自動車保険のBlog

自動車保険に関する各種情報

自動車関連サイト

自動車セレクション各自動車メーカーのクルマを車種ごとスペックなどを紹介している。新車購入や買換えの参考にどうぞ。
「新車購入ガイド」では値引交渉など見積時に必要な知識や注意事項、”支払い総額”が重要であることなどについて解説します。
新車を安く買うためには様々なテクニックや交渉術がありますので、そのコツや伝授し皆さんのカーライフ充実にお役立てください。

車でゴー中古車や車検、買取査定などの基礎情報やトヨタ・ホンダ・日産などメーカーの生産する各車に関する概要など。
車INFO(新車と中古車やカーリース)新車の値引き情報や中古車の購入・買取査定情報、カーリース、自動車保険など自動車の購入に関わる情報を発信中。
新車の値引き相場は日々刻々と変動しています。新車の価格には定価が設定されていますが、実際にはディーラーでの販売段階で値引きされる場合が殆どです。
新車の値引き交渉をする際には総支払額を重視しましょう。総支払額は車両本体価格に諸費用や保険料などの総額から下取り価格を引いたものです。他にもローンを組む場合はその金利も重要な要素です。
car-jp 新車の値引きとや中古車の下取り価格など自動車情報自動車の最新ニュースや新車値引き情報、中古車の価格相場や買取価格ほかカーリースやカーシェアリングなど自動車に関する情報を網羅。

続きを読む

自動車保険の選び方

自動車保険は、自動車を運転する人すべてのマナーと言えるでしょう。
必ず入らなければならないものではありません。あくまでも「任意」ではあるのですが、「いざ」や「もしも」の時の事を考えたら出来れば入っておきたいものです。
とはいえ今では自動車保険のサービスを提供してくれている会社は無数のようにありますので、どの自動車保険を選べばよいのか。
これはなかなか見えてこない部分もあるでしょうね。
続きを読む

何故任意保険に加入すべきなのか

 「自動車保険」と聞くと、“自賠責保険”と“任意保険”の2つが思い浮かぶと思います。“自賠責保険”は全てのドライバーに加入が義務付けられている保険であり、必要最低限の補償がついている保険です。それとは別に、ドライバーの意思で加入するのが“任意保険”。大半のドライバーの皆さんは加入されていることと思いますが、全ての方の加入がなされていないのも現実です。

 そもそも“自賠責保険”に加入するのに、なぜ更に“任意保険”に入る必要があるのか。任意保険未加入者の方の中には、この様な思いを持つ人がいるのかもしれません。おそらく、実際に事故に遭われたことがない為そう思ってしまうのでしょう。自賠責保険で補償されるのは事故で負傷・死亡させてしまった相手への賠償のみ。金額にも限度があり、もちろんそれ以外の補償はありません。
続きを読む

自動車保険のこんな使い方

自動車保険(任意保険)とのお付き合いは35年以上になります。最初は独身で契約をスタートし、そして夫婦2人が加入する任意保険となりました。中古のコンパクトカーを運転するために最低限必要な対人・対物保険を中心に保険屋さんに来てもらい、毎年更新し代金を支払っていました。
車検時に強制加入する自賠責保険では、被害者お一人について、死亡3,000万円、後遺障害4,000万円そして傷害で120万円の上限金額が設定されています。

任意保険の死亡保険金にも上限金額が設定されていました。いつの頃か忘れましたが、TVでの高額な交通事故死亡保険金のニュースが出た頃から、対人と対物は無制限としました。自賠責保険でカバーできない部分を任意保険から支払うしくみとの事。
最初は個人の生命を何で金額で表現するのだろうかと思いました。しかし、残された家族の皆様への最低の保障は必要です。また加害者も交通刑務所に入って償い、また一生をかけて支払って行くことの重さを少しでも保険でカバーできればと思います。
但し、飲酒や薬物使用での交通事故は絶対に有ってはなりません。飲酒の席の周りの方、お店の方も十分に注意を喚起して欲しいと思います。

続きを読む

リスク細分型自動車保険

日本では1997年より認可され、主に外資系保険会社を中心に、放送(コマーシャル)や新聞などマスメディアを使った広告で展開している。ドライバーの年齢、性別、地域、車種、走行距離、運転免許証の色などによって保険料が違うのが特徴である。近年は、国内の既存保険会社が子会社を作って参入するケースもある。

週末にしか車を使用しないなど、走行距離が極端に短いケースでは保険料が安くなるが(広告している例はほとんどが一番安くなる条件(30代の女性、コンパクトカー、年間走行距離2000キロ程度)を設定したケース)、通勤など日常的に車を利用する地方などで走行距離が伸びるケースでは、国内の保険会社よりも高くなることが多い。また、法人契約はできず個人契約に限られ、車種も一般的な乗用車(5・3ナンバー)や小型貨物車(4ナンバー)、軽自動車に限られ、キャンピングカーなどの改造車(特種用途自動車、いわゆる8ナンバー)は加入できない。個人取引の車両や、一部車種でも制限が加わる場合がある。 さらに、他社の保険や他の共済から切り替える場合、割引等級が継承できない場合がある。

