42.195kmの助走

走る白鳥男のブログ。 2018年1月、5年10ヶ月ぶりサブ3.5達成! 2018年2月、47都道府県完走達成!

フルマラソン全国制覇の道 ← 出場レース全結果

2018年
01/28 第66回勝田全国マラソン(茨城・フル)3時間29分16秒
02/04 第56回愛媛マラソン(愛媛・フル)3時間29分57秒
03/11 第6回サンスポ古河はなももマラソン(茨城・フル)3時間28分33秒
03/25 第37回佐倉朝日健康マラソン(千葉・フル)3時間51分59秒
04/08 第10回おやま思川ざくらマラソン(栃木・フル)3時間38分11秒
04/15 かすみがうらマラソン2018(茨城・フル)3時間52分02秒
05/20 第18回柏崎潮風マラソン(新潟・フル)4時間51分07秒
07/01 2018函館マラソン(北海道・フル)4時間25分15秒
10/20 第24回伊平屋ムーンライトマラソン(沖縄・フル)3時間53分06秒
10/28 2018久米島マラソン(沖縄・フル)3時間31分44秒
11/04 第9回エコアイランド宮古島マラソン(沖縄・フル)3時間47分45秒
11/10 第26回日本最西端与那国島一周マラソン(沖縄・25km)2時間0分22秒
12/02 第34回NAHAマラソン(沖縄・フル)3時間40分34秒
2019年
01/27 第17回石垣島マラソン(沖縄・フル)
02/09 竹富町制施行70周年記念 第26回竹富町やまねこマラソン(沖縄・23km)
02/17 第27回2019おきなわマラソン(沖縄・フル)
02/24 復興支援チャリティマラソン2019そうじゃ吉備路マラソン(岡山・フル)
03/03 第32回岡の里名水マラソン(大分・フル)
03/17 第15回くすのきカントリーマラソン(山口・フル)
03/24 第38回佐倉朝日健康マラソン(千葉・フル)
04/14 第11回おやま思川ざくらマラソン(栃木・フル)
05/19 第19回柏崎潮風マラソン(新潟・フル)

【沖縄遠征60日目】やいま食堂で9年ぶりの再会。

P1640150

八重山そば選手権で準グランプリのお店、やいま食堂。
中心地から近いものの狭い路地の間にある店舗兼住宅で旗が立ってないと店だとは気付かないだろう。
しかし狭い路地なのに店舗横の駐車場は広々としている。

普通にそばだけ食べても良かったのだが八重山そばセットが火・土限定だったので釣られてしまった。
じゅーしーと漬物と甘いお茶(笑)が付いてきた。

ふわっと優しい香りがするスープは味も優しくて、あっさりしすぎかなと思いつつも不思議と物足りなさを感じない良い塩梅に仕上がってた。
肉とかまぼこも少し甘みを感じる程度の味付けでスープとのバランスが取れているように思う。
麺は平麺で個人的には丸麺よりもスープがよく絡む気がするのであっさりスープには合う気がしている。

しっかりダシの効いたスープは当然好きだけど、控えめな優しい味も非常に良いものである。
ダシ効かせてストレートに主張する一杯とは逆の存在、具もそれに合わせたかのように控えめの味付けだが旨味はしっかりしている。
評するならば『おしとやかな一杯』というのがしっくりくるかな。


食べ終わって店を出たら駐車場で店に入る人とすれ違った。
『あれ? 見たことあるな?』と振り返ったら向こうもそう思ったらしくお互い顔を見合わせて『あっ!』ってなった。
なんと9年前に石垣島に長期滞在してた時に泊まってた宿のオーナーの友達で飲みに行ったりした人!
今は宿が無くなって長期滞在組の行方も分からなくなってたのに、まさかこんな飯のついでで再会するなんて!

店先でしばらく当時の思い出話やその人達の行方について話して、1人は今も当時と同じ店で働いてるって言うからすぐ会いに行ってそっちでも昔話に花を咲かせました。
宿のオーナーは結婚して子供もいて大阪にいる事やオーナーのおかぁちゃんが亡くなった事とか、良くも悪くも9年という月日を感じました。

旅での出会いは一期一会と言う中で9年経ってまた会える繋がりもある。
これは本当に素晴らしい事。
1つ1つの出会いを大切にしていればこういう事もあるんだと思うと、旅ってやっぱり良いものだと胸を張って言えます。


仕事なんて捨てて旅に出ようぜ。(暴論)

【沖縄遠征58日目】小松のスープは評価が分かれるのも納得。

P1640141

数年前に八重山そば選手権でグランプリを受賞したお店、小松。
スープの評価が個人の好みで分かれるという口コミで実際どうなんだろうと思ってましたが、確かにこれはというものでした。
なんていうか微妙に邪魔な味がスープの奥にある感じがして、あっさりスープでスルスル飲めるタイプじゃなくてちょっとつっかえる感覚になりました。
これが好きという人もいるのが分かる味なんだけど本当に好みから外れてるとしか言いようがなくて、どう説明したものか困ってしまいます。

軟骨ソーキは文句なく美味い。
絶妙の味付けととろとろの軟骨が最高でした。
ただソーキの上に乗ってるかまぼこが妙に甘ったるい味付けがしてあって好みじゃなかった点と麺の量が価格の割に少なかった点を考えると個人的な評価は低めになります。
とはいえ客層が年配者ばかりだったのを考えるとそちらにはウケが良いのだと思います。


P1640143

食べ終わるのを見計らって出てきた食後のデザート的なもの。
一口サイズの揚げたてサーターアンダギーが想像以上に美味しかったです。
レモンティーにシロップ付けてくる激甘沖縄スタイルはそっと遠慮しました。(笑)


ちなみに今日の石垣島の最低気温は17.9℃で今季最低。
いやぁ〜寒いなぁ〜。(棒)

