2011年11月20日

七五三

娘の七五三。
ついこの間までまだまだ赤ちゃんだと思っていたのに、、
子供の成長は本当に早い。

先々週にスタジオで写真を撮り、先週は神社へ七五三参り。
そして今週は自分の両親や祖母、弟夫婦と姪っ子、さらには富山から嫁の父親も駆けつけ
やや大人数での食事会、と続いていて、結局娘は三回も着物を着ることに。

今回娘が着た着物は、自分の妹が二十数年前に母方の祖母から買ってもらったもの。
やはり良い着物は世代を超えても色あせることがなく、とても綺麗で、娘本人も喜んで着ていました。
大切に保管をしておいてくれた両親に感謝です。
そして、今は亡き祖母の想いを自分の娘に引き継ぐことができたような気がして、嬉しかった。。

七五三は気持ち的にも一つの節目ではあるけれど、本当に大事なのは節目のイベントよりも一日一日の生活。
そしてそれらの日々の積み重ね。
まだまだ自分自身もこれから勉強です。


inoyan555 at 15:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月01日

2011夏 一人旅

先週、夏休みを利用して一人旅。
嫁と子供が嫁の実家に帰っている期間に。

昨年に引き続き四国へ。

富山から電車とバスを乗り継ぎ
まずは約12年ぶりの高知県。桂浜や坂本竜馬記念館などへ。
12年前にも行きましたが、意外と覚えてないもんですね。

12
  台風接近中のため荒波の桂浜

36
  高知駅前の竜馬たち

その後電車で色々と寄り道しながら高松へ移動。
かれこれもう5回目。(うち2回は昨年)
どんだけ好きなんだって話ですけど。

今回のメインは豊島美術館
金沢21世紀美術館や十和田市現代美術館にも携わった、西沢立衛氏の設計です。

いわゆる”美術館”という概念とはちょっと違うものでした。
周辺の景色、自然なども含めた一つの空間を体感できるものです。
幸い平日だったため、人も少なく、じっくりと堪能させてもらいました。

07
 豊島美術館

昨年の瀬戸内国際芸術祭で色々まわりましたが、この地域には今回の豊島を含め、直島、男木島、女木島、
小豆島、犬島、大島など、多くの見どころがあります。
また時間ができたら行っちゃうかもしれません。

普段中々自分だけの自由な時間がない生活なので、今回の旅で色々と心の整理をすることもできて、
そんな旅を許してくれた妻にはほんと感謝です。

inoyan555 at 00:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行 | 芸術

2011年05月03日

GW(ちょこ旅さいたま)

北陸一人旅からいったん群馬に戻り、
ちょっと時間ができたので「大宮盆栽美術館」へ。

盆栽についてはまったくのシロートですが、仕事でちょっと関係することがあって、一度見ておこうと思いまして。。

基本的な解説などもあったりして、勉強になりました。
そして何より、見ていると結構心惹かれます。

さいたま市には盆栽町という町があって(美術館もこのすぐ近く)、ちょうどこの日は盆栽祭りが行われていました。そのため、町は多くの人で賑わってました。
彩花盆栽で有名な山田香織さんも、この町の出身だそうですね。

これからの日本を考える時、今まで育まれてきた日本の伝統や文化をもう一度見つめ直す必要はあると思います。そのきっかけの一つとして、この盆栽町に訪れてみるのも良いかもしれません。

inoyan555 at 22:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)その他 

2011年05月02日

いつもと違うGW

久々の更新です。

例年であれば、GWは決まってバレーボールの大会に参加するはずなんですが、今年は震災の影響もあり大会が中止となってしまったため、嫁と子供を富山の実家に送り届けたついで(といってはなんですが)、北陸をちょっとだけ一人旅。

どうしても行きたかった場所、金沢21世紀美術館

以前金沢に行った時には休館日で中に入れなかったので。。

ゆっくり時間をかけてひとまわり。
建物は円形で、どこが正面なのかわからないようなつくり。外周がガラス張りで見通しが良いので外からでも中の様子が良くわかるし、中からの眺めも良くて、外の芝生の空間と建物の中が一体のような雰囲気。

