芸能人の話題とニュース速報

まとめブログです。 芸能人の話題とニュースをお伝えします。

    松本人志

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    松本人志も不快感を・・・タバコのポイ捨てについて知っておきたい事www



    【松本人志も不快感を・・・タバコのポイ捨てについて知っておきたい事www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 static.blogos.com)



    1 ばーど ★ :2018/07/30(月) 18:25:27.40 ID:CAP_USER9.net

    『ダウンタウン』の松本人志が、テレビ番組で焼きソバについての個人的なこだわりを主張し、共感を示さない共演者らを「絶対売れへんからな!」と威嚇してネットで取り沙汰された。

    7月29日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、ツイッターで話題になった「BBQのときに野菜を買うのをやめませんか」という提起について、出演者たちが意見を交わした。元になったツイートは、バーベキューの際になんとなく買った野菜が、上手に焼けずに黒焦げになってしまうことに苛立ちを訴え、肉だけのほうがいいのでは? という意見だった。

    これについて、番組内でも松本人志やゲストの長嶋一茂が自分の考えを述べた。ここでなぜか松本が「焼きソバにモヤシを入れる理由がわからない」と言いだした。「モヤシを入れると焼きソバが水っぽくなって最悪」「キャベツもいらない。焼きソバを生のキャベツで巻いて食べればいい」と独自理論を展開。

    一方、ダウンタウンの相方である浜田雅功は野菜を入れる派だということで、焼きソバに野菜を入れる=浜ちゃん派、肉だけで野菜を入れない=まっちゃん派となり、スタジオ後方で待機している専門家たちにも意見が求められた。

    ■スタジオ内は浜ちゃん派が優勢

    元サッカー日本代表でW杯解説者の前園真聖は、「焼きソバは野菜やモヤシが入っていたほうが、ソースも染みこんで美味しい」と浜ちゃん派。

    続いて、“ワイドナ現役女子高生”として今回初登場の岡田愛さん(16歳)も「申し訳ないけど、私も浜ちゃん派です」と言うと、松本は「絶対売れへんで!」「浜ちゃん派で売れたやつ、1人もおらん。ライセンスとか、どりあんずとか」と、浜田を慕う芸人が売れていないと主張しスタジオ内は爆笑。

    岡田愛さんは拝むように手を合わせて謝ったが、共演者から「高校生を脅さないでください!」と注意が飛んだ。

    最後に弁護士の犬塚弘氏が「いや、松本さんのも食べてみたい……」と言うと、松本は「ホラ!売れてきてるから!」「CMもうすぐ決まるんじゃないですか」といい加減なコメント。これに対してメインMCの東野幸治から「(弁護士なのに)CMやっちゃダメだから!」とツッコミが入った。

    このやり取りに対してツイッターでは

    《まっちゃん、ごめん。浜ちゃん派です》
    《焼きそばにキャベツは必要です》
    《焼きそばに野菜はいらん》
    《焼きそばは肉だけでいい。まっちゃん派》

    などと両方に賛同する意見が大量に飛び交った。

    それにしても、出演していないのに悪口を言われた浜田雅功やライセンス、どりあんずにとってはいい迷惑な話だった。



    【【芸能】松本人志が「焼きソバ論争」で女子高生を脅して注意される 「焼きソバを生のキャベツで巻いて食べればいい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 s.eximg.jp)



    1 Egg ★ :2018/07/27(金) 23:41:23.46 ID:CAP_USER9.net

    Amazonプライムビデオの人気シリーズ『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』のメキシコ版が制作されることが26日、わかった。
    日本のプライムオリジナル番組が海外進出を果たすのは初で、メキシコのコメディアンであり、俳優・作家・監督としてハリウッドでも活躍するユージニオ・デルベズ氏がホストを務める。

    日本のオリジナル版はダウンタウン・松本人志が主宰し、賞金をかけた“密室笑わせ合いサバイバル”を展開。
    同じ部屋に集まった参加者同士が、あの手この手で「笑わせ合う」のが基本ルールで、笑ってしまいレッドカードが出たら即退場となる。
    笑いを仕掛け、笑いに耐え、見事激しい攻防をくぐり抜け最後に残った1人が賞金1000万円を手にできる。これまで、シーズン5までが配信されている。

    『LOL:Last One Laughing(英題)』と名付けられたメキシコ版でも、参加者10人が各自参加費を持参し、制限時間6時間内で笑わずに最後の一人となるまで残った人が優勝し、賞金を獲得できる。
    デルベズ氏が“笑い”を判定、笑った人は退場という基本ルールは全て『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』に沿って行われる。果たしてメキシコ版ではどのような笑いが生み出されていくのか…。

    デルベズ氏は「『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』は今までの私のキャリアの中でもやったことも、観たこともないとても斬新なコンセプトの番組です。
    才能あるメキシコの芸人の皆さんと一緒に『LOL:Last One Laughing』を作り上げ、世界へ展開できることを心より楽しみにしております」と意気込んでいる。

    メキシコ版は、同国として4作品目のプライムオリジナル番組として、Amazonスタジオ、Derbez’s 3Pas Studio、Endemol-Boomdogが共同制作。
    今年後半にメキシコのプライムビデオで独占配信され、日本を含む200以上の国と地域にも随時配信していく予定。

    7/27(金) 9:00配信 オリコンスタイル
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180726-00000369-oric-ent

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【動画配信】<松本人志>『ドキュメンタル』メキシコ版制作が決定!日本のプライムオリジナル番組初の海外進出】の続きを読む

    このページのトップヘ