芸能人の話題とニュース速報

まとめブログです。 芸能人の話題とニュースをお伝えします。

    安倍首相

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    安倍首相とヤクザの関係を調査するジャーナリストが転落し重症! 



    安倍首相とヤクザの関係を調査するジャーナリストが転落し重症
    安倍首相とヤクザの関係を調査するジャーナリストが転落し重症
    国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団(RSF)」が28日付で〈日本は、首相とヤクザの関係を調査するジャーナリストの不審な転落事故を捜査しなければならない〉との声明を出した。

    過去の山口県下関市長選を巡る安倍事務所の“火炎瓶騒動”を取材するジャーナリスト・山岡俊介氏が遭った不審な転落事故について、当局による捜査を要請。

    安倍首相の過去の重大疑惑は、いよいよ世界の知るところとなった。

    火炎瓶騒動とは、1999年の市長選で、安倍事務所が支援候補を当選させるため、暴力団に対立候補の中傷ビラまきを依頼し、500万円の報酬を300万円に値切ったため、自宅に火炎瓶を投げ込まれたとされる事件だ。

    国会でも指摘され、「#ケチって火炎瓶」のツイートが話題を呼び大炎上している。

    この事件を長年追及する山岡氏は8月7日夜9時ごろ、東京・新宿アルタから地下鉄駅に通じる階段上から転落。

    肩を骨折し、額を7針縫う全治1カ月の大ケガを負った。

    山岡氏に当時の状況を聞いた。

    「後ろから押された感覚はありませんが、当時、私は酔っていたわけでも、体調が悪かったわけでもありません。体力には自信がある方ですか..




    【安倍首相とヤクザの関係を調査するジャーナリストが転落し重症!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    安倍首相が15日の広島県視察を取りやめ 「股関節周囲炎」



    安倍首相が15日の広島県視察を取りやめ 「股関節周囲炎」
    安倍首相が15日の広島県視察を取りやめ 「股関節周囲炎」
    首相官邸は14日、西日本豪雨を受けた安倍晋三首相の15日の広島県視察を取りやめると発表した。

    首相が右脚の股関節周囲炎と診断されたため。

    広島県視察は小此木八郎防災担当相が代行し、首相の視察は改めて検討する。

    医師の診断によると、首相の日常の行動には支障がなく、特段の治療は不要という。

    広島視察を取りやめた理由について首相官邸は「総理の動きがゆっくりになってしまうため、この状況で被災地を訪問すると災害対応をしている被災地に負担をかけかねないため」としている。

    首相は13日から、右の腰に手を当てながら右脚をかばうように歩いていた様子が確認されていた。

     

    【安倍首相が15日の広島県視察を取りやめ 「股関節周囲炎」】の続きを読む

    このページのトップヘ