建物内もガラスが多用されているせいもあって、見通しが良く、人の動きが良く見える。ショップやライブラリも充実していて、気軽に立ち寄れる雰囲気。
美術館特有の敷居の高さがなく、市民が集うことができる場所。

全体的にとても心地良い空間だなあと思いました。
こういった美術館が街中にあるっていうのはうらやましい限りです。

ちなみに、設計者は2010年にプリツカー賞を受賞したSANNA(妹島和世と西沢立衛のユニット)。
香川県直島の「海の駅なおしま」も同ユニットの作品で、こちらもやはりガラスを多用した開放感のあるつくりでした。

翌日は福井県に移動し、永平寺へ。

曹洞宗の大本山で、多くの僧が修行をしているそうです。(実際、参拝の途中多くの僧をみかけました)
予備知識がないまま行ったのですが、大空間を作り出している建物と、それら多くの建物が連なるその構造、また、そこで修行する僧たちの覚悟、受け継がれる教えに圧倒されました。
交通の便は決して良くない所ではありますが、一度行く価値はあると思います。

その他福井市内や丸岡城(現存12天守の一つ)など、かなり地味な箇所を回ってきました。

最後に、驚いたことが一つ。福井県庁って福井城址内にあるんですね。(お堀に囲まれているんです。)
昔お城があったところに県庁がと言われれば、群馬県庁だって前橋城があったところだから、珍しいことではないんでしょうけどね。

53
 永平寺



50
 丸岡城

inoyan555 at 20:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月01日

自宅療養


数年ぶりに(といっても以前がいつだったか思い出せないくらいですが)、
インフルエンザにかかりました。

子供のがうつったのは間違いないです。
やっぱりちゃんと予防接種受けとかないとだめですね。

ということで、昨日、今日と仕事を休み、熱が下がってから48時間は外に出るなとのことなので、念のため明日もお休み。

でもメールというものがあるせいで、自宅でもある程度仕事が出来てしまうんですよね。世の中便利になって、良いんだか、悪いんだか・・・。
まあそれでも、いつもよりは時間に余裕があったので、久々にまとめて本を読むこともできて、それなりに良かったかなと。
たまにはこんな休息も必要ってことで。

明日からは、とりあえず家事がんばります。

inoyan555 at 23:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年01月03日

2011年スタート

明けましておめでとうございます。

毎年2日は親戚が集まっての新年会。
昨年はうちの子供が最年少だったのに、1年経ったら年下の赤ちゃんが二人も(一人は弟の子、一人は従兄弟の子)
まだ2歳にならないうちの子がちょっぴり大人に見えるから不思議です。

親戚づきあいっていうのは面倒なところもあって、自分も高校、大学の時などは、ほとんど新年会などにも参加せず、部活行ったり、スノボに行ったりしてました。
結婚してからは色々な場面での親戚同士のお付き合いというのが多くなってきているのは確かで、大変ではあるけれど、友人やビジネスパートナーや先輩後輩などとは違った、一つのコミュニティーとしてとても重要なんだと思うようになりました。
今年の新年会では伯母の誰かが「世代交代だね」と言っていましたが、これからは、自分達が担っていかないといけない、そんな年頃になったということですね。とはいえ、まだまだ自分の親や伯父、伯母も元気なのでしばらくは甘えちゃうと思いますけど。

とそんなことを感じたお正月ですが、

今年の目標を考えてみました。(一応毎年掲げているので)

それは、『いかに時間を作るか』ということ。

日々の仕事や家庭のこと、子供のことに時間をかけざるをえない中で
いかに時間を生み出せるか。

特に、昨年職場が変わって未経験の仕事をする中で、自分の知識、経験等がいかにしょぼいものであるかというのを「これでもか!」と味わったので、色々と勉強をする時間を確保したい、というのが一番。

