花宴の台所便り

北米在住20年、世界の家庭料理を取り混ぜながらのうちの食卓です。 現在はカナダのトロント在住。

フェンネルは最近は日本でも探せるのでしょうか? ころんとした可愛らしい姿に緑の細かい葉をつけて売られています。 香りの強い野菜で、スライスしてグリルなどすると素敵な付け合わせになります。 魚料理とも相性が良い。 買ってちょっと使ってから冷蔵庫で日が経ってしまったフェンネルをスープに。
DSC_0042
最初は玉ねぎだけを弱火で蓋をかけてゆっくり蒸し炒めにします。 しっとりと落ち着いたら刻んだフェンネルを加えてざっと炒め合わせて鶏出汁を差します。 フェンネルが柔らかくなるまで煮込んだら、バーミックスなどでピュレ状に!
DSC_0046
これは牛乳とかクリームなど乳製品を混ぜていないのですが、出汁に助けられてこれだけで充分コクを感じる美味しいスープになります。 香りも上々♩ 栄養価を考えると鶏出汁などを使いたいですが、水だけでも、コクはちょっと弱いですが、むしろ野菜のお味を楽しめるスープが出来ます。 



 

今朝のトロントは7度、風はまだ冷たいけれど、街中のマグノリアが咲き始めています。 桜はもう一息ででしょうか? 春の遅いトロントですが、スーパーには元気なアスパラガスが出回っています。 菜の花、エンドウ豆、絹さやと混ぜて春野菜のパスタに。
DSC_0033
アスパラガスは皮をむいて小さく切っておきます。 絹さやも一口大に、豆は鞘から出して準備、菜の花は写真のは別のお料理に使った残りなので茹でてありますが、適当に刻んでおきます。 小鍋にオリーブオイルを多めに入れて、芽を抜いたニンニクをゆっくりと炒めて香りを出しておきます。 パルミジャーノをたっぷりとおろしておきます。

野菜はパスタと一緒の鍋で茹でます。 パスタの茹で上がり時間(箱に書いてある時間の2分前)の1分半くらい前に鍋に入れて一緒に茹でてしまいます。 茹で汁を残す程度(これがソースになりますので、割と多め)に水気を切って、ここへ調理したオリーブオイルとニンニク、チーズを加えて弱火にかけてパスタにソースを吸わせる感じで和えます。
DSC_0035
さっぱりと春らしい、美味しいパスタになります♩
 

先日、トロントの公園で蓬をみつけました。 種類の判別に自信がありませんでしたので、葉はほんの気持ちだけ、こちらを足して蓬大福に。
DSC_0036
韓国系のスーパーでみつけた蓬粉です。 生の葉は茹でてから水にさらして、細かく刻んで使いますが、粉は白玉粉に混ぜて溶かすだけ。 香りは劣りますが、それなりに仕上がります。
DSC_0037
蓬入りの求肥で餡玉を包んだ大福。 手粉はきな粉、きな粉はお味を助けますが、もし生の蓬でしたら片栗粉で香りを生かしても。 
DSC_0041
柔らかい緑のうぐいす餅から濃い緑の蓬餅へ。 季節は動いていきます。 

私はアメリカではニューヨーク、シカゴ、ソルトレイクに住んだ経験がありますが、日系スーパー以外でタコを見たことは無かったと思います。 ニューヨーク辺りはグルメスーパーのシタレラなど種類豊富なお魚を取り扱ってる店もありますが、イカはあってもタコは見た事がありませんでした。 ここ、トロントはイタリア、ギリシャ人口の故でしょうか、タコは冷凍物でしたら簡単に手に入ります。
DSC_0042
本当に不思議な生き物です。 脊柱動物とは全く違った進化を遂げて我が道を進んだ形態というか。 最初にこれを食した人類はいつ頃なのかと思わせる姿ですが、食べると美味しい(笑)。 煮込むと柔らかく、出汁もしっかり出る立派な食材ですね。 

みじん切りのニンニクと玉ねぎを炒めたらさばいたタコを加えてざっと炒まったら白ワインを少々、アルコールを飛ばします。 トマトの素漉しを加えて煮立ったらセロリとオリーブを。 ジャガイモは直接でも、下茹でしてから最後に加えても好みで。
DSC_0031
パスタと和えても美味しい♩ オリーブからも塩気が出ますので、調味しなくても案外良い感じに仕上がります。
  

行者ニンニクを見掛けるとトロントに本当の春がやってきたのを感じます♩ まだ桜も固い蕾の今時、一番最初にマーケットに出てくる地物の野菜がこれです。 英語名はRampsとかWild Leek、白くて細っそりした茎に少し赤みがさしてそこから濃い緑色の葉をつけています。 
DSC_0039
鈴蘭に似ていますが注意して下さい。 鈴蘭は毒で頂けませんので。 これが行者ニンニク。 東京で育った私は日本ではこの野菜を知りませんでした。 北海道の方には馴染んだ食材のようですね。 ニラを品良くしたような美味しい野菜ですが、栽培には向かないのか山へ入って収穫する、山菜採りのような印象の野菜です。
DSC_0041
こちらの方はこれを炒めてパスタと和えたり、付け合せにしますが、日本人には一番美味しいのがお醤油漬け♩
DSC_0042
お醤油をお酒ちょっとで割って被るくらいで一晩漬けます。 柔らかいお野菜ですので、これで十分くらい。 汁気を切って、この醤油漬けと温かいご飯というのは本当に美味しい♩ 漬けたお醤油もチャーハンやドレッシングに転用出来ます。
DSC_0031
焼いた牛肉にも合います! 春先のほんの僅かな旬の間だけ頂ける行者ニンニク、これが過ぎるとコゴミの季節、間引き人参や葉物、地面から春がやって来るのです。   

↑このページのトップヘ