま・一般投資家の皆さまにもお礼申し上げます。

なお、再開は営業活動許可日より情報配信のスタートを考えています。証券界では入社2日後と伺っていますが、商品先物業界は時間を要しますので来月8月下旬になる可能性があります。
いま暫くお待ちください。

さて、七夕天井を待たずにベアチャンネルに突入し16日ブレント原油納会/22日WTI原油納会・皆既日食をひとつの節目としました。それでもブレーキが掛からなければ25日「天神底」を意識したことはご存知の通りです。

さらにアノマリーのシーズナル分析(2000年〜)で見た場合は次のようになっています。
(月別の陽線確率です)
 
東京金 7月44.4% 8月33.3% 
東京白金 7月44.4% 8月44.4% 
東京ガソリン 7月66.7% 8月33.3% 
東京とうもろこし 7月22.2% 8月33.3% 
東京一般大豆 7月44.4% 8月44.4% 

以上の結果になっていることから通常月と異なり夏場はクラッシュが起こりやすい時間帯になっていると位置づけています。

本日午前中にはBNPパリバが原油価格は今夏に40ドルまで下落する可能性があるとする一方で、夕方にはモルガン・チェースは来年の予想を85ドルまで引き上げている。どちらに軍配があがるか見どころである。

また、13日に秘伝買いサイン点灯したセクターは無視出来ない。本日国内マーケットは時間を追うごとに買い優勢になっていた。この3セクターは安易に売らないほうが良いと思う。
(メール情報にてご確認ください)

また週末の注目は、「東京円」「東京一般大豆」に週足の秘伝買いサインは点灯するか否か?に注目しておきたい。 

現場復帰予定

現場復帰が叶う日が近づいて来ました。ということで営業活動が出来るまで一時ブログを停止させていただきます。
これまでご精読ありがとうございました。

15年間の無料メール情報「とわず語り」に続きまして、初の試みであるブログ”とわず語り”を立ち上げさせていただきました。5月28日立ち上げからからわずか1カ月間でしたが、これだけ大勢の方からお問合せいただきましたことは身に余る光栄でした。

ブログ開設し、人気ブログ「にほんブログ村・商品先物」に登録させていただき、わずか1カ月足らずでランキング8位になりました。これもひとえに皆様のご支援・ご協力と心からお礼申し上げます。

会員さまには、マニアックな分析手法の説明だったと思います。知ってしまえば簡単な分析で意外性があったのではないでしょうか。まだまだ私自身が業界歴22年の若輩者で勉強中ですが、今夏に再開するときは今より成長出来ているように頑張ります。

また、ブログ”とわず語り”が皆様のお目に叶う日が参りましたら、是非お声掛けてください。それでは、ご健勝をお祈りしています。

夏までに100ドル

石油連盟の天坊明彦会長(出光興産社長)が本日の記者会見の席で「WTI原油は夏までに100ドルを超えるのではないか」と見解を示したらしい。先日はそこまで強気ではなかったがGSの推奨などが買いの背中をプッシュしたのだろう。元売りにしてみれば仕切値だけ上がって、ユーザー転売価格には反映していないから値上げしたいと考えているのでしょう。

このブル・アナウンスの要因は、「リーマン・ショック以降の経済活動の停滞で、在庫はパンパンになったまま」と説明し、「本来であれば、もう少し下がってもいいはずなのに、”投機マネーが市場に流れこんでいるために上昇した」としたらしい。

業者の値上げ誘導はわからないでもないが、現在のWTI原油ボリュームは下降している。流入というより流出しているように伺えるのは私だけだろうか?この時期、エネルギーはアップトレンドであるが、果たしてどこまで国内外のボリュームが増加するか?楽しみである。

私の見解は、ここまでクラッシュが起きたのでショートカバーによるブルチャンネルを期待している。相場の格言に”上げ相場は売り方が作り、下げ相場は買い方が作る”とある。これは因果玉のことを言っているが、今回はショートカバーの存在を意識してみたい。

GSが推奨

米ゴールドマン・サックスが「原油買い/天然ガス売り」を推奨したとブルムバーグが報じている。これはガス在庫能力の限界まで積み上がっていることを指摘しているようです。一方、原油は年初2月安値から102%上昇しており、ゴールドマン・サックスは09年の原油見通し85ドルにしていることからこのアービトラージの推奨になったと見ているらしい。

国内TOCOMに「天然ガス」は上場していませんので、原油/製品のクラックに注目しても良いだろう。現在の”東京灯油売り/東京原油買い”のポジションを維持して次は東京ガソリンとのクラックを狙ってみたい。

単独ならボリュームがある東京ガソリン買いであるが、需要限月を物色したい。

参考まで国内外の主要エネルギーのシーズナルです(期間は2000年以降です)
東京ガソリン
6月66.7%
7月66.7%
8月33.3%
東京灯油
6月66.7%
7月55.6%
8月33.3%
WTI原油
6月77.8%
7月55.6%
8月55.6%

となっている。夏場前に実需・商社の買い付けが終わったり、現物を抱えている元売りなどは逆に7月天井と見て、先物にヘッジ売りを仕掛けるパターンが多いようです。目先はブルチャンネルであっても”セミが泣くころからトレンドは下げる”と位置づけてクラックを投資戦略から外さないようにしたい。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村

出直り相場

相場の格言に「出直り相場に逆らうな」とあります。TOCOMセクター中心に戻ってきている。まさか3時30分からの東京工業品取引所の新社長就任会見を好感しているだけではないだろう。

これまでオーバーソールドだったことで大手の売り方のショートカバーが始まったのかもしれない。新規買いなら慎重に買いオーダーをするが、ここまでクラッシュを描いただけに急いで買い戻しすれば、思っている以上に値は飛んでしまう。

トレンドはまだチェンジしたとは思えないが、相場波動・周期は良い日柄を経過している。やはり「満月・新月転換」を唱えるかたが多いのもわかる気がする。経験則は大事だ、良い勉強になる。

ところで明日木曜日は海外セクター火曜日のボリュームがリリースされる。最近の展開からして減少になるだろう。毎火曜日ベースで見ても3連チャン減少となれば”飛びつき買い”をすることもないだろう。

売買のセオリーは「安い日に買って、高い日に売る」これを肝に銘じてオーダーをするように心掛けたい。

参考になりましたら
1クリックお願いします
↓↓↓

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
にほんブログ村
記事検索
Klug
FX ブログパーツFX
人気ブログサイト
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

商品先物でいこう

人気ブログランキングへ



マネポケ金融投資ブログランキング

商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ
満月/新月
満月14.8/新月0ともに±0.5
お知らせ
記載している内容については最善を尽くしておりますが、責任を負うものではありません。予測と逆に変動すれば損失が出ることもあります。相場予測は個人的な見解ですので、最終判断に関しては、ご自身でお願いいたします。

また、記載している情報は、情報提供を目的として作成しており、今後の商品市況の動向や売買に関する断定的判断の提供及び勧誘を目的としたものではありません。
livedoor プロフィール
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:

経済指標カレンダー
SEARCH
店頭ガソリン平均価格

gogo.gs
相場格言
株価天気予想
過去10年のアノマリーらしい
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