あとはもちろん家族サービス(家事も含め)をしっかりとやるのは言うまでもないことですね、はい。

そんなことで、今年も一年頑張りましょう!

inoyan555 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)その他 

2010年12月28日

年末休みに突入

日曜日に富山へ行き、嫁と子供を置いてその日のうちに高崎に帰ってきました。
なぜなら・・・仕事があるから

27日で仕事を終わらせて、今日は一日大掃除だ!と思ってましたが、そううまくはいかず、結局今日も仕事で、なんとかちょっと早めに帰ってきました。

明日にはまた富山に嫁と子供を迎えに行かないといけないので、結局掃除もろくに出来ず、のんびりすることなど尚更できず、、といった感じです。

それにしても今年は異動(出向)があって仕事内容が全く変わり、とにかく必死の毎日でした。とにかく外回りが多い仕事なので面白いと言えば面白いのですが、その分勤務時間も有って無いようなものだし、交際費というものが存在しないため、色々と自腹での負担が多かったりで、そこはちょっと厳しいところです。

家こと、子供のことも色々とやるようにはしていたつもりですが、平日は嫁に任せてしまう部分が多かったかなと反省。

でもとりあえず、今年当初の目標どおり、マイホームの建築は始まったし、瀬戸内国際芸術祭にも行けたし、その点は良かったかなと。

来年の目標は・・・

年が明けてから考えます。

inoyan555 at 18:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)その他 

2010年11月14日

まいほーむ


昨年の秋頃から住宅雑誌を読んだり、展示場を回ったり、
時には構造見学会や完成見学会にも足を運んで情報収集。

木造でというのは最初から決めてましたが、木造でも家の造りや材料に関しては、いろいろな考え方があり、ハウスメーカーによって言うことは全然違うので正直迷いました。
途中から、悩んだところで100%満足できるものができるはずはないと、開き直りましたけど。

土地に関する手続きや、税制、住宅ローンなど様々な話がからんでくるので大変ではあるけど、勉強にはなります。
幸い自分も宅建持ってるし(とはいっても細かいことは既に忘れましたが)、嫁も土地関係の仕事をしているので、ハウスメーカーの営業マンと話をする上で、そんなに困ることはありませんでしたが。

某大手ハウスメーカーと何度か打ち合わせをし、ある程度図面が出来るところまでいったりした時期もありましたが、結局、知り合いの工務店にお願いすることになりました。融通が利くというのと、何よりコスト面での違いが大きいですね。

昨日地鎮祭を行い、12月中ごろから着工予定。
とはいえ、まだキッチンも、風呂も、トイレも決まっていないので、まだまだこれからショールームを回らないと。
内装の細かいところも、現場で打ち合わせをしながら進めていくことになりそうです。


inoyan555 at 23:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)その他 

2010年09月20日

ようやく夏休み

7月の人事異動から2ヶ月半が過ぎ、だいぶ今の仕事に慣れてきました。
今までとはまったく違った仕事(内容もやり方も)なので、最初は戸惑いましたが、自分で考えて色々と動き回れるので、面白さはあります。
その反面、自分の立場で出来ることには限界もあり、難しさを感じているところです。

新たな仕事に慣れることを優先していたこともあり、ようやく遅めの夏休みをとることができました。

この3連休は、妻と子供を連れて、「越後妻有 大地の芸術祭の里2010」へ行ってきました。芸術祭自体は8月末で終わってしまっていたのですが、常設のアート作品や施設もたくさんあるので十分楽しめます。

とはいえ、この里山を舞台とした芸術祭は、とにかく範囲が広いんです。
とても一日、二日で回りきることなどできません。
今回は子供も連れていたし、少ない箇所をのーんびりと回りました。

その中でも、ジェームズ・タレル氏の作品「光の館」は印象に残りました。施設そのものも面白い仕掛けがあり、我が子も楽しんであちらこちら動き回ってました。案内係のおばちゃんが非常に気さくで良い人で、たまたまほかにお客さんがいなかったこともあり、だいぶ長居させてもらっちゃいました。


