独BND、米NSAの要求に応じて欧州企業の情報収集に協力

23日、『Der Spiegel』は、ドイツ連邦情報局(BND)がアメリカ国家安全保障局(NSA)の要求に応じて、ヨーロッパの企業を標的とした情報収集活動を行ない、その情報をNSAに提供していたと報じた。

同誌の記事によると、NSAは、調べてほしい人物や組織に関わる携帯電話の番号やIPアドレスなどをBNDに提示し、それを受けて、BNDが通信上のデータから検索し、情報を集めていたという。標的となった企業には、ヨーロッパの航空宇宙大手、エアバス・グループ(European Aeronautic Defense and Space)も含まれており、検索の照会は、4万件以上にも上るとのことである。

以前からアメリカは、通信上のデータ収集について、テロ対策上、必要であると説明してきた。だが、実態として、その目的から逸脱した監視活動が行なわれていたことは、すでに多くのメディアによって報じられてきたところである。今回の件もまた、報道された内容が事実であるとすれば、本来、テロ対策を目的として行なわれるべき、通信上のデータ収集が、経済的な関心にもとづいたものになっていたという点で、明らかな逸脱行為と言わざるを得ないだろう。

また、ドイツ国内では、『Der Spiegel』の報道を受けて、BNDがNSAに協力し、ドイツも含めた、ヨーロッパの企業に関する情報を収集していたことについて、野党を中心として大きな反発が広がっている。

たとえば、左翼党のグレゴール・ギジ(Gregor Gysi)議員団長は、BNDとNSAの協力関係について、「アメリカに合わせていればいいという考え方」をやめるべきだと訴えているほか、同党のベルント・リークシンガー(Bernd Riexinger)代表は、BNDのゲルハルト・シンドラー(Gerhard Schindler)長官に対して、責任をとって辞任すべきだと主張している。

さらに、「緑の党」のコンスタンチン・フォン・ノッツ(Konstantin von Notz)副議長は、BNDとNSAの協力関係について、まったく知らないはずがないとし、アンゲラ・メルケル(Angela Merkel)首相に対して、事情を説明するように要求している。

一方、ドイツ首相府のシュテファン・ザイバート(Steffen Seibert)報道官は、「今回の問題について徹底的に解明する」ように、BNDに対して指示したことを明らかにした。また、同時に、ドイツ政府が「ドイツやヨーロッパの市民に対して大規模な盗聴を行なった」という証拠は見られないという声明も発表しており、現時点において、『Der Spiegel』が報じた記事の内容を全面的に認めているわけではないようだ。

【関連記事】
"Spying Close to Home: German Intelligence Under Fire for NSA Cooperation"
Der Spiegel, April 23, 2015.

"BND helped NSA spy on German, European interests"
Deutsche Welle, April 23, 2015.

"German spy chief faces calls to resign following NSA revelations"
Deutsche Welle, April 24, 2015.

"The BND affair: "No better partner than the USA""
Deutsche Welle, April 24, 2015.

独情報機関、規定違反スパイ=米国のため防衛企業など対象-地元誌報道
『時事ドットコム』(2015年4月24日)


Ys-K

前CIA長官、不倫相手への機密漏洩で有罪判決―罰金10万ドル

浮気や不倫というのは、発覚した時のリスクがあまりにも大きい。とくに社会的な地位が高ければ高いほど、そのリスクは大きくなる。ハニートラップがこうしたリスクを利用したものであることは有名だろう。それゆえに、相応の地位にある人は、身の回りをきれいにしておくことが求められるし、色恋沙汰の誘惑に負けない自制心を持っていなければならない。隠し通せる、騙し通せると思うのは、多くの場合、本人の勝手な思い上がりでしかない。

2012年11月、アメリカ中央情報局(CIA)長官のポストを突如、辞任した、デービッド・ペトレイアス(David H. Petraeus)氏もまた、不倫問題の発覚によって足元をすくわれた人物の一人である。しかも、その問題は、捜査当局が知るところとなり、不倫相手の女性に機密資料を渡していたのではないかという疑惑を生んだ。女性が所有していたパソコンに、アメリカ政府の機密資料がデータとして残されていたからである。当然、流出元としてペトレイアス氏が疑われた。だが、ペトレイアス氏は、断固として関与を否定し、機密資料を女性に渡していないと訴えた。

