(出典 tabiiro.jp)



女優の真矢ミキが20日、ブログを更新し、実母が真矢のことを「忘れていた」と記し「私は敢えて認知症なんて言葉は使いたくない」と気丈な思いを明かした。

 真矢は「今日、母が私を忘れていた」という衝撃的な書き出しでブログを更新。実母は今年で米寿(88歳)を迎えるといい、真矢にとっての父を亡くしてから14年が経過しているという。

 「あの父が亡くなった夜から、母は少しづつ悲しみを忘れたいのか、現実逃避していった気がする」と母の変化をつづると「私は敢えて認知症なんて言葉は使いたくない。悲しみを忘れたかった母の気持ちがわかる気がするから」と、母の気持ちに寄り添うコメントを記した。

 それでもやはり、娘である自分を忘れていたことはショックだったようで「だけど、今夜は一人、ただどこまでも歩きたかった。泣きたいと言う衝動的な娘としての感情と、それで良いんだといいきかせる、大人になっている自分がいることに気づいた夜だった」と、歩いて気持ちを整理。

 「母の人生。母の思うままにあたたかい日々であってくれたらいいな」と最愛の母への思いも。また同じような悩みを抱えている人へ「何処かでそんな思いをしている方がいたら、そんな事、伝えたいなと思った」と呼び掛けていた。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180821-00000057-dal-ent


【【芸能】<真矢ミキ>「あえて認知症という言葉は使いたくない」WWW】の続きを読む