2011年06月

2011年06月30日

1812法案説明会

DSCN7189

自民党国会対策委員会法案説明会において、自民党による東日本大震災関連の議員立法5法案を了承しました。
 国会は22日に70日間の会期延長を決めたにもかかわらず、その後1週間全く機能していません。これでは何のために延長したのか全く意味がありません。内閣の新人事や自民党からの引き抜きなどの問題はありましたが、だからと言って国会を閉店休業にしてよいはずがありません。
 与党からやらないのであれば、私たち自民党が立法府の責任としてどんどん議員立法を作り、震災対応を前に進めて行きます。

inoue_shinji at 16:01|Permalink

2011年06月28日

1811 6/26〜6/27北方領土がよく見えました!

P1060132
CIMG1087
P1060130
CIMG1023
P1060137

 「衆議院沖縄及び北方問題に関する特例委員会」の超党派の国会議員12名で北方領土の上空視察を行いました。
 私は初当選以来7年半、ずっとこの特例委員会に所属し、北方領土の返還に努力しています。しかし昨年のメドベージェフ大統領の上陸以来、5名のロシア閣僚が北方領土を訪問し、日本領有権を全く無視して軍備増強やインフラ整備等の計画を進めています。これは自民党政権時代の約半世紀にはあり得なかったことであり、大きな危機感を抱いています。
 昨年9月海上保安庁の巡視船から洋上視察を行いました。今回はさら近付こうということで、海上保安庁の航空機により上空から視察しました。これは昨年の前原誠司担当大臣を除き、国会議員としては初めてのことであり、ロシアに対しても大きなプレッシャーになったと思います。
 週末は全国的に荒れた模様でしたが北海道東部だけは素晴らしい晴天い恵まれ自然豊かな北方領土をはっきりと肉眼でも見ることができました。菅総理大臣はじめ各担当閣僚にも、この上空視察を早期に実現そ、日本政府の北方領土返還に関する断固たる姿勢を示すべきだと強く要請します。

inoue_shinji at 12:32|Permalink

2011年06月25日

1810「新緑の集い」

DSCN7105
DSCN7167

 地元・青梅市のスイートプラムにおいて、毎年恒例の自民党東京25区支部女性部による「新緑の集い」を開催し、約200名以上の女性の皆さまに集まっていただきました。
 実は今年の特別講師は私の盟友である後藤田正純衆議院議員を予定していました。しかし都合により直前でキャンセルとなってしまい、途方に暮れましたが、急きょ丸川珠代参議院議員に無理を言ってピンチヒッターとして来てもらいました。今話題の後藤田議員が来れなかったのは大変残念でしたが、丸川議員の講演もとてもわかりやすくて面白く、おかげさまで皆さんに喜んでもらうことができて本当に良かったです。ありがとう!

inoue_shinji at 14:59|Permalink

2011年06月24日

1809震災対応には全力です!

DSCN7047

 自民党総務会が開かれ、震災対応の議員立法3本が了承されました。
 ‖弍が遅れているガレキ等の処理を国が責任を持って行うことにより促進する法等∈匈可ぐ峩發鮨道劼簑垢世韻任覆、同居の兄弟姉妹にも給付する法案8共学校と比較して、建物等の復旧が進んでいない私立学校等にも助成措置を行う法案の3本です。
 私たち自民党は、震災対応については政府与党にできる限り協力するとともに、独自の議員立法を多く国会に提出し政府与党の対応の遅れを後押ししてまいります。

inoue_shinji at 20:25|Permalink

2011年06月23日

1808国会会期延長について

DSCN7028

 毎週木曜日の政策グループ「為公会」例会が開かれました。
 「為公会」のメンバーである岩屋毅、河野太郎両衆議院議員から、昨日の70日間の国会会期延長の議決に賛成したことについて説明があり、シャドウキャビネットの大臣をはじめ国会や党の役職を辞任したいという発言がありました。
 私も会期延長すべしと強く主張していただけに、両議員の考えはよく理解できます。他方会期延長については、正式な手続きを経て党として谷垣総裁に一任しており、ルール違反であることは間違いありません。自ら信念に基づき行動し、潔く辞任することは責任ある態度と評価します。
 むしろ昨日のブログにも書いた通り自民党も「会期延長」には反対でなく、「70日間」に反対だったのだから「50日間」の会期延長を正式に国会に提案すべきだったと考えます。そうすれば両議員の行動も違ったかも思うと大変残念です…。

inoue_shinji at 13:57|Permalink