インサイター

insight : the ability to understand and realize what people or situations are really like

テレビ

『銭ゲバ』テレビドラマ版とは何だったのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
『銭ゲバ』の原作漫画で貧困そのものがテーマとなるのは初期の頃だけで、風太郎はとんとん拍子で大企業の社長の座を獲得し、極貧生活から解放される。しかし金と権力を得た後も心の平安を得ることが出来ず、無理目の美女を金で落としたり政治家を目指したりする。

原作の終盤で、風太郎は「人間の幸福について」というお題で原稿を依頼された際、自分が築けたかもしれなかった「平凡なサラリーマン家庭」を思い浮かべてしまい、愕然とする。赤ちょうちんで飲んだり、愛する妻と子供を連れてマイカーに乗ってピクニックに出かける、そんなささいなことが幸福だとは、いまさら信じたくはなかったのだ。

だからそんな自分に耐えられなくなり自殺する。自決シーンの表情は明らかに絶望の顔だ。読者に対する捨てぜりふ的な、遺書めいたメッセージも残されるけれど、読者としてはモヤモヤしつつも「悪事の限りを尽くした銭の亡者が、最後は後悔して自決してよかった。平凡な自分のサラリーマン生活のほうが幸せなんだ」と思える構造になっている。

テレビドラマ版は、派遣切り問題とシンクロさせようとした等の設定の違いは多々あれど、基本的な物語構造は原作を踏襲していた。だから最終回で「もしも風太郎がサラリーマンだったら」が延々と描かれる場面は想定の範囲内だった。風太郎は幸福なサラリーマン生活を妄想した後に自らの人生を後悔し、見苦しく泣き叫びながら爆死する。

でもその後、最後の数分間が想定外だった。突如爆発シーンが逆回転して場面が巻き戻されると、泣き喚いていたそれまでとは一変して、ダイナマイトの爆発を冷静に待つ風太郎がそこにいる。そして原作の捨てぜりふを淡々とつぶやきながら死を待っている。ぜんぜん後悔していない!むしろ勝ち誇っている!なにこの上から目線!

つまり、「平凡で幸福なサラリーマン生活という妄想シーン」は視聴者による自己満足的な願望であり、風太郎はそんなことは少しも幸福だとは思っていなかった、ということになってしまったのだ。これだと原作とは全く違う読後感になる。池田小学校事件の宅間被告が反省しないまま死刑を執行された、あの後味の悪い感じを思い出した。

個人的には、希望の見えない時代にわずかでも光を与えるような展開を期待したんだけれど、あのラスト。幸せのモデルケースが妄想ですら描けなくなってしまった時代の始まり、ということでなければいいんだけど。


銭ゲバ 上 (1) (幻冬舎文庫 し 20-4)銭ゲバ 上 (1) (幻冬舎文庫 し 20-4)
著者:ジョージ秋山
販売元:幻冬舎
発売日:2007-10
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

銭ゲバ 下 (2) (幻冬舎文庫 し 20-5)銭ゲバ 下 (2) (幻冬舎文庫 し 20-5)
著者:ジョージ秋山
販売元:幻冬舎
発売日:2007-10
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

只野仁とは何だったのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
結局『特命係長 只野仁』シーズン4の視聴率は低調のまま終わった。最終回も9.7%と振るわない。これは明らかにマーケティングの失敗だろう。このまま只野を終わらせてはいけない。そう思って携帯サイト「モバイルブロス」に只野仁論を強引に書いた。

モバイルブロス

「トレンディドラマの後日譚」としての『日曜劇場 SCANDAL』

このエントリーをはてなブックマークに追加
『日曜劇場SCANDAL』は「スキャンダルのスケールが意外と小さかった」とか「デスパレートな妻たちに比べて色気が足りない」とか「桃井かおりが桃井かおりにしか見えない」とかいった欠点はあるものの、80〜90年代のトレンディドラマの後日譚としてみると結構興味深い。みたいなことを『篤姫』と比較しつつモバイルブロスに書いてみた。

SCANDAL

『ドキュメンタリ宣言』苦戦中

このエントリーをはてなブックマークに追加
テレビ朝日が鳴り物入りでスタートさせたゴールデンタイムのドキュメンタリー番組『ドキュメンタリ宣言』。11月3日の初回こそ南田洋子ネタというある種の反則技で22.9%という高視聴率を記録したものの、その後は6.9%→5.8%→8.6%と苦戦している。アメリカの有名なドキュメンタリー番組『60ミニッツ』を参考に作っているであろう割には、いまひとつ深みが足りない印象を受けるので、フォーマットがこなれるまで時間がかかるのかもしれない。そうこうしているうちに視聴率優先で芸能人ネタが増え、情熱大陸化する可能性もある。

それはそうと、この番組の真の狙いは長野智子のブランド価値アップにあるはずだ。「ひょうきんアナ」から「取材のできる国際派キャスター」へと見事に転身を遂げた彼女は、将来的には結構な確率で『報道ステーション』のメインキャスター=ポスト古館になるような気がする。

ドラマ『四つの嘘』は意外な良作か?

