キッチン用品の鉄製品には色々あります。
鉄素材では製造方法も様々。
ごくごく簡単に分けると
・鉄の板をプレスしてつくるプレス → 例えば リバーライト「」 
・鉄の塊を叩いて叩いてつくる鍛造 → 例えば 「turk
・鉄を高温でドロドロにとかして型に流して作る鋳造(鋳物) →例えば 及源鋳造「焼き焼きグリルどっしりタイプ深型

素材が同じでも成形の手法によって熱の伝わり方や保持力が違ったり、使い勝手が微妙に違います。

今回は鉄の鋳物についてご紹介。
素材の特徴として、鉄はいったんため込んだ熱を簡単には逃がさない性質をもっているので大変保温性がよく、その保温性は熱ムラも作りにくく、特に鉄の鋳物は熱が均一に伝わります。
鉄の鋳物は表面は細かい凹凸で覆われていますので、調理の際にその凹凸に油が染みこみ、さらに加熱された空気が入り込むことでひっつきを防ぎます。鉄器は使えば使い込むほどに油馴染みがよくなり、どんどん使いやすくなっていきます。

U-037_m01一方、鉄の鋳物は密度が高くかつ厚みがでるので重量感があります。(ストウブやル・クルーゼも鉄の鋳造に表面を琺瑯加工したもの)
ですので、炒め物のように煽ったりするフライパンや炒め鍋としては、その重さがちょっとハンデになることがありますが、コンロにおいたまま、もしくはオーブンや魚焼きグリルに入れたままで調理をする「グリル鍋」はその重さが気になることがありません。

使い方のポイントは簡単
1.中火でしっかりと余熱してグリル鍋を温める
2.お肉を焼く時は余熱後油を薄くひきます (油馴染みしたグリル鍋ではお野菜やおもち、おにぎりを焼く時は油不要です)
3.食材を乗せたら、とろ火~弱火で調理
4.お肉やおにぎりなど引っつきやすい食材をひっくり返すタイミングは食材が教えてくれます
  → 端の方を少し引き上げてスッと引き上げられればひっくり返すタイミング。
    (表面が必要充分に熱が行き渡れば簡単にひっくり返せます。慌てずに様子をみましょう)
5.使用後のお手入れはお鍋が温かいうちに温水ですすぎながらたわしでゴシゴシ。洗剤はNGです
6.食材の汚れがとれたらコンロに乗せ、水分を飛ばすように空焚きします


我が家では焼き焼きグリルどっしりタイプ深型はほぼ毎日コンロに登場してフルに活躍。
doshiri-niku

お肉を焼いたり


doshiri-sakana

お魚焼いたり


doshiri-yasai

お野菜焼いたり(油を引く必要ないですよ)
魚焼きグリルの他、コンロでじみりじみりと焼いたお野菜はあまみたっぷり


doshiri-moti
お餅を焼いたり(もちろん油不要)



doshiri-onigiri
香ばしい焼きおにぎりも焼けちゃいます!(こちらも油を引く必要がありません)

その他、
トーストは「コンロで下火、チーズを乗せたら魚焼きグリルに投入して上火調理でとろとろチーズトーストも簡単!」、
オーブンに投入してグラタンもOK♪

この焼き焼きグリルどっしりタイプ深型は鋳物の特徴の鍋肌の凹凸のほかに表面をエンボス加工もしてありますので、さらに油馴染みがしやすく、使い込んだグリル鍋は食材のひっつきを感じることはありません。

そうそう、こんな使い方も~。
冷えちゃった翌日の揚げ物や、買ってきたお惣菜の揚げ物などは電子レンジで温めた後、余熱で十分に温めた焼き焼きグリルどっしりタイプ深型に乗せて2分程度ずつ両面を焼くと余計な水分と油がとんでカラッと仕上がりますよ。