「女子大生中心に強まる専業主婦願望」日本経済新聞(夕刊)2005年5月10日

「データから読み取れるのは、高まるキャリア志向の一方で、専業主婦志向も台頭しているという二極化だ。家族社会学が専門の山田昌弘東京学芸大教授は「ここ五、六年で従来、キャリアを目指す女子学生が多かった大学でも専業主婦願望が強まり始めた」とみている。」(中略)「労働時間が長くなりバリバリ仕事をするのは大変なうえ報われない、というイメージが強まっているのが一因」と山田教授は考える。」

「「昨今の『負け犬』論争が追い打ちをかけた」と精神科医の香山リカさんは指摘する。実際、先のA子さんやB子さんも「負け犬」という言葉がメディアをにぎわすようになってから一層、「早く結婚し、家庭に入るのが幸せでは、と考えるようになった」と打ち明ける。」


キャリア志向は依然として多数派なんだけど、こうしてみると酒井順子の『負け犬の遠吠え』は結局彼女の意志とは真逆に機能してしまったということなんだな。独身でも生きやすくなるための開き直りキーワードとして「負け犬」を開発したのに、蔑称になってしまったという。

まあ主婦の自己犠牲的ネガティブ・イメージが薄らいだのはいいことだとは思う。主婦ブーム前夜という感じだ。乙葉と竹内結子の主婦化は同世代の若い女性にどんなインパクトを与えるんだろう。とりあえず眞鍋かおりは当面独身キャリアを貫くとのこと。
http://manabekawori.cocolog-nifty.com/blog/2005/05/post_efa9.html