このエントリーをはてなブックマークに追加
『デスパレートな妻たち』の日本版といえるドラマ『四つの嘘』(テレ朝)が意外に面白い。「物語冒頭で死ぬ主婦によるナレーション」「それぞれに秘密を持つ主婦仲間」「コメディとサスペンスのブレンド」と、かなり露骨にデス妻のエッセンスを無断借用しつつ、上手い具合に次の展開を期待させるストーリー作りに成功している(寺島しのぶに接近するイケメン家庭教師は悪人フラグ立ちまくり)。視聴率も直近で8.1%→9.2%→10.8%と低空飛行ながら上昇気味。今後もF2層と主婦を中心にコアな支持者が増えそうだ。いまさらだけど高島礼子って美人なんだな。

このドラマの最大の弱点は、本家デス妻の最大の魅力でもあるファッション性がバッサリと抜け落ちていること。そのせいで地味で貧乏臭いムードが漂っていて華が無い。著名なスタイリストをつけて適度な御伽話感を纏ったほうが高視聴率が望めたのでは?



只野仁が愛される理由が知りたい

このエントリーをはてなブックマークに追加
2月2日に放映された『特命係長 只野仁SP08』が20.2%という高視聴率を記録したらしい。その日の朝日新聞朝刊のテレビ欄コラムでは、岩本哲生という人が「このドラマは、女性たちが露出するお色気や只野たちのコミカルな変装、アクションシーンがあるから飽きられないようだ。そういう期待は出来ても、まじめに批評するものではない。」などと高みから見下ろすような感じで書いてるんだけど、本当にそうなんだろうか。テレビ離れの囁かれる昨今、視聴率20%を超えるコンテンツは真面目に批評するに値すると思うんだけど。
ここ十年の間でサラリーマンを主人公としたドラマで成功したものは、サラリーマン金太郎と特命係長只野仁だけだ。映画では60年代に植木等の無責任シリーズがあり、70年代はちょっとわからないけど80年代にはふぞろいの林檎たち供△修靴90年代までトレンディドラマ。90年代後半は、踊る大捜査線がサラリーマンドラマの変形として愛された。そうしたリーマンドラマの系譜の上で只野仁も捉えていいんじゃないかという気がしている。気がしているだけで、まだ別に考えてはいない。
ひとつ思うのは、普段はうだつの上がらないリーマンが、実は仕事以外の世界では大活躍、というのは僕を含めたほとんどの普通のリーマンのファンタジーである、と。それはネットで得意分野を自在に発信するブログを書くときの気持ちになんとなく似ている。

クリスティーナ・アギレラのヌードCM

このエントリーをはてなブックマークに追加

亀田騒動の陰で『ヅラ刑事スペシャル』が好視聴率を獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加
注目のガタイ系グラドル、中村果生莉が悪の幹部役で出演した『ヅラ刑事スペシャル』(10/15、フジテレビ)の視聴率は、0時15分開始という深夜枠ながら大健闘の4.6%。北川弘美演じるヌーブラ刑事が好評だった模様。元ユニチカキャンペーンガールにして元CanCam専属モデルの彼女が、ヌーブラを敵の顔に投げることで呼吸を困難にさせたりヌーブラの粘着力で壁を登ったりする刑事の役を引き受けた経緯が知りたいところだ。

ところで24.7%という脅威の視聴率を叩き出したフジの月9『ガリレオ』は、『ヅラ刑事スペシャル』の脚本を手がけた中野貴雄も絡んでいる『怪奇大作戦セカンドファイル』とカブっていると思った。

ヅラ刑事

サイバーエージェントの社員は本当に美男美女ばかりだった

このエントリーをはてなブックマークに追加
数年前に、サイバーエージェントの社員は美男美女ばかり、というウワサを耳にした。就職氷河期で大手一流企業(特に商社)が門戸を狭めていた頃に、サイバーがイケメン優秀男子の受け皿となり、そのイケメン達を追って美女も集まった、と誰かから聞いたと記憶している。『ティアラガール』という女子大生向けフリーペーパーの創刊号に昨年掲載されていたサイバー女性社員は確かに美女揃いだったけれど、行った覚えが無いのに今でも送られてくる六本木クラブチックのDMライクな誌面加工がされていたので、本当のところはどうなのかという疑問は残ったままだった。

さっき『ガイアの夜明け』でサイバー社員達が大勢紹介されているのを見て疑問は解けた。本当に美男美女ばかり。テレビ向けに選ばれた人たちだったのかもしれないけれど、それでもルックス偏差値はかなり高いはず。しかもみんな受け答えが堂々としていて仕事が出来そうな感じ。なんというか、勢いを感じた。(この話に特にオチはありません)

オーラの泉は真夜中だからオーラがあった

このエントリーをはてなブックマークに追加
『オーラの泉』を久々に見て、何故この番組のゴールデン進出が上手くいっていないのか分かった。深夜だからこそ良かったんだ。守護霊云々という話は、真夜中の静まり返った暗い部屋の中で、疲れて眠くなってまどろんだ意識で見るからこそ催眠術的に効いたんだ。意識の冴えてる時間帯にこの手の話は、心情的にちょっと乗りにくい。
Profile
真実一郎
心に茨を持つリーマン。吐き気がするほどロマンチスト。好きな言葉は「巨悪も美女も眠らせない!」。

サラリーマン漫画の戦後史 (新書y 240)
サラリーマン漫画の戦後史 (新書y 240)

twitter
RECENT COMMENT
あわせて読みたい
購読者数・ブックマーク数相関グラフ
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