2012年06月08日   

女子高生と会話したくて「ニコ生」に行き、後悔して大泣きした話


20090921_nico




2次 → 2次 → 2次 → 3次 → 2次 → 2次 → 2次 → 3次





どう?


なんのことかわかる?





これは僕の“性欲の周期






基本は2次だけど、


たまに3次も味わいたくなる






正直いまだに2次に徹しきれてない






萌え豚として、2流なのかもしれないけど


3次の声優さんも大好きなのだ





2ヶ月ぐらい前、





急に僕は『女子高生と話したくなる衝動』に襲われた




女子高生を見たい



女子高生と話したい



女子高生に触れたい





ここである事実に気がついた





よくよく考えていると、


女子高生との思い出が一つもないのだ





とういか、


女子高生と会話した記憶がない







コンビニとかの店とかで会話したことはある


しかし学校の日常で会話した記憶が一切ない






本当は何回かあるのかもしれないけど


記憶に残っていない





教室や廊下で“睨まれた記憶”ならもってる






僕の高校生活・・・


なにしてたんだっけ?






クラスメイトの女子の顔ですら


誰一人鮮明に思い出せない






僕は泣いた


とても悲しくなって大泣きした






枕に顔をうずめて



「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」



と真夜中に泣き叫ぶ





泣くことは別にめずらしいことではない







理由は様々だけど、僕は頻繁によく泣いてる





なんだよ!なんだよ!なんなんだよ!


と自己嫌悪になりいつも泣いてる





大体リアルの関する理由でで泣くことが多い





その時の僕はとにかく女子高生と話したかった





画像とか動画じゃなくて、


生の女子高生を見たい






有料のアダルトチャット?のような怪しいものが


ネットにたくさんあると思うけど





僕はそういうのが怖くて手を出せない





なぜなら小学生の時に





家の電話でエロ本の広告欄とかでよくみかける


喘ぎ声が流れる有料サービスを聞きまくって






後日に多額の請求費がきて


両親に怒られたことがあるんだ





僕は怖くなりその場で家を飛び出し逃走






親が警察に連絡して僕を探しだす大騒動になったことある





それ事件があってから


僕は怪しい有料のエロサービスには怖くてどうも手を出せない






でもどうしても女高生を見たくて話したくてしょうがない






もちろんリアルは絶対無理


リアル怖い





そこで僕が選んだ行動は“ニコ生”だ










公式の生放送はよく見るけど


一般人のニコ生は普段あんまり見ない






2chでスレが立った時に見に行くか


一時期に好きな生主がいてその配信をよくみてたぐらいだ





僕は早速ニコ生を開いた





顔出し』のカテゴリを選び


女子高生』とか検索ワードで適当な配信を開いた






最初に開いたのはコミュのメンバーが多くて


来場者数も多い人気の生主のようだ






画面から映ったJKは確かに可愛かった


キャピキャピしてて人気が出そうって感じだった






でもなんか違和感


なんか求めてたのと違う







女子高生と話をしたかったんだから、


コメントして会話すればいいんだけど、


どうもできない






この違和感の理由、


それは“疎外感”だった






人気だからコメントもたくさんつく


常連と思われるリスナーが多くて”話についていけない





ようするにその配信は初見さんが参入できる雰囲気じゃなかったのだ





「うーん、なんか違う」





僕は次に“来場者数が少ない不人気の生主”を探した






もちろん顔出しだ


新着でソートしてすぐに見つけることができた






コミュのレベルが低く、


配信が始まったばかりだから来場者数も少ない






早速僕はコメントをする





「かわいいね」


「何歳?」


「もしかして、すっぴん?」






他のリスナーは全然コメントしないので


僕と生主だけがたくさん会話をした






もちろん、


彼女は嫌がることはなく返事をしてくれる





僕は胸が熱くなった





全身を駆け巡るこのときめき感






女性と会話するのはこんなにも楽しいことなのか!






やっぱり3次も捨てたもんじゃない


もちろん2次が1番だけど






とくに美人とわけじゃないその生主を好きになりそうになった






30分後、放送終了


もちろん僕はコミュに参加してメンバーになる






ハイテンションになった僕は


さっそく次の娘を探す






本当はここでやめとけばよかったんだ



次の配信を見て


僕は後悔することになるからだ







次なる女子高生と会話をするべく





来場者数が少ない顔出し配信を見つける




「みつけた!今度はしかも可愛い!」





二人目の娘はギャルっぽいけど、





かなりカワイイ系だった





さっそく僕はコメントをしようとする





その時だった





「え?」





部屋の向こうから“”が出てきた





・・・誰?





兄妹かと最初は思った





でも違かった





そう、その男は“カレシ”だったのだ





女「初見さんいらっしゃーい♪」





僕「・・・・・」





いやいやいやいやいやいやいやいや


その男はなんなの





僕は配信の説明に目を移す


何も書いてない





次にコミュの説明を開いた


そこには『カップル配信やってます』という説明があった





急に冷めて怒りが湧いてくる





なんだよ


なんだよ


カップル配信ってなんだよ!






そこでその配信を閉じればよかったんだ





でもその時の僕は何を思ったのか、


そのまま視聴を続けたんだ





来場者数は少ない


それを気にせず二人は仲良さそうにトークを始める





それは僕の人生で一度も体験したことがない


まったくもって未知の世界





リア充の会話”だった





「誰々のバンドのライブが〜」



「この前誰々が別れたんだって〜」



「香水がどうのこうの〜」





僕は呆然とその配信を見ていた





怒りはなくなり無心で、


ただただ無心で





何を言ってるのか理解しがたいリア充たちの会話を聞いていた





30分後、放送終了





僕の心を特に乱れてない





落ちていてボーっとしている





ふと時計に目を移す





時刻は朝の4時を回っていた





そこで感情が爆発した







あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛



あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛



あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛






お泊り!!




お泊りだこれ!!




朝の4時って




朝の4時に男と女が一緒の部屋って




なんだよそれ




完全にお泊りだ!




お泊りお泊りお泊り




お泊り!!!!!





僕は泣いた


久々の大泣きだ





いつものように自分の人生とか


色々なことを考え始めて負のスパイラル





枕が涙と鼻水でグシャグシャになった





そして最後に、僕はまたいつものように



秘蔵の2次コレクションを眺めて落ち着きを取り戻した





これは2ヶ月ぐらいの前の話です





今は嫌なことも忘れて


元気モリモリ、モリモリ(^ω^)です!




おわり


/ このエントリーをはてなブックマークに追加

 ---------------------------------------------------

 PICKUP


 恋クマ。 ◆すっごいえっち! ◆Wえっち! セット

 ---------------------------------------------------

 ---------------------------------------------------