2009年05月09日

文学フリマ














 心に刻まれたあの日は、ロマンと呼ぶには熱すぎて……。許されるはずもない、ピース & ラブ。
 どうも、犬吠埼です。

 はてさて。
 いよいよ明日、文学フリマ(http://bunfree.net/)があります。
 ここ最近は5日おきにイベントに参加している私ですが、実はこのイベントこそ、当初の予定の大本命のイベントだったりします。
 それゆえにらしくもなく緊張してたり(^^;)。
 特に新しい頒布物は有りませんが、気合だけ入れていきます。お近くを通りかかる時には、どうぞお立ち寄りください。


 しかしながら先月から続いていたイベントラッシュもついに終わりかー。
 今度は何に参加してやろうかしら?
 とりあえず年末のコミケを予定してはいますが、その前にも何か参加したかったり。
 今書いてる奴がショタ物なのでやっぱりショタイベントでしょうか?
 夢は膨らむなぁ♪



inubouzaki at 06:26コメント(0)トラックバック(0) 
イベント | 弟のご主人さま

2009年05月06日

090504_1713~0001

先日、ショタケットに参加してまいりました。
このブログを見てきてくださった方がいるかどうかはわかりませんが、ともあれご来訪ありがとうございました!!

 やはり挿絵の効果は絶大ですね。速攻で、完売しました。遊戯もびっくりです。
 今後も参加するイベントでぼちぼち頒布していきますので、もしお近くを通りかかるようならばお立ち寄りくださいませ。

 しかしながらいいイベントだったなぁ。
 鷹勢さんご本人にも会えたし♪


090504_1714~0001


inubouzaki at 22:20コメント(0)トラックバック(0) 
弟のご主人さま 

2009年05月03日

cfe235e7.jpg













近所の犬が去勢されました。まだ交尾も知らないのに。
人の業の深さを実感させられます。
どうも、犬吠埼です。


1枚目








 先日より報告しております鷹勢優さんによります『弟のご主人さま』の挿絵が完成いたしました〜。
 明後日参加しますショタケットにて、この挿絵を使いました作品CD−Rを頒布する予定です。
 どうぞお暇な方や、会場近くを通りかかった方など降りましたらついてにでもいお立ち寄りください。

 本編挿絵はさらにHで、美麗となっておりますよ〜♪


2枚目









inubouzaki at 10:22コメント(0)トラックバック(0) 
弟のご主人さま 

2009年04月23日

6c65b442.JPGどうも。
先日チワワに噛まれました。
いきなりアキレス腱を噛まれたのですが、その突然性と痛みに「ぎゃわー!?」って叫んじゃいました。
……おそらくはチワワに噛まれて悲鳴を上げる人間なんて私くらいなものじゃないでしょうか? 今日はそんな想いを込めて歌います。犬吠埼です。


 はてさて。本日もイベント情報をひとつ。
 
 ショタケット(http://homepage3.nifty.com/syotaket/)に受かりました。
 私自身驚いてます。
 といいますのも今回の参加、まったく予想していなかったからです。っていうか、応募していたことすら忘れておりましたよ!
 本日通知が届いてそのことを知ったのですが、そういえば数ヶ月前、今回の復帰を決めた折、

「5月のイベントに出たいけど、この月はどれも人気のあるイベントばかりだなぁ。ようし、落ちてもいいように複数応募したれ♪」

 と、ダメ元でショタケットに応募していたのでした。
 本当に今回落ちてしまった皆さんには申し訳ないのですが、私のサークル自体、絶対に受からないと思っておりました(^^;)。
 それゆえに嬉しさよりも驚きの方がまだ大きいです。


 気になる頒布物については、先日にお知らせしました「弟のご主人さま」が完成すればそれを配りたいと思います。

007009













 もしダメなようなら、過去に出しました漫画誌を2種類ほど。
 ケモノ属性OKな方などおりましたら、どうか尋ねてやってください。

 お待ちしておりますよ〜♪



inubouzaki at 21:25コメント(0)トラックバック(0) 

2009年04月19日

弟カラー設定









 どもども犬吠埼です。長らくご無沙汰しておりました。

 本日はイベント情報などを。
 来月5月10日に、文学フリマ(http://bunfree.net/)というイベントに参加します。
 そこにて前回のブログにて発表しました『 弟のご主人さま 』をCD-Rに収録し頒布しようと考えているのですが、今回は挿絵を一新して送りたいと思います。

 今現在の挿絵も素晴らしいのですが、いかんせんコチラは好意で寄稿いただいたものゆえ、今回のようにお金をもらって頒布してしまっては失礼に当たると思い、今回新たに挿絵を当てることにしました。