ところが、その後、捜査当局は、ペトレイアス氏の自宅を捜索し、机の引き出しから機密情報が含まれる8冊のノートを発見した。そのなかには、イラク戦争での軍事戦略や情報活動、外交交渉などに関する記録があったほか、工作員の氏名や国家安全保障会議(NSC)会合の内容なども、ノートに記載されていた。ペトレイアス氏が機密情報を不正に扱ったことは明白で、不倫相手の女性が保存していた機密資料の出所が分かった瞬間であった。

ここに至って、ペトレイアス氏は観念し、2015年3月、司法取引に応じることに同意した。アメリカでは、捜査当局に虚偽の証言を行なった場合、5年以下の懲役刑が科されることになるが、今回、ペトレイアス氏が機密資料を不正に扱ったことを認めれば、執行猶予2年、罰金4万ドル(約487万円)で手打ちにするという内容である。

今月23日、その正式な決定が裁判所から発表された。それによると、ペトレイアス氏は、機密資料を不正に扱ったことで有罪となり、執行猶予2年という判決が下された。罰金に関しては、事件の重大性を鑑み、大幅に増額されて、10万ドル(約1200万円)が科されることになった。

これにて、おそらくこの問題は一件落着と思われるが、ペトレイアス氏自身は、輝かしいキャリアを重ねながらも、そのキャリアを台無しにするような代償を払わなければならなくなった。CIA長官を務めるような人物であっても、結局、不倫がもたらすリスクの大きさから免れることはできなかったのである。

【関連記事】
"Timeline: The David Petraeus scandal"
USA Today, April 23, 2015.

"David Petraeus Is Sentenced to Probation in Leak Investigation"
New York Times, April 23, 2015.

"David Petraeus Sentenced: 2 Years Probation, $100K Fine For Ex-CIA Director After Plea Agreement With Justice Department"
International Business Times, April 23, 2015.

前CIA長官に罰金1200万円=不倫相手に情報漏えい-米
『時事ドットコム』(2015年4月24日)


Ys-K

周永康元常務委員、習主席を含め党指導部にスパイ行為?

2014年7月、汚職容疑で失脚した、周永康(Zhou Yongkang)元政治局常務委員が以前、習近平(Xi Jinping)国家主席も含め、中国の政治指導者たちの家族を標的としたスパイ活動を行ない、資産状況や私生活、政治的なスタンスなどに関する情報をひそかに集めていたという。

この情報のソースは、匿名を条件に語った中国当局者の一人で、捜査から分かったこととして、北京市国家安全局の梁克已(Liang Ke)局長が盗聴などの方法を用いて、党幹部に関する情報を収集し、周氏に提供していたと述べている。

しかしながら、こうした情報がどこまで真実であるのかは、ひとまず判断を保留しておきたいところである。そもそも『Bloomberg』の記事を見ていても、具体的な内容はほとんどなく、証言を裏付けるような事実が提示されているわけではないからだ。

それに、共産主義体制ではよく見られることだが、政敵を追い落とすための根拠として、「スパイ容疑」が持ち出されるのは、じつに伝統的な方法と言える。スパイ容疑であれば、国家機密を理由に裁判を非公開で開き、そのまま有罪判決を下して、政敵を社会的に抹殺するだけでなく、場合によっては、死罪を科すことができるからだ。

周氏の処遇としては、現在、収賄と職権乱用、国家機密漏洩の罪で正式に起訴されたところである。ただ、公判の日程については、「法に従って」開廷する予定との方針が示されているのみで、今もなお、公表されていない。中国の最高人民法院(最高裁)トップは、周氏のような元指導層の裁判は公開で行なうとしているが、罪状に国家機密漏洩が含まれているので、一部は非公開になる可能性が高い。

周氏に先立って、同じく汚職容疑で失脚した、薄熙来(Bo Xilai)元重慶市党委員会書記は、2013年9月、収賄、横領、職権乱用の罪で無期懲役の判決が下った。しかし、ここには国家機密漏洩の罪は含まれていなかった。今回、『Bloomberg』によって報じられたことが罪状に加えられるとすれば、この内容を上回る判決が出るかもしれない。公判の行方が気になるところである。

【関連記事】
"Former China Security Head Spied on Leaders, Probe Said to Find"
Bloomberg, April 20, 2015.


Ys-K
ブログ内検索(by Google)
最新コメント
livedoor プロフィール
ランキング参加中!
世界時計
QRコード
QRコード
RSSフィード
RSSフィード
  • ライブドアブログ