2020年12月31日

このブログについて

このブログはとても日和見なブログです。たまに書いてることが矛盾してる時があります。でも、人間とはそういう生き物だって、偉い人が言ってた。なので、スルーしてください。
以下、Categoriesの説明。Categoriesは左のメニューにあります。


※追記
うっう〜!しばらく更新が不定期になりま〜す!
続きを読む

inter_saikyou at 23:59コメント(0)トラックバック(0) 
お知らせ 

2016年10月23日

空の蒼に手を伸ばして

久しぶりに記事を書きます。別に忙しかったとかそういうことではありません。ただ、ここのブログのパスワードを忘れ、考えてみたらブログを書くのは義務でもなんでもないし、面倒だから更新しなくていいや!って思ってたら、こんなに月日が経ってただけです。
更新していない間に人生が変わるような出来事は起きていないので、劇的なストーリーを書くことは出来ないんですけど、はまったゲームがありますので紹介します。それは

グラブル

正式名称はグランブルーファンタジーです。今更ですね。
元々は数少ないChromebookで遊べるアプリってことでDLしたんですが、無課金でも結構遊べるのでiphone版も落としてしまいました。今ではブラウザ版も準備しており、iphoneで別のゲームをやりつつ、ブラウザでグラブる毎日です。いや〜、楽しいな〜。
そんな無課金でエンジョイ勢なプレイスタイルなので、十天衆は1人もいませんし、上限突破を迎えたSSRもいません。一応アーミラのLv97が最高です。ですが、目的意識なんて一切持たずにダラダラやってても面白いものですね〜。

これからもグラブルを楽しんでいきたいな〜と思います。



あぁ〜おっさんを早くお迎えしたいんじゃ〜続きを読む

inter_saikyou at 17:48コメント(0)トラックバック(0) 
暇つぶし 

2015年06月14日

みんなで叶える物語、遂に完結! 『ラブライブ!The School Idol Movie』

ラブライブ!The School Idol Movie

遂に遂に遂に!!!待ちに待った劇場版ラブライブの公開初日です!ってなもんで、観てきました。松竹系の劇場でしか上映していないようで、いつも利用している映画館ではない場所で観たのですが、予約状況が尋常じゃなかったです。なので、ちょっと遅めの回を見ました。
以下ネタバレでっせ。


TV版のラストでは、無事卒業式を終えたμ'sのメンバー達。劇場版では、その後が描かれます。つまり、解散するというのは変わらないというスタンスなんですね。
さて、今回のμ'sの舞台はどこかというと、まさかのアメリカ!ホームの秋葉原!
スクールアイドルというものを特集したいということで、そのゲストにμ'sを招待したのでした。HTTの卒業旅行はイギリスですので、セーフです。OK?
そこで解散というものを意識していた穂乃果の前に現れた1人の日本人シンガー。かつてグループに所属していた彼女ですが、それを解散し今は1人でアメリカという異国の路上で歌っているのでした。その姿を見て、自分の中のμ'sの今後を考える穂乃果。
日本に帰ってからも悩み続けます。周囲はμ'sが解散することを知りません。その為、ずっとそのままい続けているのだと思っているのです。だからこそドームで開催されるアイドルフェスの打診が届いたのでしょう。
穂乃果は周囲のμ'sに対する期待と、解散するということの板ばさみに合います。そんな時、アメリカで偶然会った謎の日本人シンガーに再会し、彼女のお陰で何がしたいのか、それが分かったのです。
それは、全てのスクールアイドル達と一緒にイベントがしたいということ。スクールアイドルとして多くの人々を笑顔にしてきたからこそ、やりたいことは決まっていたのでしょう。
そうと決まったら即行動。μ'sのメンバーが様々なスクールアイドル達に参加を呼びかけ、何と秋葉原のメインストリートを埋め尽くさんばかりのアイドルが集まることに!そこにはμ's解散を聞いて集まった人たちもいたのでしょう。そこで、最高のパフォーマンスをしたμ'sとスクールアイドル達。
何て感動的!本当にμ'sが愛されているんだな〜と実感しました。そこからのラストライブの流れはちょっと駆け足気味でしたが、うるっとくるものがありました。

この映画で、μ'sの幕引きを描ききったんじゃないかと思います。雪穂たちもアイドルとして活動しているようですが、μ'sとはまた別のユニットとして活動しているようです。あんまり関係ないですが、新入生にアイドルの話をしている2人のシーンは、何か宗教の勧誘っぽかった。




