インサイター

insight : the ability to understand and realize what people or situations are really like

2007年11月

ゾンビがビートルズを必死に演奏する「ゾンビートルズ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
一年前のネタらしいんだけど笑った。ややグロ注意。

The Zombeatles - A Hard Day's Night of the Living Dead

ガッキーVSアッキーナ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2007年のグラビアクイーンの座を制したと言っても過言ではないアッキーナこと南明奈は、『サブラ』2007年11月号のインタビューで愛読書ベスト3を尋ねられた際、3冊全てケータイ小説の名を挙げている。1位が星野夏『あおぞら』、2位が美嘉『恋空 〜切ナイ恋物語〜』。3位のyoshi『Deep Love アユの物語』には「説明不要ですね。私たち世代のバイブルのような作品だもん。」とコメントしている。僕の中では「マネージャーと付き合って事務所離脱疑惑」「コム○ン社長に囲われていた疑惑」「iPodの中身はすべてトランス疑惑」の彼女とケータイ小説は、イメージ的によく似合う。

一方で、映画『恋空』に主演している新垣結衣は、ケータイ小説をほとんど読んだことが無かったらしい。僕の中で新垣結衣とケータイ小説はイメージ的に似合わなかったので、妙に納得がいく。似合わない彼女が主演したからこそ、映画も生々しくなり過ぎなくて成功したんだと思う(見てないけど)。南明奈と新垣結衣は1歳しか違わないのに、この差はなんなんだろう。

発売中の『INVITATION』でも書いたけど、新垣結衣は性欲よりも青春欲=青欲を刺激する希少な存在だ。その存在に触れることで、青春時代のピュアでナイーブな気持ちを感じたり取り戻したりすることが出来る、そんな幻想を纏っている。原田知世や斎藤由貴、広末涼子の全盛期と同じだ。

というわけで、新垣結衣のデビューアルバムが予想以上に良くて驚いた。脳内に青春幻想がバンバン膨れ上がる。スネオヘアー絡みの曲とつじあやの絡みの曲が特にいいので、この二人に任せれば2枚目のアルバムは凄い名盤になるような気がする。

そら (通常盤)[DVD付]

動物がエロいCM

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週のガセネタ

このエントリーをはてなブックマークに追加
■買い手が自由に値段を決められる仕組みで新譜をダウンロード販売したレディオヘッド。発売後一か月の間にダウンロードした人のうち、62%が無料でダウンロード、平均購入額はわずか2.26ドルだったらしい。

山崎春美の短編小説を発見

このエントリーをはてなブックマークに追加
『日本妖怪大百科』という雑誌の第二号「鬼と里の妖怪」特集号に、伝説のミュージシャン山崎春美の短編小説「鬼式」が掲載されている。すごく短いけど面白い。つげ義春の不条理マンガみたいだ。

日本妖怪大百科 VOL.2―DISCOVER妖怪 (2) (KODANSHA Official File Magazine)

鷹野隆大と会田誠

このエントリーをはてなブックマークに追加
一昨日は富ヶ谷で開催された鷹野隆大と会田誠のトークイベントを見に行って熟睡。司会の女性の仕切りや質問が下手で、せっかくの面白い組み合わせが台無しだった。男のヌードやポートレートを撮って木村伊兵衛写真賞を受賞した鷹野隆大は、ある意味で男版HIROMIXなんだから、もっと「男の時代」について二人に語ってもらうのが筋なのに、会田誠のサービストーク(オナニーネタ)ばかりが印象に残る空疎な雑談に終始。対談の司会はプロにやって欲しい。

ところで、このトークイベントの告知ポスターには会田誠が安倍元首相の顔真似をしている写真が使われていて、タイトルも「総理に聞く」になっていた。当日、謎の美女を連れた篠山紀信を除けば20-30代のアート系男女ばかりだった観衆の中に、明らかに70歳以上の老夫婦が一組だけいたんだけど、彼らが鷹野か会田のファンだとはどうしても思えない。安倍元首相の講演会だとガチで間違えて入場したんだと思う。

総理

今そこにあるゴス(11) シネマ・ストレンジ (Cinema Strange)

このエントリーをはてなブックマークに追加
先週水曜日の東京ダークキャッスル・ハロウィンパーティーで見たシネマ・ストレンジのパフォーマンスは素晴らしかった。90年代にアメリカで結成されたバンドでありながら、80年代にイギリスのヴァージン・プルーンズやセックス・ギャング・チルドレンが開拓したシアトリカルな暗黒ロック(=ポジティヴ・パンク)を見事に昇華。ティム・バートンの映画のような、親しみやすいゴスワールドを創り出していた。特によかったのが幻想的なこの曲↓。ドイツのレーベルに所属しているためか音源は入手しにくいけれど、もっと評価されていいバンドだろう。また来日してほしい。

Profile
真実一郎
心に茨を持つリーマン。吐き気がするほどロマンチスト。好きな言葉は「巨悪も美女も眠らせない!」。

サラリーマン漫画の戦後史 (新書y 240)
サラリーマン漫画の戦後史 (新書y 240)

twitter
RECENT COMMENT
あわせて読みたい
購読者数・ブックマーク数相関グラフ
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