【沖縄遠征57日目】平良商店は石垣島初心者にオススメ。

P1640129

平良(たいら)商店の軟骨ソーキそば。
見た目は肉が少なくてちょいと寂しく映るが味は絶品。
最初にカツオの香りがふわっときて食欲を刺激してきて、誘われるままにスープを飲めばしっかりとダシの効いたパンチのある味わい。
ソーキはしっかりと煮込まれ味付けされた濃いタイプで肉は噛めば旨味が出てきて、軟骨にまで味が染みてて食べると口の中でドロリと溶ける絶妙な仕上がり。

丸麺をすすりソーキを一口食べてよく噛んで味わってスープで流し込む。
もうこれで完成されていて薬味の出番が無かった。
コーレーグースやピパーツってアッサリ系スープにパンチを加えるためにあるわけで、元のスープがこれだけしっかりしてると入れる必要性を感じない。
八重山そば選手権グランプリ受賞店はさすがだなという一杯。


P1640128

平良商店は石垣島初心者が八重山そばを食べるには最適だと思います。
ピパーツはともかくコーレーグースは加減を間違えるとドえらい事になるので、それらが無くても最後まで美味しく食べられるという点で安心です。

八重山そばに限らず沖縄そば全般に言える事として、我々観光客からするとどうしてもスープがアッサリしすぎてて物足りないという店は正直あります。
それは香辛料による味変を前提にしているからなのかなと思います。
宮古島だとカレー粉を入れるそうですしね。
ただ、アッサリしてても本当に美味しい店のは美味しいので味変で二度美味しい思いをできるのが自分の理想の店です。

あと730交差点から比較的近く場所も分かりやすく迷う心配がないというのも土地勘の無い初心者にオススメする理由の1つです。
来夏世(くなつゆ)も美味しいからオススメしたいけど場所が分かりにくかった記憶と道が狭かった記憶があるのでね。
まぁ今ならスマホでちょちょいだからあんまり気にしなくていいとは思うけどヘタに車で行っちゃうと面倒くさそうではある。


なんやかんや店によって結構違うからこそ食べ歩きが楽しいわけだから、この島にいる間にまだまだ食べまくります。
9年前の食べ歩き経験でまた行く店とそうでない店はある程度覚えているので今は新規開拓の段階ですが市街地の老舗店は大体行ってるので開拓は早めに終わる予定です。

【沖縄遠征56日目】石垣島でナンバーワンのあらかわ食堂の牛そば。

P1640125

八重山そば選手権でグランプリ受賞したあらかわ食堂の牛そばは納得の一杯でした。
肉がゴロゴロ入っててボリューミーでスープはしっかり濃いめのガッツリ系。
ライス追加して残った汁にブチ込むのも全然アリ。
申し訳程度のニラは別に無くてもいいくらい肉肉しい一杯です。
これで中サイズ700円という牛そばでは割安な価格帯。
石垣島で食べた牛そばの中で一番美味しくて一番肉が多かったです。
こんなことならわざわざ島の北の方の店に牛そば食べに行く必要無かったなと思いました。


P1640122

早めに行くつもりが宿のチャリがパンクしてて修理に出して徒歩で行ったから飯時と被ってしまいました。
並ぶほどではなかったけど作業服を着た人たちが来て賑わってて、平日だったおかげか逆に観光客らしき人がいなかったです。
まぁ接客が若い女の子だったのでバイト雇って回すくらいには繁盛店だと思います。


P1640121

あらかわ食堂のすぐそばに具志堅用高記念館があります。
地味に入場料を取ってくるので入った事は無いですがグッズも売っている模様。
無料ならなんだかんだ結構入ると思うんだけどなぁ〜。

【出場結果】第34回NAHAマラソン

P1640100

はっきり言って調子は悪かったのですがその割にはそこそこのタイムが出てしまったのでどう評価したものか困っています。
最初の10kmで大体察してこれはアカンなぁと思いながら自重して走って中間点は1時間54分くらいで通過しました。
それでも単純に2倍すれば3時間50分は切るので後半落ちてもサブフォーはいけるかなくらいにしか思ってませんでした。
気温も高かったのでエイドにも寄りまくりでサブフォーならOKというスタンスでいたら後半になるにつれ調子がそれなりに良くなってくるという、意外とありがちな謎の好調モードがやってきて少しペース上げたらあれよあれよの3時間40分でした。

後半が下り基調で割と平坦だったというのが大きかったのかと後になって思いましたが、それに上手く乗ってリズムが作れたのが良かったのだと思います。
今にして思えば上りの多い前半で1時間54分がそこそこ速かったんじゃないかとも思います。
大会HPでラップを見てもキロ5分を切ってる区間もほとんど無くて上げたといっても10秒くらいでした。

通過順位で見ると中間点が1063位で、30kmくらいで下りが終わって平坦区間に入ると一気に順位が上がって最終的に452位なので600人ちょっと抜いてます。
結果的に前半自重したのが功を奏したように思います。
調子が良ければもっといけたとも言えるし調子が悪いなりによくやったとも言える結果です。

本当はもう少し成長を感じられるレースにしたかったのですが、今回は体調が整わなかったので自己評価が難しくて参考外にせざるを得ないです。
人気ブログランキング
↑ ポチッと投票していただければ幸いです。
月別アーカイブ
プロフィール
HN:走る白鳥男、青龍£犬福(せいりゅういぬふく)
生年月日:1981/7/3
生息地:千葉県

フルマラソン完走:73回
走破達成都道府県:47/47

自己ベスト(グロス)
100km:10時間27分15秒(2011年)
フル:3時間27分44秒(2012年)
ハーフ:1時間35分25秒(2012年)

訪問者数




since 2003/06/11