自動車保険を安くする方法

無事故を続ける
任意保険では無事故を続ける優良ドライバイーは毎年保険料を安くし、事故を起こして保険を使ったドライバーは保険料を高くするシステムになっています。
保険各社が16から20の等級に分けて「割引」もしくは「割増」の率を定めており、無事故で1年過ごすと毎年1等級ずつランクが上がり「割引率」も上がっていくのですが、事故を起こして保険を使った場合は1回でいっきに3等級ランクが下がります。
ただし、事故を起こしても保険を使わなければランクは下がりません。例えばごく軽い事故で賠償額が3万円程度ですむような場合は自腹を切って賠償金を支払い、保険を使わないようにした方が翌年以降の保険料が安くすむ場合も多いようです。


年齢が高い方が安くなる
例えば運転者の条件が「年齢を問わず担保」の場合30%割増からのスタートになりますが、「26歳未満不担保」の場合は割増はありません。これは若年層ほど事故率が高いためですが、年齢が高くなるほど保険料が安くなるということになります。また30歳以上だけに限定することで割引が設定されている場合もあるようです。



車種・排気量・グレード
任意保険は車両の用途や車種により保険料が違います。一般には排気量が大きいほど高くなります。
また車両保険では事故率の高い車種ほど保険料が高く設定されており、スポーツカーなどは高くなる場合が多いようです。



家族限定特約
運転者を家族に限定することで5%程度の割引を受けられる場合が多いようです。



エアバッグ
エアバッグ装備自動車割引により搭乗者傷害保険料が10程度割引される場合があります。


ABSや衝突安全ボディ
ABS(=アンチロックブレーキシステム)の安全性は保険会社に広く認知されており、ABS装着車には割引が設定されている場合が多いようです。
また同様に衝突安全ボディについても割引の対象とする保険会社が増えています。



複数所有自動車割引
1台目の保険契約が5年以上無事故の場合、2台目以降の保険契約に割引が適用される場合が多いようです。これは基本的に1台目も2台目も同じ人でなおかつ個人の場合に限られますが、保険会社によっては同居の親族なら割引される場合もあるようです。



免許や使用条件・支払方法
ゴールド免許の人には割引が適用される場合があります。
使用条件や使用目的を限定することで割引が適用される場合があります。
分割払いよりも一括払いのほうが安くなります。


CAR & BIKE NAVIサイト内の
自動車保険のコーナー
には一括見積もりサイトや損保会社へのリンク集などがある。
自動車保険を安くしよう自動車保険に関する基礎知識の解説や保険料を安くするための方法など。

任意保険

任意保険のセット加入
任意保険に加入する際に「SAP」「PAP」などの言葉を耳にすると思いますが、これらはそれぞれ「自動車任意保険のセット内容」を現した言葉です。

自動車保険の自由化後
は各社がそれぞれオリジナルの保険を販売していますが、以下のセット商品は現在でも主流のようです。

SAP
「スペシャル・オートモービル・ポリシー」の略。
対人・対物・自損事故・無保険車障害・搭乗者障害・車両などがセットになっている。
すべての事故において示談交渉を保険会社が代行するサービスがついているのが特徴。
自家用5車種(自家用普通乗用車・小型乗用車・軽四輪乗用車・小型貨物車・軽四輪貨物車)のみが契約対象。

PAP
「パッケージ・オートモービル・ポリシー」の略。
対人・対物・自損事故・無保険車障害・搭乗者障害がセットになっており、希望により車両保険も付けられる。
対物事故の示談交渉サービスがついていないのが特徴。(それ以外の事故には示談交渉サービスが付いている)
バイクやトラック・レンタカーも契約対象。

BAP
「ベーシック・オートモービル・ポリシー」の略。
基本的に示談交渉サービスがついていないのが特徴。
すべての用途・車種が契約対象。


自賠責保険

日本では交通事故の被害者が最低限の補償を受けられるように、すべての車に「自賠責保険」(自動車損害賠償責任保険)への加入が義務付けられています。自賠責保険が強制保険とも言われる所以です。
自家用車の場合新車購入時や車検時に次回車検までの期間の加入証明書がないと、車検が受けられません。
もし自賠責保険なしで車を運転したら、6ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金となります。

自賠責保険から被害者に支払われる賠償金の限度額は、1事故1名につき
死亡 3000万円
重度の後遺障害 4000万円
怪我 120万円
と決まっています。

1回の事故で複数の被害者が出た場合でも人数に制限なく各々に限度額まで補償されますが、支払い対象はあくまでも事故で被害を受けた他人であり、事故を起こしたドライバー自身には支払われません。
また自賠責保険は「人」に対する保険ですので、物損などに関しては補償はありません。

関連情報サイト


自動車保険の紹介

事故時の対策などへのリンクも豊富な総合情報サイト。

Let's 自動車保険
自動車保険を安くする方法や基礎知識などの解説。

The車com
車に関する総合情報サイト。地域や新車購入日本車などのカテゴリーごとの検索も可能。
車種別の情報やニュース、リコール情報なども提供。
自動車保険のコーナーも各損保会社や情報サイト、一括見積サイトへのリンクが整理された形で掲載されている。
  • ライブドアブログ