芸能人の話題とニュース速報

まとめブログです。 芸能人の話題とニュースをお伝えします。

    乃木坂

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    もうやめよう!乃木坂、山下美月のセーラームーンコスプレがお笑い芸人のキンタロー。と酷似していると話題

    これが人気あるのか

    【もうやめよう!乃木坂、山下美月のセーラームーンコスプレがお笑い芸人のキンタロー。と酷似していると話題】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 news.walkerplus.com)


    9月9日、千葉県幕張メッセにおいて、乃木坂46の全国握手会が開催されたのだが、参加者、あるいは関係者によると、
    「過去最低の握手会だった」「もう二度と行かない」「厄介をする人間は××!」など、激しい怒りの声が上がっている。

    当紙でも、何度かファンの民度に関して記事にしてきたが、乃木坂の人気が高まるとともに、
    迷惑行為をする厄介な人間も増え、特に参加人数に制限がなく、ミニライブなどもある全国握手会は危険なほどの人数が詰めかけるため、
    開催することへのリスクが非常に高くなってしまっているようだ。

    それにしても、今回は、もはや厄介ではなく、異常行動に走った目立ちたがりがいたようである。

    物販やライブの行列への割り込み、ゴミを散ら*のは当たり前、ライブ中に上半身裸で肩車をして、
    禁止されている大型のペンライトを振り回し、あまつさえ楽曲の最中にホイッスルまで吹き鳴らすという悪質ぶりは、
    もはや刃物を持ってメンバーに襲い掛かった犯罪者同様のメンタルの持ち主とさえ思えてしまう。

    比較的おとなしい乃木坂の一般のファンも、腹に据えかねたのか本人の写真を撮影し、
    ネットで拡散したり、その写真を見て本人の特定という行為に走りだすものもいるようだ。

    また、ようやく休養から復帰した北野日奈子に暴言を吐き、周囲のスタッフからも「度を越しているだろう!」と言われた者もいる。

    99%の参加者が、良識ある善意のファンであったとしても、1%の異常者や厄介が暴れれば、その集団は危険集団のレッテルを貼られてしまうものだ。
    そして、良識あるファンは握手会へ足を運ばなくなり、暴れたり、メンバーに嫌がらせをしたいという人間が増えていってしまう。
    この状態が続けば、おそらくまずはミニライブを廃止し、やがて全国握手会も開催を控えることになるかもしれない。

    そのことを残念に思うのは、ファンだけではなく、メンバーもであろう。

    乃木坂の運営には、警備の人数を増やすだけではなく、迷惑行為をする人間を特定・排除する権利(出入り禁止、ブラックリスト掲載など)を持つ、
    しかるべき人間を増やすこと、断固たる改善をお願いしたいと思う。

    乃木坂全体でのライブはスタジアムクラスになり、ミニイベントも個人個人はあっても、
    乃木坂としては開けないほど人気のある彼女たちのダンスや歌を、間近で感じることができるのはミニライブだけになってしまっている。

    何の価値もない自己顕示欲を満足させたがる厄介ではなく、乃木坂の楽曲やパフォーマンスを楽しみに来ているファンのために、
    握手会、そしてミニライブの在り方を再考する時期がきているのではないだろうか?
    https://www.zaikei.co.jp/article/20180909/464938.html


    【【芸能】 乃木坂46の握手会で迷惑行為多数発生・・・激しい怒りの声 「過去最低の握手会だった」 「もう二度と行かない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    乃木坂46“海外ロケ”写真集を連発中!大量卒業の前触れか!? 



    乃木坂46“海外ロケ”写真集を連発中!大量卒業の前触れか!?
    乃木坂46“海外ロケ”写真集を連発中!大量卒業の前触れか!?
    乃木坂46の若月佑美、新内眞衣、堀未央奈、松村沙友理の初となるソロ写真集の発売が決まった。

    すでに撮影は終えており、若月がスペイン、新内がタイ、堀がアメリカ、松村がハワイと、全員が海外ロケ。

    11〜12月にかけて、順次発売されるという。

    「出版不況の中、全員が海外撮影とは大盤振る舞いですね。さすがは、今年上半期の写真集ランキングで1〜7位を独占した乃木坂だけあります。これまで11人のメンバーが14冊の写真集を発表していますが、写真集は1万部売れればヒットとされる中、軒並みこの数字をクリア。最も売れなかった生駒里奈や高山一美ですら、2万部超です。今年2月に発売された白石麻衣の2冊目の写真集『パスポート』(講談社)に至っては23万部と、写真集としては今世紀最高の売り上げですからね。乃木坂メンバーの写真集は確実に売り上げが見込めるだけに、各出版社が争奪戦を繰り広げており、かつては48グループ一色だった雑誌グラビアも、いまや乃木坂に取って代わられているほど」(アイドル誌編集者) 

    前述の4人だけでなく、3期生の与田祐希の写真集も11月28日に幻冬舎から発売されることが発表されている。

    短期間に5人のメンバーの写真集が発売されるという、怒涛の出版ラッシュはまさに“乃木坂特需”ともいえ、グループの破竹の勢いを示すものでもある。

    その一方で、ファンの間で懸念されているのが、メンバーの卒業問題。

    8月に中元日芽香がグループ卒業と芸能界引退を発表したが、今月2日には伊藤万理華の年内でのグループ卒業が明らかになった。

    こうした状況に、ファンからは今後、卒業ラッシュが続くのではないか、とウワサされている。

    そして、今回の写真集の出版ラッシュも、卒業と無関係ではないと見る向きがある。

    「堀と与田はともかく、残りの3人はいつ卒業してもおかしくないからです。1期生の若月はコンスタントに選抜される人気メンバーの1人ですが、23歳という年齢を考えれば、アイドルとしての伸びしろはない。同じく1期生の松村は、白石と引退した橋本奈々未とともに“御三家”と称されたほどの美形で、エース候補として活躍が期待されましたが、例の不倫スキャンダルでミソをつけてしまった。25歳という年齢を考えれば復活の芽はなく、リストラ候補といえるでしょう。4作連続で選抜メンバーに入るなど、人気急上昇中の新内は2期生ながらグループ最年長。来年1月には26歳で、さすがにアイドルとしてはキツい。つまり、この3人は卒業が近いので、写真集でも出して稼げるうちに稼ごうと、運営側がもくろんでいるのでないか、という筋読みです。場合によっては、11月に行われる初の東京ドーム公演で、大量卒業が発表されるかもしれませんよ」(同) 

    人気のピークにある乃木坂だが、同時に転換期を迎えつつあるのかもしれない。

     

    【乃木坂46“海外ロケ”写真集を連発中!大量卒業の前触れか!?】の続きを読む

    このページのトップヘ