芸能人の話題とニュース速報

まとめブログです。 芸能人の話題とニュースをお伝えします。

    山口達也

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    未成年に対するわいせつ問題でジャニーズ事務所を解雇された元『TOKIO』のメンバー、山口達也の近況を一部女性誌が報道。波紋を呼んでいる。


    女性誌によると、山口は現在、都内の病院に入院中。双極性障害を発症し治療に専念しているという。


    「双極性障害とは、昔でいう『そううつ病』ですね。気分が異常に陽気になったり、逆に沈み込んだり。山口は極度のアルコール依存症で入院したという話はありましたけれど、どうも症状は違うようです」(芸能ライター)


    女性誌は、山口の病状は重く、医療スタッフが数人がかりで治療に当たっていることや、山口が「死にたい」と漏らしていることまで詳報している。


    「不思議なのは、女性誌は山口が心療内科の専門病院に入院していると完全に特定している点。病院が通院を含めた患者の個人情報を守るのは当たり前のことですが、精神的な病となると、より一層厳重な守秘が求められる。それにもかかわらず、病状まで漏れ伝わっている。これが事実だとしたら、山口もとんでもない病院に入院したものです」(同・ライター)


    しかも、山口は事務所に未練があるらしく、事務所の先輩である近藤真彦に「あのころはよかった」と感謝をしているというのだ。


    「病状もバレているし、マッチに感謝していることまで入手しているなんて、常識じゃ考えられない。病院の人間が漏らしていなければ、どうして女性誌はそんなことまで知り得たのか。記事を見る限り、やたら山口寄りでかわいそうだというトーンに仕上がっているのも、どこか変です」(ジャニーズライター)


    この女性誌報道に一部の芸能サイトも疑問を呈した。…

    近藤への感謝話は「怪しい」というのだ。




    ■ 世話になった東山に言及しないのはおかしい


    「山口はマイナーな時代に東山紀之のマンションに居候していたのは有名な話。事務所では東山に一番世話になっている。そのころ、すでにマッチは雲上人で、山口の面倒を見るようなレベルではなかった。だからこそ、東山の話をしていないのはおかしいと見ている芸能サイトがあるのです。説得力のある話です」(同・ライター)


    どうやら今回の記事には裏がありそうだ。


    「ジャニーズ事務所の山口シンパが、事務所序列トップのマッチに『反省しています、戻してください』とメッセージを送ったのだと思います。マッチが許せば、すぐにメリー副社長に話が上がる。そうなれば事務所に戻す算段も出来上がる。女性誌は山口シンパの代弁者ということでしょう」(同・ライター)


    山口は仮病で、要するにただのワイセツ魔であったとしたら――。とにもかくにも、病院は患者のプライバシーをちゃんと守るようにしてほしいものだ。


    【【芸能】<元TOKIO・山口達也>「詳しい病状」が報道された異常事態の裏側!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加



    山口達也脱退のマイナス効果がジワジワ…『DASH!!』が視聴率降下
    山口達也脱退のマイナス効果がジワジワ…『DASH!!』が視聴率降下
    TOKIOにとって象徴ともいえる番組『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)が、いよいよ窮地に陥ったようだ。

    もともとネタのマンネリ化が叫ばれていたが、山口達也が脱退したことによる“人手不足”が顕著になり、視聴率も下降を続けている。

    山口をめぐっては、少女へのわいせつ行為が発覚し、4月に書類送検されたことが明らかになった。

    山口は無期限謹慎処分となっていたが、5月6日にTOKIOを脱退すると共に、ジャニーズ事務所を退所。

    これによりTOKIOは4人での活動を余儀なくされた。

    新体制となって初の『DASH!!』の放送回(5月12日)は視聴者の関心も高く、20.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の高視聴率をマーク。

    その後も、ほぼ毎回15%超えを果たしていたが、ここにきて、様相が変わってきた。

    7月1日は14.2%にとどまり、4人体制後、最低の視聴率を記録。

    同8日は13.9%で、今年初の13%台に転落。

    同15日も14.0%で、低迷が続いている。

    「新企画『俺たちのDASHカレー』をスタートさせたりで、なんとかネタのマンネリ化を脱却しようとはしていますが、深刻なのは山口の脱退による“人手不足”です。メンバーも個々の活動がありますから、全員が毎回『DASH!!』に出演できるわけではありません。それでも山口がいた5人体制時代は、そんなに気にはなりませんでした。しかし、4人となると、メンバーの“欠席”が目立つのです。元来、国分太一は帯番組を持っているので、出演機会が少なく、ここ最近では松岡昌宏もドラマなどの撮影で多忙のため、欠席が多いのです。7月8日の放送回で出演したのは城島茂と長瀬智也の2人だけ、15日は城島1人だけだったのですから、これではTOKIOの番組とはいえませんし、視聴率が下がってしまうのも当然でしょうね」(テレビ誌関係者)

    これまで、『DASH!!』といえば、NEWSらのジャニーズ後輩メンバーたちが応援出演することも多かったが、相次ぐメンバーの不祥事もあって、起用が見送られている状態。

    そんなわけで、最新の15日放送回で“助っ人出演”したのは、なんと局アナの桝太一という体たらくだった。

    根強い人気を誇ってきた『DASH!!』だが、山口の脱退による“人手不足”というマイナス効果がジワジワと響いてきた。

    このままの状態が続くようなら、人気番組の座から陥落しかねないだろう。


    【山口達也脱退のマイナス効果がジワジワ…『DASH!!』が視聴率降下】の続きを読む

    このページのトップヘ