花宴の台所便り

北米在住20年、世界の家庭料理を取り混ぜながらのうちの食卓です。 現在はカナダのトロント在住。

週末ですので、ちょっとお料理を離れてバレエ鑑賞ネタ♩ 地元トロントのバレエ団、ナショナル・バレエ・オブ・カナダの2018−19シーズンが開幕しました! シーズン・オープニングはノイマイヤーの新作、”アンナ・カレーニナ”、ハンブルグで初演、その後モスクワのボリショイ・バレエで上演、続いてカナダで北米のプレミア公演です。 


初日はドラマ・バレエには最強の主演陣、主役のアンナにスヴェトラーナ・ルンキナ、夫のカレーニンにピヨートル・スタンチェック、恋人ヴォロンスキーにハリソン・ジェームズ、スティーヴァに江部直哉、ドリーにシャオ・ナン・ユウの豪華キャスティング!

この先はネタバレしますので・・・ご注意を。 

アンナ・カレーニナはトルストイの原作では1870年代のロシアの物語、随分昔に原作を読んだものですが、トルストイ調の長い長い物語、登場人物も多様です。 これを劇場版バレエにどう反映させるのか? アンナ・カレーニナは過去にマリインスキー、エイフマン・バレエ等でも創作されたようですね。 今回のノイマイヤー版は15分の休憩を挟んで3時間、バレエとしては長い上演時間でしたが初演のハンブルグよりもスリムダウンして今の形になったようです。 

2018 Anna K 3
ノイマイヤー版はいわゆる”読み替え”で、現代のロシア。 カレーニンは政治家です。 選挙運動に邁進するカレーニンとその妻、アンナと息子は絵に描いたような美しい家族ですが、カレーニンは妻を思いやる余裕もない日々、アンナは幸せな家族を演じつつ孤独を抱えています。 
2018 Anna K 4
この辺の微妙な心のニュアンスを絶妙に表現するルンキナ。 彼女は現在、現役のダンサーでは最高峰の女優バレリーナではないでしょうか? アンナの衣装はファッション・ブランドのアクリス、ルンキナはアクリスの素敵なドレスが良く似合います。 対するピヨートル君、彼はいわゆる王子様タイプではありませんが、踊り手としては秀逸なプリンシパル、カレーニンというキャラクターにピッタリで、キレのいい踊りと美しいポーズでカレーニンを見事に表現しています。 ノイマイヤーの振付は巧いダンサーが踊ると美しい。 
2018 Anna K 2
心に孤独を抱えるアンナが惹かれたのはヴォロンスキー、ノイマイヤー版ではラクロスの選手として登場、ラクロスの試合のシーンが華やかに登場します。 ハリソン君は少々重たい印象でしたが、この作品の中ではステレオ・タイプというかある種、形骸的に描かれているヴォロンスキーをさらりと嫌味なく表現していてそれはそれで良かった。 
2018 Anna K 1
アンナはヴォロンスキーに惹かれつつも、最愛の息子と別れて暮らす淋しさに耐えられず、倫理、愛情、家族の問題に神経を蝕まれていきます。 

この本筋に対して伏線として夫の浮気と家族への愛に悩むドリーをシャオ・ナン・ユウが好演、バレエの芸術監督が設定の夫のスティヴァを、普段は清廉な踊りが印象的な江部さんがドラマティックに踊りました。 江部さんは別キャストでヴォロンスキーも踊ります! もうひとつの伏線、レヴィンとキティの物語は音楽もポップになって農村の情景、この辺りはノイマイヤーさんの故郷、ウィスコンシンの風景が彷彿されます。

振付自体はノイマイヤー振り、という感じですが、演出が素晴らしい。 大河ドラマを3時間以内に抑え、複雑な人物群が明確に表現されていてエピローグでひとつに結びつきます。 アンナの息子のお気に入りである機関車の玩具が非常に効果的に使われている辺り、ノイマイヤーの演出的な才気が光ります。 ロシア女性の生き方は”アンナ・カレーニナ”か”タチアナ(オネーギン)”の2択、なんて言われますが、クライマックスはオペラ劇場で展開し、演目はオネーギン、この辺さすがっ!な演出です。 
2018 Anna K 5
原作では真の主人公は夫のカレーニン、という印象を受けた私ですが、ノイマイヤー版はアンナが主人公と言って良いかと思います。 映画などではどうしてもアンナとヴォロンスキーの恋物語に走りがちですが、このノイマイヤー版、恋のロマンチックだけには流されていません。 何故人は倫理を重んじて生きる必要があるのか、男と女の愛、子供への愛、人生の選択を観客が問われる辺り、文学青年ノイマイヤー氏はトルストイの原作を深く理解してのバレエ作品。 

別キャストではナショナルの花形、エヴァン・マッキー君がカレーニンで登場します。 この人もドラマティック・バレエを得意とする人ですので、こちらも楽しみです。  

 

 

