kitchen squareのスタッフ日記

調理道具屋「kitchen square(in the life)」スタッフがあれこれと道具について、調理について書き綴るノートです。

鉄鋳物のグリル鍋

キッチン用品の鉄製品には色々あります。
鉄素材では製造方法も様々。
ごくごく簡単に分けると
・鉄の板をプレスしてつくるプレス → 例えば リバーライト「」 
・鉄の塊を叩いて叩いてつくる鍛造 → 例えば 「turk
・鉄を高温でドロドロにとかして型に流して作る鋳造(鋳物) →例えば 及源鋳造「焼き焼きグリルどっしりタイプ深型

素材が同じでも成形の手法によって熱の伝わり方や保持力が違ったり、使い勝手が微妙に違います。

今回は鉄の鋳物についてご紹介。
素材の特徴として、鉄はいったんため込んだ熱を簡単には逃がさない性質をもっているので大変保温性がよく、その保温性は熱ムラも作りにくく、特に鉄の鋳物は熱が均一に伝わります。
鉄の鋳物は表面は細かい凹凸で覆われていますので、調理の際にその凹凸に油が染みこみ、さらに加熱された空気が入り込むことでひっつきを防ぎます。鉄器は使えば使い込むほどに油馴染みがよくなり、どんどん使いやすくなっていきます。

U-037_m01一方、鉄の鋳物は密度が高くかつ厚みがでるので重量感があります。(ストウブやル・クルーゼも鉄の鋳造に表面を琺瑯加工したもの)
ですので、炒め物のように煽ったりするフライパンや炒め鍋としては、その重さがちょっとハンデになることがありますが、コンロにおいたまま、もしくはオーブンや魚焼きグリルに入れたままで調理をする「グリル鍋」はその重さが気になることがありません。

使い方のポイントは簡単
1.中火でしっかりと余熱してグリル鍋を温める
2.お肉を焼く時は余熱後油を薄くひきます (油馴染みしたグリル鍋ではお野菜やおもち、おにぎりを焼く時は油不要です)
3.食材を乗せたら、とろ火~弱火で調理
4.お肉やおにぎりなど引っつきやすい食材をひっくり返すタイミングは食材が教えてくれます
  → 端の方を少し引き上げてスッと引き上げられればひっくり返すタイミング。
    (表面が必要充分に熱が行き渡れば簡単にひっくり返せます。慌てずに様子をみましょう)
5.使用後のお手入れはお鍋が温かいうちに温水ですすぎながらたわしでゴシゴシ。洗剤はNGです
6.食材の汚れがとれたらコンロに乗せ、水分を飛ばすように空焚きします


我が家では焼き焼きグリルどっしりタイプ深型はほぼ毎日コンロに登場してフルに活躍。
doshiri-niku

お肉を焼いたり


doshiri-sakana

お魚焼いたり


doshiri-yasai

お野菜焼いたり(油を引く必要ないですよ)
魚焼きグリルの他、コンロでじみりじみりと焼いたお野菜はあまみたっぷり


doshiri-moti
お餅を焼いたり(もちろん油不要)



doshiri-onigiri
香ばしい焼きおにぎりも焼けちゃいます!(こちらも油を引く必要がありません)

その他、
トーストは「コンロで下火、チーズを乗せたら魚焼きグリルに投入して上火調理でとろとろチーズトーストも簡単!」、
オーブンに投入してグラタンもOK♪

この焼き焼きグリルどっしりタイプ深型は鋳物の特徴の鍋肌の凹凸のほかに表面をエンボス加工もしてありますので、さらに油馴染みがしやすく、使い込んだグリル鍋は食材のひっつきを感じることはありません。

そうそう、こんな使い方も~。
冷えちゃった翌日の揚げ物や、買ってきたお惣菜の揚げ物などは電子レンジで温めた後、余熱で十分に温めた焼き焼きグリルどっしりタイプ深型に乗せて2分程度ずつ両面を焼くと余計な水分と油がとんでカラッと仕上がりますよ。

鉄フライパンのこびりつきをなくすためには「油返し」!!

リバーライト「極」のフライパンは「極めて錆びにくい」フライパンです。
ただ、「こびりつきにくい」とは別物。なぜか混同しがちなフライパンノウハウなのです。
鉄フライパンをより快適にご使用いただくためには、ご使用の都度「油返し」をしていただくのがベスト!

【油返し】
鉄フライパンを中火で(強火は厳禁)温めます。(中火の加熱で1分弱くらい。ただ各御家庭の火力によって異なりますのでフライパンに手をかざして熱さをしっかりと感じる程度)
多めの油をフライパンに入れて、5~8秒程度でフライパンをゆっくりと回しながら温まった油を鍋肌全体に行き渡らせます。
その後、余分な油を油缶などの容器に油を移します。
PAP_0015フライパン内に残したなじんだ油がジワジワと波打つ感じになってきたら、調理開始の適温(180度前後)です。弱火に火力を調整して調理をはじめます。

(←油が波打つ感じ見えるかしら?)

