お鍋の素材のお話です。
鉄鋳物のお鍋は製法や構造がほとんど同じなのでサイズや形、色でお選びいただいていいかと思います。(蓋にスポッツがあるかないかの違いはあります)

では、ステンレスはどうでしょう。あまりにも色々なステンレスのお鍋がありすぎて選ぶポイントが難しいと思います。そして全部おなじシルバー色。パッと見た目ではわかりません。
見た目で違いがあるとすれば、なべ底を貼り合わせてあるか、本体との一体構造かの違いでしょう。

ステンレスのお鍋には大きく分ければ単層、底面圧着本体単層、全面多層、になるかと思います。

ケトルや蒸し器のように、単にお水を早く沸かすのであればステンレス単層のもので充分です。
ただ、IHに対応するか否かは18-0ステンレス(IH対応)か18-8ステンレス(IH非対応)、18-10ステンレス(IH非対応)の違いがあります。

一方、調理するお鍋となると前述しましたように単層だと熱伝導がダイレクトで、お鍋の蓄熱効果が低く火加減のコントロールが面倒になってきます。

底圧着-2底面圧着本体単層のお鍋は鍋底と本体とで温度差が生じるので、お湯や牛乳をお鍋にかけていると沸騰する前から水分の上辺にあたりで鍋肌がチリチリ、シュッシュッシュッと水分がはねるような(飛び散るような)現象がおきて、その部分が輪に焦げ付きやすくなります。(特にガス火の際は温度差が生じやすくなります)
「ステンレスが使いにくい」とおっしゃる方の中ではそんな点が気になる方が多いようです。

ユミックエテルナ両手深24そこで、数あるステンレスの中でお薦めするお鍋は全面多層鋼のものになります。ただ、多層鋼といっても軟鉄がサンドイッチされているか、アルミニュウムがサンドイッチされているかの違いもあります。
私が断然お薦めするのがアルミニュウムをサンドイッチした多層鋼のものです。

■ステンレス多層鋼鍋のなかでkitchenSQUAREおすすめは
日本製なら断然、宮崎製作所のジオプロダクト
  →信頼安心の日本製にで機能性は文句なし! コストパフォーマンスも文句なし!
輸入鍋ならステンレス鍋の王様、ビタクラフト
  →数あるステンレス多層鋼鍋の中で最も機能性が優れ製品の仕上げにも非の打ち所なし!

鉄をサンドイッチした多層鋼は熱の伝わりがトリッキーな印象があります(あくまでも私が使用しての感覚です)。一方アルミニュウムをサンドイッチした多層鋼は熱の伝わりがスムーズで、アルミで熱せられた熱を冷めにくいステンレスでサンドイッチして蓄熱効果を高め効率よくお料理が出来ます。
もちろん鍋底も鍋本体も一体構造ですので熱の伝わりも全体にムラなく均一に伝わります。

火加減前述しましたように【余熱】調理が可能なくらい蓄熱性がいいステンレス全面多層鋼鍋は、強火の火加減は一切必要ありません。むしろお避けください。中火で煮立たせた後は弱火もしくはトロ火での調理になります。

また、ステンレス素材のいい点は耐食、耐久性に優れているので調理する素材を選ぶことなく、調理したものを一晩お鍋にいれたままでもお鍋が傷んだり、調理物が変化したりすることはありません(メーカーさんの取扱説明書では「お鍋に入れっぱなし」はお薦めしてませんが(汗(T_T))
また、匂いを吸着することもないのでいつまでも清潔に変わらずお使い続けいただけます。

実は私も長いことステンレス鍋嫌いでした。どうしても鍋肌がチリチリパチパチと水分をはじき、片手鍋から器に注ごうとお鍋を傾けるとジュッジュッとこれまた水分をはじく音がする。
それが、同じステンレス鍋でも作りの違いや、材質の違いですっきり解消されてなんとも使い勝手いいお鍋もあるのだと気付くまで数年(涙
今は、毎日我が家のコンロにステンレス全面多層鋼のお鍋が乗ってます。

鉄鋳物、ステンレス ときて残るはアルミ製のお鍋ですね。
では、次回はアルミ製のお鍋について。