今日は、越後妻有から富山(妻の実家)に向かい、そこで妻と子供をおいて帰ってきました。
ということで、明日から、一人で 「瀬戸内国際芸術祭」に行ってきまーす。

香川県に行くのはGWに続き今年2回目です。

inoyan555 at 20:54|PermalinkComments(2)TrackBack(0)旅行 

2010年07月18日

人事異動

7月あたまに人事異動がありました。

2年間という期限付での出向です。
仕事内容は詳しいことは言えませんが、とにかく外に出て行くことが多いところ。

様々な企業、自治体、大学の研究者、その他各種団体の方々と接することが多く、自分のやり方次第で色々な企画にも関わることが出来る。

今まではどちらかというと受身の仕事が多かったので、まだ新しい仕事のペースに慣れていませんが、これから色々と勉強しつつ、新たな環境を楽しみたいと思ってます。

あ、それから住まいは高崎で変わってませんので念のため。

inoyan555 at 23:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0)その他 

2010年06月02日

嫁復帰

今週から、嫁が仕事に復帰しました。

先週は子供が熱を出して1週間保育園を休み、自分も原因不明の発熱で一日仕事を休み、週末には嫁も発熱 という状況。
週明けから家族皆復活できたので、とりあえずはホットしました。

が、大変なのはまだまだこれから。

でも、、子供も保育園で頑張ってるんだから、自分も頑張らねば


inoyan555 at 23:49|PermalinkComments(3)TrackBack(0)子育て 

2010年05月09日

瀬戸内の旅(つづき)

四国3日目。
この日が一応この旅行のメインであるバレーボール大会。

結果は3位。
まずまずの結果でしょう。
今回は、例年に比べて練習量を増やしたおかげか、大会後の筋肉痛は例年ほどはひどくはならずにすみました。ただ、年々体のキレが無くなってきているのは間違いないので、しっかりと普段から鍛えておかないと、思うように動けなくなりそうで怖いです。まだなんとか大丈夫(なつもり)ですが。

夜は大会参加者同志の懇親会があり、
その後はまたうどん屋へ、という流れ。
GWもいよいよ本格的な連休開始ということもあってか、高松市内は一昨日、昨日と比べるとだいぶ混んでました。

四国4日目。
チームのメンバーとは解散し、後輩一人と共に松山へ。
特急で2時間半。意外と遠い。

松山といえば道後温泉。

高松&松山 045






ですが、この日は大混雑。
なので結局道後温泉本館には入らず、外観だけ見学。
ちょっと残念ではありましたが、実は、道後温泉に来た真の目的は別にあったのです。

道後温泉から歩いて約15分程度。
四国霊場第51番札所、石手寺。
由緒あるお寺ではあるんですが、裏にはこんなものが。

高松&松山 051







この看板の横に洞窟の入口があります。
結構長い洞窟です。真ん中にロープがはられており、行きと帰りのルートが分けられているんですが、そのロープの支柱が、良く見るとお地蔵様だったりします。(これで良いんだろうか?)

洞窟を抜けるとその先には、

高松&松山 049








閻魔様が迎えてくれます。
下の看板は一部壊れてますが、なぜか「Welcome」と英語表記。
そこをさらにすすんでいくと金色の塔があり、その中には木彫りの5百羅漢像がびっしりと並んでました。なんともいえない雰囲気です。

高松&松山 047







この付近には様々な仏像?があるんですが、中には、ギターを弾いているものも。後ろの山の上にはなにやら巨大な像も見えます。

高松&松山 050








いやいや。なかなかディープなスポットでした。

一緒に行った後輩とはここで別れ、その後は一人で松山城や秋山兄弟生誕地、坂の上の雲ミュージアム、愚陀佛庵などを見学。
今回の旅行前に「坂の上の雲」を読み始めたんですが、この時点でようやく最終巻(8巻)に突入したくらいで、まだ読み終わってませんでしたが、秋山兄弟生誕地では、ボランティアガイドのおばちゃんが色々と詳しく教えてくれたりということもあり、勉強になりました。