調理がスタートしましたら、鉄フライパンの場合は弱火で調理を行なって下さい。
充分に余熱した鉄フライパンは弱火での調理で充分です。ただし、投入する食材の量や温度によっても異なる場合があるので再度、火力を強くする場合は決して強火にはせずに中火程度で調整ください。

この予熱と油返しがとても大切です。

リバーライトの「極」は窒化処理されているので「錆びにくく」なっています。
いままでの鉄のデメリットをくつがえした画期的な鉄フライパン。
上記の「油返し」でより快適に調理ください。

ステンレスおすすめ鍋「ジオプロダクト」~使いこなし【簡単ポイントその2】編~

続き ステンレスおすすめ鍋「ジオプロダクト」~使いこなし【簡単ポイントその1】編~

 

画像-001-1ジオプロダクトは一旦温まれば冷めにくい特徴から「余熱調理」が可能です。

中火でしっかり温めたお鍋に薄く油を引いて、お肉の表面が白くなるまで炒め、お野菜を軽く炒め合わせて、大さじ3杯程度のお水を入れて沸騰するまで中火で加熱。沸騰したらフタをして弱火で10分程度加熱し食材全体に火を通します。

画像-005-1この過程でこれだけの水分が食材から滲みでてきて、これがとても美味しい煮汁になります。その後、調味料をいれて弱火で5分加熱します。途中、ヘラなどで底を返すように混ぜ全体に味がしみるようにします。加熱後は火を止め、余熱で10分程度放置。

この放置時間が魔法の時間で、お鍋全体が徐々に冷めていく過程で、食材も徐々に温度が下がり、温度が下がると同時に味がぐんぐんしみて行きます。

 

お鍋の性能がいいからこそできる余熱調理。
ジオプロダクトの性能のよさの証です♡

おすすめのステンレス製鍋「ジオプロダクト」 ~使いこなし【簡単ポイントその1】編~

ステンレス鍋を使い慣れていないと、「炒めてから煮る」という調理の「炒める」部分がストレスになることありませんか?

geopotofuステンレス鍋でお肉類を炒めるとどうしても鍋底にひっついてしまってお肉がボロボロになりがち、という経験がある方が多いかと思います。ところがジオプロダクトをきちんと使うと、そんなストレスは無いのです~♡

注意するポイントは簡単!!

1.        お鍋を“中火”で“中温(160度~180度程度)”までしっかりと予熱して温める

     ■「中火」のポイント→炎の先端が鍋底に軽く当たるくらいの火力

     ■「160度~180度」のポイント→中火で温めたお鍋に水滴を落としてみる→水滴は

       玉状になり、鍋の中を転がります

 

2.       中火で充分に暖めたら、“弱火”で調理します

     ■「弱火」のポイント→炎が消えないくらいの弱い火力

 

この2つのポイントさえしっかりと守れば、お肉を炒めてもひっつくことはなく食材に過度に火が通り焦げ付くこともありません。

ジオプロダクトは一旦温まれば冷めにくい特徴があるので、焦がさないように強すぎる火加減には充分に注意します。

画像 002←最近の我が家のコンロにはジオプロダクト無水鍋が毎日出現。ヘビロテで使っております (`・ω・´)ゞ、

 

※どんな調理器具も同じですが、極強火(鍋底からはみ出すくらいの火力)、強火(炎が鍋底の全体に当たるくらいの火力)はほぼ使用しない火加減です。(お鍋やケトルにたっぷりお水が入っている時に強火で沸かす、時くらいだと思います)

ステンレスおすすめ鍋「ジオプロダクト」~使いこなし【簡単ポイントその2】編 に続く



食パンを美味しくいただくには、絶対絶対ホットサンドイッチ

息子ばかりの我が家では、腹持ちのいい(笑)お米が中心の食事なのですが、ホットサンドイッチとなると別。

野菜たっぷりにコンビーフもしくはベーコンをサンドしてバウルーで焼き上げたホットサンドイッチは息子たちも大好物。長男なぞは1つでは到底たりなく、2つ、3つと平らげます。
8枚切りの食パンが次々となくなり、私の分が残らないこともしばしば

baw
我が家のイチオシなホットサンドイッチのサンド内容は

【パン+バター+コンビーフ(スライスもしくはほぐしたもの)+ざく切りキャベツたっぷり+とけるチーズ+塩もしくはケチャマヨ+パン】

ざく切りキャベツで6~7cmにボリュームアップしたサンドイッチをバウルーでギュッと挟み込んでコンロで焼きます。

火加減は極弱火で片面3~5分程度で両面焼きます。(強火はNG!!)


hotsand
表面サクッ!!中身アツアツトローリ!!
フハフハしながらいただきます♪




バウルーには2タイプありますが、真ん中が凹んだタイプの「バウルー サンドイッチトースターW」をオススメ。
中の具材が偏ること無く、キレイに焼き上げられます
livedoor プロフィール
twitter
記事検索
最新記事
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