42.195kmの助走

走る白鳥男のブログ。 2018年1月、5年10ヶ月ぶりサブ3.5達成! 2018年2月、47都道府県完走達成!

フルマラソン全国制覇の道 ← 出場レース全結果

2018年
01/28 第66回勝田全国マラソン(茨城・フル)3時間29分16秒
02/04 第56回愛媛マラソン(愛媛・フル)3時間29分57秒
03/11 第6回サンスポ古河はなももマラソン(茨城・フル)3時間28分33秒
03/25 第37回佐倉朝日健康マラソン(千葉・フル)3時間51分59秒
04/08 第10回おやま思川ざくらマラソン(栃木・フル)3時間38分11秒
04/15 かすみがうらマラソン2018(茨城・フル)3時間52分02秒
05/20 第18回柏崎潮風マラソン(新潟・フル)4時間51分07秒
07/01 2018函館マラソン(北海道・フル)

【2017.4 - 2018.3】第14回全日本マラソンランキング

ranking2017

ランネットの全日本マラソンランキング、別の方のブログで見て上位100位じゃなくても順位出るんだと知って調べてみました。
大した記録じゃないので今まで気にもしてなかったからそんなシステムなの知らなかったです。(笑)

3月に約6年ぶりの自己ベスト更新をしたから知るには丁度いいタイミングではあります。
男子36歳の部、7186人中838位で上位約11.7%という位置でした。
上位10%まであと120人というところです。

今年初めて調べたので母数が増えてるのか減ってるのか知りませんが1万人いないんだなと思いました。
出生数から同い年の男がザックリ75万人いるとして約0.96%で1%もいない計算です。
ランニングブーム終わってたのか。(笑)

まぁ誰もがフルマラソンを走るわけじゃないから。(ナイスフォロー感)
アメリカじゃハーフマラソンがメインだという話も聞くから日本にもフルがメインじゃないランナーは大勢いるって事でしょう。
自分が大会に出まくってるから気付きにくかったけど、そもそも大会に出る前提で走ってる人ばかりじゃないというのを頭に入れておく必要があると書いてて気付きました。
ランニングブーム終わってなかった。(テノヒラクルリンパ)

このランキングって要は同い年のライバルにして仲間なんだから死ぬまで勝負だし死ぬまで同志なんだなと思いました。
今はまだいいけど歳を重ねて母数が露骨に減ってく時を想像したら凄く切ない気分になりました。

初めて書くけど・・・俺さ、100歳でフルマラソン完走するつもりで生きてるからさ、先長いけど、本当に先長いけど同い年の皆さん末永くよろしくお願いします。

復調からのラン再開。

謎の体調不良に見舞われて1ヶ月半くらい、今週からランニングを再開しました。
最初は40分くらい、次が1時間、そして今日が2時間弱。
体に異変が起きることなく走り切れて安堵しています。

1ヵ月半走ってなかっただけでも筋肉は衰えてるようで中々の筋肉痛です。
間隔あけた上にゆっくり走ったんですけどね。
動きも硬くて良い時の走り方を体が忘れてしまったかのように感じます。

ひとまず万全の体調で函館マラソンを迎えられるように無理せず調整していく予定です。
体重云々は考えずとにかく体調を整える事だけに専念します。
その中で動きにキレが戻ってくればいいなぁと思ってます。

現状、秋以降の予定を停止している状態で自信を持ってエントリーできるまではもう少しというところです。
大丈夫「だろう」という思いはあるけど函館マラソンで大丈夫と言い切れる走りをしたいです。

書き始めて15年。

HP開設から始まったこの日記も今日で丸15年が経ちました。
更新頻度は何年も低いままですが細々と続いてます。
多分これからもこんな感じです。
一応、今秋には更新頻度が上がる予定があるのですがそれは本決まりしてからということで。

昔は時事ネタで色々書いてた気がします。
スポーツは昔からですけどアニメも結構語ってたように思います。
近年は自分のマラソン大会出場に関する事が大半で、主要な駅伝やマラソンが自分のレース日程と被って見れないという事が増えて、感想はまだしも分析ができないという状態です。