見終わった後の清々しさがなんとも心地の良い作品でした。これでアニメーションの方はひと段落といったかんじなのでしょうね。マンガや小説、ゲームでの展開は続けていきそうですし、サンシャインの方も控えていますし、まだまだ穏やかじゃない!
続きを読む

inter_saikyou at 01:49コメント(0)トラックバック(0) 
アニメ感想 

2015年06月07日

3冠を達成したのはバルセロナ ユヴェントスを下して、5度目のCL制覇

winner_cl14-15


3冠を達成したのはバルセロナ ユヴェントスを下して、5度目のCL制覇

良い試合でしたね。
どちらも応援しないように試合を見ていたのですが、セリエAでは圧倒的な強さを見せていたユベントスが苦戦している姿を見て、セリエAでユベントスがこんな姿を見せたことはあったかな?と思ってしまいました。そこから若干、ユベントス寄りになりました。セリエAの代表として、最高の試合をしてくれとか思ってました。
さて、試合はラキティッチの開始早々の先制点から始まり、双方いつ得点が生まれるのか?と思えるような早い試合展開で非常に楽しませてくれました。就任一年目で3冠という結果に導いたエンリケ監督は見事ですね。ローマを率いていた時は、名選手名監督にあらずなのかしら?と思いもしました。いやはや就任直後は色々言われても、この結果を出してしまっては、周囲は何も言えないでしょう。
来季はシャビのいない新チーム。どうなるのか見ものです。

xavi


ラストマッチでビッグイヤーを掲げたシャビ 「もうこのチームでプレーできないなんて…」
偉大な選手がチームを去りますが、その置き土産はあまりにも素晴らしいものでした。異国の地でも、その才能を発揮してくれるでしょう。そして近い内にバルセロナに戻って来てくれることを期待しましょう。そして、いつも通りのアレな発言を待ってます。


ユベントスはキエッリーニが離脱していなければ、エブラを使わずに3バックという手段もあったかもしれませんね。ポグバやモラタ、(来季は)ディバラなど若手が躍動するチームに仕上がっていますし、いやマジ怖いチームです。
バルサはMSNの圧倒的な攻撃力の維持も大切ですが、それ以上にシャビの抜けた穴をどう補填するのかが鍵となりそうです。GKのブラーボとテア・シュテーゲンの2人は、チェフとクルトゥワ並に贅沢なラインナップとしか言いようが無かったな〜。来季はベルメーレンがスタメンとしてフル出場してくれることを期待
続きを読む

inter_saikyou at 09:00コメント(0)トラックバック(0) 

2015年05月16日

【悲報】3冠狙うユヴェントス、インテル戦でターンオーバー

3冠狙うユヴェントス、インテル戦でターンオーバー アッレグリが主力の欠場を認める
イタリアデルビーという大きなイベントのはずなのですが、国内リーグでは既に優勝を果たし、無理をする必要がないユベントス。コパとCLに向けてターンオーバーは間違っていない・・・、でも悔しい!宿敵相手にメンバーを平気で落とされるなんて・・・。
インテルとしてはEL出場権の為に一歩も引けない試合ですから、ここは意地を見せて欲しいです。ホントお願い。



モウリーニョ、1月退団のシュールレにも優勝メダルを用意 「チェルシー移籍のチャンスがあるなら行くべきだ」
こういうニュースは良いですね。ほっこりします。

まもなく44歳、元アメリカ代表フリーデルが引退を表明
フリーデルといえばブラックバーンのイメージですが、引退後はトッテナムでアンバサダーの仕事をしつつ、ライセンス獲得を目指すとの事。


長かったリーグも終わりに差し掛かり、ベテラン選手の引退や選手の去就が騒がれ始めてきました。我らがインテルは、FFPという難敵とCLに出場できないというデメリットを乗り越えて、少しずつ順位を上へ上へと上げていって欲しいです!
とりあえずコバチッチの才能を開花させてあげようぜ。


inter_saikyou at 14:43コメント(0)トラックバック(0) 
サッカー関連 

2015年05月10日

UEFA、FFPでインテルやローマらに処分 罰金や登録選手数制限

UEFA、FFPでインテルやローマらに処分 罰金や登録選手数制限
やはり、マンチーニ招聘からの一連の消費は大きかったか・・・、とも思ったのですが、過去からの累積もあるので、モラちゃん時代の遺産も含んでいそうですね。
インテルのファンからすれば面白くない罰則ではありますが、このFFPに対してクラブは遵守する考えを持っていました。そのため、ある程度は覚悟の上でのマッザ解任、マンチョ招聘だったと考えます。この状況を何とかクリアして、かつての栄光に少しでも近づいて欲しいです。


モウリーニョ、「大好きな敵」ジェラードとラストバトル 「3回獲得を目指したが…」
モウリーニョのジェラードへのリスペクト具合が伺える記事です。こういう記事、好き。



