2020年04月21日

井月顕彰会関係者各位

日ごろ、井月顕彰会の活動にご理解とご支援をいただきありがとうございます。

皆様も新型コロナ騒動で落ち着かない日々を過ごされていると推察いたします。
信州伊那井月俳句大会実行委員会から今年9月13日(土)の俳句大会は事前投句の発表以外は中止との連絡を受けました。
その前日に行われる井月顕彰会主催「千両千両 井月さんまつり」ですが、私どもとしてはこの騒動の状況を今しばらく見守り、7月末にどうするかの結論を出したいと思っております。

今しばらくお待ちくださるようよろしくお願いいたします。


井上井月顕彰会会長 北村皆雄
     事務局長 平澤春樹


2020年03月08日

rokudonomori-face

小口好久さんより送っていただいた「井上井月の句碑所在一覧表」をここで紹介させていただきます。
全句碑に足を運んで採寸された句碑のサイズも含まれています。貴重な情報をご提供いただき、ありがとうございます。


HYO

IMG_3805



2020年02月28日

 来たる3月7日(土)に開催を予定しておりました掲題につき、コロナウイルス蔓延の折から、休会することに致しました。直前のお知らせで恐縮ですが、社会情勢に鑑み、ご理解くださいますようお願い致します。

 過去のご出席者らには本状を発送しますが、お仲間の句会、同窓会などのお知り合いの方で、出席予定の方がおられましたら、ぜひ休会の件ご伝達をお願い致します。

 なお、事前投句をいただきました方には、選句結果を同封致し、また各賞受賞の方には、別途商品をお送り致します。以上、取り急ぎ連絡申し上げます。


令和2年2月28 日
主催:一般社団法人井上井月顕彰会
  :井月忌の集い実行委員会 委員長 北村皆雄


先日、「第7回井月忌の集い」の開催内容の変更をお知らせしましたが、コロナウイルス蔓延の折から、休会することに致しました。急なお知らせで申し訳ございません。大変残念ですが、何卒ご了承ください。






+以下は変更前の「第7回井月忌の集い」のご案内+
-記録として残しておきます-

今年で7回目を迎える「井月忌の集い」が開催されます。

毎回10人を超す著名な選者、11の賞、映画鑑賞など、漂泊の俳人井月の命日にちなむ豪奢な俳句大会です。俳句をやる人はもちろん、これからやりたいと思っている方も、全く俳句をやらない方も楽しめる集いです。お気軽にお越しください。

◎開催日時
令和2年3月7日(土)  午後1時30分開始
出句は午後1時より受付、1時30分締切

◎会場
主婦会館プラザエブ
JR 四ツ谷駅前/TEL:03-3265-8111





◎主催
一般社団法人井上井月顕彰会
井月忌の集い実行委員会

◎後援
伊那市・伊那市教育委員会

◎俳句の問い合わせ
井月忌俳句大会事務局/tel 090-9386-7143 大野田井蛙
※事前句の投稿は締め切りました。

◎第7回井月忌の集いへのお問い合わせ
井上井月顕彰会東京事務所/tel 03-3341-6975


先日、「第7回井月忌の集い」の開催内容の変更をお知らせしましたが、コロナウイルス蔓延の折から、休会することに致しました。急なお知らせで申し訳ございません。大変残念ですが、何卒ご了承ください。





2019年10月10日

映画で見る民俗・文化 戦争の記憶 記憶の風景
諏訪・伊那・飯田・三河・遠江・美濃地域の宝を発見する3日間。

映画「ほかいびと〜伊那の井月〜」の監督で井上井月顕彰会会長の北村皆雄氏は民俗文化の記録映画界の第一人者でこれまでに数々の作品を作ってきました。また、伊那谷には民俗・文化・戦争の記憶の映像を作っている人たちがいます。この度、「2019 伊那VALLEY映画祭」と称し、それらの作品を、トークショーを交えながら一挙公開する機会に恵まれました。

開催にあたっては、かんてんぱぱの伊那工業株式会社フラコラ(私も使ってます)の株式会社協和の全面的なご協力で可能となりました。

記者会見

先日行われた記者会見での写真。左から伊那Valley映画祭実行委員会事務局長 平澤春樹氏、株式会社協和社長 堀内泰司氏、伊那工業株式会社 最高顧問塚越寛氏、映画監督・井上井月顕彰会会長 北村皆雄氏。



映画祭にふさわしい充実した3日間です。
ここでしか見られない作品もあり!どうぞこの機会をお見逃しなく!
プロブラムをチェックしてどうか楽しみにお待ちください。


inavalley_filmfestival1


プログラムはこちらでチェックしてください。

期間:2019年11月1日(金)〜3日(日)
会場:かんてんぱぱ 西ホール
入場:無料

協賛:伊那工業株式会社、株式会社協和
共催:伊那Valley映画祭実行委員会と井月顕彰会

お問い合わせ先
一般社団法人井上井月顕彰会東京事務所内 伊那VALLEY映画祭実行委員会
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-12-12 オスカカテリーナ5F
TEL 03−3341−6975 
mail  into@seigetsu.org


