こんにちは。

今回は、〔本物を極めたソファ〕を紐解いていきたいと思います。

まずは、素朴な疑問から。

・〔本物を極めたソファ〕って何?
プロデザイナーによる美しいデザイン・座り続けても疲れにくく快適な掛け心地・
耐久性やメンテナンス性 等 
ソファを長くご愛用いただくために必要だと思うこと全てに配慮した
こだわりのソファです。

IMG_3738

・他のソファとどう違うの?
ソファは中身が見えにくい家具です。手を抜いた構造や適当な素材でも、
ソファの形を作ることは可能でしょう。
しかし、「何をどう使って作り上げるのか」こそが大事な要です。
〔本物を極めたソファ〕は、その要の部分を公開することで
手を抜かない、こだわり抜いたソファであることを証明しています。
_MG_0111

・なぜそんなことができるの?
〔本物を極めたソファ〕は、本場イタリアの有名なブランドソファを製造する
ライセンスを持った日本のメーカーが手掛けています。

最高級ソファのノウハウを持った職人たちだからこそ、
この理想的なソファを作り出すことができるのです。
本物を極めたソファポスター用J

では〔本物を極めたソファ〕の中身は一体どうなっているのでしょうか↓↓

■ 基礎のフレーム
木枠1
フレームは無垢材を使用します。
合板などの材料は、重量がかかった時にたわむ可能性があり、
掛け心地に影響を及ぼしかねません。
木枠7
フレームは建築用ボルトでがっちり組み上げます。
ホゾ組
一番負荷のかかる接合部分は、木工の伝統的技術”組み接ぎ”にて
抜群の強度を持たせています。

■ ベースの座面
ウェービング5
ベース部分はウェービングテープを張り巡らせています。
ウェービングテープはゴムを糸で巻きテープ状にしたものです。
ソファによく見るコイルスプリング構造は反発力が強く、
下から突き上げるように体に力がかかってしまいます。
ウェービング11
職人が一本一本テンションをかけながら張っていきます。
ハンモックのような構造となり、体圧を分散します。
包み込まれるような座り心地を生み出します。
反発力が強すぎないことで、
長い時間過ごしても疲れにくいソファとなっているのです。

■ 超高密度ウレタン
ウレタン(手)
ウレタンの密度が高いほど、耐久性に優れます。
スカスカのウレタンは数年でへたってしまうとか。
一般的にソファに使われるウレタンと比べ、〔本物を極めたソファ〕には
倍以上の比重のものを採用しています。
ウレタン1
さらに、超高密度ウレタンを積層することで、
深みのあるしっとりとした座り心地を演出します。

■ ハンガリー産マザーグースフェザー
フェザー1
高級羽毛布団に使われるハンガリー産のマザーグースフェザーを
ソファ1台につき、羽毛布団約10枚分(約12kg)を封入します。
一般的に使用されるダックの羽根は肉食用に育てられた副産物であることが多く、
少量でも臭いが出てしまうため、この量を入れることは不可能です。
フェザー4
マザーグースフェザーは弾力性が高く復元力にも優れており
体のラインに合わせて体を包むような、フカフカな座り心地を作り出します。

96185a9f
以上のポイントを複合し、
快適性と耐久性を生み出している〔本物を極めたソファ〕。
お家での休息をより心地良く、そして長くご愛用いただけるように
こだわりを詰め込んだ”本格ソファ”です。

〔本物を極めたソファ〕を紐解いてみましたが、いかがでしたでしょうか?
このソファの違いは、実際に試してみる価値があります!
是非店頭でご実感くださいませ。

IMG_1574

オリジナル家具を中心とした新潟の無垢家具専門店
Japan Interior Style sin
新潟県新潟市南区茨曽根2574
http://www.interior-sin.com