gothra


このブログで「夏のパチ怪獣まつり」を始めたのが2007年なので、今年で10周年目だった。この10年の間に子供が2人生まれ、コレクションを置けるスペースは減り、小遣いも減り、貴重な怪獣の何体かは子供が無邪気に破壊した。この連載があと何年続くのか、自分でも全く予想できない。

今年はマルサンの指人形シリーズから紹介したい。1970年から1971年にかけて発売されたマルサン社オリジナルデザインの怪獣指人形は、全アイテムを網羅したカタログが存在しないため、その全体像がいまだベールに包まれている。だからこんな珍種がひょっこり発見されたりする。

ゴモラのパチ怪獣として一部で有名な双頭怪獣「ゴスラ」は、大サイズだけが存在すると思っていたので、この指人形版を見つけた時は本当に驚いた。ゴスラの赤ちゃんというイメージで、背中のひれやお腹のしわなど、大サイズのデザインが忠実に再現されている。

こんなものが発売されていたのであれば、まだまだ知られていないマルサン指人形が存在する可能性があるわけで、コレクターの無間地獄はまだまだ続く。