猛暑で犬肉需要が急増!? 夏バテ防止に珍重 北朝鮮



猛暑で犬肉需要が急増!? 夏バテ防止に珍重 北朝鮮
猛暑で犬肉需要が急増!? 夏バテ防止に珍重 北朝鮮
<伝統的に、精が付く「甘い肉」として夏バテ防止に珍重されるというから大変>
記録的な暑さに見舞われた北朝鮮で、犬肉需要が急増。

朝鮮半島では伝統的に犬肉食の習慣があり、北朝鮮では犬肉は「タンコギ(甘い肉という意味)」と呼ばれ、盛夏のスタミナ食として珍重されている。

「犬肉料理は昔からある国民食」だと、首都平壌にある最大の犬肉専門レストラン「平壌タンコギ家」のウエイトレスはAP通信に話した。

「熱は熱をもって制すと言われ、酷暑の時期には犬肉と香辛料の効いた犬肉スープで精を付ける習慣がある。犬肉はほかの肉より体にいい」

朝鮮半島では旧暦に従い、7〜8月に全部で3回の「伏日」(日本の「土用の丑の日」に当たる)があり、「三伏」(サンボッ)には人々は夏バテ防止に滋養食を摂る。

今年の三伏は7月17、27日、8月16日。

北朝鮮では公式の気象データは発表されていないが、AP通信によると、このところ連日40℃前後の記録的な猛暑が続いており、犬肉需要は急増している。

人気レストランのメニューには犬の後ろ脚や肋肉、ゆでた皮などを使ったさまざまな料理が並ぶ。

韓国にも犬食文化の伝統は残っているが、特..




【猛暑で犬肉需要が急増!? 夏バテ防止に珍重 北朝鮮】の続きを読む