さて、そろそろ各リーグも優勝チームが固まってきましたね。現時点では
チェルシー
バイエルン
ユベントス
上記3チームの優勝が決まっています。
残る4大リーグのリーガエスパニョーラではバルセロナが、最近目が離せないフランスのリーグアンではPSGがそれぞれのリーグでの最有力候補となっていると思います。
ここに更にCLやELの結果だけでなく、出場権をかけた1試合1試合、降格圏のチームの奮闘など、今の時期にこそ味わえる楽しみがありますね。
果たしてインテルは、EL出場出来るのかっ・・・!!


inter_saikyou at 11:37コメント(0)トラックバック(0) 
サッカー関連 

2015年04月11日

モウリーニョの豪華すぎる歴代ベスト11

mou_01

mou_03

ポルト、チェルシー、インテル、レアル…モウリーニョの豪華すぎる歴代ベスト11


GK:ペトル・チェフ(チェルシー)
右SB:ハビエル・サネッティ(インテル)
CB:ジョン・テリー(チェルシー)
CB:リカルド・カルバーリョ(チェルシー/レアル・マドリー)
左SBウィリアム・ガラス(チェルシー)
MF:クロード・マケレレ(チェルシー)
MF:フランク・ランパード(チェルシー)
MF:メスト・エジル(レアル・マドリー)
右WG:クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー)
CF:ディディエ・ドログバ(チェルシー)
右WG:エデン・アザール(チェルシー)

豪華すぎるぜ・・・。このメンツならCL連覇も狙えるわ。
というわけで、モウリーニョが自分が指導した選手達の中からベスト11を選んだら?というifが発表されました。これまでの所属チームがチームだからというのもありますが、やはりとんでもない選手ばかりが挙げられてますね。個人的には、所属チームとかの条件も取っ払った、理想のイレブンなんかも教えてもらえたらな〜、なんて思ってます。今ならジェラードとか入れそう。
個人的にはドログバやチェフ、JTにランプス、カルバーリョのチェルシー黄金期メンバーの選出は納得ですが、ギャラスの意外感が凄い。左SBはアシュリーかマルセロかな〜って思ってたんで。
守備陣なんかほとんどチェルシーばっかりですが、その中にあって一際輝く我らがカピタンの名前!本当、偉大すぎて大好きだぜ。

リンク先にはサブの選手も紹介されていますが、その中に我らがイブラヒモビッチの名前がありませんでした・・・。オスカル落選も意外なんだよな〜。


最近、いろんな人がベスト11を発表しているので、そろそろモラッティ元インテル会長のベストメンバーが知りたいな。間違いなくサネッティとロナウド、そしてアルバロ・レコバ。この3人は間違いなく選出されるだろうな〜。
続きを読む

inter_saikyou at 14:51コメント(0)トラックバック(0) 

2015年02月01日

今、再びの蒼き海へ 『劇場版 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- DC』

劇場版 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- DC』、見てきました!

以下、ネタバレ含みます。





伊401お姉さまの可愛らしいお姿を再び劇場で見れる!ってだけでも嬉しいのに、なんとなんとアニメ放映の後日談が見れるとは・・・!ってなもんで、前半は総集編として楽しめました。これならアニメ放映見てない人も安心だね!って感じる人はきっと少ないでしょうけど・・・。そして、お楽しみの後半。
アメリカへの振動弾頭を渡した後、謎シュールな展開が待っていました。それは、霧の艦隊のまさかの生徒会化!マジで意味が分からなくて、原作でもこういう展開なのかしら?ってチラッと頭によぎりましたもん。千早群像の父親が実は生きていて、しかも霧の艦隊側となっていたということが今回判明するのですが、その親父さんが霧の艦隊を生徒会として指揮したのでしょうか・・・。アストラルコード?とかって絶対の存在に近いものが霧の艦隊にはあるらしいので、親父さんのポジションは非常に興味深いですよね。
生徒会

色々感じた違和感はありますが、でも可愛いから万事OK!
画像にもあるように、恐らく10月公開の映画で決着がつくと思います。千早親子の壮絶な親子喧嘩がメインか、はたまた霧の艦隊を駆逐した後の世界の覇権を握ろうとしているアメリカや太平洋国家軍がメインとなるのか・・・、いやいや艦隊戦がメインでそれ以外は歴史表的な感じで流されるのか、それは乞うご期待ってことにしましょう!