筑前煮は特に”好きな食べ物ベスト3”などに入らない地味なおかずですが、出されれば嬉しい家庭の味だと思います。 ニューヨークの大学で寮生活を送っている頃、日本人のルームメイトのお母様が渡米して寮の窓のない狭いキッチンで筑前煮を作られて、私にも振舞って下さいました。 その時の懐かしいほっとする、いわゆるお袋の味を今でも覚えています。 私の実家ではそうそう作らない煮物がそう思われたのは、キリッと効いたお醤油の味だからでしょうか?
DSC_0716
お出汁は何でも良いのですが、今日は昆布と干し椎茸で。
DSC_0711
一晩浸けると良い出汁が出ます。 椎茸は水気を絞って、適当に包丁を入れておきます。
DSC_0712
たっぷりの根菜、ゴボウは水に浸けてアク抜き、ニンジンとレンコンは乱切り、里芋は皮を剥いてさっと湯がいておきます。 鶏肉は腿肉を使います。 筋を引いて一口大に切って、軽くお酒をまぶして下準備。
DSC_0713
 鍋にごま油を少々、水を切ったゴボウから加えて蓋をかけて蒸し炒めにします。 本来は材料全部を一緒に炒めてしまうのですが、これだとゴボウの味がニンジンに移ってしまったり全体の調子が崩れるんですね。 蒸し炒めは辰巳芳子さんの本からで、これだと落ち着いて調理が出来ます。
DSC_0714
材料は硬い順に、ゴボウが落ち着いたらニンジン、次はレンコン、ここで火を強めて油を少し足して鶏肉を加えます。 ざっと火が通ったら出汁、お酒、お醤油を加えて沸がついたところで椎茸と下茹でした里芋を加えて弱火に落として材料に火が通るまで煮ます。 
DSC_0715
仕上げに青味を散らして、好みで七味や山椒を。 普段のお惣菜にも、お正月のお煮しめの代わりにもなります。 土鍋も良し、ルクルーゼとかストウブなどの鍋で作りますとそのまま食卓に出せて冷えにくので、取り持って頂けます。    

鮭が美味しいシーズンです♩ 北米で流通しているのは生鮭のフィレ、これを買ってきて塩を振ったり塩麹に漬けたりと普段一番よく頂くお魚! 

この日は切り身を塩麹と少々のお酒を混ぜたものに漬けてオーブン焼きに。
DSC_0700
オーブンで焼く場合、最初は200℃に温めたオーブンへ入れて、火が通ったなと思ったら、上火が弱ければグリルにセットして2分くらい皮をパリッとさせると出来上がり。 片付けも簡単ですし、一番煙が出難いと思います。 海苔、山葵、大根おろし、獅子唐添え。
DSC_0721
和食仕立てですので、白和えを添えました。 春先、秋口に美味しく感じるお豆腐の衣で茹で野菜を和えます。 水切りしたお豆腐、薄口醤油が基本、この日は練りゴマ少々と柚子胡椒でキリリと。
DSC_0699
茹でたスナップエンドウと茹でてしっかり水気を切った蕪の葉を和えています。
DSC_0701
普段の日のお夕飯ですが、塩の効いた秋鮭はご馳走、温かいご飯とおみおつけと鮭、凝ったお料理よりも安心して頂ける飽きのこない定番ですね。 

週末には一時ですが雪が舞ったトロント、金曜日辺りからぐっと冷え込んで来ています。 いよいよ長い冬の到来、温まるお料理が食べたい!
DSC_0717
ビーフ・シチューが恋しくなる季節です! たっぷりめに作って、冷凍しても良し、カレーやハヤシライスに展開しても。
DSC_0726
シチュー向きなのは骨つきのビーフ・リブ。 いわゆるカルビの厚切りです。 大きいままでフライパンで焼き目をつけてから煮込み鍋に移します。
DSC_0727
 肉を焼いたフライパンに香味野菜を入れて焼き目をつけます。
DSC_0728
ここへ小麦粉を振り入れて、赤ワインを注いでデグラッセしたら強火でアルコールを飛ばして煮込み鍋へ。
DSC_0729
水分は肉が被る位は必要です。 
DSC_0730
トマトを加えたら一度煮立たせてアクを取り、その後は蓋をかけて弱火でじっくりと煮込みます。 肉に串が通るくらい柔らかくなったら肉を取り出して、煮汁を濾して出来上がりです。
DSC_0716
煮込みの時間はかかりますが、鍋をかければ他の事をしていられますから、煮込みは中華などよりずっと気が張らずに楽しく作れます。 味は塩胡椒の他、仕上げにバターを大さじ1くらい、コクが足りないなあと思ったら、カラメルを少々加えても。 プリン用に作ったのがここで活躍します。 煮込む際にオレンジジュースを少々加える方法もあります。 家庭の場合は余り洋食屋さんのデミグラス・ソースのように旨味を重ねない方が飽きないような気がします。  

最近、こんなのをみつけました。
DSC_0706
和芥子の粉。 今はチューブ入りが主流だと思いますが、私の小さい頃はこれだった。 台所のカウンターの隅にちょこっと置いてある伏せたお猪口が、子供心に不思議でした。
DSC_0707
水を入れて箸でしっかりと練ります。
DSC_0709
そしてお猪口ごと伏せておく。 こうすると辛味と香りが立つ、と教えられていました。 久々の練った和芥子で和え物を2種。
DSC_0710
ほうれん草のお浸しです。 出汁をたっぷりと、お醤油で味を決めて和芥子少々を溶きます。 柚子でちょっと香りをつけて。 好みでみりんを足すと味が丸くなります。
DSC_0713
季節のカリフラワーの辛子味噌和え。 白味噌、味醂、和芥子に米酢を少々。 実家では茹でた鶏のささ身を裂いたものなど、この和え衣を使っていました。
DSC_0714
和え物はどっさり頂くものでもなく、その割に手間が掛かります。 気持ちにゆとりのある日など、一品添えてみたい日本の野菜レシピ、これでお酒も頂けると思います。 この日はご飯、卵とトウモロコシの中華スープ、鯖の塩麹漬け焼き、和え物2種。    

↑このページのトップヘ