基本あれこれ考えてしまって書くのに時間かかるタイプなので、ちゃんと時間が取れないと更新に至らないというのはあります。
今日のように節目の日であれば覚えてて書くんですけどね。
とかいいつつ忘れてた年もありましたが。(笑)

要するに労力に見合うだけのネタがあれば書くということです。
ただ、歳を重ねてネタへのハードルが高くなってるのかもしれません。
何でもない事を真新しく輝いてるように感じる若き日々とは違うだけの年月が流れたのです。

それでも、未来の自分がいつか振り返った時に思い出せるように、時々でも書き続ける事が大切だと思っています。
なのでこんな調子ですが16年目もよろしくお願いいたします。

東京五輪のマラソンコースが決定した件。

東京2020オリンピック競技大会 マラソンおよび競歩コース決定!|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会


肝心の新国立競技場の完成はまだまだ先だけどマラソンコースは昨日発表されました。
まずパッと見、角と折り返しが多いなという印象でした。

選手が観光名所を見てる余裕なんてないのにわざわざ雷門や東京タワーを経由する必要は無いと思うところですがそうじゃないんですよね。
要は観る側へのアピールです。
我々が五輪や世界陸上のマラソンを観る時に開催地の名所が見れて喜ぶのと同じことです。
五輪後の観光客に繋げるために見せる、魅せることも必要なんです。

あとは個人的推測だけど、東京マラソンとコースを被らせることで警備側の経験を活かせるというのもあるのかなと思ってます。
そういう意味では観戦する側にも同じ事が言えそうです。

そして角や折り返しが多いのは高速レースが日本選手に不利だからそうなりにくいようにという狙いもあるのかもしれません。
真夏の東京じゃどのみち高速レースにはならないだろうけど。

このコース一番の見所はやはりかつて東京国際女子マラソンでも名物だった上り坂でしょう。
Qちゃんが失速して抜かされたあの場面が今回のニュースの度に流れた上、本人もそれをシレッと言っちゃうんだもんなー。
こっちからすれば今見ても少し辛くなるショッキングなシーンなのに本人アレじゃ何も言えねぇって感じです。


これでほぼほぼ間違いなくこのマラソンコースを走る小規模ランニングイベントが乱発されることになるでしょう。
この時期の発表なら秋冬のランニングシーズンに間に合いますから。
なんなら夏のナイトランイベントでやってきてもおかしくないです。

【出場結果】第18回柏崎潮風マラソン

P1610323

柏崎潮風マラソン|応援します! 最後のランナーまで


2年連続3回目の出場となった今回。
1ヶ月程前から体調不良に見舞われて1週間前は病院に行ったくらいで出場は不可能だと思ってました。
ただそこから持ち直して、すでに宿も取っていたので当日の朝に判断しようと旅行気分で現地入りしました。

気象条件がタフならおそらく出場しなかったでしょうが、快晴にも関わらず意外にも気温が低く風も5月にしては冷たかったので熱中症などのリスクが減ったと思いジョギングならいけそうだということで出場しました。
1ヶ月全く走ってない状態でどこまで行けるか分かりませんでしたが、とにかく体調に細心の注意を払いながら無理だと思ったら即棄権と決めて走りました。
完走できた事は嬉しいというよりホッとしました。

関門の時間を気にするくらいゆっくり走った分、沿道の方々との交流も多くできました。
この大会は初めて出場した時から良い意味でほとんど変わってないので、いつもいる方々を含めてしっかり感謝の言葉を伝えながら走れて良かったです。
体調万全の上でそれができれば一番良かったのですが、最後まで笑顔で走りきったので自分の中では合格点です。


体調不良に関してはまだちゃんとした原因が分かってなくて推測段階での治療ではあるものの良くはなっていってるので、次の大会までにせめて体調だけは万全で迎えたいです。
月別アーカイブ
プロフィール
HN:青龍£犬福(せいりゅういぬふく)
生年月日:1981/7/3
生息地:千葉県

フルマラソン完走:68回
走破達成都道府県:47/47

自己ベスト(グロス)
100km:10時間27分15秒(2011年)
フル:3時間27分44秒(2012年)
ハーフ:1時間35分25秒(2012年)

訪問者数




since 2003/06/11


ランキング