February 19, 2011

ERIK SATIE L'ENFANCE DE KO-QUO

110216a


(商品リンク無し)

ERIK SATIE L'ENFANCE DE KO-QUO



「コ・クオの少年時代」の楽譜。Petersから出版(輸入版)。オルネラ・ヴォルタ氏校訂。

コ・クオの少年時代は「ココアを指につけてなめちゃだめよ」「耳元でこそこそ話してはだめよ」「頭の上に手をよしなさい」の3曲からなるピアノ曲。タイトルから想像できるように、子供のための曲集のひとつである。

最大の特徴は、2000年代になって初めて出版された楽譜であること。それまでは未発見の曲で、録音も2000年代以降に限られる。全集以外で取り上げられることは珍しく、一部のファン以外からは知名度は非常に低い。

作曲された年は1913年で「子供らしさ」「新3つの子供らしさ」と同年。サティの子供のための曲には、「一つの指が担当するのは特定の一つの音のみに限定される」タイプの曲が存在するが、当曲集には当てはまらない。それでもサティの曲の中でも難易度は低く、子供好きのサティらしい可愛らしく優しい曲である。

サティではよくあることだが、譜面には演奏指示の代わりに詩的な文書き込みがされている。この書き込みの全訳を当ブログ姉妹サイト「うぬぼれ少女百貨店」に記載したので、ご興味がある方はどうぞ。恐らく日本語訳は(少なくともWEB上では)世界初公開である。

録音はアリアーノの全集(http://blog.livedoor.jp/inubuyo/archives/85255.html)当たりが比較的手に入りやすい。ティボーデの方(http://blog.livedoor.jp/inubuyo/archives/419686.html)は日本語版は廃盤で値段が高騰しているようである。

inubuyo at 18:48│Comments(0)TrackBack(0) 楽譜 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