2007年05月14日

若冲展5

承天閣美術館で『若冲展』を見てきました。出先なので個々の作品については後日感想を書きますが、『動植綵絵』については去年三の丸尚蔵館で全幅すでに見ていますし解説本などもありますので個々の作品についてはもうここでは今さら何も述べません。

僕は開館45分前には承天閣美術館に到着していましたがその時には既に20人ほどの人が並んでいました。月曜の朝なのにこんなに並ぶのか…と思ったりしましたが、実は朝一番で行くよりも開館の1、2時間後に行った方が実は空いているのではないか?と美術館を出てから思いました。全然行列もできていませんし…。

会場は第一と第二会場に別れていまして『動植綵絵』は第二会場にありました。第一と第二会場は一方通行で第二会場から第一会場へは戻れませんので注意が必要です。会場は一方通行のところがあったりして自由に見て回れるわけでは無かったので、一日会場で潰そうと思っていた僕のもくろみはもろくも崩れ去り、結局約1時間後には会場をあとにしていました。

さて展示作品についてですが第一会場では相国寺や鹿苑寺(金閣寺)所蔵の作品がメインで僕が便利堂さんから貰った今年のカレンダーに載っている作品が何点か展示されていました。また鹿苑寺の襖絵もなかなか良かったです。

さてこの展覧会のメインである『動植綵絵』ですが、僕は去年一通り『動植綵絵』全幅を見ているので今回は初めて見たときのような感動を味わうことはできませんでした。またこの展覧会で『動植綵絵』を初めて見る人は何て可哀想なんだ…と思ってしまいました。なぜなら動植綵絵30幅をあんな風に一度に見せられたら個々の作品についての印象が薄れてしまうではないか!!と思わずにはいられませんでした(笑)。あの素晴らしい動植綵絵をじっくり堪能するには去年の三の丸尚蔵館のように小出しにしてもらった方が僕としては気分が盛り上がるかな?と思ったりします。一度に6幅ぐらいの方が集中力が途切れませんし、数ヵ月は動植綵絵の余韻に浸ることができましたし…(何だか半分負け惜しみのような気が…)。

なので僕にとって今回30幅全てが一堂に揃うことの意味は、その30幅が展示される順番や展示の方法がいったいどのようなものか?ということに絞られていたのでした。『動植綵絵』の30幅がどのように並べられて展示されていたかはここでは詳しくは述べませんが、釈迦三尊像を中心にうまいことあるテーマに沿って左右対称、つまりはシンメトリーに並べられているように思えました。これから見に行く方は個々の作品だけでなくその辺を考えながら全体を見てみると面白いと思います。若冲は果たしてここまで考えて各幅の画題を決めたのだろうか?などと考えを巡らすとちょっと楽しくなりますね。

さて僕は今週中にもう一度承天閣美術館で『若冲展』を見るつもりです。前売り券もまだあと1枚ありますし…。そう言えば言い忘れましたができれば事前に入場券を手に入れておいた方がいいようです。券を買うのにも行列ができていたようですから。次回『若冲展』を見るまでに今日買った図録を読んでから再び作品を見てみようと思います。

今週は『若冲展』を2回、そして『プライスコレクション 若冲と江戸絵画展』を1回見ることになりますが、『動植綵絵』と『プライスコレクション』共にこれでしばらくは見納めとなりそうなのでしっかりとこの目に焼き付けておこうと思います。今週は一週間会社を休んで京都で遊んでいるわけですが、何だかこんな贅沢な事をしていて僕自身の『最後の晩餐』のようにならなければいいが…などと変な心配をしてしまうのでした(笑)。
inumayu at 18:26│Comments(5)TrackBack(2)徒然 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「足利義満600年忌記念 『若冲展』」  [ こころはどこにゆくのか? ]   2007年05月14日 22:06
京都、相国寺は承天閣美術館にて5/13〜6/3、10-17時……いや、何を書いてるんだか。行ってきました! 『若冲展』 。本日11時半頃到着したのですが、噂に聞く行列等は(チケット売り場も含めて)無く、やはり有休取って月曜午前中という選択は正しかったなあ…と思いました
2. 「若冲展」  [ 弐代目・青い日記帳  ]   2007年05月15日 21:26
京都、相国寺 承天閣美術館で開催中の 「若冲展 釈迦三尊像と動植綵絵120年ぶりの再会」に行って来ました。 こちらでも書きましたが「インターネット先行プレビュー」に幸運にも参加させていただき、5月12日の土曜日ひと足お先に鑑賞して参りました。 金曜前夜は...

この記事へのコメント

1. Posted by jo_30   2007年05月14日 21:59
レポートお疲れさまです。「雪中鴛鴦図」の画像を探していて、このブログに来ました。画像といい、レポートといい、すごいブログですね!
実は私も今日(11時半頃)「若冲展」に行っていたのです。その時間は入場券売り場にも列は無く、静かなモノでしたが、第二展示場だけは満員でした。アルバイトの警備の人は、客がいなくなったあとの展示場を見られるのかと思うとうらやましい…。
明日の京都は葵祭ですね。京都におられるなら下鴨神社に行かれるのでしょうか。交通規制などもあると思います、お気を付けてm(__)m。
2. Posted by いぬまゆ   2007年05月14日 22:44
jo_30さん、こんばんは。コメントありがとうございます。

11時半頃というと僕が出てきたすぐあとですね。やっぱりその頃に行ったほうがいいのかもしれませんね。僕は今日ほぼ行列の先頭を歩いていたのでそれほど行列を感じませんでしたが、開館前に着いても先頭の方にいないとだいぶ行列を感じたかもしれません。

明日の葵祭は下鴨神社の有料観覧席を確保できたのでそちらでゆっくりと見てこようと思っています。
3. Posted by Tak   2007年05月15日 21:26
こんばんは。
TBありがとうございました。

流石いぬまゆさん素早いですね。
そしてまたすぐさま行かれるとは!
筋金入りの日本美術愛好者ですね。
私とは大違い。。。
4. Posted by meme   2007年05月20日 19:16
はじめまして。
巡り巡ってこちらのブログにたどりつきました。
いぬまゆさんのお名前はmixyでも拝見した記憶があります。

さて、1週間会社を休んでの京都巡りとは羨ましい限り。
こちらは名古屋在住を良い事に日帰り2回を繰り返し、若冲展(2回)と藤原道長展に行こうと思っています。

勝手ながら私の若冲展感想もTBさせていただくと共にお気に入りにも追加させていただいています。
ご了承下さいませ。
5. Posted by いぬまゆ   2007年05月20日 21:11
memeさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

僕もつい先日名古屋に初上陸して『名古屋城障壁画』展と『プライスコレクション 若冲と江戸絵画』展を見てきました。

明日から社会復帰しますがちゃんと復帰できるだろうか(笑)?

こちらこそこれからもよろしくお願いいたします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別