Blue Snow
Trident
フライングドッグ
2015-01-28


DCの意味が良く分からず、事前のインタビュー記事を流し読みしたところ、Dreamcastではないということだけは判明しておりました。個人的にはディバイン・クルセイダーズに違いない、というスパロボ脳全開でしたけど。見終わって感じたのは、Director's Cutということなのかな、という感想です。
それと人それぞれ感じ方はあるでしょうが、個人的には10月公開予定の映画だけで充分だと思いました。前半の総集編が雑なつくりだったので、そこ削って今度上映する予定の分を入れて欲しかったです。
本当は、大スター宮いちご祭りを見に行ったのですが、午前中しか上映していないとは・・・。事前にスケジュールを調べるべきでした・・・。らぶゆー
続きを読む

inter_saikyou at 16:31コメント(0)トラックバック(0) 
アニメ感想 

2015年01月10日

飯テロアニメ、始まるよ〜! 幸腹グラフィティ ひとしなめ『ほかほか、じゅわっ。』

以前このブログでも触れたおりました、マンガタイムきららで好評連載中の『幸腹グラフィティ』が遂にアニメ化!良かったハッピーってなもんで、視聴しました。
以下、ネタバレ含みます。




1人暮らしの女子中学生リョウの元に、東京の美術系の予備校に通う為にキリンという、同い年だけど小さな女の子がやってくる、というのが今回のメインストーリーとなっております。
そしてそんな接点が薄い2人を結びつけるのが料理です。1人じゃ何を作っても何を食べても美味しくない、そう感じるリョウは一緒に美味しくご飯を食べられる相手が必要で、料理も自分の身の回りも何もかもが出来ないから、お世話してくれる人がキリンには必要でした。
そこで、需要と供給が合った2人は一緒に暮らすことになるのですが、この先の夫婦生活を予想させるスタートとなっているといっても過言ではありません。

マンガでも毎回登場する『色っぽい食事シーン』ですが、これはこの作品を楽しむエッセンスの1つだと思っています。この作品は料理を誰かと一緒に食べる、ということを非常に大切にしているので、深夜に飯テロされる楽しみがあるのです。



続きを読む

inter_saikyou at 09:53コメント(0)トラックバック(0) 
アニメ感想 

2014年12月27日

結城友奈はトリズナーである

女子力

ちょこっとまどマギに似てるんじゃないか、なんて話も上がっていた『結城友奈は勇者である』ですが、この程最終話を迎えました。以下、ネタバレ含みます

結城友奈は勇者である 3 [Blu-ray]
照井春佳
ポニーキャニオン
2015-02-18



直前まで向かうところ絶望だらけの人類総魔女化でも始まるんじゃないかってくらい、逃げ場の無い状況でした。戦っても相手は無限に存在するし、負ければアウト、四国以外に逃げ場はなくて、その四国も戦場状態。そして勝っても満身創痍になり続けるだけ・・・。どうあがいてもジリ貧の、夢も希望もありはしない状況の中で、この作品の主人公と、前日談の主人公キャラの2人は、それぞれ違う未来を見いだそうとします。
鷲尾さんこと、東郷さんは全てを終わらせることで苦しみに終止符を打つ事を決め、宿敵バーテックスを結界内におびき寄せ、世界を守る神樹を破壊させようとしました。(勇者の力では神樹様に攻撃は届かないため)
一方、トリズナー友奈はそんな東郷さんとは違う道、苦しみ続けてでも皆を守る決意を見せ、シェルブリットを振るいます。
この決着に至るまでの過程は本当に辛くて救いがなくて、生き地獄を見せ続けるゲスい作品だぜ!・・・でも来週が早く来てほしい!、そう思わせるストーリー展開でした。

個人的に、まどマギを敢えて意識させようとしている部分があるんじゃないかなって思いながら見ていました。ですが、提示された絶望は、片方は魔女となり絶望を振りまき続ける存在になること。もう一方は、死ぬことが出来ぬまま苦しみを背負い続ける絶望
終わりがあるものと無いものの違いなんじゃないかと思いました。どっちが上、とかそういうのではなくて、別の作品として見せる為の要素として、分かりやすい違いを敢えて打ち出したんじゃないかって思うんですよね。ちょっと上手く言語化出来ていないですが、、、
なので、ある意味まどマギ展開を知っていると、既視感を裏切られるという意味で2重に楽しめるのではないかなんて勝手に考えています。

あとこの記事は、タイトルが書きたかっただけなんです。スクライド、もう一回見たくなっちゃう!
スクライド Blu-ray BOX
保志総一朗
バンダイビジュアル
2011-10-26


続きを読む

inter_saikyou at 12:38コメント(0)トラックバック(0) 
アニメ感想 
Java




Categories
Archives
Profile
アルバオ
趣味 サッカー観戦、音楽鑑賞。
好きなチーム インテル
好きなアーティスト OASIS

体が弱いので、更新が突然停止するかも知れませんが、優しく見守ってください。メールアドレスは↓
inter_saikyou●livedoor.com●を@に変えてください