ちなみに、坂の上の雲ミュージアムは安藤忠雄建築です。
大阪の司馬遼太郎記念館も安藤建築なので、そのつながりなんですかね。
中はスロープをぐるぐる登りながら展示室を見ていくというもので、表参道ヒルズのつくりとイメージは近い感じかな。

高松&松山 056高松&松山 057






高松&松山 065高松&松山 062







この日は松山で一泊。
翌日は、朝一の飛行機で大阪に向かい、そこから特急サンダーバードで約3時間半かけて富山へ。
嫁と子供に久々に再会し、翌日車で高崎まで帰ってきました。

予想どおりハードな移動になりましたが、今回は初めて松山に行けたということもあり、良い疲労感と共にGWを終えることが出来ました。
ただ、嫁と子供を置いていってしまって、ごめんなさい・・・。

inoyan555 at 23:54|PermalinkComments(2)TrackBack(0)旅行 

2010年05月06日

瀬戸内の旅

年に一度のバレーボール大会。
今年は香川県高松市での開催でした。昨年の熊本大会から早一年です。

29日の祝日には香川県入りし、初日は後輩二人とレンタカー(プリウス)を借りてうどん屋、金刀比羅宮などを廻りました。

金刀比羅宮は2度目でしたが、今回は奥社まで行ったので、登って降りてくるのに2時間近くかかり、確実に筋肉痛になるであろうというくらいの疲労感。バレーの大会当日にちょうど疲労のピークが来そうな予感。

高松市内への戻る時には、カーナビを無視して海沿いの道を走ったおかけで、夕暮れの瀬戸大橋を眺めることもできました。

それにしても、プリウスの燃費の良さにはビックリ。
約80キロくらい走って給油したんですが、なんとたった2リットル。308円でした。
人気があるのもわかりますね。ただ、後ろの視界が悪いのと、操作がなんだかおもちゃをいじっているみたいな感じで物足りないのが不満といえば不満ですかね。

一日目の夜は、高松の市街地で、骨付鳥やうどんを満喫して終了。
讃岐うどんはもちろん有名ですが、骨付鳥を出す店が多いのに初めて気付きました。なぜなんでしょう?

高松&松山 004高松&松山 016






二日目は、直島。
3年ほど前に妻と二人で行ったことのある、現代アートの聖地とも言うべき島です。その時の記事はコチラ
朝一のフェリーで島に入り、丸一日かけて廻りました。
一日ではすべてをくまなくという訳には行きませんでしたが、それでも十分見てまわれました。

現在、今年7月からの瀬戸内国際芸術祭に向けて、新たな美術館を建設中でした。今ある地中美術館と同じく、安藤忠雄氏の設計だそうです。

瀬戸内国際芸術祭では、この直島のほか、周辺の島々に作品が展示され、参加アーティストも多数で、魅力的なんですが、行くとしたら夏休みしかないんですが、果たして行けるかどうか・・・。

高松&松山 041







二日目の夜は、バレー大会出場のその他メンバーと合流し、高松の市街地で飲み会。やはりここでも骨付鳥やうどんを堪能。

今回の旅の真の目的は、一応翌日のバレーボール大会。

つづきはまた後ほど。

inoyan555 at 00:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行 

2010年04月25日

さいたま→軽井沢→富山→高崎

来週末はいよいよ年に一度のバレーボール大会。
今年の開催地は四国高松。

この一ヶ月半、毎週さいたまで練習をしてました。
29日の祝日に出発です

さて、昨日大会前最後の練習を終え、急いで群馬に帰り、子供を乗せて軽井沢へ。
軽井沢で親戚の結婚式に出席していた嫁と合流し、そのまま軽井沢に泊。
それにしても軽井沢は寒かった。もちろんまだ桜も咲いてませんでした。