 その新絵師さんですが、今回はなんと! 鷹勢優さんに頼んでおります!
 コチラの絵師様はご存知の方も多いかと思いますが、商業で活躍しておりますプロの漫画家さんであったりします。
 それゆえに今回の依頼を受けていただいた時には、実はそれを頼んだ私自身が大いに驚いたものでした。

 ともあれ、新たにスタートしました挿絵計画。
 しかしながらプロゆえのこだわりというか、鷹勢さんの仕事への姿勢もハンパではありません。
 依頼した10日には仮のキャラ設定を組んでくださり、その打ち合わせを向こうから申し出て来てくださいました。

弟設定1弟設定2













兄設定














 こういってしまっては元も子もありませんが、こんな同人のハンパ仕事にここまで身を入れて取り組んでくださる姿勢に、嬉しさもさることながら何だか強く感動してしまいました。
 
 ともあれこうして打ち合わせを重ね、先日ついにキャラ案が確定しました。


弟カラー設定









 もー、言うこと無しです。
 っていうか、本当に自分の作品かどうか疑いたくなるくらいの完成度です。

 繰り返しになりますが文学フリマでは、この弟君が挿絵になりました作品をお届けしたいと思います。
 場所は 大田区産業プラザPiO 、。サークル配置はD−27  となっております。
 お近くまで来た際には、ぜひお立ち寄りください。
 お待ちしておりますよ〜。



inubouzaki at 23:21コメント(0)トラックバック(0) 
弟のご主人さま 

2008年11月07日

 今回は、先日お届けしました『 弟のご主人さま 』の執筆手記などを。


 はてさて。まずは、このお話を書きました経緯から。
 いきなりお話が跳んでしまうですが、ふたば☆ちゃんねるという総合掲示板の、さらに『二次裏』と言うカテゴリーの板に、毎週自分の考えた設定やはたまたそれを絵化したイラストを投下する『 俺キャラスレ 』と言う定時スレッドがあります。
 かくいう私もそこに住まわせて頂く者でありで、何の気なしに『 メイド弟 』なるキャラを設定して投稿させていただきました。
 そのところその設定に、何とも素敵なイラストが寄せられました。それこそが表紙にも使われております、あの一枚なのでした。

弟のご主人さま1










 そのイラストの完成度に感動し、すっかり逆上せ上がってしまった私は、半ば衝動的にこの作品を書き上げたのでした。(執筆期間が一週間と言う作品は、私の中でもかなり早い部類の作品になりますね)
 
 しかしながら喜びはそれにとどまりません。
 今度はその発表しました作品を読んでくださった、『 表紙をくれた絵師様 』をはじめとする絵師様方が、なんと本編挿絵まで仕上げてくださったのです!
 コレは本当に嬉しかったですよ♪

 
弟のご主人さま4







 かくして、一連の挿絵を加えました今作品は完成を遂げました。
 発表時には定時スレ関係の作品と言うこともあり、同スレッドの皆さんからたくさんのご感想や、はたまた励ましのお言葉をもらえましたことも、本当に嬉しい経験でした。


 またコレは自分的にお気に入りの作品でもあります。
 単純に小学生のヤンチャ弟が、自分に奉仕してくれるだなんてこれ以上の展開はありませんて!
 あえて文体が一人称であるのは、作品の形式と言うよりはむしろ、読み手である私がこの弟との夢物語に没頭出来るようにと画策したからに他ありません。
 
弟のご主人さま5






 個人的には、続きなども書いてみたい作品であります。
 いいネタ無いでしょうかねぇ?
 本当に、自分のところにもこんな弟、現れてくれんもんじゃろか。




弟のご主人さま3






inubouzaki at 19:25コメント(1)トラックバック(0) 

2008年11月05日

 久しぶりに作品の紹介を。
 あんまり私の内面ばかり見せてるのも申し訳ないし。



弟のご主人さま2












三本目。
『 弟のご主人さま 』
http://texpo.jp/texpo_book/toc/2113/

【 ジャンル 】
 ショタ 弟メイド かっぽうぎ 兄弟 近親相姦 


【 あらすじ 】
 家に帰ると弟がメイドになっていた。
 かっぽう着に三角巾、そんな給食当番よろしくの姿で『 メイド 』と言い張る弟に苦笑する兄。

 かくして始まる弟プロデュースによる『 メイドカフェ 』。
 可愛くてそれでいてどこかエッチなそのサービスに兄はしだいに誘惑されて……。

 
   



inubouzaki at 20:37コメント(0)トラックバック(0) 
弟のご主人さま