イヌガヨ、3年ぶり3枚めのアルバムがついに発売されたぞーー!!

5/29日のフラゲ日から、続々と「買いました」「聴きました」「めっちゃいいです」「どの曲が好きです」なんていう言葉をたくさん目にすることができてまして、おれはとても嬉しいっす。



前作が出たのは3年前、そこから一気に活動の幅が広がり、色んな土地へライブをしに行けるようになったのである。

それまではほとんど東名阪くらいでしか活動してなかったのだが、やはり日本狭しと言えどもそれでも広い。
今まで経験したことのないようなことがどんどん起こった。

色んな人と出会ったり、色んな景色を見たり、その土地にしかないものを食べたり、一緒にツアーを回っている相手と張り合ったり、信じられないような事件が起こったり。


そんなたくさんのものに刺激を受けたりもしつつ、生まれて死ぬまでのたくさんの出会いと別れ、苦しみや葛藤などを経験して、人生というものもまた旅みたいなもんだなぁという思いも歳を重ねるごとに強くなり、ふとそんな自分を斜め上くらいから見てみたら、まるでおれたちはロードムービーの中にいるようじゃないか、とふと思った気持ちがこのアルバムのタイトルになったのである。


音楽的に言えば、イヌガヨの持つロック、パンク、ハードロック、エモ、オルタナティブ、フォーク、リズムアンドブルースなどの要素をひたすらにぶっこんで、ライブでの盛り上がりも必至なのであるが、特に歌詞とメロディをじっくりと深く長く聴き込むことのできるアルバムになったんじゃないかなぁと思う。
歌詞もメロディも必死に振り絞って書きました(おかべの曲以外)。


このアルバムが、イヌガヨというバンドが好きならば、他にどこにも居場所がなくても、イヌガヨの曲の中や、イヌガヨのライブの現場には、あなたの居場所がちゃんとある。
おれはそう信じてます。



こうしてまたひとつ、生きた証を残すことができました。
このアルバムがあなたにとって長く聴き続けられる1枚になりますように!


次回からはアルバムの解説編だ!
お楽しみに〜〜!!



IMG_20180601_031823_280
IMG_20180529_224018_218
IMG_20180529_195756
IMG_20180529_224018_230
IMG_20180531_012514