今回初めて軽井沢プリンスのコテージに泊まりました。
自分らが軽井沢で結婚式をしたときに、来賓の方々にはコテージに泊まって貰ったんですが、自分達で泊まるのは初めて。

実際泊まってみて、いいですねコテージ。
結構広いし、床も床暖房のフローリングなので、子供が動き回っても大丈夫。
普通のホテルの部屋だと、子供をベッドの上に座らせておくしかなくて、落ちないように気をつけていないといけなかったんですが、その心配もなし。

しかも、建物が独立してるから子供が泣き叫んでも、隣の部屋を気にする必要がない。
それに何よりリゾート気分が味わえる。
今度余裕があれば(金銭的に)、家族でまた来たいところです。

今回は軽井沢には泊まっただけで、特にショッピングなどもすることはなく、翌日の朝9時過ぎには富山へ向けて出発。

途中休憩を挟みながら、14時半頃に到着しました。

そして、嫁と子供を実家に置いて、自分は15時過ぎには電車で富山を出発。高崎に帰ってきました。
いやいや疲れました。

29日から四国へ向かい、バレーの大会が終了したら、そこから富山へ向かう予定。来週もハードな移動になりそうです。

inoyan555 at 22:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月27日

33回目の・・・

誕生日を迎えました。
この一年は子供中心の生活で、今までとは一味違った日々を過ごしてきましたが、昨年は自分の弟が、今年は嫁の妹が結婚するなど、周りの状況がどんどん変わってきて、だいぶ歳を取ったんだなぁと感じることも多くなりました。

気持ちは若くと思うと同時に、若い頃には足りなかった知性と教養を身につけたいと思う今日この頃です

誕生日とは関係ないですが、、

久しぶりに、倉島玲子さんの油彩画個展(第19回)in屋代駅市民ギャラリーに行ってきました。昨年は子供が生まれたばかりで行けなかったので、一昨年の個展(第17回)以来です。

ちなみに第17回はコチラ


玲子さんは相変わらず素敵な笑顔で迎えてくれましたが、作品の方はますます腕に磨きがかかっているようで
コレだけの作品を生み出すには相当なパワーが必要なんでしょうね。

今回は子供が一緒だったのでゆっくり鑑賞できず、撮影許可を頂いたものの、あまり写真を撮る事もできませんでしたが、ちょっとだけアップします。

倉島個展 010倉島個展 008





年内にもまた個展を開催されるようなので、その時はまた駆けつけたいと思います。

inoyan555 at 23:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)芸術 

2010年02月14日

雪の富山へ

嫁の妹が地元富山で結婚式を挙げるということで、1泊2日で富山へ。
車で行くことも考えましたが、この季節(特に今年は)、富山は雪で覆われているし、途中長野〜新潟の豪雪地帯を経由しないといけないので、電車で行くことにしました。

以前電車で行ったこともありましたが、子供を連れて行くのは初めて。
準備は抜かりなくやったつもりではありましたが、予想以上に大変でした。
荷物も多いし、騒がないようにしないといけないし

そんな中、越後湯沢〜富山の『特急はくたか』内では、行きも帰りもかなりの時間寝ててくれたので、そこは助かりました。

それでもやっぱり時間はかかるけど、車の方が周りや時間を気にしなくて済むので断然楽ですね。

宿泊先のホテルは洋室だったので、子供をベットの上に居させるのは危ないし、かといって床に座らせておくわけにもいかないしってことで、結構困りました。
こういうときは畳の部屋がいいなと思いつつ、欧米人はどうやっているんだろう?と嫁と二人で変なことを気にしてました。

さて、結婚式の方は、富山の方言が飛び交い、地元の獅子舞なども披露されるといった、一味違った雰囲気の結婚式で、楽しく過ごさせてもらいました。
ただ、娘を嫁にいかせる父親の気持ちを想うとちょっと切ない気持ちも。。

娘をもらった身の自分としては、、もうちょっと頻繁に嫁と子供を富山に連れて行ったほうが良いかなぁと考えてしまいました。
次はゴールデンウィークにでも行くことにします。

