インサイター

insight : the ability to understand and realize what people or situations are really like

2012年07月

2012夏のパチ怪獣まつり 「SHARK」

このエントリーをはてなブックマークに追加
SHARK


怪獣じゃないんだけど、あの有名な『JAWS』(1975)のポスターをパチったパッケージワークがあまりに素敵なので、うっかり買ってしまったという逸品。もったいないのでパッケージから出せない・・・

2012夏のパチ怪獣まつり 「ガラバドン」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ガラバドン



マルサンが発売していた、ラドンをパチったと思われるオリジナル怪獣「ガラバドン」。1000万年の間アマゾンの奥地で生きていた古代鳥ガバラが、天然の薬草「ガザー」を食べて巨大化した、という設定だった。

『モテキ』で藤本幸世に「抱きついてもいいですか?」と言われて大きく両手を広げてみせた小宮山夏樹のようなポーズが素敵。カラーリング的には手前のメタリックパープルのものは結構珍しいのでは。

『いっしょけんめいハジメくん』

このエントリーをはてなブックマークに追加
いっしょけんめいハジメくん 1 (ヤングジャンプコミックス)
いっしょけんめいハジメくん 1 (ヤングジャンプコミックス)
クチコミを見る



1981年からヤングジャンプに連載された『いっしょけんめいハジメくん』は、当時、少年ジャンプを卒業した学生や新社会人が読んだ最初のサラリーマン漫画だったに違いない。

大手商社に就職したハジメくんは、手足をピンと伸ばした歩き方が特徴の、実直を絵にかいたような好青年。残業や転勤を厭わず地道に努力し、かなりの成績を残す。しかし社内恋愛を成就させて結婚した直後、入社3年目にして会社が倒産。吸収合併された先での不条理な待遇に悩み、上司と共に社員5人のソフトウェア会社を起業。どぶ板営業の末に大型取引を成立させて、会社を軌道に乗せていく。

古臭いギャグ漫画のタッチではあるけれど、その労働描写は意外なほどにリアル。大企業の社畜生活の良い面と悪い面が公平に描かれるなど、ストーリー漫画としての芯が太い。どんな状況でも不正を嫌い誠実に頑張る「一所懸命」という価値観は、多くの若いサラリーマンの共感を呼び、1985年の連載終了後も続編が2回も連載されることになる。しかしリアルな絵柄の『課長島耕作』や『サラリーマン金太郎』が人気を博すようになると、サラリーマン漫画の中にハジメくんの居場所は無くなっていった。

ところが昨年、意外な形でハジメくんの後日譚が発表された。『田舎の家のたたみ方』という新書に、ハジメくんの近況が描かれているのだ。現在ハジメくんは商社勤務の50歳。妻、大学生の息子、高校生の娘とともに東京近郊に暮らしていて、兵庫の実家の相続問題に悩んでいる。自分の定年後の生活、老いた両親の介護、東京生活を望む家族のことを真面目に考えるその姿は、やっぱり一所懸命だった。これもまた、サラリーマンのリアルだ。

著者のコンタロウは、あとがきでこう書き残している。

「今回、久しぶりにハジメくんを描いたのですが、年齢は僕より若いものの家庭環境が似通っていたり、田舎の家のことであれこれ思い戸惑っていることなど、自分の現在の状況を反映していて、いままで描いてきたハジメくんのなかでもいちばん感情移入できる作品になりました」



田舎の家のたたみ方 (メディアファクトリー新書 27)
田舎の家のたたみ方 (メディアファクトリー新書 27)
クチコミを見る


2012夏のパチ怪獣まつり 「カプセルロボG」

このエントリーをはてなブックマークに追加
写真


マジンガーZ全盛期の1973年に中島製作所が発売したオリジナルロボット「カプセルロボG」。同社のキャラクター玩具「アストロミュー」シリーズの製品で、ジャンボマシンダー状の大型バージョンがマジンガーのパチものとして有名。この写真はそのソフビ人形バージョン(スタンダードサイズ)。この他にもソフビ人形のミニサイズが存在する。

ゴツゴツしたイカツい頭部、上半身の過剰なリベット、全身から生やしたミサイルという、40年前の男子の夢を全部乗せした夢のデザイン。今みるとマジンガーよりもカッコ良く思えてしまう。
Profile
真実一郎
心に茨を持つリーマン。吐き気がするほどロマンチスト。好きな言葉は「巨悪も美女も眠らせない!」。

サラリーマン漫画の戦後史 (新書y 240)
サラリーマン漫画の戦後史 (新書y 240)

twitter
RECENT COMMENT
あわせて読みたい
購読者数・ブックマーク数相関グラフ
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