エイベックスの「寄せ集めアイドル」は成功するか ?



エイベックスの「寄せ集めアイドル」は成功するか
エイベックスの「寄せ集めアイドル」は成功するか
大手芸能事務所・エイベックスが女性10人組グループ「ONE CHANCE」を結成することが明らかになった。

これまでバックダンサーとして活動していたメンバーをはじめ、解散したアイドルグループのメンバーやプロ野球チームのパフォーマーを務めていた者などが集まり、新たに結成された。

今月29日に都内で行われる『六本木アイドルフェスティバル』でお披露目、来月26日には、所属事務所主催の夏フェス『a-nation』にも登場するという。

「これまで、寄せ集めメンバーによる最大のヒットは『モーニング娘。』でしょうね。当時、オーディション番組『ASAYAN』(テレビ東京系)のボーカルオーディション参加者のうち、優勝した平家みちよ以外のメンバーによって結成。最終的には、平家よりもモー娘。が社会現象を起こすほどの人気アイドルグループに成長しました」(芸能関係者)

だが、誰でも寄せ集めて売っていけば商売になるかといえば、それはまた、別の話だ。

「まず、圧倒的なパフォーマンスや仕切る力があってリーダー格になるような子は、1人でいい。これが何人か候補がいれば、仲違いする可能性があり、なかなかうまくいきません。また、年齢もバラバラの方がいいですね。年代が固まっていると、世代や世間の流行や感じ方に偏りが生じてしまい、発信する際にも影響が出てくる。後は、楽曲の良さや運も大切になってきますけどね」(同)

ONE CHANCEの最年長メンバーは武内杏樹と清水涼子の24歳、最年少は西田ひらりで17歳だ。

バックボーンがしっかりした事務所だけに、新たな形でブレークできるか。



【エイベックスの「寄せ集めアイドル」は成功するか ?】の続きを読む