2019年10月09日

映画で見る民俗・文化 戦争の記憶 記憶の風景
諏訪・伊那・飯田・三河・遠江・美濃地域の宝を発見する3日間。


inavalley_filmfestival1

inavalley_filmfestival3

inavalley_filmfestival2-1

inavalley_filmfestival2-2
inavalley_filmfestival2-3

期間:2019年11月1日(金)〜3日(日)
会場:かんてんぱぱ 西ホール
入場:無料

協賛:伊那工業株式会社、株式会社協和
共催:伊那Valley映画祭実行委員会と井月顕彰会

お問い合わせ先
一般社団法人井上井月顕彰会東京事務所内 伊那VALLEY映画祭実行委員会
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-12-12 オスカカテリーナ5F
TEL 03−3341−6975 
mail  into@seigetsu.org


←前ページへ戻る

2019年10月08日

 私たちは、諏訪湖から太平洋までつながる天竜川水系含めた、三遠南信まで広がる地域を伊那VALLEY=天竜川流域文化圏ととらえ、これらの地域の生活・文化・歴史・民俗・風土に、つぶさに目を向け、現在を知るとともに、豊かな未来を築くために、映画祭を企画実施いたします。
 この三遠南信地域は、いずれも各県庁所在地から離れた、いわば周辺の地ですが、それゆえにむしろ日本の古層を知ることができる歴史的に多くの民俗行事や風習等の文化遺産が残されている地域でもあり、三遠南信それぞれの地域で映像を通じて深めることが、将来において、豊かで、住みやすい地域環境づくりに資するものと考えております。
 近年この地域で進められている三遠南信自動車道やリニアモータ新駅の促進によって、近い将来大きく変貌して行くものと予測されています。そこで、地域の企業や団体、賛同企業等の協力を得て、天竜川水系だけでなく、豊川水系等の文化圏や、アジアにも広がる外の文化にも目を向けるような映画祭に育てます。
 まず伊那VALLEY映画祭として実施し、今後これを拠点に三遠南信のそれぞれの地域に拡げて行きたいと思います。


お問い合わせ先
一般社団法人井上井月顕彰会東京事務所内 伊那VALLEY映画祭実行委員会
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-12-12 オスカカテリーナ5F
TEL 03−3341−6975 
mail  into@seigetsu.org



伊那VALLEY映画祭実行委員会
実行委員長 北村皆雄
事務局長 平澤春樹
←前ページへ戻る

2019年09月08日

井月顕彰会の監事宮原氏のぶどう園、今年も収穫の時期がやってきます。愛情たっぷり手入れをしてきたぶどうをお客さんに味わってもらうこれからが、一番うれしい時ですね。

人気はなんといっても、皮ごと食べられる「ナガノパープル」という事ですが、詰め合わせでいろいろな種類を味わう楽しみ方もおすすめ。宮原農園の主な栽培品種は巨峰、ピオーネ、ゴルビー、ナイヤガラ、ナガノパープル、リザマート。どれもとてもおいしい!

IMG_3444

宮原氏は新しい品種が出ると栽培をしているチャレンジャー、ぶどうは木を植えてから3年程で収穫ができるようになるそうで、昨年から新たに3種類のぶどうを販売しています。

左から、サニードルチェ、シャインマスカット、クイーンニーナ。

DSC00783


表面のうっすらした白っぽい粉は、ぶどうから分泌される果粉と呼ばれるもので、ぶどうの表面を乾燥から保護する役割があり新鮮なぶどうについています。加えてぶどうのうまみにもなっているそうです。

+

宮原農園では直売はもちろん、地方発送も受け付けています。詳しくは宮原農園へお問い合わせください。

宮原氏は最近「井月の日記」を出版されました。

お問い合わせ先 
ぶどうの宮原農園
住所:長野県伊那市手良沢岡910
開園期間:9月中旬〜10月中旬、開園中は年中無休 11:30〜17:30
電話&FAX:0265-78-5774

アクセス
手良公民館(小学校隣)から西へ約400m<手良・福島線>


大きな地図で見る



ゴルビー


巨峰


2019年08月23日

多彩なプログラムを提げて今年も開催されます、第7回千両千両井月さんまつり。
ぜひお出かけください。

開催期間:2019年8月25日(金)〜9月1日(日)


26 16.34.30
26 16.34.44


月別アーカイブ
記事検索
コメント
タグクラウド


(c)INOUE SEIGTESU Memorial Foundation all rights reserved.