富山

inoyan555 at 23:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行 | ウェディング

2010年02月07日

1歳の誕生日

先日娘が1歳の誕生日を迎えました
産まれたばかりの頃が既に懐かしい。

実際の誕生日は家族3人でささやかにお祝いをしましたが、今日は実家で自分の兄弟も含めた家族皆でお祝い。

1歳の誕生日には、『お餅を背負って歩く』という儀式をやるということで、子供にとってはなかなか大変な儀式ですが、やらせてみました。
まだ一人では歩けないので、手押し車につかまっての歩行となりましたが、まあなんとか無事に成功
健やかに育っていてくれていることに感謝です。
あとは髪の毛がもっと伸びてくれれば・・・男の子に間違われなくてすむのに。


珠羽 002
誕生日ケーキの図。
本人はまだ食べられませんけど。






珠羽 001
お雛様を必死に眺めるの図。
昨年は産まれたばかりでバタバタしていたので、今年が初節句。
もはや使わなくなったベビーベットがお雛様の居場所。

inoyan555 at 22:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)子育て 

2010年01月02日

新年の目標など

昨年末に体のたるみを何とかしようと思ったばかりではありますが、やはり年末年始は飲んだり食べたりで、今のところ改善の気配はまったくなしです。
まあこれは仕方がないということで。

昨年は子供が生まれて、生活がガラッと変わりました。
慣れないことばかりで大変な時期もありましたが(きっと嫁のほうがもっと大変でしたが)、今年は嫁が仕事に復帰する予定なので、そこからが本番。
もっと家のことちゃんとやらないと。。(反省)

今年の目標は、
自分と嫁が仕事と子育てをしっかりと両立していくこと!
って出来ないと困るんですけどね。

それから、そろそろマイホームをGET。
遠く離れたところに異動にならなければ良いけれど・・・。

そしてそして、
旅行などはなかなかいけないかもしれませんが、
「瀬戸内国際芸術祭」にはなんとしても行きたいところ。

そんなとこです。

では、今年もよろしくお願いします。

inoyan555 at 23:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0)その他 

2009年12月30日

大掃除にて


先日大掃除をしつつ、服の整理をしていたら、昔買ったジーンズが出てきました。「そういえば最近全然履いてなかったなぁ、でもこれでバリエーションが増えるぞ」などど思いつつ、履いてみると・・・
下腹がきつくて入りませんでした

いやなんとなくわかってはいたんですけどね。
でも、体重は変わってないし、ハーフマラソンも走ったし、定期的にバレーボールやってるし、、、大丈夫だと思ったんですけど。

歳を重ねている分、今までと同じことをやっているだけでは現状維持すらできないってことですよね。

さっそく腹筋でも始めることにします。

inoyan555 at 21:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)その他 

2009年11月03日

群馬県民マラソン2009


昨日の嵐が嘘のような快晴。

そんな中、群馬県民マラソン

ハーフの部に参加してきました。

今まで走った一番長い距離が16キロだったので、ハーフは未体験の領域。

コースは正田醤油スタジアムからスタートして、国道17号をひた走り、高崎の問屋町あたりまで行って旧17号を戻って、再び正田醤油スタジアムへというコース。
地元の人なら大体わかりますね。

10キロ過ぎてからだんだんと脚が重くなり、しんどくなってきましたが、今回の目標はとにかく歩かずに”完走”することと、2時間を切るということだったので、気持ちで走りきりました。

そして記録も、、ギリギリ2時間を切ることが出来て目標達成!!
まぁ記録としては平凡なんですけどね。


それにしても、、終わってからが大変でした。(というか今でも)
足の裏に豆はできるわ、膝の関節が痛くてまともに歩けないわ・・・。

明日の朝、高崎駅付近で脚を引き摺っているサラリーマンがいたら、それは私です。

inoyan555 at 20:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)群馬ネタ 
livedoor プロフィール
過去の記事
最新コメント
感動作